ハート・ロッカー

ハート・ロッカーの画像・ジャケット写真
ハート・ロッカー / ジェレミー・レナー
全体の平均評価点:
(5点満点)

237

  • DVD
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「ハート・ロッカー」 の解説・あらすじ・ストーリー

「ハートブルー」「K−19」のキャスリン・ビグロー監督が、テロの脅威が続く混沌のイラクを舞台に、死と隣り合わせの日常を生きるアメリカ軍爆発物処理班の男たちの姿を力強く描き出した緊迫の戦争アクション。主演は「28週後...」のジェレミー・レナー。2004年夏、イラクのバグダッド郊外。アメリカ陸軍ブラボー中隊の爆発物処理班は、班長の殉職を受けてジェームズ二等軍曹を新リーダーとして迎え入れることに。そして、サンボーン軍曹とエルドリッジ技術兵を補佐役とする3人ひと組の爆弾処理チームは、任務明けまで常に死の危険が孕む38日間を共にしていく。そんな彼らには、狂気と緊張に満ちあふれた数々の試練や悲しみが待ち受けていた…。

「ハート・ロッカー」 の作品情報

製作年: 2008年
製作国: アメリカ
原題: THE HURT LOCKER
受賞記録: 2009年 アカデミー賞 作品賞
2009年 NY批評家協会賞 作品賞
2009年 LA批評家協会賞 作品賞

「ハート・ロッカー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ハート・ロッカーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
131分 日 吹 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 PCBE73669 2010年09月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
249枚 15人 7人

関連作品

ユーザーレビュー:237件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

76〜 80件 / 全237件

この作品面白い?

投稿日:2010/09/08 レビュアー:なおくん

内容からして疲れる位の緊張感ある作品と思い鑑賞したが、爆発する瞬間は雰囲気で判断できる上、爆弾処理を行っていない時の展開にはなんの魅力もなく・・
期待が大きかったせいもあるかも知れないけれど、あまりにも期待外れ。
久しぶりに何度も爆睡してもうた!w
なぜこんなに評価が高いんだろう?
ただ普通これ系俺は大好きなはずなんだけどなぁ。
それだけに残念!^^;

ちなみにこの作品レンタル開始1日前に発送確定!
ウエイト掛けてたから?こんなことあるんやねぇ。
もしかして俺が知らなかっただけで常識なの?

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

良くも悪くもアカデミー受賞作品

投稿日:2010/09/03 レビュアー:デジコン

過去のアカデミー賞作品タイトルを見ると、”なぜこの作品が?”と思う映画が皆さんにも有るはずです。
個人的にこのハートロッカーもその中のひとつになりました。

「ハンバーガーヒル」、「フルメタルジャケット」等と比較しても、こちらはインディーズレベル。
製作意図が違うので、派手な戦争アクション大作である「プライベート・ライアン」、「ブラックホークダウン」などと比べること事態がナンセンスなのは、理解しています。

されとて、兵士の苦悩や心理描写を傷々しいほど切なく描いた作品かと思えば、それも大したことがない。

ジェイムズキャメロン監督の前妻というネームバリューと、イラク派兵問題に絡んだ政治作だったために取り上げられたようなものでしょう。良くも悪くも、”アカデミー賞作品”です。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

観る者に強烈な体験をさせる。

投稿日:2010/07/24 レビュアー:元レンタルビデオ店長

冒頭から爆弾処理の緊張感のある映像から始まり、ガイ・スピアーズが早々に爆死する。この冒頭で、普段の現実生活とは重なる事は無い世界に、否応なしに戦場へと強い引力で引きこまれ、観る者に強烈な体験をさせる。

徹底的にリアルを追求した本作。リアリティに満ちた緊迫感で映し出す映像は、さほど目新しくも無いが、物語の切込みが斬新で興味深い。現在の戦争を描き、尚且つ全ての戦争の本質の一つを描いた作品だ。人間が戦争の本質をどう認識するかということを描くことこそが、作るべき戦争映画だと思うのだが、見事にこの映画は描かれていると思う。(全てではないが。)

FPSゲーム(First Person Shooting)をしているのが印象的だった。「Gears of War」というエイリアンと戦うサバイバル・アクションゲームなのだが、現実的なゲーム「コール オブ デューティ 」などがあるのに、あえてGears of Warをしているのは、今いる場所からの現実逃避にも思える。

反戦というバックグラウンドもあるのだが、それが押し付けがましくもなく、戦争を批判していない事が、この映画の良さでもある。(政治的なものも見え隠れしているのかもしれんが。)

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

さすがオスカー受賞作品。ネタバレ

投稿日:2010/07/23 レビュアー:KEE

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する



う〜ん、納得。

これも全く情報なしで行ったんですが、ほんとすごい迫力でした。
これは是非、観るべき。

大好きな Anthony Mackieが出ているので期待して行きました。
今回かなり大事な役柄、サンボーン役です。
途中まで、まさか主演?とか思ってしまいましたが違いました。

主演のはずないよね、Jeremy Rennerが主演男優賞ノミネートされてたのに。

Jeremy Renner文句ない演技です。

彼が演じるジェームズ軍曹、彼は無茶苦茶なんだけど、腕はいい。
非情なようで実は優しい。
くせがあるよね。
見事に演じきってます。

やはりイラク、アフガンを体験した米軍のみなさんたちにはこういう人が多いですね。
私の知り合いにも結構います。
任期の終了を待ちわびるんだけど、国に帰っても生きている感じがしない、といいます。
結局また、危険な任務に身を投じる。
そこでしか、生きられない、と私の友人もいいました。

The rush of battle is often a potent and lethal addiction, for war is a drug. というセリフが冒頭にあります。
これは、もちろんその場にいないとわからないと思いますが、事実なんだと思う。
もちろん人にもよるんだろうけど。。。

それにしてもKathryn Bigelow監督お見事です。
女性がつくった映画には思えない。
でも「K-19」もミリタリームービーだったし、得意分野には違いありませんね。

私は Guy Pearceの短い出番にも驚きましたが、 David Morse に気がつきませんでした(笑)





このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

危険依存症

投稿日:2018/09/23 レビュアー:alterd

戦場の危険に憑りつかれた男の話だった。
3人の爆発物処理班だが後方支援を待たず自分でガンガン行動する。
行動を共にすると危険に巻き込まれるので仲間がこっそり殺そうとするくらいだった。
だが、イラクの少年とサッカーをする心優しい所もあった。
ただ危険が好きなのだ。
それを知ってかアメリカに残した妻には離婚を言い渡していた。
赤ん坊の息子も居た。
映画中盤、荒野で850m離れた建物に居た敵の狙撃兵を数人倒した作戦を機に中隊は徐々に打ち解ける。
しかし、またもや無謀な作戦に為、技術兵が全治6ヵ月の傷を負いアメリカ本土送りになる。
帰り際、「あんたの無謀な作戦のせいでこうなった」となじる。
残った相棒の黒人兵は「よくあんな危険ことが出来るな」不思議がる。
任期終了でアメリカの妻子の元へ帰った男はスーパーの買い物と息子の子守りに飽き足らず、またもや、1年間の任務に戻った。
世の中には様々な依存症があるが、危険依存症もあるようだ。
そんな命知らずの兵士を演じたジェレミー・レナーがハマッていた。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

76〜 80件 / 全237件

ハート・ロッカー

月額課金で借りる

都度課金で借りる