イルマーレの画像・ジャケット写真

イルマーレ / キアヌ・リーブス

全体の平均評価点: (5点満点)

320

イルマーレ /キアヌ・リーブス

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

Blu-ray

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「イルマーレ」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

 2001年に製作された同名の韓国映画を、「スピード」のキアヌ・リーヴスとサンドラ・ブロックの共演でリメイクしたファンタジー・ラブストーリー。“湖の家”の郵便ポストが取り持つ不思議な恋の行方をロマンチックに綴る。2006年。湖岸に建つガラス張りの一軒家を引っ越すことになった女医のケイトは、次の住人に自分宛の手紙の転送を頼もうと、郵便受けにメッセージを残した。一方、2004年のとある日。長いこと空き家になっていた湖岸の家に引っ越してきた建築家のアレックスは、郵便受けに奇妙な手紙を発見する。不思議なことにそれは、2年後にケイトが残していったあの手紙だった…。

「イルマーレ」 の作品情報

作品情報

製作年:

2006年

製作国:

アメリカ

原題:

THE LAKE HOUSE

「イルマーレ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

223,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

ファイティング・タイガー

プリースト

ナンバー23

将軍たちの夜

ジョン・ウィック

ユーザーレビュー:320件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全320件

確かに。。 ネタバレ

投稿日:2007/02/19 レビュアー:飛べない魔女

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

↓の方のレビューにもあるように、2004年と2006年なんだからハイテク駆使して、お互いの時代のお互いの居場所などすぐさまつかめそうなものなのになあ。。と夢の無いことを思いながら見ていました。
私がケイトなら、携帯番号とか教えて
”2004年の私に連絡してみて。きっと2004年の自分もあなたを好きになるはずだから。”って手っ取り早く型つけちゃうけどねえ(^_^;) でも、そうなると2006年の今の世界はどうなちゃうんだろ???考えると頭こんがらがって???(かんがえるなよ〜!!)
まあ、それやってしまうとラブロマンスもへったくれもなくなってしまいますかね。。
でも、2004年のアレックスがいかに巧みに2004年のケイトを自分のものにしていくかを、ラブコメ風に描いてみても面白かったかもね。。

ところどころつじつまの合わないこともあって、事故にあわなかったのに、何でレストラン”イルマーレ”に行かなかったんだい?とか、”説得”の本は何でそこにあったの?パーティーの時に寝室にもぐりこんで床下に隠したってこと?とか。。
似たもの映画の”オーロラの彼方に”の方が映画としては良く出来ていたし父子愛に感動もしましたね。


とりあえず、韓国版は未だ見ていないので、そちらも近じかチェックしてみようと思っています。

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

失われた透明感 ネタバレ

投稿日:2006/12/22 レビュアー:パープルローズ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「スピード以来の共演!」とか「12年ぶりのキスシーン」とか言われてましたが、ちょっととうの立ったこのカップルの共演をみたいと思うかどうかが鍵じゃないでしょうか?アメリカでは興行成績5000万ドルちょっと、年間順位では50位あたりに終わってしまったようで、もはやこのふたりに集客力がないことを証明したと思いますが。

サンドラ・ブロックは意外にきれいに撮れていましたが、キアヌのほうは衰えが目立ち、主人公のふたりの年齢をあげたことにより大人の恋愛ものになっているかというとそうでもなく、韓国版がもつ透明感や情緒性が失われてしまったことが悔やまれる。ふたりの手紙のやりとりがまるでメールを交換しているような性急さ。郵便ポストの旗(これの使い方を知っている日本人ってあまりいないでしょうね。)が勝手にパタパタ動いたり、彼が苗を植えると2年後の彼女のところでニョキニョキと木が生えるのには、思いっきり引きました。
さらにサンドラ・ブロックの友人役のショーレー・アグダシュルーのだみ声が、一層透明感をそいでおりました。

