博士の愛した数式

博士の愛した数式の画像・ジャケット写真
博士の愛した数式 / 寺尾聰
全体の平均評価点:
(5点満点)

273

  • DVD
ジャンル:

「博士の愛した数式」 の解説・あらすじ・ストーリー

 第一回本屋大賞に輝いた小川洋子の同名ベストセラーを寺尾聰、深津絵里主演で映画化。監督は「雨あがる」の小泉堯史。80分しか記憶が続かない初老の天才数学者と一組の母子の心温まる交流を優しい眼差しで描く。家政婦をするシングルマザーの杏子は、80分しか記憶が持たない天才数学博士のもとに派遣される。そんな博士とのコミュニケーションは杏子にとって困難の連続。一方で、博士の語る数式の神秘的な美しさに魅了されていく杏子。やがて杏子の10歳の息子も博士の家に来るようになると、博士は彼を√(ルート)と呼び、かわいがるようになる。

「博士の愛した数式」 の作品情報

製作年: 2005年
製作国: 日本

「博士の愛した数式」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

博士の愛した数式の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
117分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル//日本語
2:ドルビーデジタル//日(視覚障害者用)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ACBR10377 2006年07月07日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
82枚 4人 3人

関連作品

ユーザーレビュー:273件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全273件

DISCASさんありがとうございます

投稿日:2006/10/17 レビュアー:100万回生きた猫

それぞれのシーン、映像がなんてきれいなんでしょう。
BGMもすばらしいですね。そしてキャストがみんな素敵です!、、、特に寺尾聰の演技は今までのどの映画よりいいです。(今までも良かったんですよ)
そして浅丘ルリ子が出番は少ないながら、すごく存在感のある役どころを好演しています。√君もいい!し、吉岡も深津もいいですよ!
ストーリーは淡々と進みます。でも観終わると爽やかな涙がいっぱいいっぱいこぼれました。すごく深いところから自然にあふれ出した涙です。
今年もDISCASさんのお陰でいい映画にいっぱい出会えました。心から感謝しています。ありがとうございます。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

あらためて、数字の面白さを認識した次第です

投稿日:2006/07/07 レビュアー:オタエドン

算数オンチなおばさんは、ちょっと内心敬遠しておりました。
しかし、大好きな俳優さんばっかり出演してますもんね〜〜

なかなか心に沁み入る、好作品の仕上がりになっていました。

様々の数式の中でも、“友愛数”には、ホロリとしてしまったよ。

あまりにも有名な作品の映画化には、初めから抵抗感の方が勝ってしまいます。ヒネクレ者なのでしょう。

記憶障害の博士と、家政婦の親子、そして義姉。
この四人の織り成す、心のふれ合い。しみじみと感動しました。
観て、良かったな〜〜と、正直に思いました。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

びっくりだよネタバレ

投稿日:2007/02/26 レビュアー:武蔵野婦人

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

相変わらずのひねくれた感想で申し訳ないんですけどね。
もう、あたしゃびっくりしましたよ。

何がって、この映画の感想に、ですよ。
押しなべてみんな感動しているわけなんですね。辛口は誰もいないわけなんですね。
あい。すみません、私が一番目の辛口になります。ごめんなさい。


おそらく私、この映画の半分は倍速以上で早送りしています。
どこに?
はい、吉岡クンの授業風景にです。

ルートの成長後の姿は、小説には出てきませんよね。
小説の中で語られた「数式の美しさ」を解説するのに、この「高校の数学の教師になったルートが、高校の授業の中で黒板を使って生徒に教える場面」を持ってしか、方法を思いつかなかったという演出の貧困さに、とにかくもう唖然なのです。

私は数学は得意ではないけれど、数式の不思議や美しさ、数学という世界のロマンについては、それなりに理解しています。
先日見た「プルーフ・オブ・ライフ」でも、数学の証明をめぐるさまざまな人生とかぶる展開に、しみじみ感動したものです。

お勉強としては楽しめなかった数学も、学問として包括する大きな世界があって、そんな世界に触れたとき、学歴もなんの特技もない家政婦であった主人公が、冷蔵庫の製造番号から素数をはじきだすというような発見をする。
このお話の大きな根っこは、そうした「学問との出会い」と、その学問としての数学の美しさにあるんじゃないのかな、と私は思っていたわけです。

ストーリーとしてはいいし、寺尾聡も、深津絵里もとてもいい。

でもさ。物語の主幹ともいえる数式の説明をするのに、なぜあたしゃこんなうさんくさい教師から、しかもうさんくさいマグネット教材なんかを使って、教室に閉じ込められて黒板で授業されなくちゃいけないの?
なんでこんな教室の中で、先生から教えていただく形でしか、数式を表現することができないのですか。

すみません、すっごい腹立ちました。
っていうか
映画館で見ていたら、席立っていたと思います。
映画館に閉じ込められて、なんでいまさら数学の授業なんて受けなくちゃいけないの。こんな鼻につく教師から。


