ビッグ・フィッシュ

ビッグ・フィッシュの画像・ジャケット写真
ビッグ・フィッシュ / ユアン・マクレガー
全体の平均評価点:
(5点満点)

225

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ビッグ・フィッシュ」 の解説・あらすじ・ストーリー

出産間近の妻とパリで幸せに暮らすジャーナリストのウィル・ブルーム。彼の父エドワードは自分の人生を幻想的でマジカルな話として語り、聞く人を魅了し楽しい気分にさせる名人だった。ウィルも子どもの頃はそんな父の話を聞くのが大好きだった。しかし3年前の自分の結婚式で喧嘩して以来、父とは不和が続いていた。そんなある日、母から父の病状が悪化したとの報せを受け、ウィルは妻を連れて実家へと向かう。しかし、病床でも相変わらずホラ話を繰り返す父と、父の本当の姿を知りたいと願う息子の溝はなかなか埋まらなかった…。

「ビッグ・フィッシュ」 の作品情報

製作年: 2003年
製作国: アメリカ
原題: BIG FISH

「ビッグ・フィッシュ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディションの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
125分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RDD34933 2004年10月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
84枚 1人 2人

【Blu-ray】ビッグ・フィッシュ(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
125分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BRR34933*B 2008年08月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
32枚 2人 4人

関連作品

ユーザーレビュー:225件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全225件

神韻縹渺にして・・・・

投稿日:2005/09/18 レビュアー:裸足のラヴァース

「チャリチョコ」を観てきたところで こちらを遅ればせながら
チャリは各映画サイトでは 単なる家族愛を描いてるような内容が不評な様だが 謎の工場に入った途端 焼け崩れる人形のシーンは イタリアンホラー「生血を吸う女」のいきなりのオマージュで嬉しくなってしまう なんでも食べられる楽園は「マタンゴ」だろうしね やはりティムは一筋縄ではいかぬのじゃ ファンタジーの色んなスタイルを探求してるのかなあ

こちらはホラ話しばかり語ってるおとっつあんの まあアメリカン・ドリームの挫折の物語 まるでぼやけた最低の画質の映画館で観たのでモノクロームな印象があるからではないのだが
この最初一時間の 淡々とした物語運びに 違和感をいだくレヴュアーが多いがさもあろうね けどこれって中国の神仙譚のようなものではないかと思える語り口なのだ 映画的語りで言うと 成瀬巳喜男の「おかあさん」のように地味渋な味わいなのだ
こうゆう語りが出来るティムはやはりすごいのではないだろうか 
そして父がクライマックスで変身する時 これはもう上田秋成の「夢応の鯉魚」ではないか(ティムは勿論君も知らないだろうけどね) 真に感動してしまった
ファンタジーのスタイルを取りながら 迷えるアメリカ人に 穏やかで雄大な アジア的なるものを刷り込む映画なんちゃって

このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

その魚はエンターティナーネタバレ

投稿日:2010/07/31 レビュアー:蒼生

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


確かにエドワードの話はホラです。でも、
悪意はなく、人を楽しませようとしてることは伝わるし
ホラ話だってことはバレバレだし
誰にも迷惑かかってないし、実際人気者なわけだし
いいんじゃないかと思うんですが、
息子は理解してくれない。

確かに身内だからこそ許せないってこともありますので
その気持ち、わからなくもないんですが。
きっとフィルもこれが友達のお父さんで、
その友達が怒っていたら「いいじゃないか」
と諫めていたんじゃないでしょうか。

観る前は、もっとホラ吹きで腹立つ老人かと思ってたんですが、
誰も嫌な思いもしてないし、なかなかファンタジック。
ただ、おそらく彼が一番楽しませたくて、
勇気や夢を与えたかった相手だけが唯一の例外だった。

終盤わかってくるんですが、
エドワードの話はまったくの創作というわけではなくて
ほんとうの話を土台にしたファンタジーだったらしく、
(自分とフィルの出産のときのエピソードは100%ホラですが)
例えるなら実際にあった話がスポンジケーキで
彼の話はそれに生クリームや何かをいっぱい塗りたくって
いろんな飾りをつけまくった
豪華なデコレーションケーキみたいな感じのようです。
ということは、スポンジケーキだけでも
なかなかおいしい人生だと思います。

妻と結婚に至るまでのエピソードがホラとわかっていても
ついほんとの話だったような気がしてしまって
妻が登場するたびに「あーこの人があのときの、」
なんて感じてしまいました。