しかしながら、オリジナルの韓国版を知らなければ、それはそれで楽しめるのかもしれません。私の友人は「オリジナルなんか見たくない。このふたりだから見たいんだ!」と言ってましたが、そんなものなのか・・・?
ただ「イルマーレ」という邦題が問題。韓国版では海辺の家に「イルマーレ」という名前をつけていたわけですが、こちらでは湖畔の家なのでそれはなく、「イルマーレ」というレストランが登場します。レストランの名前がタイトルってちょっと変ですよね。

酷評になってしまったので、よかった点をひとつ。サンドラがキアヌの声の案内で、シカゴの街を歩くところが素敵でした。シカゴの街の有名な建築物などを堪能できます。キアヌのお父さん役のクリストファー・プラマーがいい味出してます。

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

こちらはリメイク。オリジナルの韓国版も観てみたい。 ネタバレ

投稿日:2007/10/30 レビュアー:kazupon

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

私の周りでは、いまひとつ評判が宜しくなかったんです。
それで今まで観てなかったのですが、キアヌ・リーヴスとサンドラ・ブロックというのは、やはり気になるんですよね。
時空を超えた恋愛物語。私は好きでした。
無線で話すというストーリー(オーロラの彼方へ)がありましたが、ここでは「手紙」が過去と現在をつなぐ役目をします。
二人を結びつけた共通点は、湖に建つ同じ家に住んだ事。
次に来る住人に宛てて、ケイトが、郵便物の転送を依頼する置手紙をした事から、不思議な文通が始まるのです。
過去と現在をつなぐ空間が存在するのは、この家の郵便ポストでした。
このポストが、人が入れるくらいに大きかったら、もっと早くに二人は出逢えたでしょうに。(笑)
二人を隔てる時間というのが、ほんの2年間だというのが、このストーリーの味噌ですね。
適当に記憶が薄れていたり、思い出したりできる程度の時間経過。それだからこそ、ふとしたきっかけで、過去のある出来事が脳裏に甦ってきて符合するのです。
観ている側も、その符合点が直ぐにわかり、ストーリーより先走って、切なくなってしまいます。
ケイトとアレックスが飼っていた、やせっぽちの犬。
この犬の存在も、効果的に使われていたと思います。


このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

★★★★ More Romantic!! ネタバレ

投稿日:2007/07/18 レビュアー:ガラリーナ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

何でもかんでもリメイクするのはどうかと思うが、しかしここまでリメイク上手だと「これならハリウッドはどう料理する?」と考えに及んでしまう今日この頃。韓国、日本で大ヒットした「イル・マーレ」、果たしてハリウッド版はよりロマンティックに乙女心をくすぐる佳作になっておりました。いやあ、思ってたよりも全然ステキだった。

オリジナルを見ていながらも楽しめた、ということは、ことこの作品においては大いに評価されるべきだと思う。なぜならこの時空を超えたラブストーリーには、そうなるのか!という素敵などんでん返しが用意されていて、肝心要のこのどんでん返しもリメイク版は同じであるからだ。しかし、同じオチでも見せ方は違う。オリジナルは「ふたりの出会いからリスタートする」結末であるのに対し、リメイク版は「女も男も待つ」ことを選択する。これまた、ハリウッドとは思えない偲ぶ愛の結末。恐れ入りました。

本作で好感が持てるのはリメイクという作業においてハリウッド的派手さを無理に取り入れていないこと。今話した結末の見せ方がその最も顕著な例で、ここでは「待つ」ということが一つのテーマになっている。「運命で結ばれたふたりならばきっと会える。だから、機が熟するのを待つんだ」そんなラストの展開は、アグレッシブが褒め言葉というアメリカ的価値観とは異なるものを感じる。よく考えれば男が女を迎えに行くオリジナルの韓国版の方がよほど欧米的展開ではないのか。

オリジナルのプロットはそのままで、いかによりロマンチックに、よりドラマチックに仕上げるか、その試行錯誤が様々な面で良い方向に出ているんだと思う。主人公の職業についても男性側は同じ建築家であるのに対して、女性側は声優の卵から女医という設定に変わっているが、仕事と恋の間で揺れる女心という点においてはハリウッド版の方が共感を誘う。

