ヴァイブレータの画像・ジャケット写真

ヴァイブレータ / 寺島しのぶ

全体の平均評価点: (5点満点)

143

ヴァイブレータ /廣木隆一

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「ヴァイブレータ」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

雪の夜のコンビニ。31歳の女性ルポライター早川玲が酒を買いに来る。彼女は、いつの頃からか頭の中で聞こえる“声”の存在に悩まされていた。そのせいで、不眠、過食、食べ吐きを繰り返していた。コンビニで一人の男を目に留めた玲は男の後を追う。男は岡部希寿というフリーの長距離トラック運転手。玲は岡部のトラックに乗り込み酒を飲み始める。やがて2人は、アイドリングの振動を感じながら肌を重ねる。夜明けを迎え、一度はトラックを降りた玲が、再び戻ってくる。そして岡部のトラックは、玲を乗せ東京から新潟へ向けて走り出す…。

「ヴァイブレータ」 の作品情報

作品情報

製作年:

2003年

製作国:

日本

原題:

VIBRATOR

「ヴァイブレータ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

223,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

神威〜カムイ〜 ギャング・オブ・ライフ PARTII

借王 シャッキング〜狙われた学園

イケルシニバナ

渇きの街

ユーザーレビュー:143件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全143件

玲に私の求めるものはない 岡部にはすこしある ネタバレ

投稿日:2005/02/09 レビュアー:iuiu

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

この映画を見ながら、私は映画になにを求めているんだろうと初めて考えた。とりあえず出た答えは「ストーリーテリング」。この映画が始まって数分は、いかにも内省的で内容がなさそうで失敗したと思ったが、岡部がべらべら話し始めてから俄然よくなってくる。トラックで無線のやりとりをするシーンは、昔知り合いがやっていたのを思い出して懐かしくなった。あの独特の口調、言い回し、あ〜懐かしい。岡部が前歴を語るところも面白い。映画の筋には関係ないおしゃべりが、岡部というキャラクターを立たせる。
ただ、玲が明らかに精神を病んでいるので見ていたくない。精神を病んで苦しんでいる人を見ても、そこには娯楽はない。トラックから降りて吐くまでにそれだけ時間があるのならトイレへ走れよ、とそう思う時点で私はこの映画の顧客層ではないのだろう。
セックスシーンは濃厚といえば濃厚かも知れないが、たいてい暗くて狭い車内でもそもそ動いているだけなので面白みに欠ける。評判になった自慰シーンも別に心を動かすほどのものではないし、オーラルセックスのつもりと思われるシーンも本当にはやってないのが見え見えなので醒める。別に本当にやれとは言わないが、演じるなら本当にやっているように見せて欲しいし(カメラアングルひとつでいくらでもできるだろう)、そう見せられないならそのシーンを採用しないほうがいいと思う。高校生の文化祭じゃないんだからただ興ざめなだけである。
玲がどうしてここまで病んだのか、その理由のほうに興味を覚えたが、そういう映画じゃないんだろうな。

特典は、劇場予告編。英語字幕がついている。台詞がもそもそと口ごもって聞き取れない場面も多いので案外役に立つ。

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

この男のようになりたい(^^ゞ。

投稿日:2004/08/09 レビュアー:RUSH

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

思いのほか乾いた空気と自然な会話。 ネタバレ

投稿日:2007/06/16 レビュアー:花ちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

雪の降る夜、ひとりお酒を買う孤独な女。ちょっと危険な兄ちゃんが、かなり危ない姉ちゃんの執拗な視線に逆ナンされて道づれにし東京-新潟を突っ走った。こんな出会いないだろーと思うが、コンビニ・車中・ガソリンスタンド・ラブホテル・下町の食堂と言った普段使いの風景が、案外ありかもしれないと思わせる。
二人の間にある空気は割りにさらっと乾いて、会話は自然に続く。

