映画 クロサギの画像・ジャケット写真

映画 クロサギ / 山下智久

全体の平均評価点:(5点満点)

78

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「映画 クロサギ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

山下智久主演の同名テレビドラマの映画版。詐欺師を騙す詐欺師“クロサギ”として生きる青年が、危険を顧みず巨大な陰謀に立ち向かう。監督はTBSのドラマ演出を手掛けてきた石井康晴。本作が映画初監督。かつて詐欺の被害に遭い、家族を失った青年・黒崎。復讐のために詐欺師を狙う詐欺師“クロサギ”となった彼は、詐欺師業界の大物・桂木の情報でレイコという女性からの依頼を受ける。新たなターゲットとなった詐欺師・石垣に関する調べを進めると、知能犯係の刑事・神志名や大企業のみを標的にする詐欺師・白石もまた、石垣を追っていることが分かってくる。そこへ、石垣の過去を知るというさくらが現われ、黒崎に衝撃の事実を告げる。

「映画 クロサギ」 の作品情報

作品情報

製作年:

2007年

製作国:

日本

「映画 クロサギ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

大いなる完(ぼんの)

日本統一2

響 −HIBIKI−

ルーズヴェルト・ゲーム

ユーザーレビュー:78件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全78件

冗長なストーリー ネタバレ

投稿日:2008/10/05 レビュアー:シータ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ん〜…予想はしていたけれど、映画にした必然性が…(;^_^A
To Be Continued...なラストもどうかと思うし。
この先どうせいちゅうの。
映画第2弾か? また連ドラか?
どこまでつきあわすんじゃ。
いい作品ならば、言われなくてもこっちからついていくっつ〜の。

映画とドラマの違いを、制作サイドは何か勘違いしているのか、より叙情的なのが映画、じゃないでしょうよ。
ターゲット以外の男が死んじゃって落ち込む黒崎、のあたり、情緒に流れているというか冗長で退屈というか。

シェイクスピアのエピソードがふんだんに出てくるのも、いまいちしっくりいってないような…。
Et tu Brute?
という桂木のセリフ、ブルータスお前もか…っていちいち字幕入れたらカッコ悪いじゃん!
わかりにくいと思うなら、日本語でいいだろうに。

あと変装ね!
ルパン三世とかミッション・インポッシブルまでやれとは言わないが(誰だかわかんなくなっちゃうのも不親切だから)もうちょっと工夫しないと、あれじゃ説得力ないよ。

ま、山ピーはちょっと上手くなってたケド。


このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

動く影

投稿日:2011/04/01 レビュアー:はち

無駄に長い。
脚本も練られていないし、どちらかといえばドラマの仕上がり
のほうが面白い。
ドラマを見て、若干の期待を持って映画版を鑑賞したのに、
ちっともそのよさがない。1800円ものお金を払って見る
作品として、製作者側はプライドを持っているのだろうか?
原作者には、作品を守る術はなかったのか?

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

アナザー・ワールドの住人

投稿日:2009/03/06 レビュアー:ビンス

ドラマを観ていない人にも理解できるように、補足シーンが何度か出てくるので、わかり易いと言えばわかり易い。
もちろんストーリー自体がそもそもわかり易く理解しやすいので、気楽に楽しめます。
連続ドラマから観てた人、並びに山Pファンも楽しめます。
竹中直人、山崎努など強烈な個性を持った俳優が脇を固めて主演の山Pが自由に羽ばたくって感じの映画です。
詐欺のテクニック、山Pのキャッコよさ、などを堪能しましょう。
しかし一番の見所はそこではありません。
どこかといえば「大地真央の演技」です。
大地さんだけがアナザー・ワールドの住人。
宝ジェンヌっぷりをそこかしこに振りまく演技。
舞台です。
大地さんだけは輝くスポットライトを浴びながら舞台上に凛とたっているのです。
身のこなし、明瞭快活なセリフまわし。
舞台です。
さらに大地さん以外の役者さんのセリフがかなり聴こえ辛いので、余慶大地さんが強調される。
山崎さんのセリフを聴くのがかなり困難。
もひとつ音声で耳から離れないのは哀川アニキの笑い声。
「クロサギ」だといつもより声のキーが高い気がするのはボクだけ?
笑い方はその極致で、違和感がありまくりです。

続編もありそうな作りかたですね。
映画の興行成績次第では・・・ってことでしょうか。

ず〜っと疑問なこと。
山崎さんは何故、頭髪のサイドの部分をあんなに長めにしてるのだろう?

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

最悪のシロサギはこの映画の製作者だね

投稿日:2009/01/09 レビュアー:JJ

ひどすぎ。
紋切り型のせりふ、ろくに変装にもなっていない変装、存在意義が不明な脇役や小物の類は指摘するまでもない。
それよりも、まずは、シロサギの取り込み詐欺。そのために、わざわざオフィス借りて、人を雇うか?しかもその目的が2億円?コスト高すぎだって。それに取り込み詐欺の対象商品は、ヤミに流すと大した金にならないよ。(当然、買い手は足元を見るからさ)
最悪だったのは、クロサギのトリックとそれに引っかかるシロサギとヤクザ。ちょっとでも金融がわかれば、こんな馬鹿な手形の割引はしない。脅すネタに使うにしてもだ。すぐに怪しいと思うでしょ。

