ラッキーナンバー7の画像・ジャケット写真

ラッキーナンバー7 / ジョシュ・ハートネット

全体の平均評価点: (5点満点)

278

ラッキーナンバー7 /ポール・マクギガン

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「ラッキーナンバー7」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

二転三転する巧みなストーリー展開と豪華キャストの共演で贈るスタイリッシュ・クライム・アクション。不運続きの主人公が対立するギャングの抗争に巻き込まれていくさまをユーモアを織り交ぜテンポ良く綴ってゆく。不運続きの青年スレヴンは、友人ニックを頼ってニューヨークへとやって来た。しかしニックは不在で、彼をニックだと思い込んだギャングによって拉致され、親玉“ボス”の前に引き出される。そして借金の返済を迫られたスレヴンは、それを帳消しにする条件として、敵対するギャングの親玉“ラビ”の同性愛の息子を殺害することを強要されてしまう…。

「ラッキーナンバー7」 の作品情報

作品情報

製作年:

2006年

製作国:

アメリカ

原題:

LUCKY NUMBER SLEVIN

「ラッキーナンバー7」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

210,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

34バレット

PUSH 光と闇の能力者

サバイバー

アミスタッド

デンジャラス・ガイズ

ユーザーレビュー:278件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全278件

今回、意識気して全くレビューを読まないで作品を観ました

投稿日:2007/06/24 レビュアー:オタエドン

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

観賞中は面白かったけど ネタバレ

投稿日:2007/07/30 レビュアー:ハット

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

原題はラッキーナンバースレヴン。SLEVINであって「7(SEVEN)」じゃないじゃん。
それはともかく、観賞中はずっと面白いと感じながら観てました。何より映像センスがスタイリッシュで好みに合ってましたね〜。シチュエーションの演出やセリフ回しも上手い。後半の急展開には、ええっどうなっちゃうの?って感じで引き込まれましたもん。
でも、最後まで見終わって、かなり消化不良でしたね〜。
最初に首を折られて殺されるニック・フィッシャー。いくらクズだと言っても、死体が1つ必要だからって無関係の人間を殺すスレヴン達に共感できないなあ。悪徳のみ屋とかも、帳簿を手に入れるために殺しまくるし。スレヴンたちの方が殺人狂の見える。まあ、相手はギャングだから、皆殺しにしても観客は賛同すると思ってるのかな。だとしたら、ギャングの描写をもっともっと極悪非道にしてくれないと。モーガン・フリーマンもベン・キングスレーも、ちょっと気難しいオッサンにしか見えないもん。手下も天然入っていて面白かったし。でも、皆殺し。
それと、なぜグッドキャットはスレヴンの復讐に手を貸したのだろう。子供の時のスレヴンを殺せなかったというのは分かる。でも、それがあれほどまで密接に復讐の片棒を担ぐようになった心情変化が理解できないなあ。あんなに冷徹な殺し屋が、こんなにも情に流されるもんかな。基本的には自分と無関係な事だから、せいぜいスレヴンに殺しのテクニックを教えるのが関の山のように思う。
ギャングの息子との接触も簡単すぎる。息子がいくらゲイだからって、ああも無警戒に知らない人間を迎え入れるのは不自然でしょう。自分が命を狙われてるのを知ってるのに。でも、接触させないとストーリーが先に進まないしね。そういう所がヘンに安易。
こういうドンデン返しのドラマは、納得感が得られないとチョットつらいなあ。見終わった後に、納得いかない部分をムリヤリ脳内補完しようとしてモンモンとしちゃうから。
でも、観ている間は楽しませてもらいました。