だが、混戦したりざわついたりするトラックの無線から、突然玲の過去の母親とのやりとりが聞こえてくる。まるで闇からわく自分の声のように。長年癒されたくて癒されたくて仕方の無かったやり場の無い心情が玲を襲い、発作のように吐き気を催す。摂食障害の原因はこの映画でも母子関係にあるように匂わせていた。
吐瀉物で汚れた玲を優しくバスタブにつける岡部。このとき玲は母親の腕の中、あるいは子宮の中にいたのではなかろうか。
また殆んどがトラックの前座席とその後のベッドスペース。広い世界を横断する際の不安定な玲を狭い場所での行為がしっかり安定させる効果がもったとも思う。
そしてヴァイブレーターとは車の振動が幼い子を眠りに誘うように心地よい振動を送り続ける様子だろうか?その振動にほぐされていく玲。単に再生の旅だからロードムービーではなく、このトラックやバスタブ、無線は玲の心の霧を晴らす効果的で且つ必要不可欠な小道具たちとなっているようだ。
二人は出会いと同じコンビニでそのまま別れる。得たものは男女の今後ではなく、
玲は自己再生の予感、岡部は玲の吹っ切れた笑顔への満足感だったのか。見かけヤンキーでも岡部の包容力はたいしたものだ。

映画は映画で良いとしよう。だが、「このストーリーはフィクションです。岡部のキャラクターあってこその展開で実際には危険ですので絶対に真似しないで下さい。」と注意書きを入れたくなった。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

普免で4トンまでOKなんだ?

投稿日:2006/06/07 レビュアー:裸足のラヴァース

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

良作だけど強度が足りない ネタバレ

投稿日:2006/03/06 レビュアー:parole

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

『ヴァイブレーター』は監督である廣木隆一の名を高らしめるとともに、主演である寺島しのぶと大森南朋をスターダムにのし上げた作品、らしい。この二人、共に荒戸源次郎の『赤目四十八瀧心中未遂』にも出演しており、特に寺島しのぶは両作品への出演に対して日本アカデミーやらプルーリボンの主演女優賞を獲得した。

確かにヌードは元より、かなり気合いの入った濡れ場は体当たりの演技と言われるにふさわしいものであり、テレビのサスペンスドラマの女王と言われているらしい彼女の表の顔とは一線を画していると思う。それでも母親の藤純子と較べれば、比較にはならないほど見栄がなく、それは大スターを親に持った者の宿命と言えるだろう。

作品そのものは悪くはない。心を病んだ(傷を負った女性)が回復に至るまでの、いや快気へのきっかけを掴むまでのわずかな時間を描いた作品だが、だからと言っておめでたいハッピーエンドではなく、暗いムードを漂わせたままというわけでもなく、良い意味で中途半端なままの終わらせ方をしている。心理劇風の、執拗なまでに被写体を描写する手法は『ガールフレンド』や『東京ゴミ女』と同系列にあるもので、一貫して描写をして、絵柄として表現しようとしている様は素直に好感が持てる。が、心に傷を負ったという強度のある設定にもかかわらず、作品が与えてくれるものは設定に負けてしまっており、手応えの無さも感じてしまった。

別に異様な人間性を赤裸様に表現する必要など無いのだけれど、『ガールフレンド』において淡々とした描写の中から深いものをえぐり出していることに成功しているので、今一つと感じてしまった。もっともこの作品の方が前に作られているので、まだまだ過渡期だということなのかもしれないが。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全143件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:143件

玲に私の求めるものはない 岡部にはすこしある

投稿日

2005/02/09

レビュアー

iuiu

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

この映画を見ながら、私は映画になにを求めているんだろうと初めて考えた。とりあえず出た答えは「ストーリーテリング」。この映画が始まって数分は、いかにも内省的で内容がなさそうで失敗したと思ったが、岡部がべらべら話し始めてから俄然よくなってくる。トラックで無線のやりとりをするシーンは、昔知り合いがやっていたのを思い出して懐かしくなった。あの独特の口調、言い回し、あ〜懐かしい。岡部が前歴を語るところも面白い。映画の筋には関係ないおしゃべりが、岡部というキャラクターを立たせる。
ただ、玲が明らかに精神を病んでいるので見ていたくない。精神を病んで苦しんでいる人を見ても、そこには娯楽はない。トラックから降りて吐くまでにそれだけ時間があるのならトイレへ走れよ、とそう思う時点で私はこの映画の顧客層ではないのだろう。
セックスシーンは濃厚といえば濃厚かも知れないが、たいてい暗くて狭い車内でもそもそ動いているだけなので面白みに欠ける。評判になった自慰シーンも別に心を動かすほどのものではないし、オーラルセックスのつもりと思われるシーンも本当にはやってないのが見え見えなので醒める。別に本当にやれとは言わないが、演じるなら本当にやっているように見せて欲しいし(カメラアングルひとつでいくらでもできるだろう)、そう見せられないならそのシーンを採用しないほうがいいと思う。高校生の文化祭じゃないんだからただ興ざめなだけである。
玲がどうしてここまで病んだのか、その理由のほうに興味を覚えたが、そういう映画じゃないんだろうな。