要はこの映画はあくまでヤマピーのファンの女の子向けで、それにちょっと知ったかぶりの金融の話が入ればそれでいいんだね。

しかし、TBSはフジと比較して、この手の作品の作り方が下手だね。正直、レベルが低すぎる。

星ひとつでも勿体無い映画でした。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

映画よりもドラマをお勧めします

投稿日:2008/10/27 レビュアー:一視同仁

 詐欺師を騙す詐欺師クロサギの活躍を描いた作品なのですが、映画としての出来は今ひとつという印象を受けました。そのため期待をして見てしまうと後悔するかもしれません。人それぞれ見方、考え方が違うので一概には言えませんが、ドラマ版のクロサギの方が、毎回違ったゲストによる詐欺師の姿を見ることが出来た点で優れていると思っています。しかし、詐欺による犯罪が後を絶たない現状に少しでも歯止めをかけるべく、詐欺師をテーマにした映画が作られることは喜ばしいことであり、犯罪から身を守る術を学べる点でも多くの人に見てほしい作品だと思っています。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全78件

映画 クロサギ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:78件

冗長なストーリー

投稿日

2008/10/05

レビュアー

シータ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ん〜…予想はしていたけれど、映画にした必然性が…(;^_^A
To Be Continued...なラストもどうかと思うし。
この先どうせいちゅうの。
映画第2弾か? また連ドラか?
どこまでつきあわすんじゃ。
いい作品ならば、言われなくてもこっちからついていくっつ〜の。

映画とドラマの違いを、制作サイドは何か勘違いしているのか、より叙情的なのが映画、じゃないでしょうよ。
ターゲット以外の男が死んじゃって落ち込む黒崎、のあたり、情緒に流れているというか冗長で退屈というか。

シェイクスピアのエピソードがふんだんに出てくるのも、いまいちしっくりいってないような…。
Et tu Brute?
という桂木のセリフ、ブルータスお前もか…っていちいち字幕入れたらカッコ悪いじゃん!
わかりにくいと思うなら、日本語でいいだろうに。

あと変装ね!
ルパン三世とかミッション・インポッシブルまでやれとは言わないが(誰だかわかんなくなっちゃうのも不親切だから)もうちょっと工夫しないと、あれじゃ説得力ないよ。

ま、山ピーはちょっと上手くなってたケド。


動く影

投稿日

2011/04/01

レビュアー

はち

無駄に長い。
脚本も練られていないし、どちらかといえばドラマの仕上がり
のほうが面白い。
ドラマを見て、若干の期待を持って映画版を鑑賞したのに、
ちっともそのよさがない。1800円ものお金を払って見る
作品として、製作者側はプライドを持っているのだろうか?
原作者には、作品を守る術はなかったのか?

アナザー・ワールドの住人

投稿日

2009/03/06

レビュアー

ビンス

ドラマを観ていない人にも理解できるように、補足シーンが何度か出てくるので、わかり易いと言えばわかり易い。
もちろんストーリー自体がそもそもわかり易く理解しやすいので、気楽に楽しめます。
連続ドラマから観てた人、並びに山Pファンも楽しめます。
竹中直人、山崎努など強烈な個性を持った俳優が脇を固めて主演の山Pが自由に羽ばたくって感じの映画です。
詐欺のテクニック、山Pのキャッコよさ、などを堪能しましょう。
しかし一番の見所はそこではありません。
どこかといえば「大地真央の演技」です。
大地さんだけがアナザー・ワールドの住人。
宝ジェンヌっぷりをそこかしこに振りまく演技。
舞台です。
大地さんだけは輝くスポットライトを浴びながら舞台上に凛とたっているのです。
身のこなし、明瞭快活なセリフまわし。
舞台です。
さらに大地さん以外の役者さんのセリフがかなり聴こえ辛いので、余慶大地さんが強調される。
山崎さんのセリフを聴くのがかなり困難。
もひとつ音声で耳から離れないのは哀川アニキの笑い声。
「クロサギ」だといつもより声のキーが高い気がするのはボクだけ?
笑い方はその極致で、違和感がありまくりです。

続編もありそうな作りかたですね。
映画の興行成績次第では・・・ってことでしょうか。

ず〜っと疑問なこと。
山崎さんは何故、頭髪のサイドの部分をあんなに長めにしてるのだろう?

最悪のシロサギはこの映画の製作者だね

投稿日

2009/01/09

レビュアー

JJ

ひどすぎ。
紋切り型のせりふ、ろくに変装にもなっていない変装、存在意義が不明な脇役や小物の類は指摘するまでもない。
それよりも、まずは、シロサギの取り込み詐欺。そのために、わざわざオフィス借りて、人を雇うか?しかもその目的が2億円?コスト高すぎだって。それに取り込み詐欺の対象商品は、ヤミに流すと大した金にならないよ。(当然、買い手は足元を見るからさ)
最悪だったのは、クロサギのトリックとそれに引っかかるシロサギとヤクザ。ちょっとでも金融がわかれば、こんな馬鹿な手形の割引はしない。脅すネタに使うにしてもだ。すぐに怪しいと思うでしょ。

要はこの映画はあくまでヤマピーのファンの女の子向けで、それにちょっと知ったかぶりの金融の話が入ればそれでいいんだね。

しかし、TBSはフジと比較して、この手の作品の作り方が下手だね。正直、レベルが低すぎる。

星ひとつでも勿体無い映画でした。

映画よりもドラマをお勧めします

投稿日

2008/10/27

レビュアー

一視同仁

 詐欺師を騙す詐欺師クロサギの活躍を描いた作品なのですが、映画としての出来は今ひとつという印象を受けました。そのため期待をして見てしまうと後悔するかもしれません。人それぞれ見方、考え方が違うので一概には言えませんが、ドラマ版のクロサギの方が、毎回違ったゲストによる詐欺師の姿を見ることが出来た点で優れていると思っています。しかし、詐欺による犯罪が後を絶たない現状に少しでも歯止めをかけるべく、詐欺師をテーマにした映画が作られることは喜ばしいことであり、犯罪から身を守る術を学べる点でも多くの人に見てほしい作品だと思っています。

6〜 10件 / 全78件