独偏満足度 75%

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

貧乏白人と金貸しユダヤ人と黒人のお話

投稿日:2007/07/23 レビュアー:カプチーノ

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

クライム・アクションではかなり上位に!! ネタバレ

投稿日:2007/07/01 レビュアー:MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

元々、原題を確認してから見るタチなので、「7」ではなく「SLEVIN」ということは
認識して観たんだけど、最後まで気づきませんでした。
変わった名前だなぁ、どこの出身なんだろう。。。ぐらいでした。
ちなみにこの邦題は頂けないですね、好意的に解釈している人もいるかもしれ
ませんが、原題がそうなのだから、スレヴンとタイトルの映画として観るべきなの
は明らか。別の意味でそらそうとしているのと、日本人好みにしたとしか思えない
けど、明らかにやってはいけないことでしょう。

さて、復讐の為に仕組まれた一連の話だけど、最初は確かにわかりませんでした。
冒頭の2つのシーン。一家皆殺しと、暗殺シーン。意味があることはわかるけど
話が進んでいくので考えている暇はないし、なかなか繋がらない。
忘れかけた頃に、ポツリポツリと繋がり始めるところが絶妙です。
一番のキーポイントはジョシュ・ハートネット演じるスレブンの秘密組織に接した時
の態度ですかね。それまでの話では、情けない不運な男だったけど、おどおどした
ところはないし、軽口はたたくし。。。一体何者だ?ってにおいがプンプンしました。

いろんなことが繋がりだしてからは、もう釘付けでしたね。
スレブンは顔つきまで変わって、すっかり殺し屋の顔に。役者ですねー凄いと思い
ました。エンディングでルーシー・リューが実は生きていてハッピーエンド!みたい
なシーンになったときに、実は興ざめしそうに。。。こういう終わりかた嫌いなので。
ところが、もうひとひねりがあって締めもよし!ですね。
しかもこのエンディング、人によって解釈が様々でしょうね。
私はこう考えます。。。
グッドキャット程の殺し屋が、甘えたセリフの教え子を許すんだけど、彼は子供な
子供ながらに自分と同じ眼を見て、助けてしまったのではなかろうか。
その眼が消えたのを悟ったんじゃないだろうか。その眼が優しさを取り戻したのを。
また人を愛することが出来た彼を。
スレヴンは殺し屋になったのではなく、家族の復讐をしたかっただけだから。
更には、グッドキャットは最初から彼女が死んでいないことを知っていたのかもし
れない。でなければ、あそこに来るはずがないもんな。

主役のジョシュ・ハートネットはもちろんビッグネームではあるものの、他の有名
俳優陣とはどこか違った雰囲気があり、ハリウッドでも貴重な存在だと思う。
近年の出演作「ブラック・ダリア」、「モーツァルトとくじら」は最たるものだろうな。
個人的にはブラックホークダウンのジョシュ・ハートネットが好きですけど。
ブラックホークダウンといえば、ヘリから落ちた兵士がいたけど、いまやビッグス
ターになったオーランド・ブルームでしたよね、確か。

話が横道にそれたところで今回のレビューはここまで(笑)

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

見事すぎる! ネタバレ

投稿日:2007/05/25 レビュアー:エファ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

久しぶりにヒットです!テンポの良さ、俳優陣、伏線の活かし方、脚本のまとまり方、どれを取っても素晴らしいものでした。
1つ言わせてもらえば、なぜ『ラッキーナンバー7』に邦題を替えてしまったのかが不思議です。原題の『ラッキー・ナンバー・スレヴィン』だからこそ生きてくる内容なのに・・・。

この不運なスレヴィンにジョシュ・ハートネット。知らなかった・・・男前なのね♪ギャランドゥはいただけないが、なかなかの好演でした。
そしてボス2人にモーガン・フリーマンとベン・キングスレー。意外にも可愛いキャラだったリンジーにルーシー・リュー。
そして殺し屋にはブルース・ウィリス!ちょっと豪華すぎませんか?本気ですよ、この作品は。

イントロダクションを読んで、ちょっとしたコメディと感じませんでしたか?実は、ぜんぜん違うんですよ。結構本格的なサスペンスです。
しかも伏線の張り方が巧妙で、あまり詳しくは言えませんがオープニングの5分は気を抜かずに見ていて欲しいところです。