特典は、劇場予告編。英語字幕がついている。台詞がもそもそと口ごもって聞き取れない場面も多いので案外役に立つ。

この男のようになりたい(^^ゞ。

投稿日

2004/08/09

レビュアー

RUSH

思いのほか乾いた空気と自然な会話。

投稿日

2007/06/16

レビュアー

花ちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

雪の降る夜、ひとりお酒を買う孤独な女。ちょっと危険な兄ちゃんが、かなり危ない姉ちゃんの執拗な視線に逆ナンされて道づれにし東京-新潟を突っ走った。こんな出会いないだろーと思うが、コンビニ・車中・ガソリンスタンド・ラブホテル・下町の食堂と言った普段使いの風景が、案外ありかもしれないと思わせる。
二人の間にある空気は割りにさらっと乾いて、会話は自然に続く。

だが、混戦したりざわついたりするトラックの無線から、突然玲の過去の母親とのやりとりが聞こえてくる。まるで闇からわく自分の声のように。長年癒されたくて癒されたくて仕方の無かったやり場の無い心情が玲を襲い、発作のように吐き気を催す。摂食障害の原因はこの映画でも母子関係にあるように匂わせていた。
吐瀉物で汚れた玲を優しくバスタブにつける岡部。このとき玲は母親の腕の中、あるいは子宮の中にいたのではなかろうか。
また殆んどがトラックの前座席とその後のベッドスペース。広い世界を横断する際の不安定な玲を狭い場所での行為がしっかり安定させる効果がもったとも思う。
そしてヴァイブレーターとは車の振動が幼い子を眠りに誘うように心地よい振動を送り続ける様子だろうか?その振動にほぐされていく玲。単に再生の旅だからロードムービーではなく、このトラックやバスタブ、無線は玲の心の霧を晴らす効果的で且つ必要不可欠な小道具たちとなっているようだ。
二人は出会いと同じコンビニでそのまま別れる。得たものは男女の今後ではなく、
玲は自己再生の予感、岡部は玲の吹っ切れた笑顔への満足感だったのか。見かけヤンキーでも岡部の包容力はたいしたものだ。

映画は映画で良いとしよう。だが、「このストーリーはフィクションです。岡部のキャラクターあってこその展開で実際には危険ですので絶対に真似しないで下さい。」と注意書きを入れたくなった。

普免で4トンまでOKなんだ?

投稿日

2006/06/07

レビュアー

裸足のラヴァース

良作だけど強度が足りない

投稿日

2006/03/06

レビュアー

parole

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

『ヴァイブレーター』は監督である廣木隆一の名を高らしめるとともに、主演である寺島しのぶと大森南朋をスターダムにのし上げた作品、らしい。この二人、共に荒戸源次郎の『赤目四十八瀧心中未遂』にも出演しており、特に寺島しのぶは両作品への出演に対して日本アカデミーやらプルーリボンの主演女優賞を獲得した。

確かにヌードは元より、かなり気合いの入った濡れ場は体当たりの演技と言われるにふさわしいものであり、テレビのサスペンスドラマの女王と言われているらしい彼女の表の顔とは一線を画していると思う。それでも母親の藤純子と較べれば、比較にはならないほど見栄がなく、それは大スターを親に持った者の宿命と言えるだろう。

作品そのものは悪くはない。心を病んだ(傷を負った女性)が回復に至るまでの、いや快気へのきっかけを掴むまでのわずかな時間を描いた作品だが、だからと言っておめでたいハッピーエンドではなく、暗いムードを漂わせたままというわけでもなく、良い意味で中途半端なままの終わらせ方をしている。心理劇風の、執拗なまでに被写体を描写する手法は『ガールフレンド』や『東京ゴミ女』と同系列にあるもので、一貫して描写をして、絵柄として表現しようとしている様は素直に好感が持てる。が、心に傷を負ったという強度のある設定にもかかわらず、作品が与えてくれるものは設定に負けてしまっており、手応えの無さも感じてしまった。

別に異様な人間性を赤裸様に表現する必要など無いのだけれど、『ガールフレンド』において淡々とした描写の中から深いものをえぐり出していることに成功しているので、今一つと感じてしまった。もっともこの作品の方が前に作られているので、まだまだ過渡期だということなのかもしれないが。

6〜 10件 / 全143件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

ヴァイブレータ