1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. サスペンスのDVDレンタル
  5. レイジング・ブレット 復讐の銃弾

レイジング・ブレット 復讐の銃弾

レイジング・ブレット 復讐の銃弾の画像・ジャケット写真

レイジング・ブレット 復讐の銃弾 / サリー・フィールド

全体の平均評価点:(5点満点)

9

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「レイジング・ブレット 復讐の銃弾」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

『24 TWENTY FOUR』のキーファー・サザーランドが極悪非道な殺人犯を演じたサスペンス。主婦のカレンは、惨殺された長女の死体を発見。犯人として食料品店の配達員が逮捕されるが、彼は無罪放免となり…。

「レイジング・ブレット 復讐の銃弾」 の作品情報

作品情報

製作年:

1996年

製作国:

アメリカ

原題:

EYE FOR AN EYE

「レイジング・ブレット 復讐の銃弾」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

バロウズの妻

24 リデンプション

24−TWENTY FOUR−ファイナルシーズン

シャギー・ドッグ

ユーザーレビュー:9件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 9件 / 全9件

これはいい傑作 ネタバレ

投稿日:2007/07/07 レビュアー:ケイアイ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 いやあ面白かったですね。サリーフィールドはおばさんになっても可愛いって感じがしますし、エドハリスはやさしいお父さんで、キーファーは、すごく憎たらしい極悪非道の奴、演技派の俳優たちがうまく演技している傑作です。
 目には目を、という原題そのままに、復讐をはたすわけですが、途中で正面きっての復讐ではなく、自分が犯罪者にならない復讐の方法を考え付いたのは、なかなか賢い。ブロンソンの、狼よさらば、を思い出させてくれました。J・ロペスの「イナフ」も近い感じの映画です。
 今、裁判でも問題になっていますが、家族を殺されたのに、死刑でなかれば、長くて20年もすれば殺人犯は釈放されて、社会復帰してしまう、日本の現実も納得がいかない。自分が同じ立場なら、一生を復讐することに生きがいをみつけて、とことん追い詰めていくだろうと思います。それにしても、あの裁判所のお粗末なことはなんでしょう。検察官はあれでやっていけるのかと唖然としますね。そいつが殺人犯とわかっていて、逮捕できないなんて、書類に書かれていることの契約不履行ごときで、殺人犯が解放されるなんて、なんといい加減なことだろう。そんなざる法なら、自分たちで恨みを晴らす、仕事人のような組織があってもいいのではないか。この映画の主人公に賛同する人はきっと多数のはずです。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

近年には無いキーファー・サザーランドの極悪ぶりが見もの

投稿日:2007/05/23 レビュアー:Tsugu

未公開作なれどサリー・フィールド、エド・ハリスと演技派を揃えたサスペンスドラマ。キーファー・サザーランドがえげつないレイプ魔を怪演してるけど、完璧とも言えるハマリぶりに『24』のイメージは全く有りません。チョット前は不適な面構えがお似合いの悪役キャラが多かったんですよね、キーファーって。

主人公(サリー・フィールド)の計画性のない短絡的な行動には、全く共感できないけど、母親ならではの複雑な内面表現はさすがと言えます。お話そのものは内容の割りに間延びした印象で緊迫感が続かない、少し勿体無い出来。ただ決して一本調子の物語では無く、夫婦の隙間や主人公を取り巻く人々の絡み合いを印象的に描いているので意外と楽しめたかな。それにしても気に入らないのは序盤、難癖つけて凶悪犯を無罪放免にしちゃう女弁護士、久々にマジツッコミしたくなるほどムカついちゃいました。

全体的に地味な印象は否めませんが、堅実な造りは最後まで観賞に耐え得るドラマになっていますね。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

野放しの狂犬 その名はキーファー。

投稿日:2007/11/08 レビュアー:tomio

最近は隠れた名作を探している。迷作を恐れず気になったら予備知識0で先ず観てみることはその第一歩。この『EYE for an EYE』(原題)もそうして出会った作品。
これはやはりキーファー無くしては語れないだろう。だって最低の外道をみごと演じきっている。乱暴で姑息で冷徹な獣。弱き者を犯し、殺したその手でのうのうとファミリーサイズのアイスクリームをほじくるアイツは誰の目にも有罪だ。観ているこちらも、アンタよぉ跡形もなく消えてくれよぉと激しく拒絶したくなる。そのくらいのなりきりぶりだった。
サリーフィールドは『ミセスダウト』の記憶にもある一直線タイプの母親を演じていて、個人的にも好感の持てる女優だが、今回はもう少し違う演じ方もあったのでは?(目に感情がよく表れていて良かったのですが)エドハリスはなぜかGジャンやらキャップがよく似合いますな。同じ被害者であり一番の理解者でもある夫。抑えながらも確かな印象を残す存在感は流石。
妹役の子も良いキャスティングかな。本当にあちらは子役のレベルが高い。
とまぁ ここまでは俳優陣の評価だが…肝心の脚本はと言えば、褒めるところよりももどかしい箇所を挙げたほうが盛り上がりそうな出来。ええ、それは観ればバレるとしても、決して退屈なわけではないし演出は飽きずにみさせてくれたと思う。問題提起に皮肉な答えを記した終わり方も消化不良の現状通りで私はよいのだと思うが。 50点前後で。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

