BULLY ブリー

BULLY ブリーの画像・ジャケット写真

BULLY ブリー / ブラッド・レンフロー

全体の平均評価点:(5点満点)

26

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「BULLY ブリー」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

南フロリダに住む少年ボビーとマーティは幼馴染み。裕福な家庭に育った切れ者のボビーとは対照的にマーティは高校の落ちこぼれだったが_人は大の親友同士。ある日、彼らはアルバイト先のスーパーで2人の女の子アリとリサをデートに誘う。そして、マーティとリサはすぐに意気投合し恋仲に。交際が深まるに従い、リサはマーティとボビーの異常な関係に気づく。ボビーはマーティを時には暴力を振って一方的に支配していたのだ。やがて、彼女はマーティへの愛が強くなると同時にボビーへの憎しみを募らせ、マーティにある驚くべき提案を持ちかける…。

「BULLY ブリー」 の作品情報

作品情報

製作年: 2002年
製作国: フランス/アメリカ
原題: BULLY

「BULLY ブリー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

タブー

ブラインド・ホライズン

サラ、いつわりの祈り

セブン・サイコパス

ユーザーレビュー:26件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全26件

ティーンエージャーの暴走 ネタバレ

投稿日:2009/03/17 レビュアー:ゆみゆみ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

1993年に実際に起こった少年少女による殺人事件を映画化したもので、
少年たちが仲間を集い、殺人を実行するまでが描かれた作品。BULLYとは、いじめっ子の意。
ボビーとマーティは幼馴染の親友でありながら、ボビーは暴力的に
マーティーを支配し、気弱なマーティはボビーに服従する友達関係だった。
マーティと出会い付き合うこととなったリサは、マーティを愛する余りに、
ボビーのその言動が許せなくなり、マーティを唆し、ボビー殺害を計画。
ボビーと何の関係もない仲間も抱き込んで、殺害を実行に移すこととなる。

気に入らない相手だから、消えちゃえばいいのに。
そんなことをたとえ思ったとしても、殺しちゃえとは思わないのが常識。
でも若者たちには、そんな常識が欠如しているっていう例なんでしょうねぇ。
そういう思考回路の持ち主であるリサが、一番怖い!
一度は失敗した計画も、彼女の執念と行動力からして、恐ろしいものがありました。
いなくなれば、万事解決!?そんな浅はかな考えのもと、殺人は行われるのですが、
ボビーと何の関係もない友達までもが、その殺人計画に加わったり、傍観したりしていて、
ノリだったり、興味本位だったり、軽い気持ちで行動に移しちゃえるところが理解不能。

本当に殺人を犯してしまってからは、バレるんぢゃないかっていう恐怖心に煽られて、
苦しんでいる姿を観てると、やっぱりそこは普通の人間なんだなぁって思いましたが。
罪悪感というよりは、ヤバイっていう焦りから、仲間を売って、警察に密告?を
選んだ若者二人によって、事件が明るみとなり、彼らは逮捕されたという顛末。
彼らに下された刑が日本では考えられないほど、重いもので驚きました。
マーティは死刑、それ以外の者も終身刑や懲役40年、その場にいただけでも、
懲役7年ですからねぇ〜その計画性から考えても、仕方ないといえば仕方なし。
アメリカは州によっても重さが違うのでしょうが、犯した罪の代償は大きかったということですね。

現在、彼らの刑はそれぞれ軽減され、釈放された者もいるようで、
必ずしも宣告された刑の通りに執行されるってわけでもないみたいですねぇ。
まぁ日本みたいに、殺人を犯しても、2人以上ぢゃなければ死刑にならないとか、
無期懲役15年が最高とか、それに比べたら、最初に下される刑は重くても、
彼らの更生次第で、将来を考えた懲役になるってのはいい方針だと思います。
あたしとしては日本も、終身刑や懲役15年以上の刑の選択肢を増やした方がいいと思うのですが・・・
犯罪が凶悪化してるわけですし、時代は変わってきてますしねぇ。

