親切なクムジャさん

親切なクムジャさんの画像・ジャケット写真
親切なクムジャさん / イ・ヨンエ
全体の平均評価点:
(5点満点)

218

  • DVD
ジャンル:

「親切なクムジャさん」 の解説・あらすじ・ストーリー

「復讐者に憐れみを」「オールド・ボーイ」に続くパク・チャヌク監督の“復讐三部作”完結編。「JSA」「宮廷女官 チャングムの誓い」のイ・ヨンエを主演に迎え、無実の罪で服役した一人の女性の壮絶な復讐の物語が描かれていく。共演は「オールド・ボーイ」のチェ・ミンシク。 天使のような美貌の持ち主クムジャは、ひょんなことからペク先生に幼い娘を人質に取られ、彼が犯した幼児誘拐殺人の罪を背負わされて投獄される。刑務所では誰に対しても優しい笑顔を絶やさず、“親切なクムジャさん”と慕われていた。しかし、彼女の目的はただ一つ、ペク先生に復讐を果たすこと。そして13年の服役の末、ようやく出所した彼女は、かつて恩を売った囚人仲間のもとを訪ね、ペク先生への復讐へ向けて周到な準備を進めていく…。

「親切なクムジャさん」 の作品情報

製作年: 2005年
製作国: 日本
原題: SYMPATHY FOR LADY VENGEANCE

「親切なクムジャさん」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

親切なクムジャさん デラックス版の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
114分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 D*GNBR7420 2006年03月24日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
10枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:218件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全218件

最悪ですがな・・・。

投稿日:2006/04/03 レビュアー:ぶわつ

 主演女優にまったく思い入れのない、というかまったく知らないオレにとって、本作は後味の悪い噴飯モノの一作にしか感じられませんでした。
 後半の展開に関しては、エグイところに目をつけたなあという部分はあるんですが・・・何だかなあ・・・ダメですね、この映画キライです。二度と観たくないです。
 レビューになってないですね。すいません。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

復讐三部作、最終章を見事に飾った、イ・ヨンエ

投稿日:2006/03/26 レビュアー:オタエドン

驚く程、赤いシャードーがとても似合っていた。様々の面を見せながら、後半の渾身の演技に鳥肌が立ちました。私は、今回の作品が一番、共感出来た気がしました。あえて、主人公を女性に選んだ監督に、心からの敬意を表したい。
一人だけの復讐劇では終わらせず、後半は息の詰まる群像劇に持っていった辺り、さすがだと、唸らされました。1度では見たりず、今回も立て続けに2度見ましたが、後半からラストにかけ、人間の業の深さ、贖罪について、又、白い雪の様にはなれない哀しさを痛感し、涙しました。深く、深く心に残る1本といえます。
これまでの、常連の顔ぶれも多彩に出演し、改めて、1作目から見直そうと思いました。が、やはり、『オールド・ボーイ』は苦手かな?これまた、人それぞれですが。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

社会による復讐ネタバレ

投稿日:2006/08/21 レビュアー:ケチケチ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

復讐とは何とおぞましいものなのか、復讐三部作の中でも群を抜いてそう感じる映画です。

13年の刑の間、親切を武器にひたすら人(社会)を味方につけ、偶然に他の罪を知ったとはいえ、復讐は自らが手を下さずに人(社会)により復讐する。そしてそのことに対してクムジャは快感という笑顔さえ浮かべます。また復讐する遺族たちも、誘拐殺人事件が引き金となり、様々な事情を抱えた遺族たちではありますが、それぞれに身勝手な討論を重ねた末におぞましい復讐に至っていきます。
復讐を終え、殺された子供たちの誕生日を祝うように、遺族たちはテーブルを囲みます。そのチョコレートケーキの色が血の色のように見え、嫌悪感を感じずにはいられませんでした。ラストシーン、雪の中で真っ白なケーキに顔を埋めるクムジャですが、彼女もまた復讐を成し遂げた開放感など感じられず、嫌悪感にさいなまれていたのだと思います。

演出的には、この映画が三部作の中で最も安定しているように思います。
「オールド・ボーイ」で見せた真横の構図はこの映画でも生かされていますし、コミカルな漫画のコマ的なショット、極端なロングとアップのモンタージュなど、「オールド・ボーイ」でばらついた感じのあった演出トーンもこの映画では統一されています。
そしてコミカルなトーンが、かろうじてスプラッターのおぞましさを中和していますし、演出という面では、私的には「オールド・ボーイ」よりもこの映画の方を高く評価したいですね。しかし、ストーリー展開は圧倒的に「オールド・ボーイ」の方が面白いですが。

またこのストーリー、非常にシニカルに社会を批判しているようにも思います。
「目には目を、歯には歯を」というのが古代からの復讐の理念。法治国家となり個人の復讐を許さず、法律により復讐に変わる社会的制裁を加えるようになったわけですが、国家間の間では、未だに「目には目を」という報復が当然のように考えられる面もあります。また、テロなどに対しては報復以外の手段があるのか否かも非常に疑問です。
そのように考えると、このストーリーも世界情勢の縮図のように見えてしまいます。そして終着点には嫌悪感が待っているのかと思うと、実にやるせなさを感じてしまいます。

「オールド・ボーイ」とは逆に、見れば見るほど味があります。5段階評価は4。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

この独特なユーモアは好きや無いなー・・・合う人には傑作か?

投稿日:2010/01/08 レビュアー:KASPAR

この独特でブラックなユーモアは、自分には笑えへんかった・・・で、笑えへんかったらずっと置いてきぼりくらってまう作りなだけに、合えへんかった自分には苦痛やったなー・・・苦笑すらでーへんっつーぐらい合えへんかった(´д`lll)

ただ、笑いのレベルが低いとかセンスが無いとかいうんやなくて、"笑えない事象の中にある笑い"というセマーイとこを狙ってる(しかもかなり独特なセンス)んで、合う人にはムッチャ合う傑作になるんちゃうやろか?

□■□■□■□■□

映画自体の完成度は高いんで、合うか合えへんかで評価が分かれるような作品です!ただ、この監督の独特な感性に合う人はちょっと少ないかな?

個人的満足度 60点!

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

復讐のあらゆるチョイスネタバレ

投稿日:2006/12/29 レビュアー:まるZONBI

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

なーぜーか!ずっとインド映画だと思い込んでいました(笑)
オープニング早々にハングルが飛びこんできた時の驚きは
筆舌にしがたいモノがあります。アンニョンハセヨ!

そしてこの女性を観るにつれ、グイグイと引き込まれてしまいました。
この女性は善である事も出来るし、結果善だとしても悪行を
その手段としたりと、中々正体がつかめません。

簡単に言ってしまうのも何なんですが、これは一人の女性の復讐劇。
そしてもう一つの面は、人間として母としての罪悪感、
葛藤と贖罪です。
復讐をまっとうした時の彼女の顔を見てください。
どんなチョイスでも出来た彼女が選んだ道は
不毛でも選ばずにはいられなかった非情の道です。

ラストに走り出すその時、思いもよらないゲストが多数出ます。
これは犯人の被害者の親達なのですが
でもしかし、これは子供を持つ親の立場であれば
一度は考えたことがあるのではないでしょうか?
子供が虐待され殺されるこの狂った日常に、
自分の子供が被害に合う日が来てしまったとしたら・・・・

ワタシは考えましたともさっ!

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全218件

親切なクムジャさん

月額課金で借りる

都度課金で借りる