プリンス&プリンセス

プリンス&プリンセスの画像・ジャケット写真

プリンス&プリンセス / 原田知世

全体の平均評価点:(5点満点)

23

全体の平均評価点:

DVD

旧作

ジャンル :

「プリンス&プリンセス」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

「プリンセスとダイアモンド」――魔法にかけられ囚われの身となったプリンセスを助けるため、一人のプリンスが従者を連れやって来るが…。「少年といちじく」――貧しいけれど心優しい青年は季節外れに実った立派ないちじくを手に入れると、ファラオとなったプリンセスに食べてもらおうとそれを届けに行くのだが…。「魔女」――成功すればプリンセスの夫に迎えられると、多くのプリンスが挑みながら失敗に終わった魔女退治に丸腰で挑む青年が現われ…。他、「泥棒と老婆」「冷酷なプリンセス」「プリンス&プリンセス」の全6話。

「プリンス&プリンセス」 の作品情報

作品情報

製作年:

1999年

製作国:

フランス

原題:

PRINCES ET PRINCESSES/PRINCES AND PRINCE

「プリンス&プリンセス」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

早春物語

松尾貴史のイエローサブリミナル

おまえうまそうだな

三つの月

ユーザーレビュー:23件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全23件

味わい深いアニメ♪

投稿日:2010/05/19 レビュアー:BEEFジャーキー

* <ちょっと不思議な雰囲気のお伽話の詰め合わせ?>……そんな感じのアニメでした♪
 全部で6話あったのですが、どのお話も短かくて見やすかったです。

 絵的には、まるで影絵のような感じ♪
 ほとんどベタ塗りの黒で、人物なり建物なりを表現しているのですが…、形や動きだけでなく、ちゃんと服装の雰囲気まで伝わってくるのがスゴいです!
 1シーン1シーンが、とてもきれいで引き込まれました。ほとんど黒が多い中、たまに使われる色が、とても映えて映りました。

 ストーリー的には、
 感動するとかではないのですが、どの小話も、しみじみくるというか何というか…、とにかく味わい深いストーリーでした。1つ1つの物語の結末が、気になりました。
 ほんとに、お伽話の絵本かなにかを見ている気分になりました。

 そういえば、このアニメのタイトルでもある『プリンス&プリンセス』…、どの小話にもプリンセスが絡んでいるのに、1話だけ…?なぜ、老婆??しかも、よく解らない日本が舞台っぽいし…???
 変に、T話だけ浮いていました…。せっかくなので、全て、プリンセス話をつめて欲しかったです。
 洋菓子の詰め合わせなのに、1つだけ和菓子が入っていたような…(笑)。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

ちょっとな〜 ネタバレ

投稿日:2007/09/16 レビュアー:うっきー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「キリクと魔女」でミッシェル・オスロを知って
その監督の次作というのではりきって借りて観た今作品。

かなり期待外れでした。
キリクと違って短編6編のオムニバスっぽい作り方もさる事ながら
全体にあっさりしてて物足りなかった。
あの驚愕したと言っても良いくらいの色彩の美しさもなんとなくトーンダウン。

色んなプリントプリンセスの話をオムニバス形式で見せる方法自体はよくある話だけど、どっかのデザイン事務所?で働く3人の想像から各お話に入っていく導入部くらいかな、へーっと感心したの。

イソップ寓話みたいに説教くさいのが鼻につきました。

キリクと同じようなイメージで観ると
私のようにがっくりくるかも。
気負わずぼーっと観ましょう。

次回作「アズールとアスマール」もこんなんだったら嫌だなぁ・・・。

期待しちゃった分、
☆3つってトコで〜〜。




このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

おすすめです

投稿日:2007/03/04 レビュアー:はぴちゃ

前編、切り絵のようなスタイルなんですが、全く物足りなさを感じさせない作りです。恐らく、黒以外の色の美しさがそれを十分に補っているんだと思います。本当に綺麗!

そして、一つ一つが約10分と短いながらも「な〜るほど」と感心させられるようなメッセージが含まれており、それでいて「プリンス&プリンセス」というタイトルからも連想されるロマンスもあります。

一つ見た後に、次はどんなお話だろう?とわくわくさせてくれ、最後まで楽しくみれました。
またいつか見たいと思います。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

絵本です♪ ネタバレ

投稿日:2005/11/04 レビュアー:伊予山さくら

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

フランスのおしゃれなアニメーションです。
影絵ですので、激しいアクションも過激な効果音もありません。
最初はちょっと戸惑うかもしれませんが、
話はそれぞれオチがついているし、シニカルで楽しいです。

注目は、日本を舞台にした「泥棒と老婆」
フランスから見た日本はなんとなく妙で笑えます。
老婆はどう見ても「おいらん」の髪型だし、
泥棒は相撲取りみたいな格好をしています。
二人とも、フランス語をしゃべってるしね(笑)
でも、それがまた粋に感じましたし、
日本の景色は、影絵の世界によく似合うと思いました。
やっぱり水墨画の国だからね。

