007/カジノロワイヤル

007/カジノロワイヤルの画像・ジャケット写真
007/カジノロワイヤル / ダニエル・クレイグ
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

357

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「007/カジノロワイヤル」 の解説・あらすじ・ストーリー

代目ボンド、ダニエル・クレイグ主演による人気スパイアクションシリーズ第21弾。暗殺の仕事を二度成功させて“00”の地位に昇格したボンドは、最初の任務で、世界中のテロリストの資金源となっている死の商人、ル・シッフルの存在を突き止めるが…。

「007/カジノロワイヤル」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: アメリカ
原題: CASINO ROYALE

「007/カジノロワイヤル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

007/カジノ・ロワイヤルの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
145分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RDD43508 2007年05月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
133枚 2人 4人

【Blu-ray】007 カジノ・ロワイヤル(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
145分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BRR43508*B 2008年08月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
27枚 1人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:357件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全357件

『慰めの報酬』を見たいが為に

投稿日:2009/06/04 レビュアー:JUCE

 全く007シリーズには興味が無く最近の作品は全てスルーしてました。今回これを観ようという気になったのは次作の『慰めの報酬』がちょっと注目をしているマーク・フォースター監督がメガホンを握ったというので続きものなので仕方なくという感じです。

 評判がなかなか良いのは知っていました。なるほどこれまでの私の007のイメージとはかなり変わっていました。正統なスパイアクション映画になってますね。最初の爆弾魔との身体を張ったチェイスシーンは圧巻です。

 従来の007シリーズとしては新鮮なのかもしれませんが、正統派過ぎてなんだかいろんな映画の寄せ集め観たいで新鮮なものはありません。まあそれなりに面白いとは思います。
 ただカジノはルールが分からないし、いまひとつ緊迫感が無かったように思います。また前半のスピード感に比べ後半に行くに従ってこれでもかと言うように話が展開し、ちょっとしつこい気がします。もっとスピーディにスカッと終わってくれると評価も高かったのですが、後半のダレダレ感がマイナス。

 単体の作品としてみた場合にはとっても普通な作品です。全作を観ているわけではないので偉そうなことはいえませんがショーン・コネリーの頃の007が一番面白かったように思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

面白かったのは確かですが

投稿日:2008/02/16 レビュアー:ぶわつ

 オレは基本的に『007』に特別な思い入れはないので、ジェームズ・ボンドを誰が演じようがいっこうに構わないし、ボンドガールが誰になろうが・・・あ、こっちはちょっとは気になるか。
 とかなんとか言いつつ、わりと好きだった前任ピアース・ブロズナンの跡を継いだダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドはいかほどのもの?という興味くらいは持ち合わせていたので、ともかくも観てみました。
 ダニエル・クレイグ。確かに男の自分の目から見ても渋いな〜と思います。それはそうなのですが、少なくとも本シリーズはある種の荒唐無稽さが持ち味であると思うので、その主人公には、どこか浮世離れした人物のほうが合うと思うんです。そんな風にみると、ダニエル・クレイグは浮世離れとは真逆の“リアル志向”で遊びがない雰囲気を感じます。そのせいかどうか、作品のテイストとダニエル・クレイグの間に何ともいえないアンバランスを感じてしまいました。たとえば、作品のタイトルにもなっているカジノロワイヤルでのポーカー場面。確かに緊張感のある場面ではあるのですが、ダニエル・クレイグのガチンコな雰囲気が必要以上に重苦しさを醸し出してしまっているように感じました。これが仮にピアース・ブロズナンだったなら、重苦しさより余裕を感じることができたかもしれません。もちろん、人が変われば雰囲気も変わるわけですから、どっちがいい悪いなんて話はするつもりありません。ただ、何となく本作においては、作り手側がダニエル・クレイグも含めて手探り状態のような印象を強く受けました。次作以降では、ダニエル・クレイグのカラーに合わせた『007』が観られるのではないでしょうか。
 ピアース・ブロズナンの『007』しか観たことないくせに、なんか知ったかぶったようなことをほざいてしまいました。反省。
 あっ、ボンドガールのことを書くの忘れてた!けど、じっさい・・・エバ・グリーンでしたっけ。むっちゃ印象薄かったんですよね〜。ま、いいや。

