秒速5センチメートル

秒速5センチメートルの画像・ジャケット写真
秒速5センチメートル / 水橋研二
全体の平均評価点:
(5点満点)

130

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「秒速5センチメートル」 の解説・あらすじ・ストーリー

 小学校の卒業と同時に離ればなれになった遠野貴樹と篠原明里。二人だけの間に存在していた特別な想いをよそに、時だけが過ぎていった。そんなある日、大雪の降るなか、ついに貴樹は明里に会いに行く…。貴樹と明里の再会の日を描いた「桜花抄」、その後の貴樹を別の人物の視点から描いた「コスモナウト」、そして彼らの魂の彷徨を切り取った表題作「秒速5センチメートル」の3編を収録した連作短編アニメーション。監督は「ほしのこえ」「雲のむこう、約束の場所」の新海誠。ありふれた日常の中で繰り広げられる男女の心の機微を美しい映像でリリカルかつノスタルジックに綴る。

「秒速5センチメートル」 の作品情報

製作年: 2007年
製作国: 日本

「秒速5センチメートル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

監督: 新海誠
出演: 水橋研二近藤好美花村怜美尾上綾華

秒速5センチメートルの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
63分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
APD1215 2007年10月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
403枚 14人 7人

関連作品

ユーザーレビュー:130件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全130件

誰もが共感する記憶に呼びかける作品。ネタバレ

投稿日:2007/12/25 レビュアー:ももち

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

今まで出会った事のない作品でした。

まず、映像がすばらしい。
美しい。
さくらの樹の映像なんて芸術的な美しさです。
ほかにも『アニメだよね?』と思えるほどの細密画(?)がたくさんで不思議な感じでした。

ストーリーも、何だか切なくて甘酸っぱくて、懐かしい感じの・・・、昔は確かに持ってたんだけどいつの間にか無くなっちゃった気持ちとか感覚とか雰囲気とか。。。言葉にするのは難しいけど、今は持ってない何か。。。そんな物を≪自分も持ってた≫という事を思い出させてくれる作品でした。
大人って、年頃の男女が一緒にいるとすぐに≪いやらし〜〜〜〜い考え方≫をするけど、そんなのは一切ありません。

この作品を見ると男の子の方がロマンチストで思い出を大切にするのかな・・・と思いました。
過去にとらわれて身動きが出来なくなっているのは男の子である『遠野くん』。年齢を重ねても過去を引きずりなかなか前に進めない。でもその過去は、とってもきれいで切ない。
反対に女の子は『思い出は思い出』。恋をして大人になり結婚を決めて幸せになって行く。

この作品、旦那と一緒に見たけど、一緒に見た事を激しく後悔しました。普段人のことを散々「現実的で夢がない」と言うくせに、感想や途中で発する言葉はものすごく≪世俗的≫。。。このくらいの年齢に返ってやり直してきやがれ!!・・・って感じですね。
あ〜あ。
大人って。。。ホントに、ねえ。。。

一人でこっそり見れば良かったです。
静かな夜にゆったりとした気持ちで見ることをお勧めします。

ああ、レビューにするとこんな変な伝え方しか出来ないのがとても残念。。。なんか、もっと綺麗で耽美で高尚で、切ないのに・・・(って、何言いたいんだ?私)

とにかく、この作品はいいです!!

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ゆっくりでも・・・縮まらない

投稿日:2009/09/25 レビュアー:野良パンダ

先人があらすじを語ってくれてるようなので、あえて感想だけにします。

前々から気にはなってた作品、単なる甘い恋の話くらいに思ってました。そんな物じゃ無いですね。

「ずっと一緒」だと思ってたが幼い者達には叶わない現実・・・無力さに悲しみ、弊害を打破する力を得る為に早く大人になりたいと願う・・・。離れた心を取り戻そうと、必死にもがき前進しようとするが縮まらない心の距離。

秒速5センチメートルくらいの時の流れでも、過ぎ去った時間と離れた心の距離は大きかった・・・・・


3話の短編を視点を変えて遠野貴樹と篠原明里の二人を描いていく。思春期の壊れそうな感情や無力さ・不安感を1話で。
2話では視点を遠野から同級生へ。遠野が“欲っしてるもの”は手に入らない、同級生が遠野に“欲っしても”手に入らないように・・・虚無感とせつなさだけが残る。だが一歩前へ・・・
3話では、必死に前進し距離を縮めてきたつもりだが・・・
走馬灯のように彼らの過ぎ去りし時間を流していく・・・・・・・


とにかく映像美に驚かされます!これがアニメなのだと。
話的には、これと言った事件や展開などは無いのだが、とにかく映像美と上手い時間の流し方により魅せていきます。
3話目で♪One more time, One more chance♪が流れ一気にラストまでいっちゃいます。もうこの演出鳥肌立ちましたよ!
なんか、こういう持って行き方ってゲームのHAPPYエンディングのような感じに思えました。

私的に思った事ですが、性格的に男は前進してるつもりがもがいてるだけで1つの事を引きずり続けている。女性は単なる前進で無く次なるステージに進んでいるのだろう、だから距離は縮まらないのでしょうね。


非常にすばらしい作品でした!
「アニメなんてw」って思ってる方、是非見て下さい!
やるせなく、せつなく・淡い純愛物ですが、見終わった後何故かスッキリします。
大変オススメ作品です!




このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ちょっとびっくり!こんなアニメがあるんだ。ネタバレ

投稿日:2007/11/25 レビュアー:MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

一時期の勢いのあるころのジブリ作品は本当によかった。
アニメ好きではなくとも十分に楽しめたし、映画として完全に成立してました。
この手のアニメでジブリを超すものはないと思ってましたが。
日本って広いんですね、捨てたもんじゃないです。

いい年した男が見て、惹きこまれていくっていうのはちょっとどうなの!って感じ
もしますが、まさにそんな感じ。絵もさることながら心理描写やセリフがいい。
監督のセンスなのでしょう。出すとこと出さないところのバランスが絶妙。

3話に別れてるんだけど、この構成もGOOD。
とにかく不思議な気持ちにさせてくれる作品、一見の価値は大いにありです。
殺伐した映画や嘘や騙しあいみたいな映画もいいけど、これもいいです。
直前に観た映画が「300」だからなおさら思うのかも(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

新海監督の作品を続けてレビューします。

投稿日:2015/03/20 レビュアー:oyoyo


映像が素晴らしい。
透明感のある映像を観るだけでも価値はある。
映像が語りかけてくるような不思議な感じ。
また、ラストの歌の使い方もいい。

観終わったあと、切なくなりますが、
気持ちのいい切なさです。

遠距離恋愛をした経験がある方は感情移入もできるでしょう。
でも逆に言えば、経験が無い人は感情移入しずらいかも?

僕は似たような経験があるので、懐かしさで胸を締め付けられるようでした。

80点

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

くそのようなネタバレ

投稿日:2008/02/14 レビュアー:ぷーてぃうぃ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 この作品の見方はふたつあって、真っ当なアニメーションとして見る方法と、既存のオタクコードにのっとって見る場合です。このアニメのすごいところは、どっち側から見てもどこかはみでてしまうことです。

 新海さんのアニメは前作でも、前々作でも、相変わらず同じことが描かれています。それは、孤独です。誰かがすぐそばにいるのに、その人はぜんぜん違う遠くを見ている。あるいは、昔の思い出は帰ってこない。
『ほしのこえ』でも『雲のむこう、約束の場所』では、村上春樹さんの著作(僕が確認できただけで『アフター・ダーク』と『海辺のカフカ』)をだしています。そして今回はカポーティの『草の竪琴』が作中にでてきました。
「おまえ趣味がばればれだろ」とつっこんではいけません。「何故『夜の樹』とかではなく『草の竪琴』?」などとつっこんではいけません。春樹さんに影響を受けようが、カポーティに影響を受けようが、それは本人の自由なのです。
 たとえば、第一話(連作短編アニメ、全三話です)で、何故携帯ではなく手紙でやりとりしているか、あるいは公衆電話でやりとりしているか、それはたぶん村上春樹さんの影響だと言っていいでしょう。


 僕が言いたいのは、新海さんのアニメははっきりいってへたくそなのですが(鳥が飛んでいるシーンは全部消したほうがいいです)、それでも圧倒的な個性を持っているということです。
『ほしのこえ』はいわゆる「セカイ系」の代表作となっていますが、では、何故こうも主人公たちがセカイに結びついてしまうのでしょうか。
 それは、おそらく新海さんが「世界」を描こうとしているからなのだと思います。実際、このアニメでなされている風景描写の時間は異常なほどに多いのです。この風景の美しさは見事です。
 たぶん、アニメーションにおける風景の美しさがもっとも示されたアニメとして『となりのトトロ』があります(どうでもよいですが、このDVDをレンタルしたら『ミヨリの森』のCMがはいっていました。『トトロ』のあとでこんな作品をつくるなんて、なんて勇気のある監督だろうと思いました)。
 新海さんの作品は、こういう意味で今日的なトトロなのです。新海さんが書こうとしているのは、人間でしょうか、風景でしょうか。美しい風景は人間の孤独の心を彩るためでしょうか、それとも人間の孤独の心が風景を彩るのでしょうか。
 たぶん、この人はひどく歪な描きかたをしているのです。あまりに世界を美しく書きすぎるがゆえに孤独は際だち、世界は詩的に彩られます。極めて不思議な作品です。

 この作品では、風景描写にあわせて主人公やヒロインが台詞をしゃべったり、ナレーションをいれます。その語りは、ときに風景の説明だったり、主人公の心情だったりするわけです。それは狙ってやっているのだと思われますが、まるで小説の一節のようです。しかし、それは一種の映像への冒涜なわけです。これはアニメなのですから、視聴者に映像だけで楽しんでもらわなければならないはずです。その映像をいちいち説明してしまうなんて、なんたることでしょうか。
 ただ、論理的にはそうなるのですが、実際見てみるとそうではないのです。村上春樹さんの出来損ないのような文章も、映像のあまりの甘さと声優の上手さとあいまってそれほど鼻につきません。
 この人は、たぶん、天然でこういうことをやっちゃっているのだと思います。天然で、「映画のなかに小説を挿入しようとしている」のでしょう。
 僕はこれだけで、この映画は見る価値があると思うのです。

 全三話ですが、たぶん、このアニメの一、二話にはそれほどの価値はありません。問題は三話です。唐突に山崎まさよしさんの歌がフルに流れて終わりを迎えるわけなのですが、そこからの展開が非常にすばらしいのです。一、二話は音楽の質、使いかた両方があまりにもだめすぎていやだったのですが、三話だけはすこぶるよくできています。そして、僕はこう思ったのです。
「なんだよ。ナレーションをいれないでも、話をわからせることができるじゃないか。はじめからそうやってやっていればいいんだ。この人は、本当に天然だなあ」

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全130件

秒速5センチメートル

月額課金で借りる

都度課金で借りる