イルジメ 〜一枝梅〜の画像・ジャケット写真

イルジメ 〜一枝梅〜 / イ・ジュンギ

全体の平均評価点: (5点満点)

113

イルジメ 〜一枝梅〜 /イ・ジュンギ

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

旧作

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「イルジメ 〜一枝梅〜」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

朝鮮中期を舞台に、悪政を暴く義賊・イルジメの活躍を描いたアクション時代劇第10巻。幼少時代、父が惨殺されるのを目撃し、心に傷を負ったギョム。彼は盗賊・セドルに引き取られ、チンピラ同然の生活を送っていたが…。第19話と最終第20話を収録。

「イルジメ 〜一枝梅〜」 の作品情報

作品情報

製作年:

2008年

製作国:

韓国

原題:

ILJIMAE/一枝梅

「イルジメ 〜一枝梅〜」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

210,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

依頼人

フライ・ダディ

犬とオオカミの時間

王の男

太陽が昇る日

ユーザーレビュー:113件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全113件

イ・ジュンギ君、黒装束姿も似合っています! ネタバレ

投稿日:2009/05/06 レビュアー:チビタ&モモ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

親を殺された復讐と庶民を苦しめる権力層を懲らしめるため義賊となったイルジメの物語。日本の鼠小僧のように韓国では有名な架空のヒーローだそうですネ。

冒頭大きなお屋敷に忍び込み軽やかな身のこなしで屋根の上を走りぬけ、大勢の兵士を一人でバッタバッタと斬りつけるイルジメ(イ・ジュンギ)。黒装束が似合っていてかっこ良いです〜
イ・ジュンギの出演も10分程。その後イルジメの生い立ちが回想シーンで語られますが‥
かなり壮絶な人生を送ってきた模様。父親は両班(貴族階級)で何不自由ない少年時代を送っていたものの、父親が謀反の罪をでっち上げられ目の前で殺害される。その謀反をでっち上げた首謀者はなんと父親の兄。余りのショックで記憶を失くし、養父母に助けられヨンという名で幸せに育ったイルジメ〜13年後となりイ・ジュンギ君の登場です。
もうここからの展開が凄すぎます。何度も殺されそうな目に遭い生きているのが不思議なほど。このあたりは観ていて辛かったですネ。

最近注目のパク・シフはヨン=イルジメの養母の息子チャドル役。
子供の頃両班の息子のヨンと貧しい暮らしをするチャドルは出会います。
しかし13年後再び出会った時二人の立場は逆転。ヨン=イルジメはチャドルの両親に育てられ、チャドルは庶子として両班の家に引き取られています。
この後2人は義賊とそれを追う役人として係わっていくことになるのでしょうか?

今回のレンタル分3巻(20話)まで視聴しましたがいい所で次回のレンタルにつづく‥です。
サランヘさんのレビューにも書いてありましたがこんなに小出しにレンタルしなくても‥と思っています〜

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

ウンチェとヨンの再会。 ネタバレ

投稿日:2010/01/17 レビュアー:ステファニー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 昼は、ゴロツキの子分として働くヨン。その事を知ったヨンの両親は、必死にゴロツキのヨンの兄に直談判します。
 自分の指を渡す代わりに辞めさせてほしいとお願いするヨンの両親にちょっと胸が痛くなります。
 本当の息子ではないのに彼らのヨンに対する情が深いのには感動します。
 ヨンの父親に塀の乗り越え方や歩き方、そして鍵の開け方を教えてもらい、早い段階でマスターするヨン。

 父を殺した相手の刀に刻んであった紋章を探し、偉い人たちの邸宅に入り、盗みを働くヨン!!
 忘れないように胸にその紋章を刻むのです!!

