バニラ・スカイの画像・ジャケット写真

バニラ・スカイ / トム・クルーズ
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

126

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

旧作

ジャンル :

「バニラ・スカイ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

マンハッタンの豪邸に住み、高級車を乗り回し、おまけにハンサム。完璧な人生を謳歌する出版界の若き実力者デヴィッド・エイムス。ジュリーという美しい恋人もいて、何不自由ないはずが、どこか物足りなさを感じていた。そんなある日、デヴィッドは親友の恋人ソフィアに一目惚れしてしまう。しかし、デヴィッドの心変わりを敏感に察したジュリーは、嫉妬に駆られて自ら運転する車でデヴィッドとともに崖に突っ込んでしまう。奇跡的に一命を取りとめたデヴィッドだったが、その顔は怪我のために見るも無惨に変わり果ててしまう……。

「バニラ・スカイ」 の作品情報

作品情報

製作年:

2001年

製作国:

アメリカ

原題:

VANILLA SKY

「バニラ・スカイ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ウェイク・ウッド〜蘇りの森〜

ベルエポック

17歳

オール・アバウト・マイ・マザー

ユーザーレビュー:126件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全126件

再びキャメロン・ディアス

投稿日:2006/05/30 レビュアー:勝王

「メリーに首ったけ」のかわいいキャメロン・ディアスを見ていたら、この映画を思い出しました。この映画を見ると、キャメロンが単なるかわいこちゃんじゃないことが、よーく分かります。悪女役のキャメロンですが、トム・クルーズ(の演じる男)に惚れた弱みとか、隠している純情さとか、そんなところまでちゃんと感じさせるのが凄いです。私はキャメロンがかわいそうで。役柄ならともかく、私生活でもペネロペにうつつを抜かし、金髪美人のニコールを捨てたトムは許せません。というか、トムがニコールに捨てられたのかも知れませんね。ニコールにはそんな強さを感じるのですが、この映画のキャメロンはどこかに人の良さがにじみ出ていて、ホント、かわいそうです。映画の方はトム・クルーズが醜くなるのですが、「エレファントマン」並みになるのかと思ったらそうでもなく、ほどほどの醜さ。話も「オープン・ユア・アイズ」を見てしまった後だったので、驚きはなかったですが、せっかく悪夢と現実を行き来するのですから、悪夢の描写にもっとメリハリがあればと思いました。つまらなくはないものの、イマイチという感じです。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

ラストで主人公が選んだ道とは・・・

投稿日:2008/07/26 レビュアー:のぶなが

無人のタイムズスクエアにただ一人いる主人公の夢から物語が始まり・・・多くの人は途中でおそらく彼が妄想の世界に迷い込んでいることは感づくと思いますが、ラストの完全謎解きはなかなか予想は出来ないのではないでしょうか。

ラストのどんでん返しはサスペンスのお決まりパターンですが、僕が思うこの映画の見所はどんでん返しだけではなく、その後の結末にかけての主人公の語る言葉や行動が重要だと思いました。裕福でかっこよくて、何不自由なく生きてきた彼が最後の最後になって気づいたこととは・・・

ただ、観た人それぞれの解釈があるので、はまれる人はすごくはまる映画だろうし、決して後味の良い映画ではないので、好き嫌いもはっきり出るタイプの作品です。正直、僕の周りの評判は平均すればそれほど高くないです。だから、あまり期待しないで観た訳なんですが、以外に心を打つものがありました。

この映画を観ると、同年に製作された『マルホランド・ドライブ』を思い出しました。結末は違いますが、内容的には近い部分があります。どちらの映画も数回観て、さらに味のある映画だと思っています。

この映画は『オープン・ユア・アイズ』の完全リメイクですが、音楽や映像の観点から言うと、『バニラ・スカイ』の方が好きです。『バニラ・スカイ』を先に観てしまったからかもしれませんが・・・トム・クルーズの出演作品では、『レインマン』や『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』が好きですが、この映画も良かったです。万人受けはしないと思いますが、観てない方は試しに暇なときにでもご覧になってください。

それにしても、『オープン・ユア・アイズ』と『バニラ・スカイ』のどちらにもソフィア役で出演しているペネロペ・クルスはきれいですね。トム・クルーズが惚れるのも無理もないです。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

どんな映画?

