アメリカン・ドリームズ

アメリカン・ドリームズの画像・ジャケット写真
アメリカン・ドリームズ / ヒュー・グラント
全体の平均評価点:
(5点満点)

59

  • DVD
ジャンル:

「アメリカン・ドリームズ」 の解説・あらすじ・ストーリー

 「アバウト・ア・ボーイ」のポール・ワイツ監督、ヒュー・グラント主演で贈るブラック・コメディ。アメリカの高視聴率番組“アメリカン・アイドル”を下敷きに、現実のアメリカが抱える諸問題が皮肉いっぱいに描かれる。辛くも再選を果たした合衆国大統領はめずらしく新聞を読んだばかりに、神経衰弱に。見かねた首席補佐官は、人気番組“アメリカン・ドリームズ”に大統領をゲスト審査員として出演させることを思いつく。一方、当の番組では、視聴率が全ての冷徹な司会者マーティンによってかつてない個性的な出場者が集められていたのだが…。

「アメリカン・ドリームズ」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: アメリカ
原題: AMERICAN DREAMZ

「アメリカン・ドリームズ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

アメリカン・ドリームズの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
107分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/タイ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
UNRD44531 2006年11月30日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
9枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:59件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全59件

個性派キャラの競演を楽しんでください

投稿日:2007/03/21 レビュアー:みみ

 『アバウト・ア・ボーイ』のコンビということで、日本上陸を心待ちにしていた本作!予想に反して劇場未公開だったけど。
 内容がかなりブラックと聞いていたので、かなり気構えして観始めましたが、私は思ったほどブラックには感じませんでした。アメリカの自虐ネタ?という感じでしょうか。
 でも大統領もテロリストも本当にこんなトボけた人々だったら、世界は平和ですね。

 それにしてもキャストがそれぞれいい味出してます。
 ヒュー・グラントのこういうイヤミな役も堂に入ってきたし、オマール役サム・ゴルザーリ君の赤ら顔は超キュート!
 デニス・クエイドは離婚以降、突き抜けた感があります。マンディ・ムーアのビッチぶりもよかったし、ウィレム・デフォーの安定感といったら。。この人はどの作品でもどんな役でもしっかり存在感があって映画のスパイスみたいな人ですよね。
 そして陰ながら応援してるクリス・クライン。相変わらずバカがつくほどの好青年ぶり発揮で大満足!
 爽快感はおろか、笑いも毒も過度に期待せずに観るのがいいかも。個性派競演を見るだけで十分楽しめます。『アメリカン・パイ』シリーズも大好きな私は、この監督自体がツボにハマッてるのかな。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

落としどころが。。。。。

投稿日:2007/02/20 レビュアー:武蔵野婦人

ブラックもブラック。真っ黒けのブラックコメディです。

うーん。
これは、もとのTV番組をよく知っていたり、いろんな映画の風刺の部分がわかると、もうちょっと楽しみが増えるような気がするのですが、私はもとの番組がよくわかっていないので、面白さが少し半減かも。
というか、この監督さん、嫌いではないのですが、ここまでブラックに風刺ものをやろうと考えると、ちょい毛色が違いすぎりんじゃないでしょうかね。

このブラックさをいい感じに落としどころをつけるには、もうちょっとひねった知性が必要だと思います。そこの部分が、ちょっと毛色の違う製作サイドの個性で処理されているため、単に趣味の悪いどたばたコメディになっちゃっているなあ、と。

ま、この程度にシンプルでわかりやすい「ブラックなんですよー!」と看板背負ってるような内容のほうが、世の中には受けるのかもしれませんが。うん、アメリカでは受けるんだろうなあ、この単純馬鹿みたいなブラックネタ。


とにかく、わかりやすすぎて私はげんなり。
こういうのはブラックとはいいません。
悪趣味っていうんですわ。

ヒュー・グラント見たさにという面もあったのですが、新境地開拓にいたらないまま、最後、あんな風になっちゃいました。合掌。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

