ザ・ハリケーンの画像・ジャケット写真

ザ・ハリケーン / デンゼル・ワシントン

全体の平均評価点:(5点満点)

75

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

映画賞受賞作品

旧作

ジャンル :

「ザ・ハリケーン」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

映画賞受賞作品

旧作

解説・ストーリー

デンゼル・ワシントンが実在のボクサーに扮した人間ドラマ。無実の罪によって30年間も投獄された黒人ボクサー、ハリケーン。彼がその疑いを晴らすまでの波乱に満ちた半生を、事件経過を織り交ぜながら描いてゆく。ハリケーンに扮したデンゼルの熱演が秀逸。ボクサーとしての絶頂期に、いわれのない殺人罪で投獄されたルービン・“ハリケーン”・カーター。ある時、彼が獄中で執筆した自伝を読んだ少年レズラは、その背後に人種偏見がある事を知り、彼の釈放運動に立ち上がる。

「ザ・ハリケーン」 の作品情報

作品情報

製作年:

1999年

製作国:

アメリカ

原題:

THE HURRICANE

受賞記録:

2000年 ベルリン国際映画祭 銀熊賞(男優賞)
1999年 ゴールデン・グローブ 男優賞(ドラマ)

「ザ・ハリケーン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

カウボーイ&エイリアン

チャンプ

アントワン・フィッシャー/きみの帰る場所

ライセンス・トゥ・キル 殺しのライセンス

ユーザーレビュー:75件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 10件 / 全75件

怒りが込み上げて来る ネタバレ

投稿日:2009/02/21 レビュアー:ミッキー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

人種差別を題材にした映画をみるといつも腹立たしく思う。
ハリケーンを観ていても、怒りと同時に悲しくなり、胸が痛くなった。同じ人間なのにどうして黒人と言うだけで、あんなに酷い事が出来るのだろうか?
少年レズラが何と無く古本屋で買った一冊の本・・・
この出会いがハリケーンを自由へ導く。
出会うべくして出会う。やっぱり神様はいたのですね。
カナダ人三人、彼らの行動は素晴らしかった。
脅しにも屈せず最後まで戦った。
「きっと連れて帰る」その言葉に胸が熱くなり、涙が出た。
今年、アメリカは黒人の大統領が誕生した。
根深く残るアメリカの人種問題が一日も早く無くなる事を祈るばかりです。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

黒人ボクサー「ハリケーン」の奇跡・・・

投稿日:2009/01/24 レビュアー:mikitty.

素晴らしい映画です。オバマ新大統領誕生の時に偶然観れたことに感謝したいと思います。これからのアメリカにとってハリケーンと言う人物とそれを取り巻く多くの方々の惜しみない善意を忘れないことを願っています。正義は勝ちました。とても感動しました。オバマ大統領お願いします。世界中の辞書から人種差別と言う言葉をなくして下さい。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

渾身

投稿日:2008/03/23 レビュアー:100万回生きた猫

これは冤罪物の中でも群を抜いていい映画です。
ハリケーン役のデンゼル・ワシントンが渾身の演技力で演じきってます。
彼は俳優としてというより、一人の人間としてハリケーンを演じたかったんだと思います。
デンゼルだけでなく監督、スタッフ、キャスト、皆がこの冤罪事件の記憶を後世に残すため、全身全霊で撮った映画なのだと感じました。

“こっこ”さんが書いておられるように、特典映像に出てきた本物のハリケーンは穏やかな笑顔の人で、あれほどの酷い目に遭わされたことを微塵も感じさせません。そんな人だからこそ、彼を最後まで支援し続けた人たちが居たんだと思いました。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

衝撃的な映画

投稿日:2007/11/14 レビュアー:hana

実際に起きた出来事を映画化しているのですが、私はとてもショックを受けました。黒人に対する人種差別はよく問題にされてきましたが、無罪の人間を牢屋に入れてしまうとは。30年という長い年月を刑務所で暮らさなくてはならなかったハリケーンの胸中を思うといたたまれません。もしかしたら、彼以外の人の中にも無罪の罪をかぶせられた人が沢山いたかも知れないと思うと恐ろしいです。
自伝を読んで彼に手紙を書くレズラはとても勇気のある少年だと思います。私なら行動に移せないと思います。そして、彼を信じることができることも素晴らしいと思います。
この映画は様々なことを考えさせてくれる映画だと思います。この映画を観なければ、冤罪について深く考えることはなかったかもしれません。この映画をつくってくれた人たちに感謝です。
本当にこの映画は素晴らしいと思います。オススメの映画です。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

デンゼルの熱演に魅了される

投稿日:2007/05/26 レビュアー:ゆみゆみ

人種差別によって殺人罪という冤罪をきせられ投獄された黒人ボクサー、
ルービン・ハリケーン・カーターが、自由を勝ち取るまでの半生を描いた作品。

古本市で黒人少年レズラが、ハリケーンの自伝を手に取ることから全ては始まる。
この偶然がなければ、決してハリケーンの自由はなかった。
彼の人生に自分をダブらせ感銘を受け、無実を確信し、一人動き出す。
レズラの踏み出した一歩の波及効果は、それはそれは大きい。
絶望を味わない為に希望を持たずに生きるハリケーンが、再び闘うことを決心したのも、
ハリケーンを釈放させようと危険を顧みず無実の証拠を探すカナダ人3人を突き動かしたのも。

他人なのに、ハリケーンの手足となって彼の無実を証明しようと奮闘する彼らは本当に尊敬する。
一銭も貰わずに長年弁護してきた弁護団も然り。
そんな善人がいる反面、ボクシングのジャッジにしても不当な裁判にしても、
偏見や人種差別がまかり通ってしまう世の中を作り出す悪人たちもいる。
その中で、差別に対して決して屈しないハリケーンの不屈の精神が凄い。
彼らが州の警察・検事局と闘い、釈放を勝ち得たという事実は感動を与えてくれる。