投稿日:2007/07/22 レビュアー:ruby

「バニラスカイ」観たよ。と友人に言ったら、
「どうだった?」と、当然のように聞かれた。



そうだな、どういう映画かな。と暫し考えて。
「キャメロンと、ペネロペどっちが好きって映画だよ」
と言って「そんな映画なの?????」と首を傾げられた。



本当だって、ペネロペとキャメロン、どっちが可愛い?
どっちが好み?って映画です。






以上。




このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

キャメロンディアスの違う顔

投稿日:2004/06/17 レビュアー:berry☆

キャメロンディアスがこんなにもシリアス系にハマるなんて正直驚きです。イメージが、セクシーな笑顔の素敵な人だし。だからこそこんな感じの役どころが意外で恐さを出しているのかも。ベネロペよりずっと存在感ありましたね。

それにしても三角関係のもつれは恐いですよね。本当に相手を思えば思うほどこんな狂気に走る者もいると・・・やたらそのシーンだけが印象に残っちゃって^^; やっぱりあっさり引き下がるのも大事なのかしら??

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

見果てぬ夢。そして夢(旅)の終わりに彼が見たものは・・・。

投稿日:2003/07/14 レビュアー:angel

ハンサムで裕福、若くエリート、それに加えて自由奔放なプレイボーイを気取るデビッドは、恋人ジュリーがいながら、パーティで知合ったエキゾチックな美女ソフィアに一目惚れ。彼の心変わりに気づいたジュリーは、彼とドライブ中、車中で怒りのあまり交通事故を起こしてしまう。ハンサムだった顔が、見る影もない醜さに変貌、そしてデビッドの人生は奈落の底へ。然、投げ込まれたデヴィッドは、愛の本質を求めながら旅を続けていく。そして、旅の終わりに彼が見たものは・・・。スペイン映画『オープン・ユア・アイズ』をキャメロン・クロウ監督がリメイクし、トム・クルーズが主演したサスペンス。ソフィアのみ、オリジナルと同じくペネロペ・クルスが演じている。ストーリーはオリジナルに忠実で、馴染みのポップな曲をふんだんに使い、主人公の心の迷いや苦悩、恐怖を表現している。キャスティングでは、ジュリーを演じたキャメロン・ディアスが強烈。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全126件

バニラ・スカイ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:126件

再びキャメロン・ディアス

投稿日

2006/05/30

レビュアー

勝王

「メリーに首ったけ」のかわいいキャメロン・ディアスを見ていたら、この映画を思い出しました。この映画を見ると、キャメロンが単なるかわいこちゃんじゃないことが、よーく分かります。悪女役のキャメロンですが、トム・クルーズ(の演じる男)に惚れた弱みとか、隠している純情さとか、そんなところまでちゃんと感じさせるのが凄いです。私はキャメロンがかわいそうで。役柄ならともかく、私生活でもペネロペにうつつを抜かし、金髪美人のニコールを捨てたトムは許せません。というか、トムがニコールに捨てられたのかも知れませんね。ニコールにはそんな強さを感じるのですが、この映画のキャメロンはどこかに人の良さがにじみ出ていて、ホント、かわいそうです。映画の方はトム・クルーズが醜くなるのですが、「エレファントマン」並みになるのかと思ったらそうでもなく、ほどほどの醜さ。話も「オープン・ユア・アイズ」を見てしまった後だったので、驚きはなかったですが、せっかく悪夢と現実を行き来するのですから、悪夢の描写にもっとメリハリがあればと思いました。つまらなくはないものの、イマイチという感じです。

