1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. アクションのDVDレンタル
  5. フルメタル・ジャケット

フルメタル・ジャケット

フルメタル・ジャケットの画像・ジャケット写真

フルメタル・ジャケット / マシュー・モディン

全体の平均評価点: (5点満点)

134

フルメタル・ジャケット /スタンリー・キューブリック

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

Blu-ray

旧作

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「フルメタル・ジャケット」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

S・キューブリックが「シャイニング」以来、久々にメガホンを取った作品で、G・ハスフォードの原作を基にベトナム戦争の狂気を描く。徴兵された若者が、次第に戦闘マシーンとして人間性を失っていく様を冷徹な視点で追っている。

「フルメタル・ジャケット」 の作品情報

作品情報

製作年:

1987年

製作国:

アメリカ

原題:

FULL METAL JACKET

「フルメタル・ジャケット」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

210,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

カットスロート・アイランド

サドン・デス

ニューヨーク、狼たちの野望

CHUCK/チャック〈ファースト・シーズン〉

デルタ・フォース 俺たちスーパーソルジャー!

ユーザーレビュー:134件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全134件

忘れられない映画。

投稿日:2004/04/24 レビュアー:RUSH

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

ラストに連続する二つのシークエンスが素晴らしい ネタバレ

投稿日:2006/12/06 レビュアー:parole

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

教官から口汚い言葉で罵られながら過酷な訓練に勤しむシーンは凄いと思うし、もちろん前半部分のクライマックスである教官の殺害シーンも非常に衝撃的だ。ベトナムに舞台を移してからも、街中、戦場を問わず実に臨場感が溢れていると思う。でも、やはりこの作品で一番凄いと思うのは、ベトコンの女性を殺害するシークエンスと、それに続くミッキーマウスのテーマを合唱しつつ夜の戦場を海兵隊員達が行軍するラストシークエンスだ。しかし、個々のシーン(シークエンス)もそれぞれ素晴らしいと思うが、この二つが密接に繋がり連続していることにこそこの作品の凄みがあるのだと思う。

前半に位置するシークエンスでは、仲間を殺害したベトコンの女スナイパーを前にして、彼女の処遇を巡った行き詰まる議論のシーンが展開される。仲間の殺害に対する恨みから銃殺を叫ぶ者、戦時法に基づき捕虜としての正当な処遇を主張する者、彼女が傷付き先が長くはない上に捕虜として同行させることが困難なため安楽死を薦める者、さらには英語で「殺してくれ」と哀願するスナイパー自身が行き詰まる議論を展開するのだが、ここでは厳密に全てのショットがフィックスで撮影され、カメラは文字通り揺らぐことのない盤石さで各々の表情を非情なカットバックで捉える。言葉に詰まった表情までも、それがかなり長い時間であるにもかかわらず、微動だにしないカメラが捉え続けているのだ。

後半の行軍のシークエンスは、一転した移動撮影が、これまた厳密に全てのショットにおいて展開されている。残り火だけが頼りなく燃え続ける戦禍の瓦礫の中を、疲れ果てた(ように感じられる)海兵隊の面々が力なく歩く様を、フレーム(画角)やアングルを変えながらも、移動のロングショットで捉え続けているのだ。そして、彼らの口から流れるのはスローテンポの「ミッキーマウスのテーマ」。

議論のシークエンスが、昨今の作品にありがちなゆらゆらと蠢くカメラワークや激情した表情を写し込むことを目的とするアップの多用で撮られていたのなら、あるいは行軍のシークエンスにおいて、主立った面々の徒労感あるいは苦渋に満ちた表情を挟み込んでいたのなら、恐らくは全く別な作品・・・単なる凡庸な戦争物にしかならなかったと思うが、さすがキューブリック、そんな節操のないことなどはせずに、本質的な意味における「完全主義者」の名に恥じない、ストイックなまでの「画面で構成されているものとしての映画」を実現している。極限的なシーンや極限的な台詞・演技、あるいは極限的な撮影手法を用いることなくても、いやむしろ表面的な局限性から一歩(以上)距離を置くことによってこそ観る者に極限を感じさせてくれる。まさしく映画的としか言いようのない見事な作品だと思う。

このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

狂人製造所 ネタバレ

投稿日:2007/04/03 レビュアー:おうち大好き

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

戦場とは異常が日常となる場所です。

訓練の現場で徹底的に人格を否定され、殺人マシーンにされる若者たち。故郷に帰れるのは死んだ時だけ。

汚い言葉の連発です。もういい加減にしてくれと言いたいくらい。

しかし映像はさすがキューブリック。
冒頭の若者たちの丸刈りシーンから魅せてくれます。羊の毛を刈るようにしゅわ〜ん、しゅわ〜んとなんと気持ちのいいこと。

訓練兵が整列するところを中央から撮る。二段ベッドも整列。無駄な物がひとつも無い。おまけにトイレの便器もきれいに並んじゃってる。

そしてラストもやっぱり整列でしたね。





このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

善悪の曖昧さ

投稿日:2011/01/18 レビュアー:エコエコアザラク

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

人間とは何か ネタバレ

投稿日:2008/06/13 レビュアー:さっちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 この作品は二部構成になっています。最初のパートは主人公たちが海兵隊に入隊し、罵詈雑言を浴びせられ、人格を否定され次第に兵士に変わっていく様子を主人公とその周囲の青年(少年?)たちを中心に描きます。特にヴィンセント・ドノフリオ演じる太った志願者が教育係の軍曹に罵られ、仲間たちからも苛めを受けて、最後に軍曹を射殺して自分も自殺するシーンは随分、怖かった覚えがあります。
 第二部になるともうベトナムの戦場で、カメラが淡々とした撮り方をしているので、逆に怖いシーンも多いです。私が鮮明に覚えているのはヘリから機関銃で眼下の田を銃撃する兵士です。この兵士にとっては回り全てが敵に見えているのでしょう。
 そして、クライマックス、半壊した建物に立てこもった狙撃兵に1人また1人と狙撃されていく海兵隊員たち、銃火を犯して建物に入り込んだ主人公たちが見た敵とは・・・。「兵士とは見も知らぬ他人を殺して立ち尽くす者である。」という台詞を昔、何かで読んだ覚えがあります。その言葉を思い出すようなラストです。正面きって反戦を叫ぶような映画より数段深く戦場で兵士が落ちていく地獄を描き出した傑作です。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全134件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:134件

忘れられない映画。

投稿日

2004/04/24

レビュアー

RUSH

ラストに連続する二つのシークエンスが素晴らしい

投稿日

2006/12/06

レビュアー

parole

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

教官から口汚い言葉で罵られながら過酷な訓練に勤しむシーンは凄いと思うし、もちろん前半部分のクライマックスである教官の殺害シーンも非常に衝撃的だ。ベトナムに舞台を移してからも、街中、戦場を問わず実に臨場感が溢れていると思う。でも、やはりこの作品で一番凄いと思うのは、ベトコンの女性を殺害するシークエンスと、それに続くミッキーマウスのテーマを合唱しつつ夜の戦場を海兵隊員達が行軍するラストシークエンスだ。しかし、個々のシーン(シークエンス)もそれぞれ素晴らしいと思うが、この二つが密接に繋がり連続していることにこそこの作品の凄みがあるのだと思う。

前半に位置するシークエンスでは、仲間を殺害したベトコンの女スナイパーを前にして、彼女の処遇を巡った行き詰まる議論のシーンが展開される。仲間の殺害に対する恨みから銃殺を叫ぶ者、戦時法に基づき捕虜としての正当な処遇を主張する者、彼女が傷付き先が長くはない上に捕虜として同行させることが困難なため安楽死を薦める者、さらには英語で「殺してくれ」と哀願するスナイパー自身が行き詰まる議論を展開するのだが、ここでは厳密に全てのショットがフィックスで撮影され、カメラは文字通り揺らぐことのない盤石さで各々の表情を非情なカットバックで捉える。言葉に詰まった表情までも、それがかなり長い時間であるにもかかわらず、微動だにしないカメラが捉え続けているのだ。

