おとうと

おとうとの画像・ジャケット写真

おとうと / 吉永小百合

全体の平均評価点:(5点満点)

73

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「おとうと」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

「男はつらいよ」シリーズ、「たそがれ清兵衛」の名匠・山田洋次監督の10年ぶりの現代劇となる家族の絆の物語。しっかり者の姉と問題ばかりを起こしてきた愚かな弟が繰り広げる再会と別れを、笑いと涙を織り交ぜ切なくも感動的に綴る。主演は「母べえ」の吉永小百合と「ディア・ドクター」の笑福亭鶴瓶。東京で薬局を営む高野吟子は、夫を早くに亡くし、女手ひとつで一人娘の小春を育ててきた。その小春もエリート医師との結婚が決まり、喜びもひとしお。ところが式の当日、音信不通だった吟子の弟、鉄郎が突然現われた。酒癖が悪く、たびたび問題を起こしてきた家族の鼻つまみ者。周囲の心配をよそに、またしても酔って披露宴を台無しにしてしまう鉄郎だったが…。

「おとうと」 の作品情報

作品情報

製作年: 2009年
製作国: 日本

「おとうと」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

家族

シネマ歌舞伎 人情噺文七元結

妖しき文豪怪談「鼻」「後の日」

3年B組金八先生 第5シリーズ

ユーザーレビュー:73件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

71〜 73件 / 全73件

金属疲労…(T_T)/~~~

投稿日:2010/08/16 レビュアー:118

それなりのキャストでそれなりの演技、卒のない仕上がりなのですが、話の展開がいかにも古い!山田監督の世界と言えばそうなのだが…ディアドクターと見比べてしまうと、数段落ちてしまう。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

手慣れた映画づくり

投稿日:2010/08/11 レビュアー:casey25

山田洋次監督による手慣れた作品です。
SMAPの中井や寅さんの蛾次郎や吉本の芸人などが一発芸で出てかなり遊んでます。また幸田文の「おとうと」の名場面(最後のひもを
結びあう場面)もちゃんと取り入れています。
しかしこの映画で特筆すべきは出演者の豪華な顔ぶれでしょう。
吉永小百合も釣瓶も蒼井優も加瀬亮もそれぞれ良い味をだしてます。
ただもう一つしっくりこないというのは吉永さゆりと釣瓶の芸風が
全く違いそのうえ姉と弟にはどうしても見えないことです。
お互いに自分の芸を上手くこなしてはいるが融合し作品全体を盛り上げるところまで至ってない気がします。
例えば吉永さゆりが釣瓶と二人きりの場面でどうして完全な大阪弁にならないのでしょう?
ここに監督の特別な意図がなにかあるのでしょうか?

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

どこにでもいるもんね

投稿日:2010/08/10 レビュアー:ひろ

こんなダメダメな人っているよねー。でも実際いると迷惑でかかわりたくないんだけどね。

吉永さんはいつみても若いですねー。どうしようもない弟を見捨てられず最後まで見届けるやさしさ。いい演技です。星3つ半

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

71〜 73件 / 全73件

おとうと

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:73件

金属疲労…(T_T)/~~~

投稿日

2010/08/16

レビュアー

118

それなりのキャストでそれなりの演技、卒のない仕上がりなのですが、話の展開がいかにも古い!山田監督の世界と言えばそうなのだが…ディアドクターと見比べてしまうと、数段落ちてしまう。

手慣れた映画づくり

投稿日

2010/08/11

レビュアー

casey25

山田洋次監督による手慣れた作品です。
SMAPの中井や寅さんの蛾次郎や吉本の芸人などが一発芸で出てかなり遊んでます。また幸田文の「おとうと」の名場面(最後のひもを
結びあう場面)もちゃんと取り入れています。
しかしこの映画で特筆すべきは出演者の豪華な顔ぶれでしょう。
吉永小百合も釣瓶も蒼井優も加瀬亮もそれぞれ良い味をだしてます。
ただもう一つしっくりこないというのは吉永さゆりと釣瓶の芸風が
全く違いそのうえ姉と弟にはどうしても見えないことです。
お互いに自分の芸を上手くこなしてはいるが融合し作品全体を盛り上げるところまで至ってない気がします。
例えば吉永さゆりが釣瓶と二人きりの場面でどうして完全な大阪弁にならないのでしょう?
ここに監督の特別な意図がなにかあるのでしょうか?

どこにでもいるもんね

投稿日

2010/08/10

レビュアー

ひろ

こんなダメダメな人っているよねー。でも実際いると迷惑でかかわりたくないんだけどね。

吉永さんはいつみても若いですねー。どうしようもない弟を見捨てられず最後まで見届けるやさしさ。いい演技です。星3つ半

71〜 73件 / 全73件