ほとんどムダなシーンはないと思ってくれていいです。回想シーンや何やらと、時間差シーンで散りばめられたところが多いのですが、後になって全てつながります!見終わった後、もう1度見たくなりますよ。
銃を持ったブルース・ウィリスは、なんて渋いんでしょう。余談ですが、また少しロン毛のウィリスが見れますよ(笑)

監督はポール・マクギガン。申し訳ないけど、この監督は知りませんでした。でも、なんてスタイリッシュな撮り方をするのでしょうか。
この映画が代表作になったんじゃないかしら?


かなりお勧めです♪

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全278件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:278件

今回、意識気して全くレビューを読まないで作品を観ました

投稿日

2007/06/24

レビュアー

オタエドン

観賞中は面白かったけど

投稿日

2007/07/30

レビュアー

ハット

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

原題はラッキーナンバースレヴン。SLEVINであって「7(SEVEN)」じゃないじゃん。
それはともかく、観賞中はずっと面白いと感じながら観てました。何より映像センスがスタイリッシュで好みに合ってましたね〜。シチュエーションの演出やセリフ回しも上手い。後半の急展開には、ええっどうなっちゃうの?って感じで引き込まれましたもん。
でも、最後まで見終わって、かなり消化不良でしたね〜。
最初に首を折られて殺されるニック・フィッシャー。いくらクズだと言っても、死体が1つ必要だからって無関係の人間を殺すスレヴン達に共感できないなあ。悪徳のみ屋とかも、帳簿を手に入れるために殺しまくるし。スレヴンたちの方が殺人狂の見える。まあ、相手はギャングだから、皆殺しにしても観客は賛同すると思ってるのかな。だとしたら、ギャングの描写をもっともっと極悪非道にしてくれないと。モーガン・フリーマンもベン・キングスレーも、ちょっと気難しいオッサンにしか見えないもん。手下も天然入っていて面白かったし。でも、皆殺し。
それと、なぜグッドキャットはスレヴンの復讐に手を貸したのだろう。子供の時のスレヴンを殺せなかったというのは分かる。でも、それがあれほどまで密接に復讐の片棒を担ぐようになった心情変化が理解できないなあ。あんなに冷徹な殺し屋が、こんなにも情に流されるもんかな。基本的には自分と無関係な事だから、せいぜいスレヴンに殺しのテクニックを教えるのが関の山のように思う。
ギャングの息子との接触も簡単すぎる。息子がいくらゲイだからって、ああも無警戒に知らない人間を迎え入れるのは不自然でしょう。自分が命を狙われてるのを知ってるのに。でも、接触させないとストーリーが先に進まないしね。そういう所がヘンに安易。
こういうドンデン返しのドラマは、納得感が得られないとチョットつらいなあ。見終わった後に、納得いかない部分をムリヤリ脳内補完しようとしてモンモンとしちゃうから。
でも、観ている間は楽しませてもらいました。

独偏満足度 75%

貧乏白人と金貸しユダヤ人と黒人のお話

投稿日

2007/07/23

レビュアー

カプチーノ

クライム・アクションではかなり上位に!!

投稿日

2007/07/01

レビュアー

MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

元々、原題を確認してから見るタチなので、「7」ではなく「SLEVIN」ということは
認識して観たんだけど、最後まで気づきませんでした。
変わった名前だなぁ、どこの出身なんだろう。。。ぐらいでした。
ちなみにこの邦題は頂けないですね、好意的に解釈している人もいるかもしれ
ませんが、原題がそうなのだから、スレヴンとタイトルの映画として観るべきなの
は明らか。別の意味でそらそうとしているのと、日本人好みにしたとしか思えない
けど、明らかにやってはいけないことでしょう。

