スター・トレック・ディープ・スペース・ナイン

スター・トレック・ディープ・スペース・ナインの画像・ジャケット写真

スター・トレック・ディープ・スペース・ナイン / エイヴリー・ブルックス

全体の平均評価点:(5点満点)

9

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「スター・トレック・ディープ・スペース・ナイン」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

人気SFアドベンチャー「スター・トレック」シリーズの放映開始40周年を記念したシリーズ第3弾『スター・トレック ディープ・スペース・ナイン』の傑作エピソード集第2巻。シスコ中佐率いるクルーが活躍する人気作「あの頂を目指せ」ほか全4話を収録。

「スター・トレック・ディープ・スペース・ナイン」 の作品情報

作品情報

原題: STAR TREK: DEEP SPACE NINE

「スター・トレック・ディープ・スペース・ナイン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ライフ・ゴーズ・オン 彼女たちの選択

ポリスアカデミー5/マイアミ特別勤務

セブン ’09X 蘇る七つの大罪

アリス

ユーザーレビュー:9件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 9件 / 全9件

時間とゆう流れで

投稿日:2009/05/19 レビュアー:あやあや

この3話目の「父と子」
すごい泣けました。

子を思う尊敬できる父親。
そして親を欲して人生をかけた子供の想い。

感動しました!

子は父親の背中を追い続けるといいますが
それを人生をかけて実現したとゆうストーリー


亜空間に閉じ込められてもなお子を思う艦長の人間味が
優しかった

自分がもし・・亜空間に閉じ込められたら・・

かえってくるたび
自分の大事な人が変わって年老いていたら・・

時間と時間を永遠にさまようなど辛い

一緒に年をとる。時を刻む。
そうゆうことを考えさせられるストーリー

是非見てください。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

再生不能

投稿日:2018/05/11 レビュアー:passo

カスタムにメールしたら、事細かに登録情報を求められたので返信してません。
そこまで個人情報聞きますかって感じでした。
観られずがっかりしてるのに、疑った感じで非常に不愉快でした。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

あらゆる意味で実験的作品でもある ネタバレ

投稿日:2008/06/11 レビュアー:ネコ紳士

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「ネクストジェネレーションが好評につき、もいっこ作ってみました・・」的なものだが、実はかなり実験的な作品でもある。
これまで「スペース活劇」な部分を前面に押し出してきたスタトレだったが、DS9シリーズでは舞台劇にも似た「人物群像」や「歴史」などのポイントを絞った話が多く登場する。
広大な宇宙という広がりすぎたスタトレの方向性をなんとかしようという新しい試みがいくつも見られる意欲的な作品でもあるのだ。

それゆえ全編 凝った設定が多いのだが、概ねはこうだ。

長らくカーデシアの占領下にあったベイジョー星。
それがやっと開放されて連邦のエリアとなる。
連邦は軌道上のディープスペース・ステーション9、つまりDS9に司令部を置き駐留して、ベイジョーへの支援とカーデシアとの最前線監視の任を与えた。

本来は辺境任務であったのだが、ところがどっこい
近くに恒常的な利用が可能なワームホールが発見されてしまう。
この時代、まだ連邦は常時使用可能なワームホールを手にしていない。
この発見により、ヴォイジャーも真っ青のガンマ宇宙域と行き来が可能となってしまうのである。

これによりDS9は、「対カーデシア最前線」であり、「ベイジョー復興司令部」であり、「アルファ・ガンマ両宇宙域の玄関&関所」という複雑な状況の場所となる。

ワームホールを巡って後にカーデシアと手を組む謎の組織「ドミニオン」やら、どうも日本人を揶揄してるんじゃないかと物議をかもした宇宙商人「フェレンギ人」やら、連邦の影の非合法部局の存在やら、自由に姿を変える事ができる「可変種」やら、非常に伏線や裏設定が多いため飽きさせない作りになってはいるが・・、反面 最初から観てないとなにがなにやら・・という点は残念でしょうがない。
そこはひとつネットで予習してから観てもらった方がいいかもだ。

また、ワームホール騒動の折、ベイジョー星の宗教的遺物である「天宮」と初めて肉体的な接触を図った司令官、シスコは、連邦の司令官でありながら、方や宗教的偉人として崇められ恐れられるという微妙な立場に置かれる事になると言う大きなストーリーラインも展開してゆく。
果ては善か悪かはともかく、宇宙的な対立する存在を巡ってバロムワンのような話も出てくるが、これは好き嫌いが分かれるところだろう。
実際・・、TV放映の折にはこの時期観るの止めたしなぁ・・。
今考えるともったいないんだが。

また、他にも人物にポイントを絞った話も数多い。
寄生体と共に生き、人体が死んでも寄生体の移植により記憶や知識を継承していくという「トリル族」に関する話も多い。
実はキャスト交代のために死んだトリル族の後釜役に、「キューブ」「デッドゾーン」などにも出てる「ニコール・デボア」ちゃんが快演しているのも個人的に非常に嬉しかった。
彼女が見たいためにDS9を見るといった状態になってしまったのは内緒だ・・・・。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

