トップガンの画像・ジャケット写真

トップガン / トム・クルーズ

全体の平均評価点:(5点満点)

125

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

映画賞受賞作品

旧作

ジャンル :

「トップガン」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

映画賞受賞作品

旧作

解説・ストーリー

カリフォルニア州ミラマー海軍航空基地。そこにF-14トムキャットを操る世界最高のパイロットたちを養成する訓練学校、通称“トップガン”がある。若きパイロットのマーヴェリックもパートナーのグースとともにこのトップガン入りを果たし、自信と野望を膨らませる。日々繰り返される厳しい訓練も、マーヴェリックはグースとの絶妙なコンビネーションで次々と課題をクリアしていく。しかしライバルのアイスマンは、彼の型破りな操縦を無謀と指摘する。その一方で、マーヴェリックは新任の女性教官チャーリーに心奪われていく。

「トップガン」 の作品情報

作品情報

製作年:

1986年

製作国:

アメリカ

原題:

TOP GUN

受賞記録:

1986年 アカデミー賞 主題歌賞
1986年 ゴールデン・グローブ 歌曲賞

「トップガン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ジョー、満月の島へ行く

ユニコーン・キラー

ドアーズ

宇宙戦争

ユーザーレビュー:125件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全125件

いい作品です!

投稿日:2005/07/01 レビュアー:Tomopy

随分前に観て、再度観たいなと思って観てみたのですが、やっぱりよかった!
製作年は古いけど、今でも充分楽しめる作品です。
トム・クルーズさんはやっぱりかっこいい!
お勧めです。

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

来年にはトム主演の続編が全米公開!!

投稿日:2018/06/01 レビュアー:カマンベール

1986年。トニー・スコット監督作品。

トップガンとは、アメリカ海軍に所属するトップ1パーセントのエリート・パイロットのこと。
航空アクション映画に女性教官とのラブロマンスを絡めた娯楽作です。
24歳の生意気盛りのトム・クルーズが若い。
操縦技術には自信過剰だが、それだけの実力はある。
4歳年上の29歳のケリー・マクギリスが、如何にも年上の女の色気をムンムンさせて魅力的。
ブレイク前のメグ・ライアンが親友の妻役で出演。
当時若手だった俳優(バル・キルマー、アンソニー・エドワーズ、
ティム・ロビンスなど若さが煌めく美しさ)
しかし今もハリウッドで一流俳優として生き残っていているのは
トム・クルーズただ一人。

そのトム・クルーズが、映画のラストで教官に聞かれる。
「君の将来の希望は?」
答えて「教官です。トップガンの・・」
来年公開の「トップガン・マーベリック」では念願の教官として
20年ぶりに「トップガン」が帰って来ます。
またこの作品を始めてみるファンがたくさんいることでしょう。

ラストでマーベリック(トム・クルーズ)の戦闘機からミサイルを発射して4機が木っ端微塵に爆破されます。
この仮想敵国はどこなのでしょう。
20年後の現在なら、国際的大問題で国を揺るがす事態でしょうに。
そのあたり、ノー天気な航空アクション映画です。
政治とはなんの関係もありません(笑)

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

クールな音楽のクールな映画!

投稿日:2009/03/31 レビュアー:ムーミンママ

とにかく懐かしい!!
今見ると、ちょっとコテコテな感じもするけれど
当時は最高にクールな映画だった気がする。
私も若かったし、トム・クルーズもバル・キルマーも若かった。

トム・クルーズのマーヴェリックはカッコつけで青いけど爽やか。
バル・キルマーのアイスマンは痺れるほどクールでかっこいい!

『デンジャーゾーン』を聞くと今でも心が躍る気がするし
『テイク・マイ・ブレス・アウェイ』にはうっとり♪
音楽とストーリーが見事に調和した作品ですね。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

トムキャット!トムキャット!トムキャット!