 自分の盗みで無害な友達や野菜屋のおじさんなどが捕まるのはちょと可哀想だなと思ってしまいます。

 ヨンが昔住んでいた家を改装するのを手伝ったウンチェ。そこで梅の花の近くに寝転がるヨンと出会うウンチェ。

 ウンチェが昔ギョムに聞きたかったウグイスの悲しい秘話を教えてくれるヨン。
 そんなヨンに惹かれるウンチェ。

 しかし、ある事を原因にウンチェはヨンを嫌うのですが…

 嫌な奴ウンチェの兄シワン!!ヨンに指をつめられそうな所を助けてもらい仲良くなる2人。
 今までの事もあり、まだ私の中では許していませんがまあ口の軽い彼を味方につけるのにはいいかもしれませんね。

 次から次に変身するイルジメにカッコイイと思ってしまいます!

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

一気に20話みてしまいました! ネタバレ

投稿日:2009/09/21 レビュアー:miamia

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ジュンギが出ていると言う事と、面白いと言う噂で、連休前に借りましたが一気に全20話みてしまいました。
ジュンギは、外見が好きというわけではないのですが
俳優さんとして、凄く大好きなんです。
でも、イルジメに扮装しての立ち回りは抜群に格好いいです!

最初1-3話くらまでは、辛くて、あまりに過酷で、このまま見続けることができるだろうかって思いながらみてましたけど、段々のめりこんでいきましたよ。
以前、TVで放映されていたけど、きっとCMありの1時間枠なので、かなりカットされていると思いますので、TVで見た人もぜひぜひDVDで見ていただきたいです。
登場人物がたくさんでてきて、一種、群像劇のようにも見えるんですが、焦点はずれてないし、単なる群像劇になっていないところが脚本も素晴らしいと思います。
また、いっつも、えーーー次どうなるの!というところで終わってしまうので、眠たい目をこすりこすり、金曜夜、土曜、日曜、月曜午前で20話という、強行スケジュールとなってしまいましたが、その価値ありです。
今日、BSでフライ・ダディをやっていてセドル役の俳優さん(←とっても、いい味だしてますね)と共演してますが、お父さんが死んじゃった時は、まだお話残っているのに、どうしてくれるの と叫んだくらい、お父さんとヨンの掛け合いは、楽しませてくれました。
無償の愛っていうんでしょうか、すごいです。
愛情一杯といっても過保護っていうんじゃないんですよね、これぞ正しい子供の愛し方の見本みたいにおもいました。
ウンチェが、春ワルのヒロインとは、気づきませんでした。よーく見ると確かに同じ眼ですが、イメージが全然ちがうんです。
韓国の俳優さんって、本当に役によって変わるんですね。演技力っていうのか。。。それにひきかえ、日本の俳優さんは、悲しくても何でも、同じ顔ってかんじの人が多くて、やっぱりドラマは演技力がなくっちゃダメですね。

とにかく素敵な俳優さんたくさん(チェドル、コンギル、その他)いて魅力的です。名前知らないけど、靴職人の人は、ちょっと好みのタイプだったかな。シフも良かった。途中から、シワンもそれなりに可愛くなったし。。。
でも、やっぱり、イジュンギ最高!でしょう。。。
犬とオオカミ の時も思ったけど、彼はすごい!

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

セドルの苦悩 ネタバレ

投稿日:2009/07/11 レビュアー:domokun

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 リリース日翌日に届いた二枚、7巻と8巻。続けて4本。立て続けに一気に見てしまいました!
 とても途中で止めることはできませんでした。本当にこのお話に引き込まれている私です。
 前のめりの姿勢で鑑賞してしまうため、画面の中に入ってしまいそうな勢いです。
 
 ヨンの両親への思いがなんとも胸に染みてきます。
 そんなヨンの対極には、本当は、ヨンと同じように両親の事を思いたくても思えない、けれど、どうしても心の底では里の両親を忘れる事のできないシフがいます。
 「何故自分に優しくしたのか。母さんのように冷たくして欲しかった。父さんの方が憎い」
 両親の・・特にセドルの真心を誤解してしまったシフのかたくなな姿が、悲しく淋しく映ります。
 