そして、思わず「うまい!」と唸ったのは、ラストの出会い以前にこの二人にひと時の邂逅を与えていること。この出会いによって、ふたりの恋は「宿命」となる。また、これがムード満点のキスシーンなんだな〜。いいぞ、キアヌ!と思わず拍手。というわけで、ストーリーを知っているのにオリジナル以上に盛り上がったのでした。まあ、オリジナルのイ・ジョンジェよりもキアヌの方が好みだってことも、盛り上がりの一因かも知れませんが…。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

あー う〜ん。アカン・・・

投稿日:2011/03/03 レビュアー:

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全320件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:320件

確かに。。

投稿日

2007/02/19

レビュアー

飛べない魔女

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

↓の方のレビューにもあるように、2004年と2006年なんだからハイテク駆使して、お互いの時代のお互いの居場所などすぐさまつかめそうなものなのになあ。。と夢の無いことを思いながら見ていました。
私がケイトなら、携帯番号とか教えて
”2004年の私に連絡してみて。きっと2004年の自分もあなたを好きになるはずだから。”って手っ取り早く型つけちゃうけどねえ(^_^;) でも、そうなると2006年の今の世界はどうなちゃうんだろ???考えると頭こんがらがって???(かんがえるなよ〜!!)
まあ、それやってしまうとラブロマンスもへったくれもなくなってしまいますかね。。
でも、2004年のアレックスがいかに巧みに2004年のケイトを自分のものにしていくかを、ラブコメ風に描いてみても面白かったかもね。。

ところどころつじつまの合わないこともあって、事故にあわなかったのに、何でレストラン”イルマーレ”に行かなかったんだい?とか、”説得”の本は何でそこにあったの?パーティーの時に寝室にもぐりこんで床下に隠したってこと?とか。。
似たもの映画の”オーロラの彼方に”の方が映画としては良く出来ていたし父子愛に感動もしましたね。


とりあえず、韓国版は未だ見ていないので、そちらも近じかチェックしてみようと思っています。

失われた透明感

投稿日

2006/12/22

レビュアー

パープルローズ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「スピード以来の共演!」とか「12年ぶりのキスシーン」とか言われてましたが、ちょっととうの立ったこのカップルの共演をみたいと思うかどうかが鍵じゃないでしょうか?アメリカでは興行成績5000万ドルちょっと、年間順位では50位あたりに終わってしまったようで、もはやこのふたりに集客力がないことを証明したと思いますが。

サンドラ・ブロックは意外にきれいに撮れていましたが、キアヌのほうは衰えが目立ち、主人公のふたりの年齢をあげたことにより大人の恋愛ものになっているかというとそうでもなく、韓国版がもつ透明感や情緒性が失われてしまったことが悔やまれる。ふたりの手紙のやりとりがまるでメールを交換しているような性急さ。郵便ポストの旗(これの使い方を知っている日本人ってあまりいないでしょうね。)が勝手にパタパタ動いたり、彼が苗を植えると2年後の彼女のところでニョキニョキと木が生えるのには、思いっきり引きました。
さらにサンドラ・ブロックの友人役のショーレー・アグダシュルーのだみ声が、一層透明感をそいでおりました。

しかしながら、オリジナルの韓国版を知らなければ、それはそれで楽しめるのかもしれません。私の友人は「オリジナルなんか見たくない。このふたりだから見たいんだ!」と言ってましたが、そんなものなのか・・・?
ただ「イルマーレ」という邦題が問題。韓国版では海辺の家に「イルマーレ」という名前をつけていたわけですが、こちらでは湖畔の家なのでそれはなく、「イルマーレ」というレストランが登場します。レストランの名前がタイトルってちょっと変ですよね。

酷評になってしまったので、よかった点をひとつ。サンドラがキアヌの声の案内で、シカゴの街を歩くところが素敵でした。シカゴの街の有名な建築物などを堪能できます。キアヌのお父さん役のクリストファー・プラマーがいい味出してます。

