ホーム・アローン2

ホーム・アローン2の画像・ジャケット写真
ホーム・アローン2 / マコーレー・カルキン
全体の平均評価点:
(5点満点)

25

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「ホーム・アローン2」 の解説・あらすじ・ストーリー

家族そろってマイアミ旅行! ……のはずが飛行機を間違えて一人ニューヨークに着いてしまったケビン。危険がいっぱいの大都会でたった一人……そしてまたまたあの2人組の泥棒と出くわしてしまったからさぁ大変! 今度はどんな撃退作戦が実行されるのか?<BR>

「ホーム・アローン2」 の作品情報

製作年: 1992年
原題: HOME ALONE 2: LOST IN NEW YORK

「ホーム・アローン2」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ホーム・アローン2の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
120分 日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR1989 2002年12月09日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 4人 1人

【Blu-ray】ホーム・アローン2(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
120分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXR1989*B 2009年12月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
31枚 0人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:25件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全25件

出来るなら こんな子供は 欲しくない

投稿日:2006/10/08 レビュアー:Yの3乗

TVでホームアローン3をやっいて面白かったのでレンタルしてみました。
主人公は頭が良くていい子なのですが、できるなら自分の子供には願い下げかも。
犯人を追い込む罠は、変な話猟奇殺人事件の犯人のような巧みさがありました。
特に「マインドハンター」を鑑賞した後だからかもしれません。
相手の行動パターンを読みすぎ!
その罠の仕掛けがこの映画の見所だけに・・面白かったです。
お勧めします。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

当時12才!!

投稿日:2006/12/18 レビュアー:INFINITI

最近テレビでやっていたので見ました。


「ホームアローン」は自宅で悪党をやっつける映画で

「ホームアローン2」はどこで悪党をやっつけるんだっけ??

と思いながら見ていたらNYでした。

NYにも罠を仕掛ける場所があってよかったね。カルキン君。


私はこの映画を映画館で見たのを

懐かしく思いながら見ました。

予想できない!!できてしまう?? (??どっちだろう??)

罠の仕掛けには笑いがとまりませんでした。


「ホームアローン3」はどこに罠を仕掛けるんだっけ??

次作が気になる〜〜ぅ。



このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

今回も笑えます

投稿日:2003/08/12 レビュアー:TAKA

前作は家に取り残されたが、今回は空港で家族とはぐれてNYで一人ぼっち。そこに前回の泥棒二人組みが刑務所から脱走してケビンに復讐する。ケビンも負けじと泥棒を捕まえる為にあらゆる仕掛けをして対抗する。ストーリー的には前作とあまり変わりはないが、今回も笑いあり、感動ありの楽しめる作品でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

この時代に携帯が普及してなくて良かったですネタバレ

投稿日:2014/11/16 レビュアー:越前

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

喜劇を描くのは悲劇よりも難しいと聞いた事があります。そして多分それは本当だろうなと思います。

誤解のないよう述べておきますが悲劇が容易だと言っている訳では決してありません。
ただ悲劇が共通体験を見つけやすい一方で 喜劇にはそれがあまりなく、笑いのツボなんて言葉がある位 面白いと感じる所は人によって違ったりする。
加えてセンスや計算が必要とされるのは ユーモアのみならず伏線や小道具といった細部にまで至り、
しかもドラマである以上やっぱり感動も欲しい。
つまり喜劇はとっても課題の多いジャンルなんですね。

そんな喜劇に求められるハードルの高さを知ってから改めて観ると、その完成度がいかに高いかを実感します。
やっぱりこの映画は公開時から20年以上経った今も変わらない 一級品のコメディでしょう。

前作同様 本作でも鳩のおばさんと交流を深めるケビン。
2人がカーネギーホールの“特等席”で語らうシーンも、その時漏れ聞こえる音楽もとても良いです。
(これはサントラにも収録されています。スコア盤も歌盤も本当におすすめです。)
ここでスケート靴の例えを用いてケビンが言ったセリフ、
「ハートは使わなきゃ持ってる意味がない。勇気を出して使わなきゃ」。
10才の子供が口にする相田みつを並に深いこの言葉には、私も自分のハートをきちんと使えているだろうかとはっとさせられました。

それにしても女性に「ココアおごるよ」なんて、ケビンも随分とオトナなセリフを言いますね。おませというか、口が達者というか。
でもチョイスしたのはココアなので そこはやっぱり子供です(笑)。

あくまでも予想ですが、舞台となる1992年頃に今と同じ位携帯が普及していたら この物語はきっと成立しなかったでしょう。
はぐれてもママの携帯からパパの携帯(多分バッグに入っていたのでは)にかけて、連絡ついて合流、といった具合に。
入ってなくてもケビンにも子供用のを持たせていたんじゃないかと私は思います。アメリカでの子供の携帯事情は知りませんが、『カールじいさんの空飛ぶ家』でラッセルが持っていたGPS機能程度ならその可能性も大きいのでは?
なんて、こじつけですかね。でもあながち外れていないとも思ってます。

便利な物がなかったからこそ素晴らしい出会いがあった。
ラストで「あなたを忘れないよ。信じて」とケビンに言われた時のおばさんの笑顔、
ケビンの言葉は何よりも嬉しいクリスマスプレゼントとなったに違いありません。
ここは本当にじーんときました。音楽共に素晴らしい名シーンです。

と、こうして感動で包んでおきつつもラストはきちんと笑いで締める。
うーん、やっぱり一級品のコメディです。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

カルキンくんがNYを楽しみます

投稿日:2011/05/28 レビュアー:Yohey

この手の続編というのは無理があるのですが、さすがに同じ家に再度同じ犯人がやってくるのもおかしいと思ったのか、舞台をNYに。これはちょっとむちゃくちゃ感があるものの、舞台を変えた甲斐もあって、なかなかよく出来ていました。ただ、泥棒を撃退するのは、似たような展開で(まぁ、子供が考える撃退方法なんで・・・)ここはちょっと面白みがなかったです、残念、いっそのこと家で撃退ではなく、もっと大きなところにすればよかったのになぁ。

NYをカルキンくんが贅沢に楽しんでおりまして、うらやましかったです。この時代ならではのシーンが色々と出てきて、NY好きな私は楽しかったですね。

カルキンくんは、この作品以外はあんまり知らんのですが、この頃ってほんまいいですね。表情が豊かだし、かわいいし。作品として、このときだけ記憶に残してあげるのがいいんじゃないでしょうか。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全25件

ホーム・アローン2