HEROES/ヒーローズ シーズン1

HEROES/ヒーローズ シーズン1の画像・ジャケット写真

HEROES/ヒーローズ シーズン1 / マイロ・ヴィンティミリア

全体の平均評価点:(5点満点)

507

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「HEROES/ヒーローズ シーズン1」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

ニューヨーク、ラスベガス、東京…世界各地で次々とある異変が起こっていた。ある者は空を飛び、ある者は未来を予知…突然に不可解な能力を持たされた彼らの運命は―?「24」「LOST」「プリズン・ブレイク」を越えて、全米から新たなるヒーローたちが登場!”普通”な人々が、突然”ヒーローズ”に!!誰もが夢見るヒーロー物語がここにある! JAN:9999201926808

「HEROES/ヒーローズ シーズン1」 の作品情報

作品情報

製作年: 2006年
製作国: アメリカ
原題: HEROES

「HEROES/ヒーローズ シーズン1」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ゲット・マネー

コバート・アフェア

スキャンダル シーズン5

4400 −フォーティ・フォー・ハンドレッド− シーズン4

ユーザーレビュー:507件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全507件

"to be continued...." はこう使え

投稿日:2008/02/27 レビュアー:べっち

実は・・・・
  コミカルパロディだと思っていた。
  だっていまさらの超能力者モノでしょ、それもグループ。
  しかもテレビシリーズ。
  X-MENにファンタスティック4、テレビならミュータントX。
  ま、アイディアは出尽くしてるし。

実は・・・・
  あなどっていた。
  だってねぇ、出てくるのがヘンな日本人にチアガールのねぇちゃんに・・・・ なんか展開が読めちゃうじゃない。
  でも、ま、お気楽に楽しむ分には・・・・

だが、実は。
  のっけから引き込まれた。ビル屋上から宙に舞う男のスロー、それも俯瞰どころか真上から捉えた画はとても美しい。

  同時多発的に発現した超能力者達ってのも興味深い。アイディアとしては決して目新しくないけれども、説明不足の雰囲気だけになったり、説明過多で「はいはい、そうですか」状態にもなっていない。

  そう、観客(ってか視聴者)の予備知識をうまくコントロールしている。
  だからどこかで見たようなシーン、イメージがボコボコ出てくるのだけれど、コミック作家のヴィジョンやヲタクの台詞なんかとうまくダブらせているもんだから物語にしっくりとなじんでいる。

  謎をちょっとづつ明かしていくテンポも良い。もちろんすぐ次の謎が出てくるんだけどね、謎解きがあるっていう快感は大事。これは「LOST」の反省かな??

  結構辛口のレビューも多いようで、なるほどたしかに斬新さはあまり無い(まだ二巻までしか見てないんですがね)。
  でもそれは意図したものだろう。オーソドックスなシリアルドラマの形式を敢て選択して。
  基本となるアイディアも敢てオーソドックス。
  パターンを踏襲することで、物語の進展とともにそのパターンをはずしたときの意外性は際立つ。

  そしてもう一つ。
  各話数の最後で謎を謎としてちゃんと提示した上での "to be continued"、これは観るものに安定したワクワク感を与える。
  近年流行のアメリカンドラマはなにが謎なのかも不明だったり、観客を不安にさせながら次回へ持ち越すパターンが多く、それはそれで面白いのだけれども、いつもそんなだといささかフラストレーションがたまる。これはビデオでまとめて観ている分にはまだいいのだけれど、来週まで待つ身には結構つらいはず。
  その点「HEROES」のような王道手法は次回までの一週間、ワクワクしながら妄想を繰り広げ、楽しみながら待っていられる。

  まだまだ序盤、ここまでで張られた伏線からしてこの先意表をつく展開になりそうですが、さて???

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

ここらあたりからが本番かな。 ネタバレ

投稿日:2008/03/01 レビュアー:MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

さて、ストーリーも展開がはじまり、ここからがHEROESの真骨頂なのでしょう。
能力者の力や、キャラもある程度はっきりしてきて、敵もおぼろげながらに輪郭
が見えてきた状態。お決まりの、えーっあいつがしつとつながってるのか。。的
なものも出てきはじめたところ。

Vol.1、Vol.2に比べ格段に面白くはなってきたが、24やプリズンブレイクには
まだまだ及ばない感じだし、ましてやX-menには足元にも及ばない。
前評判はちょっと忘れて観ていったほうがいいかもしれない。

