山猫は眠らない3 −決別の照準−

山猫は眠らない3 −決別の照準−の画像・ジャケット写真

山猫は眠らない3 −決別の照準− / トム・ベレンジャー

全体の平均評価点:(5点満点)

13

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

シリーズ

ジャンル :

「山猫は眠らない3 −決別の照準−」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

シリーズ

解説・ストーリー

かつて海兵隊きっての凄腕スナイパーとして名を馳せたトーマス・ベケットは、過酷な任務の末に右手に致命的な負傷をして傷病除隊となっていた。それから数年、再び海兵隊に復職を果たしたベケットだったが、すっかり変わってしまった海兵隊の水に馴染めず、酒浸りの日々が続いた。そんなベケットのもとにある日、国家安全保障局から新たな任務が告げられる。それは、ベトナムでテロを組織する危険人物ポール・フィネガンを抹殺せよというもの。ところが、ポールはベケットにとってベトナム戦争時代の戦友で、かつ彼の命の恩人でもあった。

「山猫は眠らない3 −決別の照準−」 の作品情報

作品情報

製作年: 2004年
製作国: アメリカ
原題: SNIPER 3

「山猫は眠らない3 −決別の照準−」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ルール 無法都市

レバレッジ シーズン4

ザ・ビースト<完全版>

プラトーン

ユーザーレビュー:13件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全13件

腹も出る!

投稿日:2015/02/27 レビュアー:趣味は洋画

上級曹長だったトーマス・ベケットも太りました。なにせ、初作から12年も経っているのですから。
そもそも1作で終わっていれば良かったものを、02年「山猫は眠らない2 狙撃手の掟」を発表したものだから、「3」を作らざるを得なかった...
結果、「4」も「5」も製作されてますね。 「ダーティ・ハリー」や「ダイ・ハード」じゃないんだから、もう打ち止めにしたほうがいいのでは? (大きなお世話か)

やっぱりアジア系の色が入ってくると、まったく別物になりますね。
T・ベレンジャーも出演時は55歳ですし、そりゃ腹も出ますヨ。 
アクションはそれなりに派手でも、脚本と演出がサッパリなので、盛り上がりに欠けます。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

テーマは老いとどう向き合うか? ネタバレ

投稿日:2007/07/31 レビュアー:ミノル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

あなたも、一目、主人公(太ったトム・ベレンジャー)を見た瞬間、「この映画をアクション映画として期待してはいけない」と悟ることでしょう。

街中のシーンでは、主人公は「ただのおじさん」です。
ジャングルの中でライフルを持つ姿はなかなか決まって見えますが・・・。

かなりの低予算で撮影された映画らしく、派手なアクションシーンはほとんどありませんでした。

シリーズの完結編としては、それなりに楽しめましたが、単独の映画としてはB級ですね。

以下、ネタバレ注意。

主人公がベトナムに移動するのに、タイ航空を使っているシーンがあるのですが、何と、撮影はタイのチェンマイだったそうです。

見る前に知らなくてよかった・・・。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

「2」よりはいいけど、別のお話的です

投稿日:2005/12/31 レビュアー:ブリタニー

う〜ん、まあいいんじゃないんでしょうか。最初のシーンで緊縛感がありすぎで、あとは少々中だるみ感 ・・・というのは否定できません。「1」が傑作なだけに「2」「3」はちょっと物足りないですね。「2」は続編、「3」は決算という感じで、「1」「2」とは別の話です。スパイナーの状況設定だけは同じですから、安心しますが展開や決着の付け方は継続性はありません。単独編としてみることをお勧めします。「1」「2」と見てこられた方は見ても損はありませんよ。「3」だけ ・・・ という人は迫力不足を感じるのでは?と思います。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