ハリケーンの奪われた年月は、あまりにも大きい。
彼の払ったいわれなき代償と同じ分だけの裁きが、悪人たちにも下されたのだろうか・・・

デンゼル・ワシントンの演技は、まさに秀逸。
懲罰房の中で情緒不安な己を律する場面、判決を前にレズロと対話する場面、
特にこの二つが素晴らしかった。
アンコウさんも言ってるけど、この作品の演技でアカデミー賞を獲って欲しかったなぁ。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 10件 / 全75件

ザ・ハリケーン

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:75件

怒りが込み上げて来る

投稿日

2009/02/21

レビュアー

ミッキー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

人種差別を題材にした映画をみるといつも腹立たしく思う。
ハリケーンを観ていても、怒りと同時に悲しくなり、胸が痛くなった。同じ人間なのにどうして黒人と言うだけで、あんなに酷い事が出来るのだろうか?
少年レズラが何と無く古本屋で買った一冊の本・・・
この出会いがハリケーンを自由へ導く。
出会うべくして出会う。やっぱり神様はいたのですね。
カナダ人三人、彼らの行動は素晴らしかった。
脅しにも屈せず最後まで戦った。
「きっと連れて帰る」その言葉に胸が熱くなり、涙が出た。
今年、アメリカは黒人の大統領が誕生した。
根深く残るアメリカの人種問題が一日も早く無くなる事を祈るばかりです。

黒人ボクサー「ハリケーン」の奇跡・・・

投稿日

2009/01/24

レビュアー

mikitty.

素晴らしい映画です。オバマ新大統領誕生の時に偶然観れたことに感謝したいと思います。これからのアメリカにとってハリケーンと言う人物とそれを取り巻く多くの方々の惜しみない善意を忘れないことを願っています。正義は勝ちました。とても感動しました。オバマ大統領お願いします。世界中の辞書から人種差別と言う言葉をなくして下さい。

渾身

投稿日

2008/03/23

レビュアー

100万回生きた猫

これは冤罪物の中でも群を抜いていい映画です。
ハリケーン役のデンゼル・ワシントンが渾身の演技力で演じきってます。
彼は俳優としてというより、一人の人間としてハリケーンを演じたかったんだと思います。
デンゼルだけでなく監督、スタッフ、キャスト、皆がこの冤罪事件の記憶を後世に残すため、全身全霊で撮った映画なのだと感じました。

“こっこ”さんが書いておられるように、特典映像に出てきた本物のハリケーンは穏やかな笑顔の人で、あれほどの酷い目に遭わされたことを微塵も感じさせません。そんな人だからこそ、彼を最後まで支援し続けた人たちが居たんだと思いました。

衝撃的な映画

投稿日

2007/11/14

レビュアー

hana

実際に起きた出来事を映画化しているのですが、私はとてもショックを受けました。黒人に対する人種差別はよく問題にされてきましたが、無罪の人間を牢屋に入れてしまうとは。30年という長い年月を刑務所で暮らさなくてはならなかったハリケーンの胸中を思うといたたまれません。もしかしたら、彼以外の人の中にも無罪の罪をかぶせられた人が沢山いたかも知れないと思うと恐ろしいです。
自伝を読んで彼に手紙を書くレズラはとても勇気のある少年だと思います。私なら行動に移せないと思います。そして、彼を信じることができることも素晴らしいと思います。
この映画は様々なことを考えさせてくれる映画だと思います。この映画を観なければ、冤罪について深く考えることはなかったかもしれません。この映画をつくってくれた人たちに感謝です。
本当にこの映画は素晴らしいと思います。オススメの映画です。

デンゼルの熱演に魅了される

投稿日

2007/05/26

レビュアー

ゆみゆみ

人種差別によって殺人罪という冤罪をきせられ投獄された黒人ボクサー、
ルービン・ハリケーン・カーターが、自由を勝ち取るまでの半生を描いた作品。

古本市で黒人少年レズラが、ハリケーンの自伝を手に取ることから全ては始まる。
この偶然がなければ、決してハリケーンの自由はなかった。
彼の人生に自分をダブらせ感銘を受け、無実を確信し、一人動き出す。
レズラの踏み出した一歩の波及効果は、それはそれは大きい。
絶望を味わない為に希望を持たずに生きるハリケーンが、再び闘うことを決心したのも、
ハリケーンを釈放させようと危険を顧みず無実の証拠を探すカナダ人3人を突き動かしたのも。

他人なのに、ハリケーンの手足となって彼の無実を証明しようと奮闘する彼らは本当に尊敬する。
一銭も貰わずに長年弁護してきた弁護団も然り。
そんな善人がいる反面、ボクシングのジャッジにしても不当な裁判にしても、
偏見や人種差別がまかり通ってしまう世の中を作り出す悪人たちもいる。
その中で、差別に対して決して屈しないハリケーンの不屈の精神が凄い。
彼らが州の警察・検事局と闘い、釈放を勝ち得たという事実は感動を与えてくれる。

ハリケーンの奪われた年月は、あまりにも大きい。
彼の払ったいわれなき代償と同じ分だけの裁きが、悪人たちにも下されたのだろうか・・・

デンゼル・ワシントンの演技は、まさに秀逸。
懲罰房の中で情緒不安な己を律する場面、判決を前にレズロと対話する場面、
特にこの二つが素晴らしかった。
アンコウさんも言ってるけど、この作品の演技でアカデミー賞を獲って欲しかったなぁ。

6〜 10件 / 全75件