セブン:ビギンズ〜彩られた猟奇〜

セブン:ビギンズ〜彩られた猟奇〜の画像・ジャケット写真

セブン:ビギンズ〜彩られた猟奇〜 / ウィレム・デフォー

全体の平均評価点:(5点満点)

11

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「セブン:ビギンズ〜彩られた猟奇〜」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

『スパイダーマン』のウィレム・デフォー主演によるサイコサスペンス。警察学校の教官・スタンは、本部から殺人事件の捜査協力を要請される。現場には被害者の死体を使ったアートが残されており、その手口はスタンが過去に手掛けた事件と瓜ふたつで…。

「セブン:ビギンズ〜彩られた猟奇〜」 の作品情報

作品情報

製作年: 2007年
製作国: アメリカ
原題: ANAMORPH

「セブン:ビギンズ〜彩られた猟奇〜」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

セックス・クラブ<特別編>

レッド・アフガン

特攻野郎Aチーム THE MOVIE

バッドボーイズ2バッド

ユーザーレビュー:11件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全11件

過去の事件で ネタバレ

投稿日:2010/03/28 レビュアー:にも

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「心理的トラウマを負った刑事が、
その事件を模倣したらしき猟奇事件に巻き込まれ」
といったお話です。

「訥々としたウィレム・デフォーの演技」
「ディスプレイされた殺人現場」
「物哀しげな音楽」
派手さは無く全体の印象は薄めなものの、悪い作品ではないと思います。

「犯人の唐突感」「尻切れトンボ風のエンディング」は難ですが。
あと20分あって、そのあたりの説明があれば良かったとは思います。
「セブン」を連想させるような邦題で、損をしている作品でしょうね。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

何だか、おフランス作品ぽい ネタバレ

投稿日:2009/10/02 レビュアー:モアイ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

○どんより曇り空で
○渋いオジサンが出てきて
○過去になんかありそうなんだけどよく分からなくて・・・

テンポも歯切れも悪い感じが
まるでおフランスのサスペンス作品みたいでした。

犯人も、誰この人?状態。

動機も全く分からない。
何故、主人公を狙う?(もしくは主人公の知人関係)

猟奇的サスペンスをお探しなら、
おフランス産の「クリムゾン・リバー」のほうが
話も繋がるし、面白いのではないかと思います。
こちらはおフランスらしい、まったり感が全然ないです。
しかも、この映画よりマシ(笑)です。

※わたくし、おフランス作品は大好きです。
ただ、アメリカ作品でおフランス色が強いのは驚きでした。





このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

なに、これ!?

投稿日:2009/10/06 レビュアー:らてらるろっと

解らない。だけどもう一回見る気もしない。
そんな作品でした。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

凝りまくった殺人アートでした

投稿日:2009/09/15 レビュアー:大今里

死体をアート・オブジェに仕立て上げるって部分のみ面白かった、サスペンスでした。
主人公の刑事の過去の捜査失敗ってのが、いまいちどういうものか説明不足でして、その分、彼の苦悩がいまいち伝わらないんです。相棒も、たいして活躍するわけでもなく、そのくせラストで、死体アートのからくりに気付くというのも、なんかな〜。
ダークでクールな映像、デフォーの渋い演技、演出も悪くはないんですが、どうも、もっと長い映画を編集で短く切りまくった印象。
犯人の存在感も希薄というか、あいまいというか。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

訳解らん!

投稿日:2009/09/14 レビュアー:ZZZ

訳解らん!ストーリーの運び方がだらだらしていて
肝心なとこは説明もなく突然事件が起きる。
解決の糸口も何をつかんだのか解らない。
死体を使ったアートとやらも何が何だか?
結局面白くなかった。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全11件

セブン:ビギンズ〜彩られた猟奇〜

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:11件

過去の事件で

投稿日

2010/03/28

レビュアー

にも

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「心理的トラウマを負った刑事が、
その事件を模倣したらしき猟奇事件に巻き込まれ」
といったお話です。

「訥々としたウィレム・デフォーの演技」
「ディスプレイされた殺人現場」
「物哀しげな音楽」
派手さは無く全体の印象は薄めなものの、悪い作品ではないと思います。

「犯人の唐突感」「尻切れトンボ風のエンディング」は難ですが。
あと20分あって、そのあたりの説明があれば良かったとは思います。
「セブン」を連想させるような邦題で、損をしている作品でしょうね。

何だか、おフランス作品ぽい

投稿日

2009/10/02

レビュアー

モアイ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

○どんより曇り空で
○渋いオジサンが出てきて
○過去になんかありそうなんだけどよく分からなくて・・・

テンポも歯切れも悪い感じが
まるでおフランスのサスペンス作品みたいでした。

犯人も、誰この人?状態。

動機も全く分からない。
何故、主人公を狙う?(もしくは主人公の知人関係)

猟奇的サスペンスをお探しなら、
おフランス産の「クリムゾン・リバー」のほうが
話も繋がるし、面白いのではないかと思います。
こちらはおフランスらしい、まったり感が全然ないです。
しかも、この映画よりマシ(笑)です。

※わたくし、おフランス作品は大好きです。
ただ、アメリカ作品でおフランス色が強いのは驚きでした。





なに、これ!?

投稿日

2009/10/06

レビュアー

らてらるろっと

解らない。だけどもう一回見る気もしない。
そんな作品でした。

凝りまくった殺人アートでした

投稿日

2009/09/15

レビュアー

大今里

死体をアート・オブジェに仕立て上げるって部分のみ面白かった、サスペンスでした。
主人公の刑事の過去の捜査失敗ってのが、いまいちどういうものか説明不足でして、その分、彼の苦悩がいまいち伝わらないんです。相棒も、たいして活躍するわけでもなく、そのくせラストで、死体アートのからくりに気付くというのも、なんかな〜。
ダークでクールな映像、デフォーの渋い演技、演出も悪くはないんですが、どうも、もっと長い映画を編集で短く切りまくった印象。
犯人の存在感も希薄というか、あいまいというか。

訳解らん!

投稿日

2009/09/14

レビュアー

ZZZ

訳解らん!ストーリーの運び方がだらだらしていて
肝心なとこは説明もなく突然事件が起きる。
解決の糸口も何をつかんだのか解らない。
死体を使ったアートとやらも何が何だか?
結局面白くなかった。

6〜 10件 / 全11件