セッション

セッションの画像・ジャケット写真

セッション / マイルズ・テラー
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

93

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

ジャンル :

「セッション」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

名門音楽大学に入学したニーマン(マイルズ・テラー)はフレッチャー(J・K・シモンズ)のバンドにスカウトされる。ここで成功すれば偉大な音楽家になるという野心は叶ったも同然。だが、待ち受けていたのは、天才を生み出すことに取りつかれたフレッチャーの常人には理解できない〈完璧〉を求める狂気のレッスンだった。浴びせられる罵声、仕掛けられる罠…。ニーマンの精神はじりじりと追い詰められていく。恋人、家族、人生さえも投げ打ち、フレッチャーが目指す極みへと這い上がろうともがくニーマン。しかし…。

「セッション」 の作品情報

作品情報

製作年: 2014年
製作国: アメリカ
原題: WHIPLASH

「セッション」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

パージ

ウルフ・アット・ザ・ドア

ダイバージェント

未来警察

ユーザーレビュー:93件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

86〜 90件 / 全93件

見る価値があります

投稿日:2015/10/08 レビュアー:kanchan101

どのようにこの映画を見るかは、それぞれの人の立ち位置で決まると思います。
スポ根ドラマと見るか、ジャズで感動するドラマと見るか、最後の場面の教師(伝道師)との融和のヒューマン的と見るか、宗教のオーム的な融和、厳しくされればされるほど、ナルシシスト的な世界に浸ると見るかそれぞれの立場で違うでしょう。
私には一種の恋愛劇と見ました。相思相愛の女性を捨てて、倒錯した汚い男性を選ぶ(最後のアイコンタクトはまさに二人の恋愛の世界)映像の世界でした。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

狂気と熱狂

投稿日:2015/10/04 レビュアー:はるちゃん

プロフェッショナルの教授と、アマチュアの学生の間の間にあった音楽に臨む執念や、狂気に近い執着には、当然ながら温度差があった。
その温度差が徐々に縮まり、二人が互角に渡り合うまでの軌跡が
みもの。
JAZZになじみのない人も、心地よいBGMで興味を持ちそう。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

何か足りない

投稿日:2015/10/04 レビュアー:みどり

なんだろう…物足りない。
最後まで嫌がらせにも程がある師匠だが、あれが才能を引き出す為のギリギリの崖っぷちの作戦であるならば…小賢しい。
もう少し分かりやすい脚本演出もあったのでは。
の割には、最後まで飽きること無く観られます。時間は短いけど(^_^;)

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

最後は正座して見入っていました。

投稿日:2015/09/29 レビュアー:salem

昨今の教師・教授による体罰問題や人格否定にたいする感じ方は欧米でも同じなのかなぁ?やっぱ文化は違えどスパルタ教育って自分を高めてくれそうな魅力と「これは憂さ晴らしか?」みたいな疑問の混ざり合ったものなんだね。

見ていて感じたのは、ああいう強い指導って癖になるときはなるよなーって。そして中毒みたいになってきてだんだんその強い指導のなかにも好みっていうか「こういう感じで強く欲しいな」ってのがでてきて、ある瞬間その通りに行かなくなるといっきにプッツンして「そこはこう来てほしいんだよ!」みたいな怒りを向けるって感じ。と解釈できました。わかるわー。
結局厳しい指導に耐えている強い精神、ではなくて強さを崇拝することでしか保てない精神の弱さがあって、そこから脱却してはじめてまともな鍛錬ができるってことだと思うよ。

最後はどうかな?シンプルさが強烈だから「おい!」と「わお!」が同時に出ちゃう感じでした。

とにかく緊張感というかテンションというか、張りつめてんなーって映画です。

それにしても、こういう系でテーマになりそうなのはアメリカンフットボールだけど、これはジャズなんだね。フットボールくらい発想がタフだよなー。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

面白かったです。

投稿日:2015/09/26 レビュアー:take

面白かったです。
団の指導者が怖かった
演奏がよかった

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

86〜 90件 / 全93件

セッション

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:93件

見る価値があります

投稿日

2015/10/08

レビュアー

kanchan101

どのようにこの映画を見るかは、それぞれの人の立ち位置で決まると思います。
スポ根ドラマと見るか、ジャズで感動するドラマと見るか、最後の場面の教師(伝道師)との融和のヒューマン的と見るか、宗教のオーム的な融和、厳しくされればされるほど、ナルシシスト的な世界に浸ると見るかそれぞれの立場で違うでしょう。
私には一種の恋愛劇と見ました。相思相愛の女性を捨てて、倒錯した汚い男性を選ぶ(最後のアイコンタクトはまさに二人の恋愛の世界)映像の世界でした。

狂気と熱狂

投稿日

2015/10/04

レビュアー

はるちゃん

プロフェッショナルの教授と、アマチュアの学生の間の間にあった音楽に臨む執念や、狂気に近い執着には、当然ながら温度差があった。
その温度差が徐々に縮まり、二人が互角に渡り合うまでの軌跡が
みもの。
JAZZになじみのない人も、心地よいBGMで興味を持ちそう。

何か足りない

投稿日

2015/10/04

レビュアー

みどり

なんだろう…物足りない。
最後まで嫌がらせにも程がある師匠だが、あれが才能を引き出す為のギリギリの崖っぷちの作戦であるならば…小賢しい。
もう少し分かりやすい脚本演出もあったのでは。
の割には、最後まで飽きること無く観られます。時間は短いけど(^_^;)

最後は正座して見入っていました。

投稿日

2015/09/29

レビュアー

salem

昨今の教師・教授による体罰問題や人格否定にたいする感じ方は欧米でも同じなのかなぁ?やっぱ文化は違えどスパルタ教育って自分を高めてくれそうな魅力と「これは憂さ晴らしか?」みたいな疑問の混ざり合ったものなんだね。

見ていて感じたのは、ああいう強い指導って癖になるときはなるよなーって。そして中毒みたいになってきてだんだんその強い指導のなかにも好みっていうか「こういう感じで強く欲しいな」ってのがでてきて、ある瞬間その通りに行かなくなるといっきにプッツンして「そこはこう来てほしいんだよ!」みたいな怒りを向けるって感じ。と解釈できました。わかるわー。
結局厳しい指導に耐えている強い精神、ではなくて強さを崇拝することでしか保てない精神の弱さがあって、そこから脱却してはじめてまともな鍛錬ができるってことだと思うよ。

最後はどうかな?シンプルさが強烈だから「おい!」と「わお!」が同時に出ちゃう感じでした。

とにかく緊張感というかテンションというか、張りつめてんなーって映画です。

それにしても、こういう系でテーマになりそうなのはアメリカンフットボールだけど、これはジャズなんだね。フットボールくらい発想がタフだよなー。

面白かったです。

投稿日

2015/09/26

レビュアー

take

面白かったです。
団の指導者が怖かった
演奏がよかった

86〜 90件 / 全93件