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

長いと思うのはなぜだろうネタバレ

投稿日:2007/07/27 レビュアー:よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 劇場で観て最後のベネチアのあたりで眠くなってでも頑張りました。僕は007がどういう方向を目指そうとQが出てこなくてガジェットも少なくても構いませんけど、退屈なのは困ると思いました。どうして退屈だったのかなあと思って見直してみました。

 ダニエル・クレイグの粗雑なキャラとか獣性漂う妙な体型は魅力的といえばそうなのです。しかしその目新しさを除いてしまうと、数々のアクションは僕の眼には実に普通でした。アクションのアイディアがないのを原点回帰とかハードなボンドなんて言い訳にしてるんじゃないかと邪推したくらいです。
 最初のヤマカシはお笑いとして、ダイハードな空港の巨大飛行機爆破計画阻止や、カジノの途中で挟まれる階段でのアクション、ラストのベネチアと、純粋にアクションだけ取り出すと、見た目派手な割に僕の印象に残ったカットがほぼ皆無であることに驚きます。これは身体の動きが映画的でなく芝居も一本調子なクレイグのせいもあると思いますけど、つまるところ緩急のつけられないダラダラした演出のせいではないかと思います。
 ラストのベネチアのところでそのスペクタクルとヒロインをめぐるドラマ性にもかかわらず、なんとなく「もういいよ、ご馳走様」と思ってしまうのは、実は冒頭のモノクロでのアクション、中盤の階段での格闘、このクライマックスでのアクションが少しもかわりばえしていないからではないかと思います。『ロシアより愛をこめて』『ゴールドフィンガー』『女王陛下の007』『私を愛したスパイ』など面白いシリーズ作品は、印象的なアクション・シーンがすぐ思い浮かびますが、本作ではどうでしょう? 路上のエヴァ・グリーンを避けて大回転するボンド・カーと話題の拷問シーンくらいでしょうか。
 またしてもテロがらみ、株価操作、カジノで一発勝負と敵役の無能というか魅力のなさはシリーズワースト級ですが、輪をかけてカジノ・シーンのアイディアと演出の不在ぶりにも脱力。偽りのクセ、オープンされた共通札を見ただけで確信できる逆転劇などはデジャビュ溢れますが、演出次第でもう少し面白くなったと思うのですけれど(無理に毒殺計画なんて盛り込まなくても)。
 やっぱり007の馬鹿馬鹿しい大仕掛けは大事だったんだなあと再認識しますが、クレイグ路線は続くのでしょうか? まあ面白くなればよいのですが、愛がすべてと辞表まで書いたのに「裏切り者が死んだだけだ」って復職するのも、強がりというよりなんか潔くない感じで。ああ文句ばっかりでごめんなさい40点。

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

これは今までの“007”シリーズとは別物と考えてもOK?ネタバレ

投稿日:2007/06/20 レビュアー:しゃれこうべ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

わが父(今年55歳)は、少年のころに初の“007”シリーズにハマり、「オレはスパイになる!」と高校生の頃のたもうていたらしく、
それから40年の時を超えても、きっと父の心には“007”=ヒーローといった図式が展開されているんだと思います。
なので、たまに「ウォッカマティーニを、ステアじゃなくシェイクで」なんて言いながら、普通に焼酎を飲んでいたり…(ヲイヲイ)。
もちろんのことながら、この新生『カジノ・ロワイヤル』も劇場まで足を運んでいました。最近は散歩にも出ない父がねぇ(しみじみ)。

そんな父の教育の甲斐あってか(?)、
私もショーン・コネリーからロジャー・ムーア、ティモシー・ダルトンまで大好きでしたよ、ジェームズ・ボンド! 
昔の作品なんかはツッコミどころ満載だったりしますし、
ピアース・プロスナン作品になると、さらにツッコミまくりの“007”シリーズ。
スパイものっていうよりは、超エンターテイメント的位置づけのシリーズだと思います。
MやQなど、キャラも絶妙ですし、ユーモアのセンスも◎!
ボンド・ガールもいつも話題になりますもんね〜。