ある意味。
数学の世界を、こんな「高校の教室での授業風景」でしか伝えられない発想の貧困さをもってして、でもこんな授業をお金払ってフィルムで見せられて「数学がおもしろかった」と感動できる日本人というのは、ほんとに飼いならされやすい人種なんだなあ、とすっかり驚きましたぜ。

え。
あまりにひねくれすぎてますか。
すみません、ひねくれてます。

数学のおもしろさは、こんな一方的にマグネット教材なんかで退屈な授業で教えてもらうもんなんかじゃないです。80分しか記憶が持たない博士の、生きていくうえでなんの役にも立たない、細切れに発せられるおかしな数式の中に、生きるロマンを見出すってことにこのお話のコアの部分はあるわけで、私としては、そんな大切なところを吉岡くんのへたくそな高校の授業風景で一気に台無しにされました。

ああ、腹たった。
口直しに、もう一度小説を読むことにします。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

不思議な感動です

投稿日:2006/08/11 レビュアー:kazupon

これまで、いくつも感動した作品はあったし、感動の出来事もありました。
しかし、今感じているこの感情は何なのでしょう?
心が洗われるような、清々しい、心のずっと深いところで脈打つような静かな感動。
まるで宇宙の懐に抱きかかえられているような・・・
孤高な素数、美しい友愛数など、数字の神秘を語る博士。壮大な宇宙を語るかの如く、ロマン溢れる博士の話。
数字の羅列であっても、直感で、勘で捉えなさいと言う。
そこには、意味を持たない数字など存在しないかのようだ。

博士(寺尾聰)の記憶は80分しかもたないが、義姉(浅丘ルリ子)の事は事故の一日前のまま保たれている。このエピソードは、どこか彼には似つかわしくない。
家政婦(深津絵里)の杏子は、博士の語る数字の神秘に魅せられていく。やがて、彼女も眼にした数字を「素数」であると認定できるまでに・・・
杏子の息子√(斎藤隆成)も博士の影響で後に数学教師(吉岡秀隆)になる。
そしてこの数学教師√の回想の形でストーリーが進んでいくのだが、全員の配役がぴったりで、なおさら心に染入る作品になっているのだと思う。

博士の語る言葉に悪意はない。数字に寄せる愛情と同じくらいに
人に対しても愛情深いのだ。
杏子は息子の√にも博士にも真摯に向き合い、やはり愛情深い女性である。
√は子供ながらに、博士が80分しか記憶がもたない事もよく理解して、優しく思いやりをもって接している。
義姉(浅丘ルリ子)は、あの日、自分が義弟の博士を蒔能に誘わなければ、事故にもあわず、記憶障害にもならなかったのだ。と、多分、自分を責めて生きているのだろう。現在も義弟に対する思いは昔のままで。
杏子たち母子に嫉妬するくらいなら、義姉自らが博士の世話をすればいいのに!

この作品もぜひ原作を読んでみたいと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

★★★ 染みこむところまで来ないネタバレ

投稿日:2006/11/28 レビュアー:ガラリーナ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

家政婦役の深津絵里が予想外に良かった。ちょっとおばさんっぽい服装で、人のいい家政婦というのを自然体で演技していたと思う。旬の女優ということで、キレイに見せようとしたり、自己主張するようなところがあれば、一気にこの映画のトーンは崩れていたと思う。

原作は既読。というわけでこの物語のおもしろさは何といっても「数学の面白さに触れる」ことである。その点は映画でも十分にその役割を果たせていたように思う。一緒に見ていた息子は吉岡秀隆演じる成長したルートの授業シーンが面白かったようで、ずっとこの授業が見ていたい、と言っていた。吉岡秀隆の演技は、どこかで見たようなつたない感じだが、今回の場合は教師に成り立ての雰囲気と上手く合っていた。まあ、何をやっても純に見えるのは間違いないのだが…。

博士と義理の姉の関係性については、原作より強調されてたんじゃないかな。それはとても良かった。朴訥で数学のことしか頭にないように見える博士が、義理の兄の奥さんを愛していた。その事実は博士のキャラクターにより人間味を加えることができた。

博士が熱を出して倒れてしまうことと、それをきっかけに解雇されてしまうことは、大きな事件なんだけども、そこを乗り越えていく、という見せ方はしないんだよね、敢えて。象徴的なのはラストシーンで大きくなったルートが博士に頭をなでてもらい、キャッチボールをする場面。それを家政婦と義理の姉が見守る。そこには疑似家族が存在する。それぞれの心の中の風景。これは「泣くための映画」なんて言い方が存在する昨今、小泉監督は敢えて泣かせないような演出を心がけたのかも知れない。ただ個人的には、原作を読んでいる時に感じた、こみ上げるような気持ちを味わいたかったというのも正直な感想。山もなく、谷もなく、ただ暖かな風を感じる映画。それはそれでアリだ。好き嫌いは別にして。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

6〜 10件 / 全273件

博士の愛した数式

月額課金で借りる

都度課金で借りる