さて、復讐の為に仕組まれた一連の話だけど、最初は確かにわかりませんでした。
冒頭の2つのシーン。一家皆殺しと、暗殺シーン。意味があることはわかるけど
話が進んでいくので考えている暇はないし、なかなか繋がらない。
忘れかけた頃に、ポツリポツリと繋がり始めるところが絶妙です。
一番のキーポイントはジョシュ・ハートネット演じるスレブンの秘密組織に接した時
の態度ですかね。それまでの話では、情けない不運な男だったけど、おどおどした
ところはないし、軽口はたたくし。。。一体何者だ?ってにおいがプンプンしました。

いろんなことが繋がりだしてからは、もう釘付けでしたね。
スレブンは顔つきまで変わって、すっかり殺し屋の顔に。役者ですねー凄いと思い
ました。エンディングでルーシー・リューが実は生きていてハッピーエンド!みたい
なシーンになったときに、実は興ざめしそうに。。。こういう終わりかた嫌いなので。
ところが、もうひとひねりがあって締めもよし!ですね。
しかもこのエンディング、人によって解釈が様々でしょうね。
私はこう考えます。。。
グッドキャット程の殺し屋が、甘えたセリフの教え子を許すんだけど、彼は子供な
子供ながらに自分と同じ眼を見て、助けてしまったのではなかろうか。
その眼が消えたのを悟ったんじゃないだろうか。その眼が優しさを取り戻したのを。
また人を愛することが出来た彼を。
スレヴンは殺し屋になったのではなく、家族の復讐をしたかっただけだから。
更には、グッドキャットは最初から彼女が死んでいないことを知っていたのかもし
れない。でなければ、あそこに来るはずがないもんな。

主役のジョシュ・ハートネットはもちろんビッグネームではあるものの、他の有名
俳優陣とはどこか違った雰囲気があり、ハリウッドでも貴重な存在だと思う。
近年の出演作「ブラック・ダリア」、「モーツァルトとくじら」は最たるものだろうな。
個人的にはブラックホークダウンのジョシュ・ハートネットが好きですけど。
ブラックホークダウンといえば、ヘリから落ちた兵士がいたけど、いまやビッグス
ターになったオーランド・ブルームでしたよね、確か。

話が横道にそれたところで今回のレビューはここまで(笑)

見事すぎる!

投稿日

2007/05/25

レビュアー

エファ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

久しぶりにヒットです!テンポの良さ、俳優陣、伏線の活かし方、脚本のまとまり方、どれを取っても素晴らしいものでした。
1つ言わせてもらえば、なぜ『ラッキーナンバー7』に邦題を替えてしまったのかが不思議です。原題の『ラッキー・ナンバー・スレヴィン』だからこそ生きてくる内容なのに・・・。

この不運なスレヴィンにジョシュ・ハートネット。知らなかった・・・男前なのね♪ギャランドゥはいただけないが、なかなかの好演でした。
そしてボス2人にモーガン・フリーマンとベン・キングスレー。意外にも可愛いキャラだったリンジーにルーシー・リュー。
そして殺し屋にはブルース・ウィリス!ちょっと豪華すぎませんか?本気ですよ、この作品は。

イントロダクションを読んで、ちょっとしたコメディと感じませんでしたか?実は、ぜんぜん違うんですよ。結構本格的なサスペンスです。
しかも伏線の張り方が巧妙で、あまり詳しくは言えませんがオープニングの5分は気を抜かずに見ていて欲しいところです。

ほとんどムダなシーンはないと思ってくれていいです。回想シーンや何やらと、時間差シーンで散りばめられたところが多いのですが、後になって全てつながります!見終わった後、もう1度見たくなりますよ。
銃を持ったブルース・ウィリスは、なんて渋いんでしょう。余談ですが、また少しロン毛のウィリスが見れますよ(笑)

監督はポール・マクギガン。申し訳ないけど、この監督は知りませんでした。でも、なんてスタイリッシュな撮り方をするのでしょうか。
この映画が代表作になったんじゃないかしら?


かなりお勧めです♪

6〜 10件 / 全278件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

ラッキーナンバー7