トム・べレンジャーはかっこいい ネタバレ

投稿日:2005/12/01 レビュアー:ブラボー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

トム・べレンジャーはかっこいい。

「プラトーン」でふてぶてしい古参兵士の役で強烈な印象を残してから、このキャラクターがトム・べレンジャーの顔になった。元々そんなにアクの強い俳優ではなかっただけに、「プラトーン」の凄みはいったいどうしたのか、聞いてみたい程だった。
けどやっぱりかっこいい。
老人になって、ほとんど体は動いてなかったが、凄みは健在。
しかも舞台はベトナム。そして所々に「プラトーン」や「地獄の黙示録」を思わせるシーンがある。

この監督は相当なベトナム狂かと思ったら、最後にドンデン返しがあった。ベトナム時代のワルが大統領になるのを阻止したのだ。ずーっとベトナムを見せておいてこの結末。
ベトナム賛歌ではなく、ベトナムと同じ様相を呈し始めた政権批判なのだ。
この辺がアメリカだと思った。堂々と政権批判をやってのける。
これだからハリウッド映画をつい見てしまう。ハリウッド映画は意外にリベラルなのだ。

トム・べレンジャーが、老体にムチ打って出演した理由も頷ける。しかし、やはりトム・べレンジャーが老体で主役を張れる、かっこいい映画だ。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

軍人は使い捨ての道具じゃない。

投稿日:2009/01/23 レビュアー:たかさん

1・2・3と見てきたが1を見た時の衝撃は大きいが、これが一番作りこまれいい出来だと思う。1・2はスナイパーとしての生きざま軍人とはどう生きるべきかを思い知らされたが3は彼の過去が分かるしベトナム戦争での傷は癒えていないことが分かる。軍に復帰したは良いがハイテク化には着いていけない。当然だろう天才的なカンと技術で戦場を生き残ってきた兵士なのだから。彼が人間的な弱さと老いへの恐れを感じさせてくれたのはこの作品で初めてかいま見れた。設定も苦い思い出しかない都市に移り過去と現在が交錯し彼の複雑な心情が良く描かれてる。脚本は良く出来ている方で毎度裏から利用している人間が居る事は話を作る為にはしょうがない事として受け止めよう。戦闘シ−ンも合格点。天才は健在だった。評価は星2つです。ちょっと都合良すぎる面があったかな。老兵はだまって去るべきではない、最後まで生きざまを変えない彼こそが本物の兵士だ。祖国の為に命を懸ける兵士が政治家や組織に利用されるのは見ていていたたまれないし、あってはならない事。ベトナム戦争で死んでいった若者も悲惨だったが、アフガンで戦争を始めたのはまだ分かるがアホの大統領の悪質な理由でイラクで今も虫けらのように死んでいる兵士たちに哀悼の意を捧げる。死んだのが兵士だけではない事も忘れてはいけないと思う。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全13件

山猫は眠らない3 −決別の照準−

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:13件

腹も出る!

投稿日

2015/02/27

レビュアー

趣味は洋画

上級曹長だったトーマス・ベケットも太りました。なにせ、初作から12年も経っているのですから。
そもそも1作で終わっていれば良かったものを、02年「山猫は眠らない2 狙撃手の掟」を発表したものだから、「3」を作らざるを得なかった...
結果、「4」も「5」も製作されてますね。 「ダーティ・ハリー」や「ダイ・ハード」じゃないんだから、もう打ち止めにしたほうがいいのでは? (大きなお世話か)

やっぱりアジア系の色が入ってくると、まったく別物になりますね。
T・ベレンジャーも出演時は55歳ですし、そりゃ腹も出ますヨ。 
アクションはそれなりに派手でも、脚本と演出がサッパリなので、盛り上がりに欠けます。

テーマは老いとどう向き合うか?

