Vフォー・ヴェンデッタ

Vフォー・ヴェンデッタの画像・ジャケット写真
Vフォー・ヴェンデッタ / ナタリー・ポートマン
全体の平均評価点:
(5点満点)

244

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「Vフォー・ヴェンデッタ」 の解説・あらすじ・ストーリー

アラン・ムーアとデヴィッド・ロイドによって80年代に発表されたコミックをベースに、「マトリックス」シリーズのウォシャウスキー兄弟が脚本化したサスペンス・アクション。独裁国家となったイギリスを舞台に、反ファシズムを掲げテロ行為を繰り返す謎の男“V”と、その戦いに巻き込まれていく一人の女性の葛藤と成長を描く。テレビ局で働くイヴィーはある日、外出禁止時間に表を歩いていたところを運悪く秘密警察に見つかってしまう。そんな絶体絶命の危機を、彼女は“V”と名乗る謎の仮面男に救われる。しかしVは、たった一人で独裁政権に反旗を翻すテロリストだった…。

「Vフォー・ヴェンデッタ」 の作品情報

製作年: 2005年
製作国: イギリス/ドイツ
原題: V FOR VENDETTA

「Vフォー・ヴェンデッタ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

Vフォー・ヴェンデッタの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
132分 日本語 英語 吹き替え用 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 DLR82919 2006年09月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
50枚 0人 1人

【Blu-ray】Vフォー・ヴェンデッタ(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
132分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 WBRY11701*B 2009年07月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
19枚 0人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:244件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全244件

わからんネタバレ

投稿日:2007/03/26 レビュアー:

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

わりと評価が高いので見てみたけど、やっぱりなかんじ。
3回トライしたけど、どうしても眠くなってしまい
もう先を見るのがめんどくさくなって諦めました。
面白くなる前に挫折したのかもしれないけど、私はもういいです。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

クズ以下の映画で見る価値なしネタバレ

投稿日:2006/11/18 レビュアー:勝王

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

クズみたいな映画というのは、アルバトロスなどいろいろありますが、こんなに胸糞悪い映画も久しぶりです。まだ見ていない人は絶対に見ないで下さい。見る価値がありません。クズ以下です。

 
 で、なんでこんなことを言うかというと、ここからははっきりネタバレですが、主人公のVが仲間の左翼的教育?のために仲間を拷問するんですな。私の世代はこういうの、絶対に許せないんです。これじゃ連合赤軍と同じじゃん、と思ってしまいます。「鬼畜大宴会」じゃないか、と非常に腹が立ちます。我々はそういうことを否定して何とか世の中を作っていこうとしているのにね。拷問による教育じゃ、復讐に対する復讐、抑圧に対する抑圧であって、正義も悪も(ないのは分かっているけど)ありません。必要なのは結果じゃなくてプロセスなのが人生だと信じているので、拷問野郎は全否定です。で、みんなはどう思っているのだろうと、レビューをかなり遡って読んでみたのですが、意外にもそこに拒否反応があんまりないのに驚きました。paroleさんらが全体主義に対する全体主義と言っていたのが正しいでしょう。ま、しかし、全体主義の前に拷問はいかんよ。こんなストーリー作った人たちは頭がおかしいです。頭おかしいというか、思想的にも古すぎますよ。いや私は敵を拷問することまでは認めるんですよ。ストーリー的にも。それなら単なる復讐ですから。でも、味方を教育のために拷問しはじめたら、それは独裁者と同じじゃないでしょうか。ウソまでついてね。それも愛だったとか、そんなのは認めませんよ。それさえなけりゃ面白かったのにね。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ヴ・ナロード?ネタバレ

投稿日:2006/10/05 レビュアー:よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

微笑ましいロマンチックなアクションもので、楽しめました。眠いときに観たのですが、退屈しませんでした。

 甘いなあと思っても、心をくすぐられてしまう少女マンガのような・・・と書くと誤解されてしまうかもしれませんので、他の方のレビューも参照してほしいのですが、普段は江国香織や吉本ばなななど読んでいる高校の文芸部長にはお勧めです(男子女子問わず)。ああそうだ、伊坂幸太郎『魔王』なんて実にこの作品とシンクロしてますので、気に入った人は観てはどうでしょう。学園祭で上映しても面白いかもしれません(いや本当)。


