インクレディブル・ハルク

インクレディブル・ハルクの画像・ジャケット写真
インクレディブル・ハルク / エドワード・ノートン
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

126

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「インクレディブル・ハルク」 の解説・あらすじ・ストーリー

米マーベル・コミックから生まれた人気キャラクターを、演技派エドワード・ノートンを主演に迎え装いも新たに再映画化したヒーロー・アクション。怒りの感情によって緑色の巨人“ハルク”に変身してしまう主人公ブルース・バナーが、葛藤を乗り越え自らの運命に立ち向かう姿を、迫力のアクション・シーン満載で描き出す。監督は「トランスポーター」シリーズのルイ・レテリエ。実験中の事故で緑色の巨人“ハルク”に変身する体質となってしまった科学者ブルース。以来、軍の追跡を逃れ、また愛する恋人ベティとも別れてブラジルで隠遁生活を送っていた。だが、ある出来事がきっかけで、ついに彼の居場所が軍に知れてしまい…。

「インクレディブル・ハルク」 の作品情報

製作年: 2008年
製作国: アメリカ
原題: THE INCREDIBLE HULK

「インクレディブル・ハルク」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

インクレディブル・ハルクの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
112分 日 英 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RDD48133 2009年02月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
86枚 9人 7人

【Blu-ray】インクレディブル・ハルク(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
112分 日本語・英語 1:DOLBY True HD/5.1chサラウンド/英語
2:DOLBY True HD/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BRR48133*B 2009年02月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
46枚 10人 5人

関連作品

ユーザーレビュー:126件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全126件

あ〜、楽しかった♪ネタバレ

投稿日:2010/01/05 レビュアー:

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ハルクをエドワード・ノートンが演じてるとは知らなかったので
かんな〜〜〜りビックリしました(^_^;)

結構おもしろかったですね〜♪
あんなに細身のブルースが心拍数が上がるとムキムキのハルクに変身。
そんなに難しい話ではないのでとっても解り易くてよかったんでしょう。

冒頭で私はかな〜りビックリしましたよ(゜ロ゜;)!!
呼吸法の訓練をしてくれてたのはヒクソン・グレイシーではないですか!!
ほんの少〜ししか出てませんが、「おぉっ!!」と声を出してしまいました(笑

あんなにムキムキのハルクに変身しても怖い感じがなくw
雄叫びを上げようと怖い感じがしなかったのは髪の毛がフサフサだったから?w
なんか可愛らしかったですよ(*^^)
そのハルクを倒すために将軍が選んだブロンスキー。どう考えても悪に染まるタイプでしょ〜(^_^;)
ハルクも止められないのにブロンスキーが敵になった時、どうやって倒すつもりなんだか(汗 

後半はツッコミどころ満載です♪
ヘリコプターの炎を拍手で消したり、「ハルク・スマッシュ」と技を出したりw
「ハルク・スマッシュ」はほんとに笑いました(≧∇≦)
そんな技、初めて知ったよ〜って感じでw

でもって…。続編?え〜( ̄∇ ̄) 完結してちょうだいよ(汗

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

リアル鬼ごっこネタバレ

投稿日:2009/08/30 レビュアー:裸足のラヴァース

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「リアル鬼ごっこ」って 知り合いのレヴュアーさんはみんな一年も前にレヴューしてる ほんまこの一年は色々あって 今年が終わらないと前のペースに戻らないね この作品も古めだけどあまり見る気がしなかったけど まあまあ楽しめる作品でした 

やはり逃げるシネマなんですね それもポルトガルからメキシコ アメリカに戻ってまたコロンビアへと このくらい壮大に逃げてくれないと 面ろないですわね あそうだボクの愛飲するゲロシュタイナー<別名下呂したいな が回収されましたんですわ なんか異物混入があったとか このノートンの飲料工場でしょうね 現場はふむふむ まあそんなことはいいとして 逃げる苦悩を演じるには やはりエドワード・ノートンはうまいでしょう つまりこのシネマは豪華キャストであり 俳優の映画ですね い演出は頑張っていると思いますが ノートンがこの逃走のシネマにエモーションを吹き込んでいるわけです 映画が動いていますね

