幸せのポートレートの画像・ジャケット写真

幸せのポートレート / サラ・ジェシカ・パーカー

全体の平均評価点: (5点満点)

92

幸せのポートレート /トーマス・ベズーチャ

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「幸せのポートレート」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

「SEX and the CITY」のサラ・ジェシカ・パーカー主演のハートウォーミングなコメディ・ドラマ。お堅いキャリアウーマンのヒロインが、何ごともオープンな婚約者の家族に戸惑いながらも、受け入れてもらおうと奮闘する中で本当の幸せを見つけていく姿を描く。マンハッタンで働くバリバリのキャリアウーマン、メレディスは、クリスマス休暇を前に、婚約者のエヴェレットから初めて彼の実家に招かれる。ところがエヴェレットの家族はみな自由奔放で、堅物なメレディスとは何もかも対照的。互いになかなか馴染めず、家の中には気まずい空気が漂い始める…。

「幸せのポートレート」 の作品情報

作品情報

製作年:

2005年

製作国:

アメリカ

原題:

THE FAMILY STONE

「幸せのポートレート」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

210,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

セックス・アンド・ザ・シティ シーズン 6

ルーム・アップステアーズ 空き部屋あります

ホット・チック

インシディアス[序章]

だれもがクジラを愛してる。

ユーザーレビュー:92件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全92件

うーーーん、微妙。いまいちだけど、さりとて駄作でもなし

投稿日:2006/11/13 レビュアー:吟遊旅人

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

う〜ん・・。えっ?はぁ? ネタバレ

投稿日:2007/01/10 レビュアー:セヴァ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

好きな女優が集結って感じだったので普通にコメディドラマを
楽しもうと思ってみましたが、全く主人公メレディスに
共感を持てませんでした。

個人的にはイラっとしてしまう部分も・・。
可愛らしく感じさせたいのかもしれませんが
少し無理があるように感じました☆

初めのうちは受け入れられないことに「あぁ、かわいそうに」
「彼も一生懸命味方してくれたりいいねぇ」などと
思いましたが、メレディスを見ているとなぜか次第に
私も彼の家族がわに感情移入が・・。
それでも、先の展開を期待していたら・・!!
えっ!!そんな展開あり???
彼が妹に一目ぼれ?!彼の弟に揺らぐ?!
週末のわずかな時間で、何なんだこの2人は!!
って、何故かむきになってしまいました・・(笑)!
そう思ったのは私だけでしょうか??

同じような嫁姑?コメディならJ・ロペスの
「ウエディング宣言」の方が私は楽しめました☆

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

家族の絆を描いた良作。クリスマスを家族と離れて過ごす人にお勧め ネタバレ

投稿日:2007/11/25 レビュアー:ひらり

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


ラブコメの視点だけで観ると肩スカシの映画。
私は、原題『The Family Stone』の通り「家族の絆」に感情移入でき、ホロリと涙し、後半は大笑いし、ラストは暖かい気持ちになれた映画でした。

この映画は、感情移入できるかどうかの「肝」が2つあります。
1つはメレディス(サラ・ジェシカ・パーカー)のリアリティ。
メレディスが巻き起こす事件がストーリーの中心なので、この人にリアリティを感じられるか?がこの映画の肝。
周りの空気を一気に壊してしまう発言をする人、人を傷つけているのに自分は正しいと信じ込んでしまう人。
私のすぐソバにもいます。私の場合は、一緒に仕事している先輩。その人と仕事をすると二人だけの時は「あー、またか」の我慢で大丈夫ですが、第3者がいるとき、客先でのフォローが大変。
もし、そんな人が、自分の家族のフィアンセとして紹介されたら…
もし、そんな人が、わかったような態度で一番苦しんできたであろう家族を傷つける話を止めなかったら…
↑ここが、この映画の「肝」の2つ目。

この家族にはルールがあります。
「世間が家族の誰かを傷つけたり、批判をしても、私たちは守って信じる」
それは、耳の不自由な三男のために、家族みんなが手話で会話できるシーンでわかります。
だから、みんなで夕食のシーン。
温厚で存在感の薄い父エヴェレット(ダーモット・マロニー)の激怒。
母シビル(ダイアン・キートン)がフォークを投げつけるシーンと、その後、三男に伝えた言葉(手話)。
(このシーンで涙腺崩壊しました)
ゲイを知る人ならこの会話がリアルすぎて痛いくらい。

この映画の魅力はシビル(ダイアン・キートン)の母親像であるとも感じました。ダイアン・キートンの演技は、死のエピソードが無くても充分に理想の母親が伝わる余裕さえ感じられました。

で、問題のメレディス。
お腹の大きなお母親がリビングの椅子に幸せそうな笑顔で微笑んでいる写真が美しいと感じれる人、本当は心の優しい人なんです。
それを、一目で見抜いてしまう次男(ルーク・ウィルソン)、普段は酒とマリファナ好きな男が彼女の本当の良さを理解し接することができる人。
「ガンバリ過ぎず、リラックスして、ヘンな自分を受け入れて…」頭の後ろで腕組むバーのシーンも良かった。
(臨床心理のお医者さんより的確なアドバイス?)

