アバター

アバターの画像・ジャケット写真
アバター / サム・ワーシントン
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

425

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「アバター」 の解説・あらすじ・ストーリー

「ターミネーター」「タイタニック」のジェームズ・キャメロン監督が、3D技術をはじめ最先端の映像テクノロジーを存分に駆使して描くSFアクション超大作。戦争で負傷し車いす生活を余儀なくされた元海兵隊員のジェイク。ある時、彼は“アバター・プロジェクト”にスカウトされる。それは、地球から遥か彼方の衛星パンドラで、莫大な利益をもたらす希少な鉱物を採掘するための事業。そのために、人間に有害なパンドラの環境で活動できるよう先住民ナヴィと人間のDNAを掛け合わせた肉体“アバター”が造られていた。そしてジェイクに課せられた任務は、そのアバターに意識をリンクさせ、遠隔操縦によりパンドラで生活し、ナヴィ族との交流を図ることだったのだが…。

「アバター」 の作品情報

製作年: 2009年
製作国: アメリカ
原題: AVATAR
受賞記録: 2009年 アカデミー賞 撮影賞
2009年 ゴールデン・グローブ 作品賞(ドラマ)

「アバター」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

アバターの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
162分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR39603 2010年04月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
209枚 18人 7人

アバターのシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

【Blu-ray】アバター(ブルーレイ)

  • 旧作

22世紀、人類は地球から遠く離れた惑星パンドラで《アバター・プロジェクト》に着手していた。この星の先住民ナヴィと人間のDNAを組み合わせた肉体《アバター》を創ることで、有毒な大気の問題をクリアし、莫大な利益をもたらす鉱物を採掘しようというのだ。この計画に参加した元兵士ジェイクは車椅子の身だったが、《アバター》を得て体の自由を取り戻す。パンドラの地に降り立ち、ナヴィの族長の娘ネイティリと恋に落ちるジェイク。しかし彼はパンドラの生命を脅かす任務に疑問を抱き、この星の運命を決する選択を強いられていく・・・。

収録時間: 字幕: 音声:
162分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chDTS/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXR39603 2010年04月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
199枚 3人 5人

【Blu-ray】アバター〈3D〉(ブルーレイ)

  • 旧作

「ターミネーター」「タイタニック」のジェームズ・キャメロン監督が、3D技術をはじめ最先端の映像テクノロジーを存分に駆使して描くSFアクション超大作。戦争で負傷し車いす生活を余儀なくされた元海兵隊員のジェイク。ある時、彼は“アバター・プロジェクト”にスカウトされる。それは、地球から遥か彼方の衛星パンドラで、莫大な利益をもたらす希少な鉱物を採掘するための事業。そのために、人間に有害なパンドラの環境で活動できるよう先住民ナヴィと人間のDNAを掛け合わせた肉体“アバター”が造られていた。そしてジェイクに課せられた任務は、そのアバターに意識をリンクさせ、遠隔操縦によりパンドラで生活し、ナヴィ族との交流を図ることだったのだが…。

収録時間: 字幕: 音声:
162分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語/(ロスレス)
3:DTS/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXM39603 2014年11月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
21枚 1人 2人

1〜 2件 / 全2件

関連作品

ユーザーレビュー:425件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

71〜 75件 / 全425件

映像は3Dならではの美しさが画面いっぱい広がり・・・

投稿日:2010/03/23 レビュアー:mikitty.

まるで惑星パンドラの不思議な森の中にいるような気がしました。これからは3D映像が主流になるのでしょうか、楽しみです。
ストーリーは少しダラダラ長く感じました。戦闘のシーンが長かったような気がします。主人公がアバターになりパンドラの地に行くのですが、人間に戻ったりアバターになったり繰り返しが多く疲れました。少し凝縮して中身の濃い物にしたら良かったのに、と思ってしまいました。でも、ラストはちょっと胸が熱くなりました。終ってみればラブストーリー!?
この映画は3D映像で楽しむことをお勧めしたいです。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

生命は善で、機械は悪なのでしょうか?ネタバレ

投稿日:2012/07/02 レビュアー:辛口マイルド

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

度肝を抜く映像の迫力と極彩色の世界は圧巻でした。私は2Dでの鑑賞でしたが、たとえ3Dでなくとも現時点で見る価値のある作品だと思います。

ただ、惜しむらくはストーリーの核心部分がいただけません。ナヴィとして転生する主人公が身体障害者であるという点が目を引くぐらいで、終始どこか既視感のある物語でした。ナヴィがあそこまで人類に酷似しているというのも理由がないと納得しにくいところ。特に、性交渉らしきシーンは入れない方がよかった気がします。

また、ちょっと乱暴ではありますが、SF映画の『マトリックス』(キアヌー・リーブス主演)とどこか通底している感じもしました。あの物語では機械が精密化して人格が生まれ、仮想現実で人間を搾取する未来像が描かれていました。つまり、一つの惑星上の生物が一種メカニカル(コンピューター的?)な統合機能を持つという本作の考え方の反対です。