子供向けというよりは、
フランス映画と抱き合わせで見たいって感じです。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

昔々あるところに

投稿日:2011/10/29 レビュアー:はち

影絵のシンプルなアニメーションがすごく良い。
色彩に乏しいと思うかもしれないが、物語が子供向けの
おとぎ話というよりも割とシュールな大人向けといった
感じなのでかえって引き締まっている。
何となく昔放映していた日本むかし話のようなシンプルな
構成が懐かしい。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全23件

プリンス&プリンセス

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:23件

味わい深いアニメ♪

投稿日

2010/05/19

レビュアー

BEEFジャーキー

* <ちょっと不思議な雰囲気のお伽話の詰め合わせ?>……そんな感じのアニメでした♪
 全部で6話あったのですが、どのお話も短かくて見やすかったです。

 絵的には、まるで影絵のような感じ♪
 ほとんどベタ塗りの黒で、人物なり建物なりを表現しているのですが…、形や動きだけでなく、ちゃんと服装の雰囲気まで伝わってくるのがスゴいです!
 1シーン1シーンが、とてもきれいで引き込まれました。ほとんど黒が多い中、たまに使われる色が、とても映えて映りました。

 ストーリー的には、
 感動するとかではないのですが、どの小話も、しみじみくるというか何というか…、とにかく味わい深いストーリーでした。1つ1つの物語の結末が、気になりました。
 ほんとに、お伽話の絵本かなにかを見ている気分になりました。

 そういえば、このアニメのタイトルでもある『プリンス&プリンセス』…、どの小話にもプリンセスが絡んでいるのに、1話だけ…?なぜ、老婆??しかも、よく解らない日本が舞台っぽいし…???
 変に、T話だけ浮いていました…。せっかくなので、全て、プリンセス話をつめて欲しかったです。
 洋菓子の詰め合わせなのに、1つだけ和菓子が入っていたような…(笑)。

ちょっとな〜

投稿日

2007/09/16

レビュアー

うっきー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「キリクと魔女」でミッシェル・オスロを知って
その監督の次作というのではりきって借りて観た今作品。

かなり期待外れでした。
キリクと違って短編6編のオムニバスっぽい作り方もさる事ながら
全体にあっさりしてて物足りなかった。
あの驚愕したと言っても良いくらいの色彩の美しさもなんとなくトーンダウン。

色んなプリントプリンセスの話をオムニバス形式で見せる方法自体はよくある話だけど、どっかのデザイン事務所?で働く3人の想像から各お話に入っていく導入部くらいかな、へーっと感心したの。

イソップ寓話みたいに説教くさいのが鼻につきました。

キリクと同じようなイメージで観ると
私のようにがっくりくるかも。
気負わずぼーっと観ましょう。

次回作「アズールとアスマール」もこんなんだったら嫌だなぁ・・・。

期待しちゃった分、
☆3つってトコで〜〜。




おすすめです

投稿日

2007/03/04

レビュアー

はぴちゃ

前編、切り絵のようなスタイルなんですが、全く物足りなさを感じさせない作りです。恐らく、黒以外の色の美しさがそれを十分に補っているんだと思います。本当に綺麗!

そして、一つ一つが約10分と短いながらも「な〜るほど」と感心させられるようなメッセージが含まれており、それでいて「プリンス&プリンセス」というタイトルからも連想されるロマンスもあります。

一つ見た後に、次はどんなお話だろう?とわくわくさせてくれ、最後まで楽しくみれました。
またいつか見たいと思います。

絵本です♪

投稿日

2005/11/04

レビュアー

伊予山さくら

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

フランスのおしゃれなアニメーションです。
影絵ですので、激しいアクションも過激な効果音もありません。
最初はちょっと戸惑うかもしれませんが、
話はそれぞれオチがついているし、シニカルで楽しいです。

注目は、日本を舞台にした「泥棒と老婆」
フランスから見た日本はなんとなく妙で笑えます。
老婆はどう見ても「おいらん」の髪型だし、
泥棒は相撲取りみたいな格好をしています。
二人とも、フランス語をしゃべってるしね(笑)
でも、それがまた粋に感じましたし、
日本の景色は、影絵の世界によく似合うと思いました。
やっぱり水墨画の国だからね。

子供向けというよりは、
フランス映画と抱き合わせで見たいって感じです。

昔々あるところに

投稿日

2011/10/29

レビュアー

はち

影絵のシンプルなアニメーションがすごく良い。
色彩に乏しいと思うかもしれないが、物語が子供向けの
おとぎ話というよりも割とシュールな大人向けといった
感じなのでかえって引き締まっている。
何となく昔放映していた日本むかし話のようなシンプルな
構成が懐かしい。

6〜 10件 / 全23件