「リアル鬼ごっこ」で言えば ノートン=翼 ひろしがティム・ロスですね 

「アイアンマン」で終わるとはびっくり やはり役者の映画ですね アイアンマンのおっさんが ばっちり決めてかっこよかったですね

100円レヴュ第二回おしまい

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

生身から鉄へ

投稿日:2009/03/12 レビュアー:ビンス

この「ハルク」と「アイアンマン」どちらも観たいと思ってる方、「ハルク」から観ることをオススメします。
ラストで「アイアンマン」とリンクするシーンが出てくるので。
なんでも「アイアンマン」にもセリフで「ハルク」関連のことが登場するらしいです。
これらのリンクは2010年だったか11年公開のマーベルコミックヒーロ大集合の映画「アベンジャーズ」への布石らしいのです。
アメコミ映画ファンとしては非常に嬉しい展開です。
2003年版の「ハルク」ももちろん観ましたがイマイチだったので、最初は鑑賞しようか迷いましたが、ノートン主演ということで観る事に決定。結果はやはりこちらのノートン版のほうが好きです。
ストーリーもこっちのほうが面白いし、映像的にも見応え充分。
冒頭のブラジルの街並みでの追いかけっこはかなりスルルがあって楽しいです。なんでも新しい撮影方法を駆使して、あの臨場感たっぷりの映像をフィルムに納めたのだとか。掴みはオーケーです。
さらにさらに格闘技&プロレス好きには素通りできない人物もチョイと登場。その名はヒクソン・グレイシー。
ブルース(ノートン)が心拍数や怒りを制御するためにヨガの火の呼吸を習う人物がヒクソンです。
実際にヒクソンはヨガを行っていて火の呼吸も体得してるので説得力充分です。
ハルクのバトルシーンも良く出来ていて、手に汗握ります。
敵のバケモノとの対決は興奮間違いなし。
この敵のバケモノのキャラデザインが凄く好きですね。
ゲーム「バイオ・ハザード」に出てきてもおかしくない、素晴らしいデザインでした。
そのバケモノになってしまう、ティム・ロスは最強の兵士ってことなんですが、体がそう見えない。最強っぽさが感じられませんでした。
改造手術を受けたあたりからの体はCGでしょうね。
かなりムキムキです。
最初からそのくらいの体じゃないと最強の兵士には見えません。
リブ・タイラーも良かったし、ブルースの苦悩をノートンは上手く表していたと思います。
続編もあり?な終わり方ですが、アリならボクは歓迎します。
他のヒーローよりも悲しみや、やりきれなさが現れるハルク。
だって自分が別の人間に変身してしまうんですからね。
その辺も注目ですね。
ノートンには「苦悩する青年」が良く似合う。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ティム・ロスに違和感・・・ネタバレ

投稿日:2009/03/09 レビュアー:みなみ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

まあ面白かったです。予想どおりの展開だけど、
ハルクのごついアクションが迫力あったし、CGもよくできていました。
もの悲しい、この映画独特の雰囲気もいい。
ちょっと笑えるシーンもあるし、人間ドラマもあるし。
ブラジルの屋根伝いに逃げ回るシーンって、他の映画でもよく見かけますね。
あんなふうに並んでたら、使いたくなりますものね。
(↓ネタバレありです)

この映画は力と力のぶつかりあい、力の勝負だと思っていたけど、
ラストでハルクが技の名前を叫んだのにはびっくり。
必殺技があったんですね〜?!

キャストは、エドワード・ノートンが変身に悩む陰のある科学者を
うまく演じていましたね。
リブ・タイラーは「Dr」には見えなかったけど、可愛かった。

でも、ティム・ロスには違和感を感じました。

これまでの出演作では気にならなかったけど、彼は結構背が低いんですね。
ウィリアム・ハートと並ぶと、かなりの差が…。
走ってるシーンを見ても、経験豊富な強そうな軍人って感じはしなかった。
見てる間ずっと、「なんか違うぞ…」と思い続けてました。
でも、小柄な人だからこそ、「強い」ということにこだわり、
とりつかれてしまったのかもしれませんね。

あの協力者の科学者(ブルー)も、そんな感じだった。
彼の変身の様子に魅せられていました。
そういえば、彼はどうなったの?続編のお楽しみと言うことでしょうか。

最後に、あの人が出てきましたね。
「アイアンマン」のエンディング後のおまけ映像と違って、
こっちは理解できたので嬉しかったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ハルク誕生秘話と破れないズボンの謎ネタバレ

投稿日:2009/03/04 レビュアー:ムーミンママ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

2003年のハルクは見ていません。
私の中でハルクと言ったら、昔テレビでやっていた
「超人ハルク」なんだけどな。
その昔、ハルクの話題の中心は、やっぱりあの決して破れないズボン。
上のシャツはビリビリになるのに、ズボンは半ズボンのようになるけど
破れたことがない!!
絶対おかしいよね!って子供ながらにみんなで話してました。
ズボンが破れたら放送できなくなるからだよ!って結論で
納得したような、しないような・・・
そして、子供ながらになんとなく哀しいお話だなぁって思ってました。

ハルクがどうやって生まれたのか、そこに焦点を当てたストーリーですね。
そして、なぜズボンが破れないかも一応説明がされています。
でも、やっぱり、そんなバカな!!という感じは残ってますけど。

エドワード・ノートンが苦悩する姿を熱演していて
結構楽しめたのですが・・・
偽ハルクの登場やハルクスマッシュあたりになると
あれれ?これってコメディだっけ?と思うようなところも・・・
ラストの’生身より鉄の方が信頼できる’って
「アイアンマン」の宣伝??が始まったら苦笑してしまいました。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全126件

インクレディブル・ハルク