ラストで主人公が選んだ道とは・・・

投稿日

2008/07/26

レビュアー

のぶなが

無人のタイムズスクエアにただ一人いる主人公の夢から物語が始まり・・・多くの人は途中でおそらく彼が妄想の世界に迷い込んでいることは感づくと思いますが、ラストの完全謎解きはなかなか予想は出来ないのではないでしょうか。

ラストのどんでん返しはサスペンスのお決まりパターンですが、僕が思うこの映画の見所はどんでん返しだけではなく、その後の結末にかけての主人公の語る言葉や行動が重要だと思いました。裕福でかっこよくて、何不自由なく生きてきた彼が最後の最後になって気づいたこととは・・・

ただ、観た人それぞれの解釈があるので、はまれる人はすごくはまる映画だろうし、決して後味の良い映画ではないので、好き嫌いもはっきり出るタイプの作品です。正直、僕の周りの評判は平均すればそれほど高くないです。だから、あまり期待しないで観た訳なんですが、以外に心を打つものがありました。

この映画を観ると、同年に製作された『マルホランド・ドライブ』を思い出しました。結末は違いますが、内容的には近い部分があります。どちらの映画も数回観て、さらに味のある映画だと思っています。

この映画は『オープン・ユア・アイズ』の完全リメイクですが、音楽や映像の観点から言うと、『バニラ・スカイ』の方が好きです。『バニラ・スカイ』を先に観てしまったからかもしれませんが・・・トム・クルーズの出演作品では、『レインマン』や『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』が好きですが、この映画も良かったです。万人受けはしないと思いますが、観てない方は試しに暇なときにでもご覧になってください。

それにしても、『オープン・ユア・アイズ』と『バニラ・スカイ』のどちらにもソフィア役で出演しているペネロペ・クルスはきれいですね。トム・クルーズが惚れるのも無理もないです。

どんな映画?

投稿日

2007/07/22

レビュアー

ruby

「バニラスカイ」観たよ。と友人に言ったら、
「どうだった?」と、当然のように聞かれた。



そうだな、どういう映画かな。と暫し考えて。
「キャメロンと、ペネロペどっちが好きって映画だよ」
と言って「そんな映画なの?????」と首を傾げられた。



本当だって、ペネロペとキャメロン、どっちが可愛い?
どっちが好み?って映画です。






以上。




キャメロンディアスの違う顔

投稿日

2004/06/17

レビュアー

berry☆

キャメロンディアスがこんなにもシリアス系にハマるなんて正直驚きです。イメージが、セクシーな笑顔の素敵な人だし。だからこそこんな感じの役どころが意外で恐さを出しているのかも。ベネロペよりずっと存在感ありましたね。

それにしても三角関係のもつれは恐いですよね。本当に相手を思えば思うほどこんな狂気に走る者もいると・・・やたらそのシーンだけが印象に残っちゃって^^; やっぱりあっさり引き下がるのも大事なのかしら??

見果てぬ夢。そして夢(旅)の終わりに彼が見たものは・・・。

投稿日

2003/07/14

レビュアー

angel

ハンサムで裕福、若くエリート、それに加えて自由奔放なプレイボーイを気取るデビッドは、恋人ジュリーがいながら、パーティで知合ったエキゾチックな美女ソフィアに一目惚れ。彼の心変わりに気づいたジュリーは、彼とドライブ中、車中で怒りのあまり交通事故を起こしてしまう。ハンサムだった顔が、見る影もない醜さに変貌、そしてデビッドの人生は奈落の底へ。然、投げ込まれたデヴィッドは、愛の本質を求めながら旅を続けていく。そして、旅の終わりに彼が見たものは・・・。スペイン映画『オープン・ユア・アイズ』をキャメロン・クロウ監督がリメイクし、トム・クルーズが主演したサスペンス。ソフィアのみ、オリジナルと同じくペネロペ・クルスが演じている。ストーリーはオリジナルに忠実で、馴染みのポップな曲をふんだんに使い、主人公の心の迷いや苦悩、恐怖を表現している。キャスティングでは、ジュリーを演じたキャメロン・ディアスが強烈。

6〜 10件 / 全126件