男はソレを我慢できない

男はソレを我慢できないの画像・ジャケット写真

男はソレを我慢できない / 竹中直人

全体の平均評価点:(5点満点)

22

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「男はソレを我慢できない」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

 「男はつらいよ」のフォーマットを下敷きに、サブカルチャーのメッカ“下北沢”を舞台に繰り広げるおバカでエッチなハイテンション人情喜劇。主演は竹中直人、共演に鈴木京香。監督はこれが長編デビューの信藤三雄。7年ぶりに下北沢の実家“饅頭屋うさや”に帰ってきた“DJタイガー”。以来、幼なじみのマドンナ、さつきが切り盛りする和風喫茶に入り浸りの日々。そんなある日、下北沢の街に巨大ソープランド建設計画が持ち上がる。さつきから“シモキタを守って”と懇願され、DJタイガーはソープランド建設阻止に立ち上がるのだったが…。

「男はソレを我慢できない」 の作品情報

作品情報

製作年: 2006年
製作国: 日本

「男はソレを我慢できない」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

赦免花

怪談新耳袋−ふたりぼっち編−

プリズナー

完売地下劇場 REVENGE Basement 9

ユーザーレビュー:22件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全22件

「あ〜、笑った!」

投稿日:2007/05/14 レビュアー:

時には「ばっかばかしいなぁ〜」と思いつつも、そうとう笑わせていただきましたよ。
基本的には下町・人情コメディーなのですが、イントロダクションで「“男はつらいよ”を下敷きにしている」とはあるものの、オマージュ的な映画では一切ありません。
豪華出演陣を起用しているのに、「THE 有頂天ホテル」のような真剣に真面目に作られたコメディーではなく、ポップでコミカルなとても軽くてなんとも心地が良いユルいタッチの作風です。

都市開発の波にいよいよ飲み込まれそうになっている下北沢を映像アーカイブとして後世に残したいというコンセプトの上で作られた作品だそうですが、確かに、下町の風景もさることながら、そこで生まれた独特の文化も、垣間見れた気になりました。



このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

笑いました

投稿日:2007/09/19 レビュアー:ぴよち

大森南朋目当てで見たんですが、
しかも晩ご飯作りながら、ビール飲みながらみたんですが、
(そのせいか?)笑えました。
ばかばかしいのがたまらなく笑えました。

今度はしらふで見てみようと思います。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

期待してたからガッカリしちゃった。

投稿日:2011/07/08 レビュアー:T♪

映画の予告編とか、主題歌がスチャダラだったり、出演者もおもしろそうだから期待してました。
そしたら、ドタバタなだけで、そのドタバタも現代と下北を意識しすぎて今ひとつ。
ノリが緩いので、お酒を飲みながら観た方が楽しめる映画なのかもしれない。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

投稿日:2009/12/21 レビュアー:さむらい

 たしかに男にとって「我慢できない」ことばかりのネタでした

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

竹中直人だしね

投稿日:2009/09/06 レビュアー:ネルミミ

竹中直人だしね、
私にとっては面白い。

ただ、期待して見るのはNG。
ひとりでへらへら笑ってリラックスするための映像。

下北を知っている人なら尚面白い。

美しくはない。


気合いを取り払って見れば、腹筋が少々緩む。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全22件

男はソレを我慢できない

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:22件

「あ〜、笑った!」

投稿日

2007/05/14

レビュアー

時には「ばっかばかしいなぁ〜」と思いつつも、そうとう笑わせていただきましたよ。
基本的には下町・人情コメディーなのですが、イントロダクションで「“男はつらいよ”を下敷きにしている」とはあるものの、オマージュ的な映画では一切ありません。
豪華出演陣を起用しているのに、「THE 有頂天ホテル」のような真剣に真面目に作られたコメディーではなく、ポップでコミカルなとても軽くてなんとも心地が良いユルいタッチの作風です。

都市開発の波にいよいよ飲み込まれそうになっている下北沢を映像アーカイブとして後世に残したいというコンセプトの上で作られた作品だそうですが、確かに、下町の風景もさることながら、そこで生まれた独特の文化も、垣間見れた気になりました。



笑いました

投稿日

2007/09/19

レビュアー

ぴよち

大森南朋目当てで見たんですが、
しかも晩ご飯作りながら、ビール飲みながらみたんですが、
(そのせいか?)笑えました。
ばかばかしいのがたまらなく笑えました。

今度はしらふで見てみようと思います。

期待してたからガッカリしちゃった。

投稿日

2011/07/08

レビュアー

T♪

映画の予告編とか、主題歌がスチャダラだったり、出演者もおもしろそうだから期待してました。
そしたら、ドタバタなだけで、そのドタバタも現代と下北を意識しすぎて今ひとつ。
ノリが緩いので、お酒を飲みながら観た方が楽しめる映画なのかもしれない。

投稿日

2009/12/21

レビュアー

さむらい

 たしかに男にとって「我慢できない」ことばかりのネタでした

竹中直人だしね

投稿日

2009/09/06

レビュアー

ネルミミ

竹中直人だしね、
私にとっては面白い。

ただ、期待して見るのはNG。
ひとりでへらへら笑ってリラックスするための映像。

下北を知っている人なら尚面白い。

美しくはない。


気合いを取り払って見れば、腹筋が少々緩む。

6〜 10件 / 全22件