投稿日:2010/07/06 レビュアー:さっちゃん

 今じゃ完全にアメリカ海軍から退役してしまったF14”トムキャット”も、この頃はまだ米空母の看板スターでしたね。本作の主役は誰が何と言ってもトムキャットに決まりでしょう。トム・クルーズが誰とくっつこうが、そんなことはどうでもいいのです。
 開巻間もなく慌しくデッキ・クルーが動き回る空母甲板が映し出され、発艦準備が整ったF14が1機、カタパルトへとつながれます。一瞬の間を置いて高速で戦闘機を打ち出すカタパルト。続いてF14の機体後部越しに遠ざかる空母を捉えたショット。瞬く間に高空へ舞い上がる機体。それにかぶさる「ハイウェイ・トゥ・ザ・デンジャー・ゾーン」の曲。もうこれだけで痺れてしまいました。
 先にも書いたように本作は人間は添え物で、戦闘機こそが主役の映画なのです。男の子なら多分。しかし、監督かプロデューサーか、どちらか分かりませんが、計算高い。主演にトム・クルーズ、相手役にケイト・マクギリスという美男美女を配して、女性ファンに対する目配りも忘れないとは。しかし、その辺りは無視してレヴューを続けます。今回、ほとんど全部”趣味の時間”のノリで行きます。
 まず、トップガンですが、これは起源がベトナム戦争まで遡ります。ベトナム空軍と遭遇したアメリカ軍は、空軍も海軍も、それまで相手にしたことがない小型の戦闘機を相手にしなければなりませんでした。しかも政治的理由により相手機を視認してからでなければ攻撃をかけられなかった米軍パイロットは当初、苦しい戦いを余儀なくされました。
 これを解消するため、DACT(異機種間戦闘訓練)という考え方を取り入れた米海軍は小型のA4”スカイホーク”攻撃機や、同盟国への供与のために作られたF5”タイガーU”戦闘機を敵部隊に大きさも性能も異なった相手との戦闘訓練を開始したのです。この施設はミラマー基地に設けられ、ベトナム戦争が終了した後も米海軍のDACTの学校となっているのです。
 映画では敵部隊の機体としてはA4が使われ、F5はMigに化けていました。実際には前者がアフターバーナーの無いMig17など旧式の機体。後者が超音速性能を持つMig21の役を割り振られています。とにかくどの機体も、爆発シーンなど一部を除いて本物なので迫力は満点です。最近はCGで間に合わせることが多いのですが、やっぱり違いますね。特に低空で旋回するときに翼端からすーっと水蒸気の帯を引くのが堪りません。
 思わず興奮してしまいましたが、やはり70年代に設計された機体というのはどこか、まだ人の手で図面を引いたという感覚が残っていて、そこが魅力です。最近のF22やF35なんかは確かに性能は凄いかもしれませんが、色気がないったらありゃしない。飛行機を愛でる者には80年代よりこっちの機体は風情がなくっていけません。
 ということで暴走しまくりのレヴューでしたが、飛行機を偏愛する方には堪能できることは保証します。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

つぶやきがたまらない…

投稿日:2007/06/18 レビュアー:totoro

 戦闘シーンで、ぶつぶつ言うシーンがたまりません。
本来なら独り言は不気味で煩いと思うのに、あのつぶやきはワクワクします。
なんとなく癖になりそうなトムのつぶやきに続トップガンを注文したのに、違う商品が届いた。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全125件

トップガン

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:125件

いい作品です!

投稿日

2005/07/01

レビュアー

Tomopy

随分前に観て、再度観たいなと思って観てみたのですが、やっぱりよかった!
製作年は古いけど、今でも充分楽しめる作品です。
トム・クルーズさんはやっぱりかっこいい!
お勧めです。

来年にはトム主演の続編が全米公開!!

投稿日

2018/06/01

レビュアー

カマンベール

1986年。トニー・スコット監督作品。

トップガンとは、アメリカ海軍に所属するトップ1パーセントのエリート・パイロットのこと。
航空アクション映画に女性教官とのラブロマンスを絡めた娯楽作です。
24歳の生意気盛りのトム・クルーズが若い。
操縦技術には自信過剰だが、それだけの実力はある。
4歳年上の29歳のケリー・マクギリスが、如何にも年上の女の色気をムンムンさせて魅力的。
ブレイク前のメグ・ライアンが親友の妻役で出演。
当時若手だった俳優(バル・キルマー、アンソニー・エドワーズ、
ティム・ロビンスなど若さが煌めく美しさ)
しかし今もハリウッドで一流俳優として生き残っていているのは
トム・クルーズただ一人。

そのトム・クルーズが、映画のラストで教官に聞かれる。
「君の将来の希望は?」
答えて「教官です。トップガンの・・」
来年公開の「トップガン・マーベリック」では念願の教官として
20年ぶりに「トップガン」が帰って来ます。
またこの作品を始めてみるファンがたくさんいることでしょう。

ラストでマーベリック(トム・クルーズ)の戦闘機からミサイルを発射して4機が木っ端微塵に爆破されます。
この仮想敵国はどこなのでしょう。
20年後の現在なら、国際的大問題で国を揺るがす事態でしょうに。
そのあたり、ノー天気な航空アクション映画です。
政治とはなんの関係もありません(笑)

クールな音楽のクールな映画!