 そして、なんといっても心に残ったシーンは、ヨンがセドルの背中を流してあげるシーン。
 「イルジメ」の正体に気付いてしまったセドル。記憶が戻っていることを隠すヨン。
 お互いを思いやるあたたかい気持ちが、なんとも美しくせつなすぎます。
 「俺は、父さんがいないと駄目だ。知っているでしょう?」このヨンのせりふには思わず涙してしまいました。
 「俺だってヨンがいないと駄目だよ」おちゃらけて、そう答えるセドル。
 心の中では、ヨンと、そしてその家族を奈落の底に突き落としてしまったことを詫び続け、「父さんを憎め」と、ヨンをチャドルを、不幸にしてしまった自分を責め、何よりも大切な二人の息子の事をいつも考え続けている。
 でも、あの時、例えセドルとチャドルがやらなかったとしても、きっと違う方法が取られていたはず。仕方のないことだった。
 何も知らなかった弱く貧しい父と息子が、お互いを助けたいためにしてしまったことなのだから。
 なにもそこまで自分をせめる必要などない。自分だけが悪いわけではないのだから。。
 私などなら、そう考えてしまうところですが、セドルの中には、そんな気持ちは全く存在しないようです。本当に純粋な美しい心の持ち主ですよね。

 さぁ、このお話も、残りあと四話です。
 きっと見始めたらまた一気見してしまうのだろうな。続きが気になりますもの。
 けれど、一話一話大切に見て行きたいという気持ちもあります。
 少しでも長くこのお話の中の人々と接していたい。
 そんな気持ちにさせてくれる物語です。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

第一話の冒頭シーン… ネタバレ

投稿日:2009/07/08 レビュアー:もんすてら

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

最終話での4年後のシーン、イルジメが何処ぞかに盗みに入るシーンで終わりますよね。
あの盗みのシーンは第一話の冒頭にあるシーンと同じもの。
そして、第一話ではその盗みに入る計画をデシクとフンギョンとしていました。
デシクは兵に志願して宮殿に囚われていたので、ヨンがイルジメだと知ったのは助け出されてからのはず…
ということは、サチョンに切られた後(イルジメの持っていた刃のない活人剣ですもんね)、イルジメは死なず、
4年後にデシクとフンギョンと計画して判義禁府事宅に盗みに入り復活した…と考えていいですよね。。
私は、そう結論を出して落ち着きたいと思います。。。

気になって、近くのツタヤで1巻借りてきて確認しちゃいました〜。は〜、うれし涙です。

ちなみに、ケットンが「ヨン」という名前に反応を示さないということは、ギョムという名前で暮しているのかな〜と思いました。

ジュンギ君、早く次回作を〜。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全113件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:113件

イ・ジュンギ君、黒装束姿も似合っています!

投稿日

2009/05/06

レビュアー

チビタ&モモ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

親を殺された復讐と庶民を苦しめる権力層を懲らしめるため義賊となったイルジメの物語。日本の鼠小僧のように韓国では有名な架空のヒーローだそうですネ。

冒頭大きなお屋敷に忍び込み軽やかな身のこなしで屋根の上を走りぬけ、大勢の兵士を一人でバッタバッタと斬りつけるイルジメ(イ・ジュンギ)。黒装束が似合っていてかっこ良いです〜
イ・ジュンギの出演も10分程。その後イルジメの生い立ちが回想シーンで語られますが‥
かなり壮絶な人生を送ってきた模様。父親は両班(貴族階級)で何不自由ない少年時代を送っていたものの、父親が謀反の罪をでっち上げられ目の前で殺害される。その謀反をでっち上げた首謀者はなんと父親の兄。余りのショックで記憶を失くし、養父母に助けられヨンという名で幸せに育ったイルジメ〜13年後となりイ・ジュンギ君の登場です。
もうここからの展開が凄すぎます。何度も殺されそうな目に遭い生きているのが不思議なほど。このあたりは観ていて辛かったですネ。

最近注目のパク・シフはヨン=イルジメの養母の息子チャドル役。
子供の頃両班の息子のヨンと貧しい暮らしをするチャドルは出会います。
しかし13年後再び出会った時二人の立場は逆転。ヨン=イルジメはチャドルの両親に育てられ、チャドルは庶子として両班の家に引き取られています。
この後2人は義賊とそれを追う役人として係わっていくことになるのでしょうか?