悪役

投稿日:2007/08/18 レビュアー:かなえ

悪役のキーファーもいい感じです。24が好きなので、違ったキーファーがみれてワクワク。ファンならいいかも。ストーリー展開は思ったとおりなんですが、それなりです。もっとあっ!となる場面が欲しかったです。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 9件 / 全9件

レイジング・ブレット 復讐の銃弾

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:9件

これはいい傑作

投稿日

2007/07/07

レビュアー

ケイアイ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 いやあ面白かったですね。サリーフィールドはおばさんになっても可愛いって感じがしますし、エドハリスはやさしいお父さんで、キーファーは、すごく憎たらしい極悪非道の奴、演技派の俳優たちがうまく演技している傑作です。
 目には目を、という原題そのままに、復讐をはたすわけですが、途中で正面きっての復讐ではなく、自分が犯罪者にならない復讐の方法を考え付いたのは、なかなか賢い。ブロンソンの、狼よさらば、を思い出させてくれました。J・ロペスの「イナフ」も近い感じの映画です。
 今、裁判でも問題になっていますが、家族を殺されたのに、死刑でなかれば、長くて20年もすれば殺人犯は釈放されて、社会復帰してしまう、日本の現実も納得がいかない。自分が同じ立場なら、一生を復讐することに生きがいをみつけて、とことん追い詰めていくだろうと思います。それにしても、あの裁判所のお粗末なことはなんでしょう。検察官はあれでやっていけるのかと唖然としますね。そいつが殺人犯とわかっていて、逮捕できないなんて、書類に書かれていることの契約不履行ごときで、殺人犯が解放されるなんて、なんといい加減なことだろう。そんなざる法なら、自分たちで恨みを晴らす、仕事人のような組織があってもいいのではないか。この映画の主人公に賛同する人はきっと多数のはずです。

近年には無いキーファー・サザーランドの極悪ぶりが見もの

投稿日

2007/05/23

レビュアー

Tsugu

未公開作なれどサリー・フィールド、エド・ハリスと演技派を揃えたサスペンスドラマ。キーファー・サザーランドがえげつないレイプ魔を怪演してるけど、完璧とも言えるハマリぶりに『24』のイメージは全く有りません。チョット前は不適な面構えがお似合いの悪役キャラが多かったんですよね、キーファーって。

主人公(サリー・フィールド)の計画性のない短絡的な行動には、全く共感できないけど、母親ならではの複雑な内面表現はさすがと言えます。お話そのものは内容の割りに間延びした印象で緊迫感が続かない、少し勿体無い出来。ただ決して一本調子の物語では無く、夫婦の隙間や主人公を取り巻く人々の絡み合いを印象的に描いているので意外と楽しめたかな。それにしても気に入らないのは序盤、難癖つけて凶悪犯を無罪放免にしちゃう女弁護士、久々にマジツッコミしたくなるほどムカついちゃいました。

全体的に地味な印象は否めませんが、堅実な造りは最後まで観賞に耐え得るドラマになっていますね。

野放しの狂犬 その名はキーファー。

投稿日

2007/11/08

レビュアー

tomio

最近は隠れた名作を探している。迷作を恐れず気になったら予備知識0で先ず観てみることはその第一歩。この『EYE for an EYE』(原題)もそうして出会った作品。
これはやはりキーファー無くしては語れないだろう。だって最低の外道をみごと演じきっている。乱暴で姑息で冷徹な獣。弱き者を犯し、殺したその手でのうのうとファミリーサイズのアイスクリームをほじくるアイツは誰の目にも有罪だ。観ているこちらも、アンタよぉ跡形もなく消えてくれよぉと激しく拒絶したくなる。そのくらいのなりきりぶりだった。
サリーフィールドは『ミセスダウト』の記憶にもある一直線タイプの母親を演じていて、個人的にも好感の持てる女優だが、今回はもう少し違う演じ方もあったのでは?(目に感情がよく表れていて良かったのですが)エドハリスはなぜかGジャンやらキャップがよく似合いますな。同じ被害者であり一番の理解者でもある夫。抑えながらも確かな印象を残す存在感は流石。
妹役の子も良いキャスティングかな。本当にあちらは子役のレベルが高い。
とまぁ ここまでは俳優陣の評価だが…肝心の脚本はと言えば、褒めるところよりももどかしい箇所を挙げたほうが盛り上がりそうな出来。ええ、それは観ればバレるとしても、決して退屈なわけではないし演出は飽きずにみさせてくれたと思う。問題提起に皮肉な答えを記した終わり方も消化不良の現状通りで私はよいのだと思うが。 50点前後で。

悪役

投稿日

2007/08/18

レビュアー

かなえ

悪役のキーファーもいい感じです。24が好きなので、違ったキーファーがみれてワクワク。ファンならいいかも。ストーリー展開は思ったとおりなんですが、それなりです。もっとあっ!となる場面が欲しかったです。

6〜 9件 / 全9件