ホステル2

ホステル2の画像・ジャケット写真

ホステル2 / ローレン・ジャーマン

全体の平均評価点:(5点満点)

116

全体の平均評価点:

DVD

シリーズ

ジャンル :

「ホステル2」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

シリーズ

解説・ストーリー

鬼才クエンティン・タランティーノによる究極のサディスクティック・スリラー第2弾!今作はタイの都市伝説<殺人人身売買>をベースに製作され、ただの続編では無い作品が完成した。女子大生・ベスは友人達とプラハ旅行に出発する。プラハ行きの車中で、美術の時間に出会った美しいモデル・アクセルから天然のスパの情報を聞き、行き先を変更しスロバキアへと向うことにした。ブラティスラバという街のホステルにチェックインしたベス達がパスポートをフロント係りに渡すと、密かに写真をスキャンし全世界の会員に配信していて…。 JAN:4527427639812

「ホステル2」 の作品情報

作品情報

製作年: 2007年
製作国: アメリカ
原題: HOSTEL: PART II

「ホステル2」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

アイ・アム・ウォンテッド

イングロリアス・バスターズ

デスパレートな妻たち<シーズン2>

エイミー・アダムス in ナイト・ビフォア・ウェディング

ユーザーレビュー:116件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全116件

秘密組織のシステムが明らかに ネタバレ

投稿日:2008/11/24 レビュアー:ナナメ歩き

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

えー前作の続きなんですが、今回は女性グループのエステ旅です
前作の生き残りはゴミのようにあっさり死にます、そしてホステルの秘密も少し明かされます

売りの人体破壊シーンだが、前作よりは人間の醜悪さとアイデンティティーを少しは感じるが、同じ趣向は使えないので、こんなものだろう

一度観たら充分な作品なので、前作を好きな人意外は観なくてもよい

生首サッカーは笑った、子供達が一番怖いのはサラッと流しましょう。

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

物足りない ネタバレ

投稿日:2008/04/05 レビュアー:

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

前作は、何か恐ろしいことが街ぐるみで起こってて命がヤバイという主人公と同じ視点で見れたから、訳が分からない分スリリングだったしサスペンス色もあったが、第2作となると物語の背景が観客にバレているのだから、他の味付けが必要だ。
残念ながら失敗だと思う。
今回の主人公達はオークションにかけられ、ビジネスライクに金で動くシステムだと分かる。
そしてあまり必然性のない場面で主人公に莫大な遺産があることが語られる。・・・展開バレバレじゃん。
ラストも不満だ。あれじゃあただの殺人じゃないか。
オークションにかけて最悪な殺され方をすべきだ。

もうちょっと上手い脚本が書けなかったのかな。
街がどうこのビジネスに荷担しているか描いて、主人公が全て買い取ってシステムを変えるぐらいのことしたっていいんじゃないか?
国ごと買えるって言ってたし。
殺され方も生ぬるい。怖くない。
わざわざこんな映画見るんだから、もっとエグくて残虐じゃないと見る価値がない。物足りない。

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

ホステル2 ネタバレ

投稿日:2018/10/24 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 前作同様、スロバキアを旅行に来たアメリカ人たちが富裕層たちのオークションにかけられて、拷問される話。

 今回は拷問クラブに入会してオークションをして、実際に現場に行くまでを変態側の目線も入るのが面白かったです。主人公が前作では男性だったのが、今回は女性になっていて、クライマックスの反撃のカタルシスは最高でした。

 ただ90分の映画で拷問されるまでが映画の半分以上経たないと起こらないため、中盤までは結構退屈な時間が過ぎました。前作とそこらへんは同じなのが残念でした。

 とはいえ、スラッシャー映画とミステリー映画の要素が加わって、90分楽しい映画でした。
 

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

金持ち喧嘩せず ネタバレ

投稿日:2008/03/04 レビュアー:trygun

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

人をモノとしか扱えない人しかでてきません。
主人公も友人も悪人も子供も。
実際に人は、容姿、肩書き、お金などでしか判断、区別しないし、そういう人しかいないのでないでしょうか?
愛は性欲を、出世は名誉欲を、友情はさびしさを紛らわせるためのごまかししかすぎず、結局は人の本質に触れない事が多いのではないでしょうか?

1番の善人が、実はダンスを誘った醜男で、彼も結局は主人公を助けませんでした。
人間の本質に迫っている点で、恐怖映画というより、道徳映画みたいな気がして、1作目よりは楽しめませんでした。まあ標準以上の出来ではありましたが。

世の中、人を殺しても罪に問われない人、実在します。
お金があればそういう人から身を守れますが、ないと殺されます。薬剤肝炎やイージス艦の事故も死んでしまった人は救われず、ロス疑惑の人みたいに限りなくクロでもシャバで生活しています。人権や命の重さは平等と思われますが、命の値段は実際には違います。この映画で改めて痛感しました。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

大人になっても知らない人にはついて行ってはいけません

投稿日:2008/04/27 レビュアー:totoro

 残酷この上ないと、初めてこのタイプの映画を観る私は思いました。
でも、一般常識を訴える内容でもあるかなとも思います。
富豪の娘が最後に自分の命と交換に財産を投げ打つが、あの状態からすると全財産をなくしたのだろうなとも思う。
 そんな色々な場面から「甘い言葉と暗い夜道に気をつけなせい」の教訓を得ました。
そして「友達は選ぶ」こと。そんな事を考えながら観ると結構、教育映画かな…て思うのは私だけ?