マーティ役がブラッド・レンフロということもあって、彼の演技に注目して観ましたが、
もうこの世にいないだなんて・・・子役時代に輝くと成長してから挫折する俳優が多いですよね。
きっと彼もそんな要因が絡んでいたのかなぁ〜今となっては悔やまれます。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

共感

投稿日:2008/08/30 レビュアー:ジャンキー

若き人は必ず観ろ!
何か感じるはずだと思います☆

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

結構好きな作品 ネタバレ

投稿日:2006/08/10 レビュアー:mako1101

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

レンフロ目当てに借りたんだけどかなり衝撃的な内容。
依頼人、スリーパーズの頃の美少年ぶりは微塵も感じさせない
おでこの広さ&体型がもの悲しいけど。

特典映像でレイチェルが以前、マコーレー・カルキンと
結婚→離婚した子だと知りました。

結構あっという間に見終わったんだけど疑問がたくさん残る。
でもそんなにイヤならボビーに弱みを握られてる訳じゃない
んだから普通に付き合いをやめればいいだけなんじゃないの?
とか、あのギャングの男は何故この連中の手助けをしたん
だろう?とか他にもいろいろあるけど決して嫌いな作品じゃ
ありません。

実話だからそれぞれの実刑の年数が最後に出てたけど
意外と思い刑なんだなともいました。


名前が思い出せないんだけどボビー役の俳優さんにそっくりな
中年俳優さん(脇役でいろいろ出てる)いませんでしたっけ?

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

レンフロに共感してしまうのだ ネタバレ

投稿日:2005/12/24 レビュアー:peropero

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

やけにリアルだと思ったら、現実に起きた事件が原作とのこと。いつも、ラリーの映画の十代は切なく痛々しい。
救いは、おまけ映像のキャストがラリークラーク監督がなぜ自分をキャスティングしたかをばらす?ところ、かな。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

衝撃的でした。 ネタバレ

投稿日:2005/02/08 レビュアー:hime

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

いつもえらそうでみんなを見下して命令してるような
男の子が仲間に殺されてしまうという話し。

これが実際に起こった事件なんて。
若いとは、なんて無謀なんだろう。

殺されるシーンなんてとても生々しくて、見てられませんでした。下手なサスペンスよりリアルかも。
ラリークラークはこうゆうリアルな描写にかけては天才だと思いました。

でも思春期の複雑な感情とかも見え隠れして、
切なくもあり…。
シンプルなラストシーンは、とても印象に残っています。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全26件

BULLY ブリー

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:26件

ティーンエージャーの暴走

投稿日

2009/03/17

レビュアー

ゆみゆみ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

1993年に実際に起こった少年少女による殺人事件を映画化したもので、
少年たちが仲間を集い、殺人を実行するまでが描かれた作品。BULLYとは、いじめっ子の意。
ボビーとマーティは幼馴染の親友でありながら、ボビーは暴力的に
マーティーを支配し、気弱なマーティはボビーに服従する友達関係だった。
マーティと出会い付き合うこととなったリサは、マーティを愛する余りに、
ボビーのその言動が許せなくなり、マーティを唆し、ボビー殺害を計画。
ボビーと何の関係もない仲間も抱き込んで、殺害を実行に移すこととなる。

気に入らない相手だから、消えちゃえばいいのに。
そんなことをたとえ思ったとしても、殺しちゃえとは思わないのが常識。
でも若者たちには、そんな常識が欠如しているっていう例なんでしょうねぇ。
そういう思考回路の持ち主であるリサが、一番怖い!
一度は失敗した計画も、彼女の執念と行動力からして、恐ろしいものがありました。
いなくなれば、万事解決!?そんな浅はかな考えのもと、殺人は行われるのですが、
ボビーと何の関係もない友達までもが、その殺人計画に加わったり、傍観したりしていて、
ノリだったり、興味本位だったり、軽い気持ちで行動に移しちゃえるところが理解不能。