今回のレンタル分3巻(20話)まで視聴しましたがいい所で次回のレンタルにつづく‥です。
サランヘさんのレビューにも書いてありましたがこんなに小出しにレンタルしなくても‥と思っています〜

ウンチェとヨンの再会。

投稿日

2010/01/17

レビュアー

ステファニー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 昼は、ゴロツキの子分として働くヨン。その事を知ったヨンの両親は、必死にゴロツキのヨンの兄に直談判します。
 自分の指を渡す代わりに辞めさせてほしいとお願いするヨンの両親にちょっと胸が痛くなります。
 本当の息子ではないのに彼らのヨンに対する情が深いのには感動します。
 ヨンの父親に塀の乗り越え方や歩き方、そして鍵の開け方を教えてもらい、早い段階でマスターするヨン。

 父を殺した相手の刀に刻んであった紋章を探し、偉い人たちの邸宅に入り、盗みを働くヨン!!
 忘れないように胸にその紋章を刻むのです!!

 自分の盗みで無害な友達や野菜屋のおじさんなどが捕まるのはちょと可哀想だなと思ってしまいます。

 ヨンが昔住んでいた家を改装するのを手伝ったウンチェ。そこで梅の花の近くに寝転がるヨンと出会うウンチェ。

 ウンチェが昔ギョムに聞きたかったウグイスの悲しい秘話を教えてくれるヨン。
 そんなヨンに惹かれるウンチェ。

 しかし、ある事を原因にウンチェはヨンを嫌うのですが…

 嫌な奴ウンチェの兄シワン!!ヨンに指をつめられそうな所を助けてもらい仲良くなる2人。
 今までの事もあり、まだ私の中では許していませんがまあ口の軽い彼を味方につけるのにはいいかもしれませんね。

 次から次に変身するイルジメにカッコイイと思ってしまいます!

一気に20話みてしまいました!

投稿日

2009/09/21

レビュアー

miamia

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ジュンギが出ていると言う事と、面白いと言う噂で、連休前に借りましたが一気に全20話みてしまいました。
ジュンギは、外見が好きというわけではないのですが
俳優さんとして、凄く大好きなんです。
でも、イルジメに扮装しての立ち回りは抜群に格好いいです!

最初1-3話くらまでは、辛くて、あまりに過酷で、このまま見続けることができるだろうかって思いながらみてましたけど、段々のめりこんでいきましたよ。
以前、TVで放映されていたけど、きっとCMありの1時間枠なので、かなりカットされていると思いますので、TVで見た人もぜひぜひDVDで見ていただきたいです。
登場人物がたくさんでてきて、一種、群像劇のようにも見えるんですが、焦点はずれてないし、単なる群像劇になっていないところが脚本も素晴らしいと思います。
また、いっつも、えーーー次どうなるの!というところで終わってしまうので、眠たい目をこすりこすり、金曜夜、土曜、日曜、月曜午前で20話という、強行スケジュールとなってしまいましたが、その価値ありです。
今日、BSでフライ・ダディをやっていてセドル役の俳優さん(←とっても、いい味だしてますね)と共演してますが、お父さんが死んじゃった時は、まだお話残っているのに、どうしてくれるの と叫んだくらい、お父さんとヨンの掛け合いは、楽しませてくれました。
無償の愛っていうんでしょうか、すごいです。
愛情一杯といっても過保護っていうんじゃないんですよね、これぞ正しい子供の愛し方の見本みたいにおもいました。
ウンチェが、春ワルのヒロインとは、気づきませんでした。よーく見ると確かに同じ眼ですが、イメージが全然ちがうんです。
韓国の俳優さんって、本当に役によって変わるんですね。演技力っていうのか。。。それにひきかえ、日本の俳優さんは、悲しくても何でも、同じ顔ってかんじの人が多くて、やっぱりドラマは演技力がなくっちゃダメですね。

とにかく素敵な俳優さんたくさん(チェドル、コンギル、その他)いて魅力的です。名前知らないけど、靴職人の人は、ちょっと好みのタイプだったかな。シフも良かった。途中から、シワンもそれなりに可愛くなったし。。。
でも、やっぱり、イジュンギ最高!でしょう。。。
犬とオオカミ の時も思ったけど、彼はすごい!

