私がクマにキレた理由

私がクマにキレた理由の画像・ジャケット写真
私がクマにキレた理由 / スカーレット・ヨハンソン
全体の平均評価点:
(5点満点)

99

  • DVD
ジャンル:

「私がクマにキレた理由」 の解説・あらすじ・ストーリー

「マッチポイント」のスカーレット・ヨハンソン主演で贈るコメディ・ドラマ。全米ベストセラー小説『ティファニーで子育てを』を映画化。ひょんなことからセレブの家の“ナニー(子守り)”となったヒロインの奮闘とを描く。監督は「アメリカン・スプレンダー」のシャリ・スプリンガー・バーマン&ロバート・プルチーニ。ニューヨーク、マンハッタン。大学を卒業し将来を模索していたアニーは就職試験に失敗、セントラルパークで途方に暮れる。するとその時、事故に遭いそうになった少年グレイヤーを救ったアニーは、彼の母親でセレブのミセスXに名前を“ナニー”と勘違いされたことから、グレイヤーのナニーとして雇われることになるのだが…。

「私がクマにキレた理由」 の作品情報

製作年: 2007年
製作国: アメリカ
原題: THE NANNY DIARIES

「私がクマにキレた理由」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

私がクマにキレた理由の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
105分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR41953 2009年11月06日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
17枚 0人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:99件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全99件

自分探しって若かりし頃よく使ってた言葉だwネタバレ

投稿日:2010/03/23 レビュアー:

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

いや〜、久しぶりに中盤までイラつく映画を観ました(笑
私は上流階級にいる訳でもなく、中流でもなくw
でもそれは別に卑下する事でもなく、その代わりと言ってはなんだけど
両親の愛情にはとっても恵まれて子供時代を過ごしました。

だからこの映画のラストでアニーがグレイヤーの母親に言ってやった事は
『当たり前の事』なんで心を打たれる事もなく、、、。
そもそもあの隠しカメラの映像をあの会合で観る前に、観るんでないのかい?
それに私の予想では旦那の愛情を繋ぎ止めるだけで美容院や整形に通ってるんでは
ない気がするんだけどなー。見た目第一ってのは上流階級には当然な事な気がする。
アメリカの常識のナニー制度?も私には全くの非常識に感じました。
あ、お金持ちの感覚では分かりませんけど。
うちは両親共働きだったので、学校から帰ったらお婆ちゃんの家で過ごしてました。
ほぼ、お婆ちゃんに育てられたようなものです。
その分、休みの日は両親といろんな所に出掛けてたので全く不満も無く。

母親が綺麗であるのは嬉しい事なんです。でも『母』ではなく、『女』でいられると
かなり抵抗があります。『美』を求める事は素敵な事だけど『母』を捨てないでほしい。
子供の為に!!それを忘れないでほしい。

毎回、映画での金持ちの母親はこんな感じ。ほんとなんだろうか?
ナニーに頼らず、きちんと母親をやってる人はいないのか?
ほんとのところを知りたいところです。
あと、ナニーがデートしてはいけないのは、「恋愛なんてするヒマはない!!」って事なのかしら?
最後はハッピーエンドです。ま、当たり前ですが…w
でも、この邦題はなんだか好き♪

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

うーん ふつう

投稿日:2009/10/14 レビュアー:シネマ子

タイトルは作風と合ってなくて良くない。「私がクマにキレた理由」というと、元気ではじけた印象がしますが、落ち着いた雰囲気の作品だし原題の「The Nanny Diaries」の方があっている気がします。

ほのぼのした品のあるかわいらしいラブコメディです。
魔性の女役が多いスカーレットヨハンソンが、珍しく歳相応の悩み多き普通の女の子を演じていて好感度大です。

人生の成功を夢見て金融系への就職を目指す女子学生が、当座のバイトで渋々ナニー(子守)をすることで、成長しながら自分の進路・生き方を新たに見出していく、というストーリー。

しかし良い仕事(儲かる仕事)=金融系なのは日本といっしょですね。ひとからげに金融といっても、リーマンブラザースなんて就職したらえらい目にあってましたけどね。こう不況下だと従来の価値観が崩れてきます。

ドラマチックな展開はなく(子守だし)、先も読めるありきたりなストーリーなので、スカヨハの抜群のスタイルと、勘違いマダムを演じたローラリニーの演技達者ぶりくらいしか、正直印象には残りませんでした。