私は特に感動もしませんでしたが、決して退屈でもありませんでした。
観てガッカリするような内容ではないと思います。



このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

やっぱりすばらしい・・・ネタバレ

投稿日:2009/06/12 レビュアー:みなみ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

映画館で見て、涙が止まらなくなり、
しゃくりあげながら、トイレに駆け込んだ作品。
今回、ブルーレイで見てみました。(↓ネタバレあります)

真面目な息子ウィルは、ホラ話をする父親エドワードを理解できない。
これはわかる。私も真面目な性格だから主人公に共感した。
でもこういう人は必要なのだ。人当たりがよくて、場をなごませる人。

ガンで死が近い父。最後のチャンスだと思い、息子は父を理解しようとする。
調べていくうちに、ホラ話が全くウソではないことがわかっていく。

幼い頃留守がちだった父は「浮気をしていたのでは?」と疑っていた息子が
調べてたどりついたのが、スペクターの町の町長の娘の家。
ヘレナ・ボナム・カーターが演じるが、子役の時とかなりのギャップを感じる。
(かわいかった面影無し)
彼女は家を修理してくれたエドワードに、想いを伝えようとするが、拒否されたという。
その話をウィルに伝えるときの彼女の台詞、
「彼にとっては女は2種類。愛する人と、それ以外の人。」には、じんときた。
なんて素敵なんでしょう。

ラスト、自分の最後の話が聞きたいと言う父に、ウィルが一生懸命ストーリーを考える。
このシーンは涙が止まらない。
聞き終わって満足する父・・・2人は理解しあったのだ。

父の葬儀に、たくさんの人々が訪れる。
サーカスの団長は狼男ではないし、双子の姉妹の胴はつながっていないけれど、確かにいた。物語は本当だったのだ!
ウィルは息子にこの話を語り、息子はまたその子に語り…
語り伝えられていくのでしょうね。

ドラマとしてもすばらしいですが、父親の話す奇想天外なホラ話の部分の映像も、とても魅力的な作品です。

冒頭の霧のかかった湖で、父がビッグフィッシュと格闘するシーン、美しさにため息が出そうです。
幻の町・スペクターで蛍が飛ぶシーン、夜のダンスパーティー、夢のようなカーニバルも美しい。中国の腹話術のシーンはすごいインパクト。
そして、時が止まるシーンも…印象的なシーンは数え切れないほどです。

そうそう、サーカスの弁護士さん(小さい人)は
「チャリチョコ」のウンパ・ルンパ役の人がやっていたんですね!
ティム・バートン監督の映画は常連さんが多いです。

ティム・バートンの描く世界が好きではない人には、
ホラ話部分の映像がちょっと長く感じてしまうかもしれませんが、
私としては、BDで見るのにお勧めの作品です。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

そういうことなんだろうなぁ・・・

投稿日:2012/04/06 レビュアー:パンケーキレンズ

ティム・バートンfilmは、どーも苦手意識があって、観てないのがたくさんある・・・
で、あえて、ジョニデじゃないのを手にとってみました♪

例えば
注射を怖がる子供に
「赤ちゃんはどこから来るの?」って聞いてくる子供に
なんて言ってあげたらいいのか・・・
日常生活でも、想像的な発想が欲しくなることがある
きっと、そういうことなんだろうな
イマジネーションな子育て
子供が安心して、納得して、またその子供にも教えてあげたくなる、不思議で楽しいお話

いつか、大人になって、現実を見据えたときに生じる父と子の摩擦
テーマはその和解
そして、死

物語を締めくくるラスト
みんなの笑顔
笑顔のいっぱいの走馬灯
帰ろうとしない人たち
とても、感動的でした♪

若い頃がユアン・マクレガーで、晩年がアルバート・フィニーって、とても似てるとは言えませんが
全く違和感が無いところが、またすごいですネ♪

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

魅力的なホラ話ネタバレ

投稿日:2009/01/27 レビュアー:ムーミンママ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

とても素敵なお話でした。

特に陽気な父エドワードの語るホラ話が
ファンタジックで楽しくてとても魅力的です。
そのホラ話が元で愛する息子と気持ちがすれ違ってしまうのですが・・・

人を傷つけるウソはいけないけれど
表現力豊かにほんの少し脚色を加えた楽しいお話なら
罪はないですよね。

きっと二人の距離が近すぎて、そんなホラ話を許す余裕が
なかったんでしょうねぇ。
他人なら楽しければそれでいいと思えるのに・・・

死を目の前にしてようやく父を受け入れられるウィル。
きっと彼もエドワードのような人を楽しませることのできる
優しいパパになるんでしょうね。

大人のための心温まるファンタジーで楽しかったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全225件

ビッグ・フィッシュ