バーフライ

バーフライの画像・ジャケット写真

バーフライ / ミッキー・ローク

全体の平均評価点:(5点満点)

7

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「バーフライ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

LAのダウンタウンを舞台に、世を捨てた男女の恋愛を描いたラブ・ストーリー。下町の酒場で酒をあおってはバーテンダーと喧嘩ばかりしている売れない作家のヘンリー。彼はその多才な感性のため社会に属さず、気ままな生活を繰り返していた。そんなある日、人生に冷め、酒浸りの毎日を送る一人の女と出会う。互いに同じような生活を続ける二人はいつしか愛し合うように……。

「バーフライ」 の作品情報

作品情報

製作年: 1987年
製作国: アメリカ
原題: BARFLY

「バーフライ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ダイアナ妃の小説家

白いドレスの女

サラマンダー

ドン・ファン

ユーザーレビュー:7件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

6〜 7件 / 全7件

やっぱりミッキーが好き。 ネタバレ

投稿日:2011/09/29 レビュアー:やまやま

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ジャケット写真を見たとき、えっ!?これがミッキー・ローク?と、かなりショックを受けました。むくんだ下膨れの頬と横ジワのおでこに、もはやナイン・ハーフのイケメンの面影は全く感じられません。でも、1987年の制作ですよね。崩れるのはまだ早いよね。顔だけじゃなく、カラダもブヨブヨで太り気味。これって役作り? それとも自前? ミッキーファンとしては気になるところです。

ヘンリー(ミッキー)は朝からお酒を飲んで一日中酔っ払っています。お酒を飲んではケンカして、ボコボコに殴られての繰り返し。仕事もしないからお金もないし、でも働く気もありません。ホームレス寸前のすさんだ生活ぶりが、どうしてもミッキーの実生活にダブって見えて仕方ありません。
だけどナゼか憎めないんですよね。実際、映画の中でもヘンリーはモテます。下着は何日も履き続け、洋服もずっと同じもの。見栄えが良いとはお世辞にも言えないのに、ナゼか女心をくすぐるんですね。
この辺も崩壊後のミッキーに重なってしまいます。…って、これ、自らが演じるミッキー映画? 「レスラー」の前編か? まあ、あちらはもっと壮絶ですが。「レスラー」のゆるバージョンと言うことにしておきましょう。

映画もゆるゆると進みます。特別に大きな出来事が起きるわけでも、ハラハラドキドキするわけでもないのですが、心地よい雰囲気が流れています。ヘンリーが二日酔いで間違って他人の部屋に入って、お酒や食料を失敬するシーンや、救急隊員との2度に渡るやり取りなど、クスッと笑える楽しいシーンもあります。
テンポの遅い展開にイライラする人もいるかもしれません。わたしは逆にゆっくりした進行を楽しみました。
お酒を片手に、ミッキーをじっくり観たい人には良いかも。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

うらやましい。

投稿日:2005/05/19 レビュアー:jet

酒びたりの生活、、、。
いいですね〜

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

6〜 7件 / 全7件

バーフライ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:7件

やっぱりミッキーが好き。

投稿日

2011/09/29

レビュアー

やまやま

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ジャケット写真を見たとき、えっ!?これがミッキー・ローク?と、かなりショックを受けました。むくんだ下膨れの頬と横ジワのおでこに、もはやナイン・ハーフのイケメンの面影は全く感じられません。でも、1987年の制作ですよね。崩れるのはまだ早いよね。顔だけじゃなく、カラダもブヨブヨで太り気味。これって役作り? それとも自前? ミッキーファンとしては気になるところです。

ヘンリー(ミッキー)は朝からお酒を飲んで一日中酔っ払っています。お酒を飲んではケンカして、ボコボコに殴られての繰り返し。仕事もしないからお金もないし、でも働く気もありません。ホームレス寸前のすさんだ生活ぶりが、どうしてもミッキーの実生活にダブって見えて仕方ありません。
だけどナゼか憎めないんですよね。実際、映画の中でもヘンリーはモテます。下着は何日も履き続け、洋服もずっと同じもの。見栄えが良いとはお世辞にも言えないのに、ナゼか女心をくすぐるんですね。
この辺も崩壊後のミッキーに重なってしまいます。…って、これ、自らが演じるミッキー映画? 「レスラー」の前編か? まあ、あちらはもっと壮絶ですが。「レスラー」のゆるバージョンと言うことにしておきましょう。

映画もゆるゆると進みます。特別に大きな出来事が起きるわけでも、ハラハラドキドキするわけでもないのですが、心地よい雰囲気が流れています。ヘンリーが二日酔いで間違って他人の部屋に入って、お酒や食料を失敬するシーンや、救急隊員との2度に渡るやり取りなど、クスッと笑える楽しいシーンもあります。
テンポの遅い展開にイライラする人もいるかもしれません。わたしは逆にゆっくりした進行を楽しみました。
お酒を片手に、ミッキーをじっくり観たい人には良いかも。

うらやましい。

投稿日

2005/05/19

レビュアー

jet

酒びたりの生活、、、。
いいですね〜

6〜 7件 / 全7件