深く考えず観るドラマとしては悪くないかなあ、という感じです。
 
スカヨハ演じる主人公が、素敵なエリート男と知り合ったときに、ナニーである自分を恥じて「いい男が家柄やキャリアのない女と付き合うのは学生時代までよ」とため息まじりで語るシーンがあって、印象的でした。
こういう考えの人私の周囲でもいますけど、学校を卒業する頃になると、人を好きになる時ですら打算が入ってきます。いやですね。
様々な憶測で物を見る目が曇らないようにしたいです。



このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

★★結構好きかも

投稿日:2010/07/16 レビュアー:かづしげ

 スカーレットは「ブーリン家の姉妹」でかなりの美人と思っていたが、ここではナニー(子守)が似合う程度の美人に見えた。役柄とよくマッチしてたが、役作りがうまいということかな 笑 
 ストーリィはありがちだが、軽妙なタッチを保ちつつ飽きずに観れた。まあ、アリシア・キーズが時折出て来たのが、私的に効果的なスパイスになったからかもしれないけどね。
 単なる偶然だが、ローラ・リニーの出演作が3本も続いた。続けて見るとどの役も過不足の無い演技で手堅いなと感じた。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

君たち珍種

投稿日:2010/02/01 レビュアー:ビンス

まず始めに。
子守りを他人に任せる欧米の習慣が意味わからない。
それが普通の事として成り立つ神経が理解できない。
子育てを通して共に成長する過程の放棄。
止む無き事情がある方(共働きなど)はさておいても、主婦だったらその放棄は勿体無い。
さらに我が家に他人が住んでいるということ。
しかも自分が不在の時間に、他人が我が家を自由に歩き回る。
これって気持ち悪くないかなぁ。
何されてるかわからない。
でもカメラ付けるってのも気持ち悪いし。
信頼してるようで信頼していない薄ら寒い関係。
やっぱり理解不能。
高みに登りつめたつもりでも、下々の者はそんなにそこに登りたいと思ってないって気づいてない。
むしろ珍種扱いだよ。
と、そんなとこまで登りつめた事もない&子育てしたこともない一人の男は思うわけです。

映画の冒頭の入りが好きです。
こういうのは楽しいですね。
今回もスカ子はかわゆい。
お色気フェロモンバリバリよりも、こういう感じのほうがむしろ魅力的。
あのドタバタ走りがなんとも言えません♪
ローラ・リニーもステキですね。
表情の微妙な変化とかが凄く上手だなぁ・・というか自然だなぁと思います。

お金をたくさん手にしたら、色々あれこれやってみよう・・とか「自由」を手にした気分になりそうなもんですが、実は前より窮屈だったりして「お金持ちだからこう」「お金持ちだからコレ」に支配されて、雁字搦めだ・・・・その犠牲が子供君。
ジョージ・マイケルの「freedom」を聴いて唄い叫べ!
自由を手にするんだ!
ジョージは色んな意味で自由だぞ!
縛られて無いぞ!

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ナニーがみた上流家庭ネタバレ

投稿日:2009/09/29 レビュアー:パープルローズ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

就職試験に失敗し途方にくれるアニーは、ひょんなことからNYのセレブ家庭にナニーとして雇われることになる。面倒をみることになった少年グレイヤーの父親も母親も、それぞれ自分のことに忙しく、子どもを顧みようとはしない。

2007年の製作なので、スカーレット・ヨハンソンが22歳か23歳頃の撮影と思われます。
最近はセクシー路線ばかりのヨハンセンには珍しく、実年齢にあった自分探しの物語です。
それでも、そのグラマラスな体型は隠すことができず、雇われた家の主人(ポール・ジアマッティ)に言い寄られたりします。

それにしても、アメリカの上流家庭の妻って、本当にこんな生活をしてるのでしょうか?
自分磨きにには忙しいけれど、子どもを顧みようとはしない。
夫に愛されず、始終いらだっている。

なんだか意味のわからない邦題ですが、雇い主がアニーを監視するためにビデオカメラを仕掛けたのがクマのぬいぐるみ、そしてそれに気づいたアニーの不満はついに爆発。

アニーが雇い主の夫婦を、最後まで「ミスターX」「ミセスX」と呼んでいるのが不思議だったのですが、最後に「なるほど〜。」
アニーは自分の体験を、大学への奨学金の審査に使おうとしているわけです。
「ラスベガスをぶっつぶせ」の主人公もそうしてましたが、アメリカって学業成績よりも、その人がどんな体験をしてきたかということを重視するんでしょうか?ちょっと不思議に思いました。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全99件

私がクマにキレた理由

月額課金で借りる

都度課金で借りる