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全116件

ホステル2

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:116件

秘密組織のシステムが明らかに

投稿日

2008/11/24

レビュアー

ナナメ歩き

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

えー前作の続きなんですが、今回は女性グループのエステ旅です
前作の生き残りはゴミのようにあっさり死にます、そしてホステルの秘密も少し明かされます

売りの人体破壊シーンだが、前作よりは人間の醜悪さとアイデンティティーを少しは感じるが、同じ趣向は使えないので、こんなものだろう

一度観たら充分な作品なので、前作を好きな人意外は観なくてもよい

生首サッカーは笑った、子供達が一番怖いのはサラッと流しましょう。

物足りない

投稿日

2008/04/05

レビュアー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

前作は、何か恐ろしいことが街ぐるみで起こってて命がヤバイという主人公と同じ視点で見れたから、訳が分からない分スリリングだったしサスペンス色もあったが、第2作となると物語の背景が観客にバレているのだから、他の味付けが必要だ。
残念ながら失敗だと思う。
今回の主人公達はオークションにかけられ、ビジネスライクに金で動くシステムだと分かる。
そしてあまり必然性のない場面で主人公に莫大な遺産があることが語られる。・・・展開バレバレじゃん。
ラストも不満だ。あれじゃあただの殺人じゃないか。
オークションにかけて最悪な殺され方をすべきだ。

もうちょっと上手い脚本が書けなかったのかな。
街がどうこのビジネスに荷担しているか描いて、主人公が全て買い取ってシステムを変えるぐらいのことしたっていいんじゃないか?
国ごと買えるって言ってたし。
殺され方も生ぬるい。怖くない。
わざわざこんな映画見るんだから、もっとエグくて残虐じゃないと見る価値がない。物足りない。

ホステル2

投稿日

2018/10/24

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 前作同様、スロバキアを旅行に来たアメリカ人たちが富裕層たちのオークションにかけられて、拷問される話。

 今回は拷問クラブに入会してオークションをして、実際に現場に行くまでを変態側の目線も入るのが面白かったです。主人公が前作では男性だったのが、今回は女性になっていて、クライマックスの反撃のカタルシスは最高でした。

 ただ90分の映画で拷問されるまでが映画の半分以上経たないと起こらないため、中盤までは結構退屈な時間が過ぎました。前作とそこらへんは同じなのが残念でした。

 とはいえ、スラッシャー映画とミステリー映画の要素が加わって、90分楽しい映画でした。
 

金持ち喧嘩せず

投稿日

2008/03/04

レビュアー

trygun

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

人をモノとしか扱えない人しかでてきません。
主人公も友人も悪人も子供も。
実際に人は、容姿、肩書き、お金などでしか判断、区別しないし、そういう人しかいないのでないでしょうか?
愛は性欲を、出世は名誉欲を、友情はさびしさを紛らわせるためのごまかししかすぎず、結局は人の本質に触れない事が多いのではないでしょうか?

1番の善人が、実はダンスを誘った醜男で、彼も結局は主人公を助けませんでした。
人間の本質に迫っている点で、恐怖映画というより、道徳映画みたいな気がして、1作目よりは楽しめませんでした。まあ標準以上の出来ではありましたが。

世の中、人を殺しても罪に問われない人、実在します。
お金があればそういう人から身を守れますが、ないと殺されます。薬剤肝炎やイージス艦の事故も死んでしまった人は救われず、ロス疑惑の人みたいに限りなくクロでもシャバで生活しています。人権や命の重さは平等と思われますが、命の値段は実際には違います。この映画で改めて痛感しました。

大人になっても知らない人にはついて行ってはいけません

投稿日

2008/04/27

レビュアー

totoro

 残酷この上ないと、初めてこのタイプの映画を観る私は思いました。
でも、一般常識を訴える内容でもあるかなとも思います。
富豪の娘が最後に自分の命と交換に財産を投げ打つが、あの状態からすると全財産をなくしたのだろうなとも思う。
 そんな色々な場面から「甘い言葉と暗い夜道に気をつけなせい」の教訓を得ました。
そして「友達は選ぶ」こと。そんな事を考えながら観ると結構、教育映画かな…て思うのは私だけ?

6〜 10件 / 全116件

同シリーズ作品を借りる