セッション

セッションの画像・ジャケット写真

セッション / マイルズ・テラー
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

93

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

ジャンル :

「セッション」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

名門音楽大学に入学したニーマン(マイルズ・テラー)はフレッチャー(J・K・シモンズ)のバンドにスカウトされる。ここで成功すれば偉大な音楽家になるという野心は叶ったも同然。だが、待ち受けていたのは、天才を生み出すことに取りつかれたフレッチャーの常人には理解できない〈完璧〉を求める狂気のレッスンだった。浴びせられる罵声、仕掛けられる罠…。ニーマンの精神はじりじりと追い詰められていく。恋人、家族、人生さえも投げ打ち、フレッチャーが目指す極みへと這い上がろうともがくニーマン。しかし…。

「セッション」 の作品情報

作品情報

製作年: 2014年
製作国: アメリカ
原題: WHIPLASH

「セッション」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ウォー・ドッグス

ストーリー・オブ・ラブ

ジェシカ・アルバの“しあわせの方程式”

クライシス・オン・アースX 最強ヒーロー外伝

ユーザーレビュー:93件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

66〜 70件 / 全93件

最後の最後の

投稿日:2016/01/24 レビュアー:ニーチェ

最後の最後の瞬間の、あの表情の変化。
あの瞬間を見た事によって、何の変哲も無い退屈な映画では無くなった。
見てよかったなと思えました。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

4つの面白さ(満点★5つ)

投稿日:2016/01/16 レビュアー:サッピ

4つの面白さ(満点★5つ)
迫力ある演奏シーンは船上の上のピアニストを彷彿させます。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

スゴイです

投稿日:2016/01/03 レビュアー:KEE

スゴイです。凄い凄いと前評判から聞いていましたが、あまりの迫力に疲れる、という話も聞いていて、 劇場公開中に見送ってしまったのを後悔してしまった。
狂気と狂気のぶつかり合い。
J.K.Simmons オスカー受賞、当然ですね。彼の " not quite my tempo" というセリフが耳から離れない!
監督、脚本はこれが2作目になるDamien Chazelle, 若いんだよね、彼!30歳ですよ。デビュー作も音楽のお話でした。
NYとJAZZ, かっこいいのです。ほぼ室内のスタジオの話なのにNYの香りタップリです。
この映画のタイトルにもなっている曲、WHIPLASH が本当にカッコいい!
J.K.SIMMONS演じるフレッチャーが何度も何度もやり直しをさせるから全然曲がすすまないんだけど。
メインドラマーになりたいアンドリューが血だらけになりながら練習する姿も、交通事故に遭っても演奏しようとするところも、もう、どっちも頭おかしいよ、と言いたくなる!
アンドリューの父親がホント素晴らしい。息子への愛に溢れてるんだよね。
息が止まるほどの緊張感がずっと続く映画です。ラストのCARAVANは圧巻。是非観て欲しい。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

jazzも聴いてみようかな

投稿日:2015/12/28 レビュアー:mn

rock,R&Bをよく聴き、たまに気取ってクラッシク。jazzは全く聴いてこなかったので、せっかくこれだけ面白い映画の、音楽の部分がイマイチ楽しめなかった。残念。何から聞き始めればいいのかな? ジャズ入門というタイトルのCDを探してみよう。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

従来の円満サクセス物の掟をぶち破った快作。

投稿日:2015/12/20 レビュアー:CCR

余りの世間の評判の良さに観るしかない気にさせた作品だ。そして評判通りに素晴らしい。音楽を題材にはしているがこれは我々の通常の仕事や学問においての自分が直面しているジャンルにそのまま置き換えられる奥が深いテーマだ。ジャズに詳しくなくてもこのサスペンス映画の様な痺れる緊迫感をほぼ終始引っ張っていく演出のパワーに引き込まれる。途中、楽譜を失くしたり、追突事故に遭ったり、スティックを忘れたりと偶然にしてもそんなに起こるかよと突っ込みたくなる様な主人公の再三のピンチも我々の人生に置き換えて振り返れば在り得る事が分かるのでやはりこの映画は我々の人生そのものを象徴する奥が深い内容だ。普通ならラストのコンサートで二人が和解して円満な終わり方が今までの映画の王道だったろう。しかし本作は最後にとんでもない、かくし玉を放り投げて来た。そしてラストのマイルズテラーの鬼気迫るドラムさばきに、ただただ感嘆である。JKシモンズの地じゃないかと思わせる程のこんな嫌な奴も我々の人生の中で一度は多くの人が遭遇してきた事があると思う。それががよりこの映画に親近感を持たせて魅力的にしている。最後も唐突に終わらせてフレッチャーはこの後ニーマンにどう接するのか観客に委ねる終わらせ方も憎い。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