後半の行軍のシークエンスは、一転した移動撮影が、これまた厳密に全てのショットにおいて展開されている。残り火だけが頼りなく燃え続ける戦禍の瓦礫の中を、疲れ果てた(ように感じられる)海兵隊の面々が力なく歩く様を、フレーム(画角)やアングルを変えながらも、移動のロングショットで捉え続けているのだ。そして、彼らの口から流れるのはスローテンポの「ミッキーマウスのテーマ」。

議論のシークエンスが、昨今の作品にありがちなゆらゆらと蠢くカメラワークや激情した表情を写し込むことを目的とするアップの多用で撮られていたのなら、あるいは行軍のシークエンスにおいて、主立った面々の徒労感あるいは苦渋に満ちた表情を挟み込んでいたのなら、恐らくは全く別な作品・・・単なる凡庸な戦争物にしかならなかったと思うが、さすがキューブリック、そんな節操のないことなどはせずに、本質的な意味における「完全主義者」の名に恥じない、ストイックなまでの「画面で構成されているものとしての映画」を実現している。極限的なシーンや極限的な台詞・演技、あるいは極限的な撮影手法を用いることなくても、いやむしろ表面的な局限性から一歩(以上)距離を置くことによってこそ観る者に極限を感じさせてくれる。まさしく映画的としか言いようのない見事な作品だと思う。

狂人製造所

投稿日

2007/04/03

レビュアー

おうち大好き

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

戦場とは異常が日常となる場所です。

訓練の現場で徹底的に人格を否定され、殺人マシーンにされる若者たち。故郷に帰れるのは死んだ時だけ。

汚い言葉の連発です。もういい加減にしてくれと言いたいくらい。

しかし映像はさすがキューブリック。
冒頭の若者たちの丸刈りシーンから魅せてくれます。羊の毛を刈るようにしゅわ〜ん、しゅわ〜んとなんと気持ちのいいこと。

訓練兵が整列するところを中央から撮る。二段ベッドも整列。無駄な物がひとつも無い。おまけにトイレの便器もきれいに並んじゃってる。

そしてラストもやっぱり整列でしたね。





善悪の曖昧さ

投稿日

2011/01/18

レビュアー

エコエコアザラク

人間とは何か

投稿日

2008/06/13

レビュアー

さっちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 この作品は二部構成になっています。最初のパートは主人公たちが海兵隊に入隊し、罵詈雑言を浴びせられ、人格を否定され次第に兵士に変わっていく様子を主人公とその周囲の青年(少年?)たちを中心に描きます。特にヴィンセント・ドノフリオ演じる太った志願者が教育係の軍曹に罵られ、仲間たちからも苛めを受けて、最後に軍曹を射殺して自分も自殺するシーンは随分、怖かった覚えがあります。
 第二部になるともうベトナムの戦場で、カメラが淡々とした撮り方をしているので、逆に怖いシーンも多いです。私が鮮明に覚えているのはヘリから機関銃で眼下の田を銃撃する兵士です。この兵士にとっては回り全てが敵に見えているのでしょう。
 そして、クライマックス、半壊した建物に立てこもった狙撃兵に1人また1人と狙撃されていく海兵隊員たち、銃火を犯して建物に入り込んだ主人公たちが見た敵とは・・・。「兵士とは見も知らぬ他人を殺して立ち尽くす者である。」という台詞を昔、何かで読んだ覚えがあります。その言葉を思い出すようなラストです。正面きって反戦を叫ぶような映画より数段深く戦場で兵士が落ちていく地獄を描き出した傑作です。

6〜 10件 / 全134件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

フルメタル・ジャケット