投稿日

2009/03/31

レビュアー

ムーミンママ

とにかく懐かしい!!
今見ると、ちょっとコテコテな感じもするけれど
当時は最高にクールな映画だった気がする。
私も若かったし、トム・クルーズもバル・キルマーも若かった。

トム・クルーズのマーヴェリックはカッコつけで青いけど爽やか。
バル・キルマーのアイスマンは痺れるほどクールでかっこいい!

『デンジャーゾーン』を聞くと今でも心が躍る気がするし
『テイク・マイ・ブレス・アウェイ』にはうっとり♪
音楽とストーリーが見事に調和した作品ですね。

トムキャット!トムキャット!トムキャット!

投稿日

2010/07/06

レビュアー

さっちゃん

 今じゃ完全にアメリカ海軍から退役してしまったF14”トムキャット”も、この頃はまだ米空母の看板スターでしたね。本作の主役は誰が何と言ってもトムキャットに決まりでしょう。トム・クルーズが誰とくっつこうが、そんなことはどうでもいいのです。
 開巻間もなく慌しくデッキ・クルーが動き回る空母甲板が映し出され、発艦準備が整ったF14が1機、カタパルトへとつながれます。一瞬の間を置いて高速で戦闘機を打ち出すカタパルト。続いてF14の機体後部越しに遠ざかる空母を捉えたショット。瞬く間に高空へ舞い上がる機体。それにかぶさる「ハイウェイ・トゥ・ザ・デンジャー・ゾーン」の曲。もうこれだけで痺れてしまいました。
 先にも書いたように本作は人間は添え物で、戦闘機こそが主役の映画なのです。男の子なら多分。しかし、監督かプロデューサーか、どちらか分かりませんが、計算高い。主演にトム・クルーズ、相手役にケイト・マクギリスという美男美女を配して、女性ファンに対する目配りも忘れないとは。しかし、その辺りは無視してレヴューを続けます。今回、ほとんど全部”趣味の時間”のノリで行きます。
 まず、トップガンですが、これは起源がベトナム戦争まで遡ります。ベトナム空軍と遭遇したアメリカ軍は、空軍も海軍も、それまで相手にしたことがない小型の戦闘機を相手にしなければなりませんでした。しかも政治的理由により相手機を視認してからでなければ攻撃をかけられなかった米軍パイロットは当初、苦しい戦いを余儀なくされました。
 これを解消するため、DACT(異機種間戦闘訓練)という考え方を取り入れた米海軍は小型のA4”スカイホーク”攻撃機や、同盟国への供与のために作られたF5”タイガーU”戦闘機を敵部隊に大きさも性能も異なった相手との戦闘訓練を開始したのです。この施設はミラマー基地に設けられ、ベトナム戦争が終了した後も米海軍のDACTの学校となっているのです。
 映画では敵部隊の機体としてはA4が使われ、F5はMigに化けていました。実際には前者がアフターバーナーの無いMig17など旧式の機体。後者が超音速性能を持つMig21の役を割り振られています。とにかくどの機体も、爆発シーンなど一部を除いて本物なので迫力は満点です。最近はCGで間に合わせることが多いのですが、やっぱり違いますね。特に低空で旋回するときに翼端からすーっと水蒸気の帯を引くのが堪りません。
 思わず興奮してしまいましたが、やはり70年代に設計された機体というのはどこか、まだ人の手で図面を引いたという感覚が残っていて、そこが魅力です。最近のF22やF35なんかは確かに性能は凄いかもしれませんが、色気がないったらありゃしない。飛行機を愛でる者には80年代よりこっちの機体は風情がなくっていけません。
 ということで暴走しまくりのレヴューでしたが、飛行機を偏愛する方には堪能できることは保証します。

つぶやきがたまらない…

投稿日

2007/06/18

レビュアー

totoro

 戦闘シーンで、ぶつぶつ言うシーンがたまりません。
本来なら独り言は不気味で煩いと思うのに、あのつぶやきはワクワクします。
なんとなく癖になりそうなトムのつぶやきに続トップガンを注文したのに、違う商品が届いた。

6〜 10件 / 全125件