ロッキー・ザ・ファイナル

ロッキー・ザ・ファイナルの画像・ジャケット写真
ロッキー・ザ・ファイナル / シルベスター・スタローン
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

175

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「ロッキー・ザ・ファイナル」 の解説・あらすじ・ストーリー

シルベスター・スタローン主演の人気シリーズ最終章。妻に先立たれ、息子ともうまくいかないロッキーは、孤独感を拭うためボクシングを再開。やがて大観衆が詰め掛けたラスベガスのリングで、ヘビー級チャンピオンに挑む。

「ロッキー・ザ・ファイナル」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: アメリカ
原題: ROCKY BALBOA

「ロッキー・ザ・ファイナル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ロッキー・ザ・ファイナルの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
102分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
MGBR35399 2007年10月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
63枚 0人 0人

【Blu-ray】ロッキー・ザ・ファイナル 特別編(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
102分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語/(ロスレス)
2:DTS/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
MGXR35399*B 2008年06月06日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
23枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:175件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全175件

「心は歳を取らないと証明してみせて」

投稿日:2012/09/06 レビュアー:まみもぉ

1作目で別れ際、呼ばれて振り返ったロッキーに止めろと言われた汚い言葉を浴びせたマリー。
そのマリーが30年後、今作でロッキーに言った言葉。

証明してくれました。

「ロッキーのテーマ」は、この旋律は、映画音楽の枠を超えてしまってます。

”フィラデルフィアの階段”を駆け上がり拳を突き上げる様々な人達。
エンドロールに涙・涙・涙・・・。

素晴らしいファイナル!



このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

大切なものを亡くしたときネタバレ

投稿日:2007/09/04 レビュアー:KUBOCHIN

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 公開時「クレヨンしんちゃん」が観たい息子を妻にまかせて(^^;)ひとり本作上映の映画館に逃れて観賞したんですが、結果としては一人で観て正解の映画でした。冒頭から前半はロッキーに生気があまりないんですね。もしかしたらこの映画を退屈に感じる人はこの前半に参ってしまうのかもしれません、とくに幸せな若い人ほど。でも我慢してくださいね。僕は好きでした、この映画。

 ロッキーの生命の炎が細々と…というか穏やかに瞬いているのは最愛の妻エイドリアンがこの世にいないからなのですね。「時間っていうのは悲しみを癒してくれる一番の薬なのよ」と仰ったのは瀬戸内寂聴さんでしたか、ロッキーもそこかしこに亡き妻の面影をみとめてはめそめそしている雰囲気で、ただ時間が心を癒してくれるのを祈っているような姿を映画の中で僕たち観客に見せます。

 妻の墓に日常のこと、自分の思いをせつせつと語りかけるロッキー。お墓の横の木の上に置いてる折りたたみ椅子がまた良くて僕はそんな描写で涙ぽろぽろ流してしまったんですが、大切な人を亡くした経験のある人はこの映画の中でロッキーが見せるあまりにも未練な姿にも「わかるよ、わかるよ、ロッキー」と、きっと同情できることでしょう。ファイナルでは夫として、そして父親としてのロッキーが前半に見せる人間の弱さと、相変わらず渾身の誠意で生きている彼の姿勢がイイんですよね。僕が大切な人を亡くした時には渥美清という俳優と「男はつらいよ」という映画シリーズが壊れそうになる心を何度も救ってくれましたが、さすがにロッキーは僕とは違って男らしいんですね。

 後半、「時間という薬」なんかに頼らず、ボクサーライセンスの取得というファイター魂再燃の対象を見出し、世界王者とのエキシビジョンマッチというロッキー再生のシンボル、怒涛の(荒唐無稽というのかもしれませんが:笑)ラストへむけての追い込みは、前半の未練な姿の描写があればこそ効いてくるような気がしました。ベタなんですけど、彼が息子に言って聞かせる「夢」についてのセリフもロッキーが言うから陳腐に聞こえないんですよね。

 愉快なエンドロールで赤くなった目を元に戻してから映画館を出たことも思い出します。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ロッキーの父としての姿に感動