 ラスト大挙して集まった人々の眼前で、感動的な破壊行為が行われるのですが、おおVよ良かったねあんなに君の理念に賛同する人がいたよという気持ちになりかけて、でもなんだい結局は民衆は違う「権力」に乗り換えただけじゃあないのと気持ちが萎みかけます。するとにわかに民衆は配給された仮面を脱ぎ捨て、一人一人が意思をもってそこに立つ自由な個人であることを主張します。でも当然ながらそれが説得力をもつほどに、個々人の心情や考え方が描写されているわけでもないので、どうにもくっつけただけどいう印象です。
 正しい理念(怖いねえ)に触れさえすれば、民衆は独立した自由な意思で革命を選び取る・・・本作が甘い甘いファンタジーであると思うのは、こういうところです。

 でも、本作はやはりオーソドックスな復讐譚、純エンタテインメントなので、これでいいのだと思いました。60点。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

見る者の心を写すペルソナ劇ネタバレ

投稿日:2006/09/11 レビュアー:aiai

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

最初、主人公のVは、自由を抑圧する悪の政治体制をやっつけるとても強くてかっこいいヒーローに見える。だが、物語が進んでいくうちに、味方で自分を助けてくれた女性を精神的に目覚めさせるため、わざと監禁拷問するという、かなりハードな倒錯傾向もあって、単なるアンチヒーローものでもないことがじわじわわかってくる。

Vは料理するときでも仮面をつけているといった具合で(エプロンをつけているのが笑える)終始仮面を取らないわけだが、それは過去に強制収容所での火災が原因らしく、手にひどいやけどを負っていることからも推察できる。この収容所では生体実験がおこなわれVもひどいめにあったようだ。これはナチスのホロコーストの強烈なアンチになっていることは言うまでもない。本作が英国発のコミックだからといってなにも英国の歴史的政治背景がメインなドラマでもなく、むしろドイツファシズムに対するアンチテーゼのほうが比重が大きいように思える。

仮面というのは、古典芸能の「能面」のように角度を変えると、怒ったり、笑ったりしてるように表情が違って見えるというのはあるようだが、基本的には固定化されたものだ。もしそこに表情が現れるとすると、それはまさしく見ている側の心理がそこに映し出されたものなのだ。主人公Vが仮面を最後まで取らない本当の理由は実はそこにある。取ってしまうとやけどを負った無惨な顔面が露出し、なんと悲惨、なんとかわいそうと哀れをかうだろう。Vはそれを拒絶しているのだ。そんな表面的な感情で自分を判断して欲しくない。俺の憎しみ、俺の混乱はそんなものでは推し量れない。俺の復讐、俺の思想、それは善なのか悪なのか、賛同できるか、できないか、それは君しだいだと、問いかけているのである。ラスト、彼女に爆弾のレバーをゆだねる行為が如実にそれを物語っているではないか。彼の仮面はそういう意味なのだ。

本作品、ゾロとかの勧善懲悪とはまったく違うものだし、単なるSFのジャンルとしてはくくれない、見る側の見識や深みが試される挑発的な出色のドラマである。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

どうして巻き込む??ネタバレ

投稿日:2007/05/02 レビュアー:エファ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

近未来のイギリス、独裁国家と化した国に1人のテロリストが立ち向かう。
その名は「V」
エプロンにフライパンが良く似合う・・・ではなく、二刀流の剣で軽やかに敵をなぎ倒す、仮面を被った謎の男。

元は漫画らしいから、そっちを1度読んでみたい!
何となく『岩窟王』を彷彿とさせる話だけど、そんなにナタリーがスキンヘッドになる必要性を感じなかった。
仮面の男Vもなかなか可愛いキャラになっていたが、個人的にはストイックでいてほしかった。
だってテロリストだし。

ナタリーが泣きじゃくるシーンなど、『レオン』のマチルダを思い出させた。やはり彼女は演技達者ですね♪

この映画は、オペラや芝居にもOKなんじゃないかな?
あちこちに『V』が散りばめられているのも面白かったです。
イヴィーの額の怪我もVだもんね。

ちなみに、Vが被ってた仮面はイギリスの国会議事堂を爆破しようとしたガイ・フォークスと言う人がモデル。
彼は事件翌年に処刑されたが、なぜかヒーロー的な扱いで、400年たった今でも11月5日は彼の記念日とされ花火が打ち上げられるとな。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全244件

Vフォー・ヴェンデッタ