本当に殺人を犯してしまってからは、バレるんぢゃないかっていう恐怖心に煽られて、
苦しんでいる姿を観てると、やっぱりそこは普通の人間なんだなぁって思いましたが。
罪悪感というよりは、ヤバイっていう焦りから、仲間を売って、警察に密告?を
選んだ若者二人によって、事件が明るみとなり、彼らは逮捕されたという顛末。
彼らに下された刑が日本では考えられないほど、重いもので驚きました。
マーティは死刑、それ以外の者も終身刑や懲役40年、その場にいただけでも、
懲役7年ですからねぇ〜その計画性から考えても、仕方ないといえば仕方なし。
アメリカは州によっても重さが違うのでしょうが、犯した罪の代償は大きかったということですね。

現在、彼らの刑はそれぞれ軽減され、釈放された者もいるようで、
必ずしも宣告された刑の通りに執行されるってわけでもないみたいですねぇ。
まぁ日本みたいに、殺人を犯しても、2人以上ぢゃなければ死刑にならないとか、
無期懲役15年が最高とか、それに比べたら、最初に下される刑は重くても、
彼らの更生次第で、将来を考えた懲役になるってのはいい方針だと思います。
あたしとしては日本も、終身刑や懲役15年以上の刑の選択肢を増やした方がいいと思うのですが・・・
犯罪が凶悪化してるわけですし、時代は変わってきてますしねぇ。

マーティ役がブラッド・レンフロということもあって、彼の演技に注目して観ましたが、
もうこの世にいないだなんて・・・子役時代に輝くと成長してから挫折する俳優が多いですよね。
きっと彼もそんな要因が絡んでいたのかなぁ〜今となっては悔やまれます。

共感

投稿日

2008/08/30

レビュアー

ジャンキー

若き人は必ず観ろ!
何か感じるはずだと思います☆

結構好きな作品

投稿日

2006/08/10

レビュアー

mako1101

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

レンフロ目当てに借りたんだけどかなり衝撃的な内容。
依頼人、スリーパーズの頃の美少年ぶりは微塵も感じさせない
おでこの広さ&体型がもの悲しいけど。

特典映像でレイチェルが以前、マコーレー・カルキンと
結婚→離婚した子だと知りました。

結構あっという間に見終わったんだけど疑問がたくさん残る。
でもそんなにイヤならボビーに弱みを握られてる訳じゃない
んだから普通に付き合いをやめればいいだけなんじゃないの?
とか、あのギャングの男は何故この連中の手助けをしたん
だろう?とか他にもいろいろあるけど決して嫌いな作品じゃ
ありません。

実話だからそれぞれの実刑の年数が最後に出てたけど
意外と思い刑なんだなともいました。


名前が思い出せないんだけどボビー役の俳優さんにそっくりな
中年俳優さん(脇役でいろいろ出てる)いませんでしたっけ?

レンフロに共感してしまうのだ

投稿日

2005/12/24

レビュアー

peropero

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

やけにリアルだと思ったら、現実に起きた事件が原作とのこと。いつも、ラリーの映画の十代は切なく痛々しい。
救いは、おまけ映像のキャストがラリークラーク監督がなぜ自分をキャスティングしたかをばらす?ところ、かな。

衝撃的でした。

投稿日

2005/02/08

レビュアー

hime

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

いつもえらそうでみんなを見下して命令してるような
男の子が仲間に殺されてしまうという話し。

これが実際に起こった事件なんて。
若いとは、なんて無謀なんだろう。

殺されるシーンなんてとても生々しくて、見てられませんでした。下手なサスペンスよりリアルかも。
ラリークラークはこうゆうリアルな描写にかけては天才だと思いました。

でも思春期の複雑な感情とかも見え隠れして、
切なくもあり…。
シンプルなラストシーンは、とても印象に残っています。

6〜 10件 / 全26件