残忍な犯行はニキの裏の顔、ジェシカということがわかってきたが、このジェシカ
がどうかかわってくるのかも気になるし、ニキの家族、脱獄してきてた旦那、息子
のマイカも能力者だし能力者自体もまだ増えそうだ。

脚本的にはよく考えられているとは思うけど、TVドラマというのがアダになってい
る感が。1話ごとにヤマと次への伏線をはらなければいけないのでその部分が
どうもうまくいってないような気がする。24やプリズンブレイクのように強烈に次が
観たいという欲求にかられない。映画向きな脚本ではないだろうか。
サスペンス色がでてきたが、サスペンスといってしまうとまだA級とはいえない。

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

これまでで最高の面白さ。 ネタバレ

投稿日:2008/03/29 レビュアー:MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

シーズン1の中で一番面白かった。
ベネット家で繰り広げられたやりとりはスリルもサスペンス的な要素もふんだん
にあり非常に見応えのあるものだった。
クレアが放射能にやけただれて家から出てきたときは感動する覚えました。

馬鹿にしていたヒロの親父も実は深く関わっていることがわかり、裏組織の全貌
もわずかながら輪郭が見えてきたといったところか。
そうなるとヒロのやろうとしてることを親父はわかっているわけだから、あの反応
には裏があることに。それに姉も能力者ということになるのか?
いや、ヒロは養子ってことか!?

この裏組織の謎は何故能力者たちを知っているのか。モヒンダーの父親とつな
がりがあるのかないのか。そこが非常にきになるところだ。

この調子で全開で次回も面白いことを祈る!

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

混沌としてた状況。 ネタバレ

投稿日:2008/03/29 レビュアー:MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

さ〜っ、7〜9までのレンタル開始。早速、7、8が到着。
こちらもいよいよ面白くなってきたようなこないような。。。。

能力は遺伝するらしく、芋づる式に能力者がでてきている。
なんとクレアがネイサンの娘であることが発覚。
ヒロの話はまぁご愛嬌ってことで。
お父さんもお姉さんも二度と出てこないでしょう(笑)

サイラーが敵ではあるけどどうにかできるようなもんだけどね。
確かにすごい能力の持ち主ではあるけども、翻弄されすぎかもしれない。
モヒンダーはまだ能力は出ていないが、彼は最後まで能力者ではない
のだろうか?

さらにピーターはいわゆるワイルドカードだから非常に重要ではあるが
精神面が弱すぎ?爆発の原因も彼だとすると、敵がいないことに。
とにかく混沌としてきた。
以前にも書いたがあくまでも「HEROES」なのだから能力者たちが
一致団結して何かに立ち向かわないとこの状況は打破できなだろう。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

おいおい!

投稿日:2008/02/20 レビュアー:エロエロ大魔神

これってもしかして4400シリーズの完全なパクリだよ!
大変失望しました!

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全507件

HEROES/ヒーローズ シーズン1

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:507件

"to be continued...." はこう使え

投稿日

2008/02/27

レビュアー

べっち

実は・・・・
  コミカルパロディだと思っていた。
  だっていまさらの超能力者モノでしょ、それもグループ。
  しかもテレビシリーズ。
  X-MENにファンタスティック4、テレビならミュータントX。
  ま、アイディアは出尽くしてるし。

実は・・・・
  あなどっていた。
  だってねぇ、出てくるのがヘンな日本人にチアガールのねぇちゃんに・・・・ なんか展開が読めちゃうじゃない。
  でも、ま、お気楽に楽しむ分には・・・・

だが、実は。
  のっけから引き込まれた。ビル屋上から宙に舞う男のスロー、それも俯瞰どころか真上から捉えた画はとても美しい。

  同時多発的に発現した超能力者達ってのも興味深い。アイディアとしては決して目新しくないけれども、説明不足の雰囲気だけになったり、説明過多で「はいはい、そうですか」状態にもなっていない。

  そう、観客(ってか視聴者)の予備知識をうまくコントロールしている。
  だからどこかで見たようなシーン、イメージがボコボコ出てくるのだけれど、コミック作家のヴィジョンやヲタクの台詞なんかとうまくダブらせているもんだから物語にしっくりとなじんでいる。

  謎をちょっとづつ明かしていくテンポも良い。もちろんすぐ次の謎が出てくるんだけどね、謎解きがあるっていう快感は大事。これは「LOST」の反省かな??

