バトル・イン・シアトル

バトル・イン・シアトルの画像・ジャケット写真

バトル・イン・シアトル / シャーリーズ・セロン

全体の平均評価点:(5点満点)

8

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「バトル・イン・シアトル」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

『ハンコック』のシャーリーズ・セロン主演の社会派アクション。99年11月、シアトルの街で始まったWTO閣僚会議に対する抗議行動。そんな平和的デモ行進が騒乱の事態へと至るまでの5日間を、活動家や警官、市長らさまざまな人々の視点から描く。

「バトル・イン・シアトル」 の作品情報

作品情報

製作年: 2007年
製作国: アメリカ
原題: BATTLE IN SEATTLE

「バトル・イン・シアトル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ハートブレイカー

REC/レック:ザ・クアランティン

FBI:特別捜査班

コップランド

ユーザーレビュー:8件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 8件 / 全8件

欲に対抗する

投稿日:2009/06/11 レビュアー:arara

WTOは、利益追求集団だから、その原動力は「欲」です。
それに対抗する人たちは、誰の利益を守ろうとしているのか。
己の欲で動いているのではないことだけは確かです。

自然保護活動家、動物愛護団体、人権活動家、そうした人たちと、常に一線を画しながら、「なにかしなければ」ならないと感じている人たちは多いと思います。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

デモはこわい。 ネタバレ

投稿日:2009/06/15 レビュアー:GKC

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

う〜〜〜ん。
日本人だからか、どうしてもデモそのものにたいする抵抗感がぬぐえない。
特に前半は、デモのせいで登場人物全員が不幸になっていくようにしか思えない。レイ・リオッタ市長だって特に悪辣なやつではない。ラデ・シェルベッジヤ医師はプレゼンの機会を奪われる。シャーリズは流産。ハレルソン警官は心ならずも暴動を鎮圧。ヘンダーソンさんは「非暴力」を訴えるもデモ隊の統制は、ばらばら。
最終的に逮捕者は全員釈放・・・というところも、ハッピーエンドのように見えるんだけど、でも、どこか、おかしいんじゃないの? 法を犯したからには、懲役に服して罪を償うくらいの覚悟がなくちゃいけないんじゃないの? とか、思ってしまうのは私だけだろうか。そこそこいいキャスティングなのに日本で公開されなかったのはそういう理由か。

監督のタウンゼントさんは、シャーリズ・セロンのちょっとイケてない彼氏、みたいに言われているけれどそれは言いすぎだろう。悪くなかったと思う。いろいろ考えさせられた。とくに、シェルベッジヤさんはこれまで変態スナイパーみたいな役しか見たことがなかった(『スナッチ』の”ボリス・ザ・ブレイド”とか。)から、彼が拙い英語で思わず声を荒げるシーンは、よかった。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

がっかり・・・ ネタバレ

投稿日:2009/06/16 レビュアー:TH

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

シャーリーズ・セロンが主演という事で見てみました。
しかし、殆ど出てきません・・・。
これで主演って言えるの?

内容も何を伝えたいのかが全く分からず、睡魔に襲われました。
映画館で見ていたら完全に落ちていたと思います。

シャーリーズ・セロンが見たいという人は早送りで見る事をお勧めします。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 8件 / 全8件

バトル・イン・シアトル

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:8件

欲に対抗する

投稿日

2009/06/11

レビュアー

arara

WTOは、利益追求集団だから、その原動力は「欲」です。
それに対抗する人たちは、誰の利益を守ろうとしているのか。
己の欲で動いているのではないことだけは確かです。

自然保護活動家、動物愛護団体、人権活動家、そうした人たちと、常に一線を画しながら、「なにかしなければ」ならないと感じている人たちは多いと思います。

デモはこわい。

投稿日

2009/06/15

レビュアー

GKC

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

う〜〜〜ん。
日本人だからか、どうしてもデモそのものにたいする抵抗感がぬぐえない。
特に前半は、デモのせいで登場人物全員が不幸になっていくようにしか思えない。レイ・リオッタ市長だって特に悪辣なやつではない。ラデ・シェルベッジヤ医師はプレゼンの機会を奪われる。シャーリズは流産。ハレルソン警官は心ならずも暴動を鎮圧。ヘンダーソンさんは「非暴力」を訴えるもデモ隊の統制は、ばらばら。
最終的に逮捕者は全員釈放・・・というところも、ハッピーエンドのように見えるんだけど、でも、どこか、おかしいんじゃないの? 法を犯したからには、懲役に服して罪を償うくらいの覚悟がなくちゃいけないんじゃないの? とか、思ってしまうのは私だけだろうか。そこそこいいキャスティングなのに日本で公開されなかったのはそういう理由か。

監督のタウンゼントさんは、シャーリズ・セロンのちょっとイケてない彼氏、みたいに言われているけれどそれは言いすぎだろう。悪くなかったと思う。いろいろ考えさせられた。とくに、シェルベッジヤさんはこれまで変態スナイパーみたいな役しか見たことがなかった(『スナッチ』の”ボリス・ザ・ブレイド”とか。)から、彼が拙い英語で思わず声を荒げるシーンは、よかった。

がっかり・・・

投稿日

2009/06/16

レビュアー

TH

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

シャーリーズ・セロンが主演という事で見てみました。
しかし、殆ど出てきません・・・。
これで主演って言えるの?

内容も何を伝えたいのかが全く分からず、睡魔に襲われました。
映画館で見ていたら完全に落ちていたと思います。

シャーリーズ・セロンが見たいという人は早送りで見る事をお勧めします。

6〜 8件 / 全8件