後半ではナヴィの惑星は生物が深く結びついたユートピアとして描かれ、そこに無理やり進入していく邪悪な人類という構図になっています。

「生命への賛歌」「科学技術に奢った人類への警鐘」といったメッセージ性があまりにあらわに感じられました。生命は善で、機械は悪なのでしょうか? たとえ娯楽映画であっても出来ればもう一歩踏み込んで欲しいところ。蛇足ですが、前述の『マトリックス』にはそこを言い切らないだけの賢明さが有りました。

――以上、散々文句を書いておいて何ですが、ナヴィの肉体を得た主人公が成長していく過程は心躍る楽しいものです。異世界の生物や植物、空に浮かぶ島など、見所は満載。これでもう少しストーリーに新味があったらなぁ……と思うのは望みすぎでしょうか^^;

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

子供がレンタル

投稿日:2011/03/27 レビュアー:才谷屋

3D映画を娘が当時劇場にて鑑賞。
坊主がいまさらだがレンタルかごに入れてきたので私も一緒に観てみた。
3Dだと違った感じで観れちゃうんでしょうね〜。
まーなんというか普通の映画として意見を言わしてもらうならば…
上も下もなく内容もいたって普通。
坊主が喜んで観てたんで☆3、3Dで観るなら評価も上がるのかしら?
まーそんなとこです。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

何度見ても楽しめる

投稿日:2011/01/13 レビュアー:山林

えー? あんな青くてデカ鼻の気色悪い宇宙人と恋愛するの? 信じられない。
と敬遠していたが、観賞して目からうろこが落ちた。この映画は面白い。

物語は王道まっしぐら。実に判りやすい。
レビューを散見すると良く出てくる「パクリ」の言葉。
たしかに「ナウシカ」「もののけ姫」「ダンス・ウィズ・ウルブス」「ラスト・サムライ」「ポカホンタス」に似ている部分はある。
しかし、そんなこと言い始めたらほとんどの映画は別の映画にどこか似ているのはあたりまえではないだろうか?
いまどき完全な「オリジナル」の映画はほぼ無いといっても過言ではないだろうか。
素直にキャメロン監督が作り出した新しい惑星の美しさに目を奪われよう。

個人的にお勧めの観賞方法はまず一度は映画全編を鑑賞し、そして二度目は「ニコニコ動画」の生解説と一緒に見る方法。
「アバター 生解説」で検索すると、清水崇監督と樋口真嗣監督が「アバター」について語っている動画があるので、その動画と一緒に映画を鑑賞するのです。
おバカな話から「へー」と呻るトリビア話まで「アバター」の世界を大きく広げる手助けになります。
(キャメロン監督はわざとCGっぽい映像にしているとか、ナヴィの顔を作ったCGクリエイターが昔「ファイナルファンタジー」の映画で顔を作っていた人だったとか、など。)

圧倒的な映像美とスケールの大きさで、見ているものをあっという間にその世界観に引き込む手腕はさすが。
3D映像を楽しむには劇場で観賞するのが最も良いのだろうが、2D映像で自宅で観賞する分にも何ら遜色は無い。
噛めば噛むほど味が出る素昆布みたいな映画。
続編がもう2作品作られるという話なのでワクワクして待とう。
少々男くさい映画なので、女性や小さい子供には敬遠される方もいるでしょう。ご注意。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

シュールな人種に馴染めない

投稿日:2011/01/05 レビュアー:bell

 物語の状況を把握するのに少々時間がかかった。今でもよく分からない。あのカプセルに入るとなぜナヴィ族になれるのか、ワープしてるのか、これがアバターって意味なのか。
 しかし空想のまったく非現実の世界は、日常に埋もれたわたしの頭を刺激し、新鮮な風を吹き込んでくれた。映像は美しいし、現れる風景や生き物は原初を思わせて、地球の根源的なものを感じさせる。
 ファンタジーと呼ぶには、華々しい戦闘が始まったりして重々しいところもあるが、視覚的にはエンターテインメントと呼ぶには相応しい映画だった。こういう設定を考え、アイデアを映像化してしまうのが素晴らしい。

 時は未来なのだろうけど、テーマは自然や人間との関わり、人間の強欲さなどが感じられ、現代に対する警告とも受け取れそうである。そんなメッセージ性も感じられるが、やや分かりづらいと感じた。
 これを子供たちが観たらどう感じるのだろうか。単なるカッコいいとか凄いとかで終わってしまわなければ良いと思う。
 エンターテインメントにメッセージ性なんて必要ないのかもしれないけど、それでも一時の流行だけで過ぎ去ってしまうようだと残念に思う。テーマパークに観に行ったような娯楽的感覚だけが印象に残ってしまうのが、気になるところだ。

 ところでわたしはアバターの濃いブルーのシュールな映像が、気持ち悪いと言うか恐々しいと言うか、どうも馴染めない。なのでこの世界は一度観て、繰り返し観たいとは思えない世界なのです。★★★★

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

71〜 75件 / 全425件

アバター