投稿日:2007/10/13 レビュアー:ムーミンママ

実はですね、恥ずかしながらロッキーシリーズ、
まともに見たことがないんです。
地しぶきとか苦手なので、プロレス、ボクシングは
ダメなんですよ。
なので、私の守備範囲外と思って今まで見ずにきちゃいました。もちろん、存在は知っていましたし、あの有名な主題歌を聞けば、ロッキーだ、ってわかります。
奥さんの名前がエイドリアンだってことも知ってるし、
トレーニングで階段を登っていくシーンや生卵ゴックンのシーンくらいは何となく見たことはありましたけどね。

「ミリオンダラーベイビー」や「シンデレラマン」なんかを見て
映画の中ならボクシングも大丈夫ということがわかって、今回いきなりファイナルから見てしまいました。

そんな私でも、この「ロッキー・ザ・ファイナル」は良かったです。
試合のシーンもそれはそれで感動的です。
でも、それ以上に人生に迷うロッキーの息子と対峙するロッキーの姿に目がいってしまいます。
思わず涙ぐんでしまいましたもん・・・
詳しくは書きません。見て感動してほしいですからねぇ。

いや、断言します。
ボクシングファンでなくても、
ロッキーシリーズ見ていなくても、
子供を持つ親なら、この映画のロッキーの父としての姿は
必見だと思いますよ。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

なんてぶざまで不器用で古臭くて、しかし最高の映画なんだ。

投稿日:2007/10/13 レビュアー:spider

この作品に関しては客観的なレビューは書けそうにありませんね。

1作目の「ロッキー」(というか私にとってはこれが唯一の「ロッキー」で後の4作に思い入れはほとんどないのですが)は、まさにスタローンが、ロッキーバルボアの姿を借りて自らの人生そのものを描いた映画でした。

全く売れない俳優だった彼が、当時のヘビー級チャンプ、モハメドアリに挑戦して15ラウンド戦い抜いた無名の男のファイトに感動し、自らの人生と重ね合わせるように一気に書き上げた脚本。彼はそれをハリウッドに持ち込み、しぶるプロデューサーを説得して主役の座を得ます。彼の存在意義そのものを描いたこの脚本は、彼自身が演じてこそはじめて成立する作品だったからです。

そして、低予算で誰にも期待されず、アメリカンドリームを真正面から描いていることに当時でさえ「古臭い」という前評判だったこの作品はしかし、ベトナム戦争などで疲弊していた当時のアメリカ人の心にストレートに響き、空前のヒットとなりました。

それから、30数年、すでにアクションの第一線を退いたスタローンが再びロッキーバルボアの姿を借りて描きたかったものは何だったのでしょうか?アメリカンドリームの再現…ではありません。彼は過去の栄光と愛する人の思い出を胸に抱えながら、今の現実の中で何とか折り合いをつけながら生きています。でも何かしっくり来ない、世の中は人の心は荒んでしまった。息子との関係もうまくいかない、心の拠りどころであったエイドリアンは戻ってこない…この心の葛藤に決着をつけるために彼が選べた手段は最初からひとつしかなかったのです。

単体の作品として観た場合とても優れているとは言えません。最初から最後までぐずくず世の中や若いものに文句たれてる年寄りが、ついにはリングの上にまで上がりこんで命がけで人間の生き様を、誇りを若者に教え込むという、信じられないくらい年寄り臭いアナクロな話です。

でも、かつて「ロッキー」を見て感動し、その後の30数年という時代をともに生きてきた人間としては、今どきこんな映画をつくってしまうシルベスタースタローンという男の不器用な生き様そのものに、理屈では語れない感動を覚えるのです。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ロッキー1、2で感動した人はとにかく観ましょう!!

投稿日:2007/09/07 レビュアー:MonPetit

前々作もダメだったけど、前作は最悪。
ロッキーで感動した人たちは、ハリウッドの商業魂でひとつの夢を壊されたかの
ような仕打ちでした。

が、この作品でなんとかロッキーのロッキーたるものを取り返しました。
この作品は強烈に第一作、第二作を意識しているのでロッキーファンにはたま
らない涙あふれる展開。

この作品に多くを語る必要はないかもしれません。
とにかく観ましょう。
ロッキーで感動した人は必ずや満足します。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全175件

ロッキー・ザ・ファイナル