こちらはリメイク。オリジナルの韓国版も観てみたい。

投稿日

2007/10/30

レビュアー

kazupon

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

私の周りでは、いまひとつ評判が宜しくなかったんです。
それで今まで観てなかったのですが、キアヌ・リーヴスとサンドラ・ブロックというのは、やはり気になるんですよね。
時空を超えた恋愛物語。私は好きでした。
無線で話すというストーリー(オーロラの彼方へ)がありましたが、ここでは「手紙」が過去と現在をつなぐ役目をします。
二人を結びつけた共通点は、湖に建つ同じ家に住んだ事。
次に来る住人に宛てて、ケイトが、郵便物の転送を依頼する置手紙をした事から、不思議な文通が始まるのです。
過去と現在をつなぐ空間が存在するのは、この家の郵便ポストでした。
このポストが、人が入れるくらいに大きかったら、もっと早くに二人は出逢えたでしょうに。(笑)
二人を隔てる時間というのが、ほんの2年間だというのが、このストーリーの味噌ですね。
適当に記憶が薄れていたり、思い出したりできる程度の時間経過。それだからこそ、ふとしたきっかけで、過去のある出来事が脳裏に甦ってきて符合するのです。
観ている側も、その符合点が直ぐにわかり、ストーリーより先走って、切なくなってしまいます。
ケイトとアレックスが飼っていた、やせっぽちの犬。
この犬の存在も、効果的に使われていたと思います。


★★★★ More Romantic!!

投稿日

2007/07/18

レビュアー

ガラリーナ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

何でもかんでもリメイクするのはどうかと思うが、しかしここまでリメイク上手だと「これならハリウッドはどう料理する?」と考えに及んでしまう今日この頃。韓国、日本で大ヒットした「イル・マーレ」、果たしてハリウッド版はよりロマンティックに乙女心をくすぐる佳作になっておりました。いやあ、思ってたよりも全然ステキだった。

オリジナルを見ていながらも楽しめた、ということは、ことこの作品においては大いに評価されるべきだと思う。なぜならこの時空を超えたラブストーリーには、そうなるのか!という素敵などんでん返しが用意されていて、肝心要のこのどんでん返しもリメイク版は同じであるからだ。しかし、同じオチでも見せ方は違う。オリジナルは「ふたりの出会いからリスタートする」結末であるのに対し、リメイク版は「女も男も待つ」ことを選択する。これまた、ハリウッドとは思えない偲ぶ愛の結末。恐れ入りました。

本作で好感が持てるのはリメイクという作業においてハリウッド的派手さを無理に取り入れていないこと。今話した結末の見せ方がその最も顕著な例で、ここでは「待つ」ということが一つのテーマになっている。「運命で結ばれたふたりならばきっと会える。だから、機が熟するのを待つんだ」そんなラストの展開は、アグレッシブが褒め言葉というアメリカ的価値観とは異なるものを感じる。よく考えれば男が女を迎えに行くオリジナルの韓国版の方がよほど欧米的展開ではないのか。

オリジナルのプロットはそのままで、いかによりロマンチックに、よりドラマチックに仕上げるか、その試行錯誤が様々な面で良い方向に出ているんだと思う。主人公の職業についても男性側は同じ建築家であるのに対して、女性側は声優の卵から女医という設定に変わっているが、仕事と恋の間で揺れる女心という点においてはハリウッド版の方が共感を誘う。

そして、思わず「うまい!」と唸ったのは、ラストの出会い以前にこの二人にひと時の邂逅を与えていること。この出会いによって、ふたりの恋は「宿命」となる。また、これがムード満点のキスシーンなんだな〜。いいぞ、キアヌ!と思わず拍手。というわけで、ストーリーを知っているのにオリジナル以上に盛り上がったのでした。まあ、オリジナルのイ・ジョンジェよりもキアヌの方が好みだってことも、盛り上がりの一因かも知れませんが…。

あー う〜ん。アカン・・・

投稿日

2011/03/03

レビュアー

6〜 10件 / 全320件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

イルマーレ