誰だこの艦長 ネタバレ

投稿日:2006/12/05 レビュアー:がと〜とうさん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 単純に楽しめるものと借りたが、良くわからん”誰だこの艦長””俺が無知なのか?”やはりシリーズの、DVD BOX買わないと分からないのか、出費が・・・無理だ・・・は〜

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 9件 / 全9件

スター・トレック・ディープ・スペース・ナイン

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:9件

時間とゆう流れで

投稿日

2009/05/19

レビュアー

あやあや

この3話目の「父と子」
すごい泣けました。

子を思う尊敬できる父親。
そして親を欲して人生をかけた子供の想い。

感動しました!

子は父親の背中を追い続けるといいますが
それを人生をかけて実現したとゆうストーリー


亜空間に閉じ込められてもなお子を思う艦長の人間味が
優しかった

自分がもし・・亜空間に閉じ込められたら・・

かえってくるたび
自分の大事な人が変わって年老いていたら・・

時間と時間を永遠にさまようなど辛い

一緒に年をとる。時を刻む。
そうゆうことを考えさせられるストーリー

是非見てください。

再生不能

投稿日

2018/05/11

レビュアー

passo

カスタムにメールしたら、事細かに登録情報を求められたので返信してません。
そこまで個人情報聞きますかって感じでした。
観られずがっかりしてるのに、疑った感じで非常に不愉快でした。

あらゆる意味で実験的作品でもある

投稿日

2008/06/11

レビュアー

ネコ紳士

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「ネクストジェネレーションが好評につき、もいっこ作ってみました・・」的なものだが、実はかなり実験的な作品でもある。
これまで「スペース活劇」な部分を前面に押し出してきたスタトレだったが、DS9シリーズでは舞台劇にも似た「人物群像」や「歴史」などのポイントを絞った話が多く登場する。
広大な宇宙という広がりすぎたスタトレの方向性をなんとかしようという新しい試みがいくつも見られる意欲的な作品でもあるのだ。

それゆえ全編 凝った設定が多いのだが、概ねはこうだ。

長らくカーデシアの占領下にあったベイジョー星。
それがやっと開放されて連邦のエリアとなる。
連邦は軌道上のディープスペース・ステーション9、つまりDS9に司令部を置き駐留して、ベイジョーへの支援とカーデシアとの最前線監視の任を与えた。

本来は辺境任務であったのだが、ところがどっこい
近くに恒常的な利用が可能なワームホールが発見されてしまう。
この時代、まだ連邦は常時使用可能なワームホールを手にしていない。
この発見により、ヴォイジャーも真っ青のガンマ宇宙域と行き来が可能となってしまうのである。

これによりDS9は、「対カーデシア最前線」であり、「ベイジョー復興司令部」であり、「アルファ・ガンマ両宇宙域の玄関&関所」という複雑な状況の場所となる。

ワームホールを巡って後にカーデシアと手を組む謎の組織「ドミニオン」やら、どうも日本人を揶揄してるんじゃないかと物議をかもした宇宙商人「フェレンギ人」やら、連邦の影の非合法部局の存在やら、自由に姿を変える事ができる「可変種」やら、非常に伏線や裏設定が多いため飽きさせない作りになってはいるが・・、反面 最初から観てないとなにがなにやら・・という点は残念でしょうがない。
そこはひとつネットで予習してから観てもらった方がいいかもだ。

また、ワームホール騒動の折、ベイジョー星の宗教的遺物である「天宮」と初めて肉体的な接触を図った司令官、シスコは、連邦の司令官でありながら、方や宗教的偉人として崇められ恐れられるという微妙な立場に置かれる事になると言う大きなストーリーラインも展開してゆく。
果ては善か悪かはともかく、宇宙的な対立する存在を巡ってバロムワンのような話も出てくるが、これは好き嫌いが分かれるところだろう。
実際・・、TV放映の折にはこの時期観るの止めたしなぁ・・。
今考えるともったいないんだが。

また、他にも人物にポイントを絞った話も数多い。
寄生体と共に生き、人体が死んでも寄生体の移植により記憶や知識を継承していくという「トリル族」に関する話も多い。
実はキャスト交代のために死んだトリル族の後釜役に、「キューブ」「デッドゾーン」などにも出てる「ニコール・デボア」ちゃんが快演しているのも個人的に非常に嬉しかった。
彼女が見たいためにDS9を見るといった状態になってしまったのは内緒だ・・・・。

誰だこの艦長

投稿日

2006/12/05

レビュアー

がと〜とうさん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 単純に楽しめるものと借りたが、良くわからん”誰だこの艦長””俺が無知なのか?”やはりシリーズの、DVD BOX買わないと分からないのか、出費が・・・無理だ・・・は〜

6〜 9件 / 全9件