投稿日

2007/07/31

レビュアー

ミノル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

あなたも、一目、主人公(太ったトム・ベレンジャー)を見た瞬間、「この映画をアクション映画として期待してはいけない」と悟ることでしょう。

街中のシーンでは、主人公は「ただのおじさん」です。
ジャングルの中でライフルを持つ姿はなかなか決まって見えますが・・・。

かなりの低予算で撮影された映画らしく、派手なアクションシーンはほとんどありませんでした。

シリーズの完結編としては、それなりに楽しめましたが、単独の映画としてはB級ですね。

以下、ネタバレ注意。

主人公がベトナムに移動するのに、タイ航空を使っているシーンがあるのですが、何と、撮影はタイのチェンマイだったそうです。

見る前に知らなくてよかった・・・。

「2」よりはいいけど、別のお話的です

投稿日

2005/12/31

レビュアー

ブリタニー

う〜ん、まあいいんじゃないんでしょうか。最初のシーンで緊縛感がありすぎで、あとは少々中だるみ感 ・・・というのは否定できません。「1」が傑作なだけに「2」「3」はちょっと物足りないですね。「2」は続編、「3」は決算という感じで、「1」「2」とは別の話です。スパイナーの状況設定だけは同じですから、安心しますが展開や決着の付け方は継続性はありません。単独編としてみることをお勧めします。「1」「2」と見てこられた方は見ても損はありませんよ。「3」だけ ・・・ という人は迫力不足を感じるのでは?と思います。

トム・べレンジャーはかっこいい

投稿日

2005/12/01

レビュアー

ブラボー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

トム・べレンジャーはかっこいい。

「プラトーン」でふてぶてしい古参兵士の役で強烈な印象を残してから、このキャラクターがトム・べレンジャーの顔になった。元々そんなにアクの強い俳優ではなかっただけに、「プラトーン」の凄みはいったいどうしたのか、聞いてみたい程だった。
けどやっぱりかっこいい。
老人になって、ほとんど体は動いてなかったが、凄みは健在。
しかも舞台はベトナム。そして所々に「プラトーン」や「地獄の黙示録」を思わせるシーンがある。

この監督は相当なベトナム狂かと思ったら、最後にドンデン返しがあった。ベトナム時代のワルが大統領になるのを阻止したのだ。ずーっとベトナムを見せておいてこの結末。
ベトナム賛歌ではなく、ベトナムと同じ様相を呈し始めた政権批判なのだ。
この辺がアメリカだと思った。堂々と政権批判をやってのける。
これだからハリウッド映画をつい見てしまう。ハリウッド映画は意外にリベラルなのだ。

トム・べレンジャーが、老体にムチ打って出演した理由も頷ける。しかし、やはりトム・べレンジャーが老体で主役を張れる、かっこいい映画だ。

軍人は使い捨ての道具じゃない。

投稿日

2009/01/23

レビュアー

たかさん

1・2・3と見てきたが1を見た時の衝撃は大きいが、これが一番作りこまれいい出来だと思う。1・2はスナイパーとしての生きざま軍人とはどう生きるべきかを思い知らされたが3は彼の過去が分かるしベトナム戦争での傷は癒えていないことが分かる。軍に復帰したは良いがハイテク化には着いていけない。当然だろう天才的なカンと技術で戦場を生き残ってきた兵士なのだから。彼が人間的な弱さと老いへの恐れを感じさせてくれたのはこの作品で初めてかいま見れた。設定も苦い思い出しかない都市に移り過去と現在が交錯し彼の複雑な心情が良く描かれてる。脚本は良く出来ている方で毎度裏から利用している人間が居る事は話を作る為にはしょうがない事として受け止めよう。戦闘シ−ンも合格点。天才は健在だった。評価は星2つです。ちょっと都合良すぎる面があったかな。老兵はだまって去るべきではない、最後まで生きざまを変えない彼こそが本物の兵士だ。祖国の為に命を懸ける兵士が政治家や組織に利用されるのは見ていていたたまれないし、あってはならない事。ベトナム戦争で死んでいった若者も悲惨だったが、アフガンで戦争を始めたのはまだ分かるがアホの大統領の悪質な理由でイラクで今も虫けらのように死んでいる兵士たちに哀悼の意を捧げる。死んだのが兵士だけではない事も忘れてはいけないと思う。

6〜 10件 / 全13件