セドルの苦悩

投稿日

2009/07/11

レビュアー

domokun

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 リリース日翌日に届いた二枚、7巻と8巻。続けて4本。立て続けに一気に見てしまいました!
 とても途中で止めることはできませんでした。本当にこのお話に引き込まれている私です。
 前のめりの姿勢で鑑賞してしまうため、画面の中に入ってしまいそうな勢いです。
 
 ヨンの両親への思いがなんとも胸に染みてきます。
 そんなヨンの対極には、本当は、ヨンと同じように両親の事を思いたくても思えない、けれど、どうしても心の底では里の両親を忘れる事のできないシフがいます。
 「何故自分に優しくしたのか。母さんのように冷たくして欲しかった。父さんの方が憎い」
 両親の・・特にセドルの真心を誤解してしまったシフのかたくなな姿が、悲しく淋しく映ります。
 
 そして、なんといっても心に残ったシーンは、ヨンがセドルの背中を流してあげるシーン。
 「イルジメ」の正体に気付いてしまったセドル。記憶が戻っていることを隠すヨン。
 お互いを思いやるあたたかい気持ちが、なんとも美しくせつなすぎます。
 「俺は、父さんがいないと駄目だ。知っているでしょう?」このヨンのせりふには思わず涙してしまいました。
 「俺だってヨンがいないと駄目だよ」おちゃらけて、そう答えるセドル。
 心の中では、ヨンと、そしてその家族を奈落の底に突き落としてしまったことを詫び続け、「父さんを憎め」と、ヨンをチャドルを、不幸にしてしまった自分を責め、何よりも大切な二人の息子の事をいつも考え続けている。
 でも、あの時、例えセドルとチャドルがやらなかったとしても、きっと違う方法が取られていたはず。仕方のないことだった。
 何も知らなかった弱く貧しい父と息子が、お互いを助けたいためにしてしまったことなのだから。
 なにもそこまで自分をせめる必要などない。自分だけが悪いわけではないのだから。。
 私などなら、そう考えてしまうところですが、セドルの中には、そんな気持ちは全く存在しないようです。本当に純粋な美しい心の持ち主ですよね。

 さぁ、このお話も、残りあと四話です。
 きっと見始めたらまた一気見してしまうのだろうな。続きが気になりますもの。
 けれど、一話一話大切に見て行きたいという気持ちもあります。
 少しでも長くこのお話の中の人々と接していたい。
 そんな気持ちにさせてくれる物語です。

第一話の冒頭シーン…

投稿日

2009/07/08

レビュアー

もんすてら

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

最終話での4年後のシーン、イルジメが何処ぞかに盗みに入るシーンで終わりますよね。
あの盗みのシーンは第一話の冒頭にあるシーンと同じもの。
そして、第一話ではその盗みに入る計画をデシクとフンギョンとしていました。
デシクは兵に志願して宮殿に囚われていたので、ヨンがイルジメだと知ったのは助け出されてからのはず…
ということは、サチョンに切られた後(イルジメの持っていた刃のない活人剣ですもんね)、イルジメは死なず、
4年後にデシクとフンギョンと計画して判義禁府事宅に盗みに入り復活した…と考えていいですよね。。
私は、そう結論を出して落ち着きたいと思います。。。

気になって、近くのツタヤで1巻借りてきて確認しちゃいました〜。は〜、うれし涙です。

ちなみに、ケットンが「ヨン」という名前に反応を示さないということは、ギョムという名前で暮しているのかな〜と思いました。

ジュンギ君、早く次回作を〜。

6〜 10件 / 全113件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

イルジメ 〜一枝梅〜