クリス・クライン、すごい。。。

投稿日:2006/12/04 レビュアー:KEE

なんだこの映画。
最後、俄然面白くなります。えええ!!!こんなのあり?みたいな。
最初は、カラオケ大会を描いた「デュエット」に似た感じかと思った。

「アメリカンアイドル」を結構はまってみていた私としては大変興味あるテーマ。

ところどころ笑えるところはあっても、まあ大爆笑はない感じで進んでいきます。

最後15分くらいは私は、かなり笑った。
これは好き嫌いわかれますね、コレを笑えるかどうか。

Mandy Mooreがちょっと太った??とおもってみてたけど、結構いけます。
さすがに歌は上手い。

ヒューは老けたね〜。

Dennis Quaidがいつもと違う気弱な大統領で、 Willem Dafoe がハゲのづらをかぶって熱演。

アラブのファミリーがスゴイ。
大富豪なんだけど、みんな笑える。またここでも、24にでていた
Shohreh Aghdashloo が!
金髪になっても話し方ですぐわかる。

すごいおススメはしません。

機会があったらどうぞ。


このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

あっさりし過ぎで残念

投稿日:2009/02/20 レビュアー:hitomi

激辛ブラック・コメディって内容だったので借りたんだけど、実際はそんなに激辛な内容じゃなかった気がする。。
あたしとしてはもっとブラックなのを観たかったんだけどなぁ。。。
つーか、単にコメディとしてもどうなのかなぁ?って感じもしなくもない気が・・・。
それとも吹き替えで観たから台詞がだいぶ変わってるのか?!

ま、吹き替えで観た感想としては、全体的にあっさりし過ぎ?な出来にちょっとガッカリ。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

『マンディ・ムーア狙い』だったら、この映画は観なくていいです

投稿日:2008/07/18 レビュアー:bokensdorf

あなたがこの映画を観てみようかなと思った理由は何ですか。

もしそれが私と同じ『マンディ・ムーア狙い』だったら、この映画は観なくていいです。
更にあなたがもし「ウォーク・トゥ・リメンバー(2002)」を既に観ていて、それでマンディ・ムーアが気に入ったのなら、この映画は観るべきではありません。

歌が上手ければ、可愛くなくたって私はかまいません。だいたい、本当に歌が上手い歌手は美人が少ない。アメリカ人でいま全ジャンルでもっとも歌が上手いのは私はリアン・ライムスだと思うが、美人じゃない。中にはフェイス・ヒルみたいにスーパーモデル級の美人で歌った歌がアカデミー賞ノミネートされるような人もいるが、そんな人はアメリカで彼女一人しかいない。マンディ・ムーアも、美人じゃない、暗い、歌が上手い、の三点セットだったからウォーク・トゥ・リメンバーが名作になったのである。

この映画にあのマンディ・ムーアはいない。アンパンマンのような醜く膨らんだ顔、ずんどうのウエスト、そしてうるさいくらいに明るい。これで最後にステージで歌う歌がオンリー・ホープのような傑作なら救いがあるが、歌詞も適当(この映画の監督が書いている)、メロディーもつまらん、やっつけ仕事の曲でしかない。それまでにかかる音楽がコーラスラインの「One」だったり、野郎どもと女たちの「Luck be a lady」だったり、ラ・マンチャの男の「見果てぬ夢」だったり、「マイウェイ」だったり「グリース」だったり「ザッツエンターテイメント」だったりと、綺羅星のごとく名曲がかかるのに、マンディの歌う歌は差がありすぎる。この子はもう歌手をやめたのかと思うくらいだ。

マンディ・ムーアを観たいのなら、2007年以降の作品にしたほうが良い。不思議なことに、2007年になるとこの子は急に大人の雰囲気を持つ不思議な美人になるのだ。まだ24歳!なのだから、これからも暖かく見守ってやろう。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全59件

アメリカン・ドリームズ

月額課金で借りる

都度課金で借りる