バンク・オブ・ザ・デッド

バンク・オブ・ザ・デッドの画像・ジャケット写真

バンク・オブ・ザ・デッド / ブランドン・ハーディン

全体の平均評価点:(5点満点)

13

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「バンク・オブ・ザ・デッド」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

ゾンビと銀行強盗の死闘を描いたゾンビアクション。閉行直前の銀行に仲間と共に押し入ったマルコム。偶然居合わせた新米婦人警官・ケイトに非常ボタンを押され、銀行に立てこもることになった彼らは、銀行を包囲している警官たちの絶叫を聞き…。

「バンク・オブ・ザ・デッド」 の作品情報

作品情報

製作年: 2007年
製作国: アメリカ
原題: DEAD HEIST

「バンク・オブ・ザ・デッド」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ブロック・パーティー

エクスポーズ 暗闇の迷宮

ユーザーレビュー:13件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全13件

軽快なパンクに乗って、爽快にゾンビが暴れる!

投稿日:2010/05/04 レビュアー:ta-k

てなノリの映画を期待してました、
タイトルから。

みごと、その期待は、
バキッ( ̄ヘ ̄)θ★゜ο゜)ノゲッ
でした。
(T_T)

>ゾンビと銀行強盗の死闘を描いたゾンビアクション。
これも、なんか楽しそうなんやけどなあ。
趣旨がこれでもないんだよなあ。
(^。^)y-.。o○

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

クライムサスペンスとゾンビ映画の融合は失敗に?

投稿日:2010/03/20 レビュアー:伝衛門

ゾンビというよりは吸血鬼でしたが、新月の夜になると血を求めて人間を襲いにやってくる設定で、運悪く銀行強盗がその夜に鉢合わせします。
まず、ヒロイン役の新米婦人警官がかわいくありません。
非常ボタンを押した後の逆上した銀行強盗に対する反応をみても、
ルックス面以外も魅力を感じませんでした。
前半のだるさ、突然現れたゾンビ、大量のゾンビを的確に殺戮できる主人公達。違和感だらけでエンドロールを迎えました。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

鼻につく〜〜〜

投稿日:2009/05/07 レビュアー:まるZONBI

お好きだった方には大変申し訳ないのですが
鼻につく匂いがイケマセンねっ!

クライム・サスペンス狙った前半は中途半端で
観ていて恥ずかしいくらい・・・イヤ、もしやこれは
パロディを狙って・・・無い。
ヘタくそなのにカッコ付けてるだけ。
主人公もなんだかダブダブしていて強そうにも賢そうにも見えない。
ヘイブラザー!ってどこかヘタレなの・・・。

後半、立てこもった銀行に、バイハザなゾンビが襲ってくるのですが
コレも確信犯?笑っていいの?
ラストも含めてB級としてのプライドが無い。
そんな気がして頂けない。

笑えない・・・笑えない・・・笑いたいのに・・・

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

ちょっとなぁ

投稿日:2009/09/12 レビュアー:ryouya

まずゾンビを倒すとき頭に銃で撃っても死なないで
心臓に当てると死ぬ。私的にこの死に方好きではないです。

銀行でゾンビと戦うんですが最後は全部ゾンビをおびき寄せて
全滅されるんですよ。生存人数はたしか3〜4人で。
そしてまぁ結構なゾンビを倒すんです。
ありえなすぎでした。

映像はきれいです。ちょっとした暇つぶしにいいんじゃないかと。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

お粗末なフロム・ダスク・ティル・ドーン ネタバレ

投稿日:2009/07/02 レビュアー:嘆きの駄天使

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

観終わった後の感想は、地味な"フロム・ダスク・ティル・ドーン(以降FDTDで統一)"といった所でしょうか。

共通点としてはまず、最初の話の展開からは(知らなければ)ゾンビ(吸血鬼?)映画だとはとても想像できないと言う事。
(ゆーても題がコレですからコレですけど)

FDTDは最初ロードムービーか?と思い次にクライム・サスペンス?(ジョージ・クルーニーとタランティーノがキャンピングカーに押し入ってから)と思い、最後にハチャメチャな吸血鬼映画である事が分かります。

この映画も最初はすさんだ心を持った黒人青年達が場当たり的に銀行強盗を働きまともな生活を得たいと渇望するというストーリー展開で、まるでスパイク・リーの下手くそな真似をしているようなシリアスタッチです。

FDTDもこの映画もどこをどう間違えばこうなっちまうのかっ!!と突っ込みをいれたくなり、またそれが監督さんの意図する所でもあるのでしょう。

この種の突然ゾンビ映画、多分普通の人は怒るんじゃないでしょうか。
「なんでいきなり!!」って。
でもゾンビヲタにとっては、前半がシリアスであればあるほど”ウヒヒ”となるもんです。

こういうゾンビ映画、シチュエーションを変えて色々作れそうですね。


このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全13件

バンク・オブ・ザ・デッド

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:13件

軽快なパンクに乗って、爽快にゾンビが暴れる!