  結構辛口のレビューも多いようで、なるほどたしかに斬新さはあまり無い(まだ二巻までしか見てないんですがね)。
  でもそれは意図したものだろう。オーソドックスなシリアルドラマの形式を敢て選択して。
  基本となるアイディアも敢てオーソドックス。
  パターンを踏襲することで、物語の進展とともにそのパターンをはずしたときの意外性は際立つ。

  そしてもう一つ。
  各話数の最後で謎を謎としてちゃんと提示した上での "to be continued"、これは観るものに安定したワクワク感を与える。
  近年流行のアメリカンドラマはなにが謎なのかも不明だったり、観客を不安にさせながら次回へ持ち越すパターンが多く、それはそれで面白いのだけれども、いつもそんなだといささかフラストレーションがたまる。これはビデオでまとめて観ている分にはまだいいのだけれど、来週まで待つ身には結構つらいはず。
  その点「HEROES」のような王道手法は次回までの一週間、ワクワクしながら妄想を繰り広げ、楽しみながら待っていられる。

  まだまだ序盤、ここまでで張られた伏線からしてこの先意表をつく展開になりそうですが、さて???

ここらあたりからが本番かな。

投稿日

2008/03/01

レビュアー

MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

さて、ストーリーも展開がはじまり、ここからがHEROESの真骨頂なのでしょう。
能力者の力や、キャラもある程度はっきりしてきて、敵もおぼろげながらに輪郭
が見えてきた状態。お決まりの、えーっあいつがしつとつながってるのか。。的
なものも出てきはじめたところ。

Vol.1、Vol.2に比べ格段に面白くはなってきたが、24やプリズンブレイクには
まだまだ及ばない感じだし、ましてやX-menには足元にも及ばない。
前評判はちょっと忘れて観ていったほうがいいかもしれない。

残忍な犯行はニキの裏の顔、ジェシカということがわかってきたが、このジェシカ
がどうかかわってくるのかも気になるし、ニキの家族、脱獄してきてた旦那、息子
のマイカも能力者だし能力者自体もまだ増えそうだ。

脚本的にはよく考えられているとは思うけど、TVドラマというのがアダになってい
る感が。1話ごとにヤマと次への伏線をはらなければいけないのでその部分が
どうもうまくいってないような気がする。24やプリズンブレイクのように強烈に次が
観たいという欲求にかられない。映画向きな脚本ではないだろうか。
サスペンス色がでてきたが、サスペンスといってしまうとまだA級とはいえない。

これまでで最高の面白さ。

投稿日

2008/03/29

レビュアー

MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

シーズン1の中で一番面白かった。
ベネット家で繰り広げられたやりとりはスリルもサスペンス的な要素もふんだん
にあり非常に見応えのあるものだった。
クレアが放射能にやけただれて家から出てきたときは感動する覚えました。

馬鹿にしていたヒロの親父も実は深く関わっていることがわかり、裏組織の全貌
もわずかながら輪郭が見えてきたといったところか。
そうなるとヒロのやろうとしてることを親父はわかっているわけだから、あの反応
には裏があることに。それに姉も能力者ということになるのか?
いや、ヒロは養子ってことか!?

この裏組織の謎は何故能力者たちを知っているのか。モヒンダーの父親とつな
がりがあるのかないのか。そこが非常にきになるところだ。

この調子で全開で次回も面白いことを祈る!

混沌としてた状況。

投稿日

2008/03/29

レビュアー

MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

さ〜っ、7〜9までのレンタル開始。早速、7、8が到着。
こちらもいよいよ面白くなってきたようなこないような。。。。

能力は遺伝するらしく、芋づる式に能力者がでてきている。
なんとクレアがネイサンの娘であることが発覚。
ヒロの話はまぁご愛嬌ってことで。
お父さんもお姉さんも二度と出てこないでしょう(笑)

サイラーが敵ではあるけどどうにかできるようなもんだけどね。
確かにすごい能力の持ち主ではあるけども、翻弄されすぎかもしれない。
モヒンダーはまだ能力は出ていないが、彼は最後まで能力者ではない
のだろうか?

さらにピーターはいわゆるワイルドカードだから非常に重要ではあるが
精神面が弱すぎ?爆発の原因も彼だとすると、敵がいないことに。
とにかく混沌としてきた。
以前にも書いたがあくまでも「HEROES」なのだから能力者たちが
一致団結して何かに立ち向かわないとこの状況は打破できなだろう。

おいおい!

投稿日

2008/02/20

レビュアー

エロエロ大魔神

これってもしかして4400シリーズの完全なパクリだよ!
大変失望しました!

6〜 10件 / 全507件