他に、素直になれない次女エイミー(レイチェル・マクアダムス)のラブストーリー。
母となる人が母に子供のように寄り添うシーン、妊娠中の長女のエピソードも綺麗に語られていました。

いろんな要素と登場人物の性格と背景をそつなくまとめる脚本は、とても上手。
これで、妹ジュリー(クレア・デーンズ)と長男エヴェット(ダーモット・マロニー)の一目ぼれエピソードが、しっかり描かれていれば「イブ映画」の佳作になっていたと思います。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

またまた糞映画。

投稿日:2007/09/24 レビュアー:奥村チョコレート

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

ま、いっか。

投稿日:2007/02/13 レビュアー:武蔵野婦人

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全92件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:92件

うーーーん、微妙。いまいちだけど、さりとて駄作でもなし

投稿日

2006/11/13

レビュアー

吟遊旅人

う〜ん・・。えっ?はぁ?

投稿日

2007/01/10

レビュアー

セヴァ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

好きな女優が集結って感じだったので普通にコメディドラマを
楽しもうと思ってみましたが、全く主人公メレディスに
共感を持てませんでした。

個人的にはイラっとしてしまう部分も・・。
可愛らしく感じさせたいのかもしれませんが
少し無理があるように感じました☆

初めのうちは受け入れられないことに「あぁ、かわいそうに」
「彼も一生懸命味方してくれたりいいねぇ」などと
思いましたが、メレディスを見ているとなぜか次第に
私も彼の家族がわに感情移入が・・。
それでも、先の展開を期待していたら・・!!
えっ!!そんな展開あり???
彼が妹に一目ぼれ?!彼の弟に揺らぐ?!
週末のわずかな時間で、何なんだこの2人は!!
って、何故かむきになってしまいました・・(笑)!
そう思ったのは私だけでしょうか??

同じような嫁姑?コメディならJ・ロペスの
「ウエディング宣言」の方が私は楽しめました☆

家族の絆を描いた良作。クリスマスを家族と離れて過ごす人にお勧め

投稿日

2007/11/25

レビュアー

ひらり

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


ラブコメの視点だけで観ると肩スカシの映画。
私は、原題『The Family Stone』の通り「家族の絆」に感情移入でき、ホロリと涙し、後半は大笑いし、ラストは暖かい気持ちになれた映画でした。

この映画は、感情移入できるかどうかの「肝」が2つあります。
1つはメレディス(サラ・ジェシカ・パーカー)のリアリティ。
メレディスが巻き起こす事件がストーリーの中心なので、この人にリアリティを感じられるか?がこの映画の肝。
周りの空気を一気に壊してしまう発言をする人、人を傷つけているのに自分は正しいと信じ込んでしまう人。
私のすぐソバにもいます。私の場合は、一緒に仕事している先輩。その人と仕事をすると二人だけの時は「あー、またか」の我慢で大丈夫ですが、第3者がいるとき、客先でのフォローが大変。
もし、そんな人が、自分の家族のフィアンセとして紹介されたら…
もし、そんな人が、わかったような態度で一番苦しんできたであろう家族を傷つける話を止めなかったら…
↑ここが、この映画の「肝」の2つ目。

この家族にはルールがあります。
「世間が家族の誰かを傷つけたり、批判をしても、私たちは守って信じる」
それは、耳の不自由な三男のために、家族みんなが手話で会話できるシーンでわかります。
だから、みんなで夕食のシーン。
温厚で存在感の薄い父エヴェレット(ダーモット・マロニー)の激怒。
母シビル(ダイアン・キートン)がフォークを投げつけるシーンと、その後、三男に伝えた言葉(手話)。
(このシーンで涙腺崩壊しました)
ゲイを知る人ならこの会話がリアルすぎて痛いくらい。

この映画の魅力はシビル(ダイアン・キートン)の母親像であるとも感じました。ダイアン・キートンの演技は、死のエピソードが無くても充分に理想の母親が伝わる余裕さえ感じられました。

で、問題のメレディス。
お腹の大きなお母親がリビングの椅子に幸せそうな笑顔で微笑んでいる写真が美しいと感じれる人、本当は心の優しい人なんです。
それを、一目で見抜いてしまう次男(ルーク・ウィルソン)、普段は酒とマリファナ好きな男が彼女の本当の良さを理解し接することができる人。
「ガンバリ過ぎず、リラックスして、ヘンな自分を受け入れて…」頭の後ろで腕組むバーのシーンも良かった。
(臨床心理のお医者さんより的確なアドバイス?)

他に、素直になれない次女エイミー(レイチェル・マクアダムス)のラブストーリー。
母となる人が母に子供のように寄り添うシーン、妊娠中の長女のエピソードも綺麗に語られていました。

いろんな要素と登場人物の性格と背景をそつなくまとめる脚本は、とても上手。
これで、妹ジュリー(クレア・デーンズ)と長男エヴェット(ダーモット・マロニー)の一目ぼれエピソードが、しっかり描かれていれば「イブ映画」の佳作になっていたと思います。

またまた糞映画。

投稿日

2007/09/24

レビュアー

奥村チョコレート

ま、いっか。

投稿日

2007/02/13

レビュアー

武蔵野婦人

6〜 10件 / 全92件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

幸せのポートレート