でも!
この新生ジェームズ・ボンド=ダニエル作品は、私の中で
「今までの“007”シリーズとは全く違うシリーズ」になったという結論に。
時代背景も9.11以降ですし、Mもそのまま年齢いっちゃってますし(笑)、
つまり…私の勝手な推理では、先代“007”は引退したため、ダニエル・クレイグが2代目007に就任した…というのではいかがでしょう?
こう考えると、今までとは全く違う007の誕生にも納得がいく気がしませんか?
(往年の“007”ファンのみなさま、本当に勝手な私の意見なので怒らないで! でも、私も“007”は永遠に不滅と考える1人ですから)

あとはみなさんがレビューで書いている通り、さまざまな今までのシリーズとは違う描写や人物像がたくさん表現されています。
マティーニをオーダーする場面で、バーテンダーに「ステアかシェイクか…」と聞かれるジェームズ。
私はニヤリとしながら、画面の前で「シェ…」と言いかけておりましたら、
「どっちでもええがな!」(←関西弁トランスレートでお送りしております)と、超不機嫌に答えるジェームズくんに、
思わずズッコケ、自分にノリツッコミしてる状態になりましたよ(泣)。

最初1時間は、本当に『ダイ・ハード』的。
ちょっとあまりのギャップにギブアップしそうになりましたが、
今までの007を彷彿とさせるタキシードに着替えてからがやっぱり面白かったなぁ。
そこからの今までの007像ぶっこわし表現が、あまりにもすがすがしくて拍手喝采!
特に拷問のシーンでは、女性でも「わっちゃ〜! そりゃダメやで!」と叫んでしまいそうでした。
ちょっと「jackass」的(笑)?

そして今回のヒロイン、エヴァ・グリーンも、純粋に“ボンド・ガール”という位置づけにはできませんよね…。本当に恋しちゃうわけですから!
今後、ダニエル007は、常に恋に落ち、最後は悲恋に終わる…という展開になるのかっ!?
…って、それ寅さんにも通じるじゃん!

なんだか余談ばっかりになってしまいましたが(いつものことです)、
007が脱皮した感覚に襲われた本作。
でも、十分楽しめました! 今までの固定観念を振り払えば…ではなく、
今までの歴代007の固定観念はそのままに、
新たな007の誕生を根付かせてくれる作品だったと、私は思います。

こんだけハイテンションなレビューを書かせてくれた、新生007に多謝!

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

青い瞳のボンド 改

投稿日:2008/08/19 レビュアー:ビンス

いやぁ、おもしろかった!
ダニエル・クレイグは6代目のボンドです。決定した当初は、まあ非難轟々でした。青い瞳&金髪、そんでもって若干背の低いボンドなんて前例が無く拒絶反応が凄かったんです、ファンの間で。僕もそのひとりでした。このキャスティングに猛抗議してました。「観る気が無くなった」とさえ言ってました。それがどうでしょう・・・脳天ガツーンの衝撃でした。
いままでのボンド作品でもベスト3に入るくらいの素晴らしさでした。今回のボンドは今までで一番感情的で激しいボンドです。観てるうちにというかオープニングアクションで観る前のネガティブな感情は消し飛びます。僕はオープニングアクションで思わず歓喜の声を上げて、尚且つ体が浮きました。立ち上がりそうでした。映画館で観てたらえらいことになってました。それくらいの素晴らしいオープニング。それに続くタイトルバックもカッコイイ&お洒落。さらにそこからの息をもつかせぬ前半のアクションはお口アングリでした。
かと思えば後半のカジノロワイヤルでのトランプ対決は神経戦で魅せてくれるという一粒で二度おいしい構成になっていてワクワクドキドキです。静と動の対決にお決まりのセリフに魅力的なボンドガールと、どれをとっても極上のボンド作品でした。サイコー。
そしてラストもサイコー。あれはカッコ良すぎ。早く次が観たいです。
ボクはショーン・コネリー、ピアース・ブロスナンのボンドがお気に入りでしたがダニエルもお気に入りになりそうです。

次回作「慰めの報酬」は「カジノロワイヤル」のラスト後から始まる、いわば続編のようなストーリーらしいですね。益々期待大です。
「慰めの報酬」は「消されたライセンス」以来の邦題。
やっぱ邦題イイです。007の邦題はカッコイイ。
タイトルだけでワクワクして観たくなってきます。
今度こそはバリっと映画館でダニエル版ボンドに会おうと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全357件

007/カジノロワイヤル