ザ・カップ 夢のアンテナ

ザ・カップ 夢のアンテナの画像・ジャケット写真

ザ・カップ 夢のアンテナ / ウゲン・トップゲン

全体の平均評価点:(5点満点)

13

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「ザ・カップ 夢のアンテナ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

ヒマラヤ山麓の僧院で修行に励む若い僧侶たちがサッカーのワールドカップの中継に夢中になる姿を描いた異色コメディ。監督は実際にチベット仏教の高僧で、登場する僧侶たちもほとんどが本物の修行僧という。製作は「ラストエンペラー」等のジェレミー・トーマス。ヒマラヤの山麓にある僧院。ウゲンたち少年僧は美しい大自然の中、修行に勤しむ毎日。だが、本当は気もそぞろで修行どころじゃなかった。それもそのはず、今はW杯の開催中でサッカーが大好きな彼らはそのことで頭がいっぱいなのだ。

「ザ・カップ 夢のアンテナ」 の作品情報

作品情報

製作年: 1999年
製作国: ブータン/オーストラリア
原題: PHORPA

「ザ・カップ 夢のアンテナ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ユーザーレビュー:13件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全13件

こんなの借りたっけ?

投稿日:2003/10/10 レビュアー:たけちゃん

「少林サッカー」をイメージしたら痛い目(?)に遭います。
リーリンチェイの「少林寺」とも違います。
「ジダン」好きはチェックが必要かも‥

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ゾンサル・ケンツェ・リンポチェさんの映画第一弾

投稿日:2008/06/01 レビュアー:まや族

ブータン版ファンシーダンス
って感じで僧院の生活がかいまみれて、必見です。

チベット文化がいろいろ分かりためになりました。

ゾンサル・ケンツェ・リンポチェさんの来日時トークショーも必見です。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

日本の教育に携わる皆様に見ていただきたい ネタバレ

投稿日:2007/09/15 レビュアー:こにゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

てっきりブータンの僧院が舞台なのかと思ってたけど、インド在住の亡命チベット僧達の話でした。あまり見る機会のないブータンの風景や社会をブータンの監督が描いた映画だと思ってたのでちょっとがっかり。
でも、監督をはじめ出演者たちもチベット仏教の高僧方が多数出演していることもあって深い映画ですね。ワールドカップのTV中継が見たくて大騒ぎの少年僧を見事にそのことをもって心理的に一段成長させてしまう先生、素敵です。やはり人間の器が違う!今騒がれてる日本の学校教育のゴタゴタって生徒と同じ精神レベルの教師が教えてるせいなのかもって思ってしまう。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

どうだろ?! ネタバレ

投稿日:2006/09/08 レビュアー:りんか

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ワールドカップというあたりにひかれて見てみたが、サッカーはあまり関係なく、また、コメディーでもなかったかも。
サッカーと僧という部分をどう描いたか?という部分よりは、
純粋に少年たちの生き様を描いた作品だった。
少年たちの生き様を見て、心うたれる部分はあった。
チベットという国の背景を知っていたほうが、理解しやすい作品でもあるかも。

なにしろ、サッカーシーンを期待したり、異色コメディーと思ってみないほうがよいです。


このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

ザ・カップ 夢のアンテナ <自己満足度 2/5>

投稿日:2006/08/26 レビュアー:Don’t think,Feel!

「少林サッカー」の ほのぼの版という感じです。
昔から引き続かれる仏教を 今の時代にあった形で継承すれば
よいという場面は見所。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全13件

ザ・カップ 夢のアンテナ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:13件

こんなの借りたっけ?

投稿日

2003/10/10

レビュアー

たけちゃん

「少林サッカー」をイメージしたら痛い目(?)に遭います。
リーリンチェイの「少林寺」とも違います。
「ジダン」好きはチェックが必要かも‥

ゾンサル・ケンツェ・リンポチェさんの映画第一弾

投稿日

2008/06/01

レビュアー

まや族

ブータン版ファンシーダンス
って感じで僧院の生活がかいまみれて、必見です。

チベット文化がいろいろ分かりためになりました。

ゾンサル・ケンツェ・リンポチェさんの来日時トークショーも必見です。

日本の教育に携わる皆様に見ていただきたい

投稿日

2007/09/15

レビュアー

こにゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

てっきりブータンの僧院が舞台なのかと思ってたけど、インド在住の亡命チベット僧達の話でした。あまり見る機会のないブータンの風景や社会をブータンの監督が描いた映画だと思ってたのでちょっとがっかり。
でも、監督をはじめ出演者たちもチベット仏教の高僧方が多数出演していることもあって深い映画ですね。ワールドカップのTV中継が見たくて大騒ぎの少年僧を見事にそのことをもって心理的に一段成長させてしまう先生、素敵です。やはり人間の器が違う!今騒がれてる日本の学校教育のゴタゴタって生徒と同じ精神レベルの教師が教えてるせいなのかもって思ってしまう。

どうだろ?!

投稿日

2006/09/08

レビュアー

りんか

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ワールドカップというあたりにひかれて見てみたが、サッカーはあまり関係なく、また、コメディーでもなかったかも。
サッカーと僧という部分をどう描いたか?という部分よりは、
純粋に少年たちの生き様を描いた作品だった。
少年たちの生き様を見て、心うたれる部分はあった。
チベットという国の背景を知っていたほうが、理解しやすい作品でもあるかも。

なにしろ、サッカーシーンを期待したり、異色コメディーと思ってみないほうがよいです。


ザ・カップ 夢のアンテナ <自己満足度 2/5>

投稿日

2006/08/26

レビュアー

Don’t think,Feel!

「少林サッカー」の ほのぼの版という感じです。
昔から引き続かれる仏教を 今の時代にあった形で継承すれば
よいという場面は見所。

6〜 10件 / 全13件