投稿日

2010/05/04

レビュアー

ta-k

てなノリの映画を期待してました、
タイトルから。

みごと、その期待は、
バキッ( ̄ヘ ̄)θ★゜ο゜)ノゲッ
でした。
(T_T)

>ゾンビと銀行強盗の死闘を描いたゾンビアクション。
これも、なんか楽しそうなんやけどなあ。
趣旨がこれでもないんだよなあ。
(^。^)y-.。o○

クライムサスペンスとゾンビ映画の融合は失敗に?

投稿日

2010/03/20

レビュアー

伝衛門

ゾンビというよりは吸血鬼でしたが、新月の夜になると血を求めて人間を襲いにやってくる設定で、運悪く銀行強盗がその夜に鉢合わせします。
まず、ヒロイン役の新米婦人警官がかわいくありません。
非常ボタンを押した後の逆上した銀行強盗に対する反応をみても、
ルックス面以外も魅力を感じませんでした。
前半のだるさ、突然現れたゾンビ、大量のゾンビを的確に殺戮できる主人公達。違和感だらけでエンドロールを迎えました。

鼻につく〜〜〜

投稿日

2009/05/07

レビュアー

まるZONBI

お好きだった方には大変申し訳ないのですが
鼻につく匂いがイケマセンねっ!

クライム・サスペンス狙った前半は中途半端で
観ていて恥ずかしいくらい・・・イヤ、もしやこれは
パロディを狙って・・・無い。
ヘタくそなのにカッコ付けてるだけ。
主人公もなんだかダブダブしていて強そうにも賢そうにも見えない。
ヘイブラザー!ってどこかヘタレなの・・・。

後半、立てこもった銀行に、バイハザなゾンビが襲ってくるのですが
コレも確信犯?笑っていいの?
ラストも含めてB級としてのプライドが無い。
そんな気がして頂けない。

笑えない・・・笑えない・・・笑いたいのに・・・

ちょっとなぁ

投稿日

2009/09/12

レビュアー

ryouya

まずゾンビを倒すとき頭に銃で撃っても死なないで
心臓に当てると死ぬ。私的にこの死に方好きではないです。

銀行でゾンビと戦うんですが最後は全部ゾンビをおびき寄せて
全滅されるんですよ。生存人数はたしか3〜4人で。
そしてまぁ結構なゾンビを倒すんです。
ありえなすぎでした。

映像はきれいです。ちょっとした暇つぶしにいいんじゃないかと。

お粗末なフロム・ダスク・ティル・ドーン

投稿日

2009/07/02

レビュアー

嘆きの駄天使

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

観終わった後の感想は、地味な"フロム・ダスク・ティル・ドーン(以降FDTDで統一)"といった所でしょうか。

共通点としてはまず、最初の話の展開からは(知らなければ)ゾンビ(吸血鬼?)映画だとはとても想像できないと言う事。
(ゆーても題がコレですからコレですけど)

FDTDは最初ロードムービーか?と思い次にクライム・サスペンス?(ジョージ・クルーニーとタランティーノがキャンピングカーに押し入ってから)と思い、最後にハチャメチャな吸血鬼映画である事が分かります。

この映画も最初はすさんだ心を持った黒人青年達が場当たり的に銀行強盗を働きまともな生活を得たいと渇望するというストーリー展開で、まるでスパイク・リーの下手くそな真似をしているようなシリアスタッチです。

FDTDもこの映画もどこをどう間違えばこうなっちまうのかっ!!と突っ込みをいれたくなり、またそれが監督さんの意図する所でもあるのでしょう。

この種の突然ゾンビ映画、多分普通の人は怒るんじゃないでしょうか。
「なんでいきなり!!」って。
でもゾンビヲタにとっては、前半がシリアスであればあるほど”ウヒヒ”となるもんです。

こういうゾンビ映画、シチュエーションを変えて色々作れそうですね。


6〜 10件 / 全13件