マックス・ペイン

マックス・ペインの画像・ジャケット写真
マックス・ペイン / マーク・ウォールバーグ
全体の平均評価点:
(5点満点)

69

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「マックス・ペイン」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「マックス・ペイン」 の作品情報

製作年: 2008年
製作国: アメリカ
原題: MAX PAYNE

「マックス・ペイン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

マックス・ペインの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
100分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 FXBR38487 2009年09月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
25枚 2人 0人

【Blu-ray】マックス・ペイン<完全版>(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
103分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 FXXR40679*B 2009年09月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
21枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:69件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全69件

そこそこ満足のアクション映画ネタバレ

投稿日:2009/09/10 レビュアー:みなみ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

イントロダクションに「驚愕の真実と真犯人」とありますが
そんなに驚きません。
展開も犯人も想定の範囲内で、意外性は無かったけれど
主人公に共感できるし、映像が美しいです。
アクションシーンは迫力あるし、超スロー映像も印象的。
夜の街に雪が降る背景が美しいです。
予告編で見た「鳥」っぽいものは、何かと思ったら
なるほどそういうことだったのですね、納得。
「007慰めの報酬」のオルガ・キュリレンコが出ていました。
やっぱり美しくて、ため息が出るほどですね。ちょい役だったのが残念。
主役のマーク・ウォールバーグは、悪くは無いですが
もう少し華があったらなあ…

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

弾丸タイムネタバレ

投稿日:2009/07/26 レビュアー:よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 原作のゲームはPS2で結構楽しみました。ゲーム『マックス・ペイン』の一番の特徴は、『マトリックス』で一般化した「突然すべてがスローモーションになって銃弾の弾道も見える」というシステムをアクション・ゲームに持ち込んだことではなかったかと思います。これをバレット・タイム(弾丸タイム?)と言って、ボタン操作ひとつで敵の動きがゆっくりになるので、照準も合わせやすくなったりするわけです。
 このバレット・タイムがそのまま映画のアクション・シーンに持ち込まれているのが特徴ですが、あまり効果的とも思えませんでした。こういうのもう見慣れてしまった感じがして、逆にアクションの迫力を欠いているような気がしてしまいましたが、見世物的には眼を引くとは思います。
 マックス・ペインてのは主人公の刑事の名前なんですが、実際にとてつもない痛みを抱えています。ジャンキーに最愛の妻と生まれて間もない赤ん坊を殺された過去を持っているわけですね。ゲームはこのマックスの痛みを視覚的に表現しているパートがあって、暗黒の世界に赤ん坊が延々と泣き続け、細い血のようなラインをゆらゆらと主人公がたどっていき、踏み外すと奈落の底に落ちていくという、幻想的かつ神経症的な演出がなされていました。
 映画もそこまでではありませんが、たしか何度か、この妻と子どもが殺されるシーンがフラッシュバックで入ってきます。ちょっと気味悪い感じですが、あれはゲームに由来するシーンなのですね。
 こうしたの部分の他にも、羽根のある不思議な生物が跋扈したり、あるいはラストのドーピング以降の大爆発など、登場人物のの心象風景というか幻視をあまり説明なく放り込んでいるところは面白いと思いました。同時期に公開された刑事アクション『アンダーカヴァー』や『フェイクシティ』があくまでリアリティを重視しているのとは違って、この作品は作りもの感でいっぱいです。大量に舞う雪など、CGによる天候の表現もそういう感じを後押ししています。
 そこは実は好感を持つところではあるのですが、いかんせん、お話がちっとも面白くなく、アクションも特筆すべきセールスポイントに欠け、結果普通の映画というにとどまると思いました。お暇なら、45点。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

////

投稿日:2010/06/07 レビュアー:エロエロ大魔神

意外と犯人は身近な人物だった!てのはよくある話です!

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

マーク・ウォルバーグ

投稿日:2010/05/12 レビュアー:ぶわつ

 恥ずかしながら、本作が有名なPCゲームの映画化作品とは知らなかった。
 観たのは、ただただマーク・ウォルバーグが主演だと知ったからです。
 この人は年々いい俳優になっていってるような気がします。
 そういえば、『ラブリーボーン』の父親役も、すごく印象的でした。
 本作のマーク・ウォルバーグは、何者かに愛する妻と娘を殺され、その復讐のため黙々と犯人を捜し続ける刑事マックス・ペイン。原作ゲームを知っている方によると、原作のイメージとはまったくかけ離れているようですが、原作知らないオレとしては、「マーク・ウォルバーグ、本作でもええ仕事してるなあ」としか思えず、本作のようなダーク調の映像が割と好きなこともあり、十分愉しめる一作でありました。
 ストーリー的にはまあ、もうすでに細かいところ忘れかけているので、じっさいたいしたもんではなかったとは思いますが・・・。

 それはそうと、家でDVDを観る時って、エンドロールの途中で再生ストップすることがままあるんですが、本作はたまたま最後まで流していると、エンドロール終了後にワンシーンがありました。
 いかにも続編匂わすシーンでしたが、さて続編はあるんでしょうか?

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

なし

投稿日:2009/10/07 レビュアー:ロンリー火真西

ドラッグ、酒、女、GUN、殺し、と序盤はただのハードボイルド映画だと思って見てましたが、裏には巨大な組織が・・・

映画全体を通してダークな雰囲気でいつも雪が降っていたり豪雨だったりするところは「クロウ」を思い出しました
銃撃戦も派手でいい

が、ストーリーは特に目新しくない

マークウォールバーグは「ブギーナイツ」のイメージが払拭できないんですよね、個人的に

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全69件

マックス・ペイン