66〜 70件 / 全93件

セッション

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:93件

最後の最後の

投稿日

2016/01/24

レビュアー

ニーチェ

最後の最後の瞬間の、あの表情の変化。
あの瞬間を見た事によって、何の変哲も無い退屈な映画では無くなった。
見てよかったなと思えました。

4つの面白さ(満点★5つ)

投稿日

2016/01/16

レビュアー

サッピ

4つの面白さ(満点★5つ)
迫力ある演奏シーンは船上の上のピアニストを彷彿させます。

スゴイです

投稿日

2016/01/03

レビュアー

KEE

スゴイです。凄い凄いと前評判から聞いていましたが、あまりの迫力に疲れる、という話も聞いていて、 劇場公開中に見送ってしまったのを後悔してしまった。
狂気と狂気のぶつかり合い。
J.K.Simmons オスカー受賞、当然ですね。彼の " not quite my tempo" というセリフが耳から離れない!
監督、脚本はこれが2作目になるDamien Chazelle, 若いんだよね、彼!30歳ですよ。デビュー作も音楽のお話でした。
NYとJAZZ, かっこいいのです。ほぼ室内のスタジオの話なのにNYの香りタップリです。
この映画のタイトルにもなっている曲、WHIPLASH が本当にカッコいい!
J.K.SIMMONS演じるフレッチャーが何度も何度もやり直しをさせるから全然曲がすすまないんだけど。
メインドラマーになりたいアンドリューが血だらけになりながら練習する姿も、交通事故に遭っても演奏しようとするところも、もう、どっちも頭おかしいよ、と言いたくなる!
アンドリューの父親がホント素晴らしい。息子への愛に溢れてるんだよね。
息が止まるほどの緊張感がずっと続く映画です。ラストのCARAVANは圧巻。是非観て欲しい。

jazzも聴いてみようかな

投稿日

2015/12/28

レビュアー

mn

rock,R&Bをよく聴き、たまに気取ってクラッシク。jazzは全く聴いてこなかったので、せっかくこれだけ面白い映画の、音楽の部分がイマイチ楽しめなかった。残念。何から聞き始めればいいのかな? ジャズ入門というタイトルのCDを探してみよう。

従来の円満サクセス物の掟をぶち破った快作。

投稿日

2015/12/20

レビュアー

CCR

余りの世間の評判の良さに観るしかない気にさせた作品だ。そして評判通りに素晴らしい。音楽を題材にはしているがこれは我々の通常の仕事や学問においての自分が直面しているジャンルにそのまま置き換えられる奥が深いテーマだ。ジャズに詳しくなくてもこのサスペンス映画の様な痺れる緊迫感をほぼ終始引っ張っていく演出のパワーに引き込まれる。途中、楽譜を失くしたり、追突事故に遭ったり、スティックを忘れたりと偶然にしてもそんなに起こるかよと突っ込みたくなる様な主人公の再三のピンチも我々の人生に置き換えて振り返れば在り得る事が分かるのでやはりこの映画は我々の人生そのものを象徴する奥が深い内容だ。普通ならラストのコンサートで二人が和解して円満な終わり方が今までの映画の王道だったろう。しかし本作は最後にとんでもない、かくし玉を放り投げて来た。そしてラストのマイルズテラーの鬼気迫るドラムさばきに、ただただ感嘆である。JKシモンズの地じゃないかと思わせる程のこんな嫌な奴も我々の人生の中で一度は多くの人が遭遇してきた事があると思う。それががよりこの映画に親近感を持たせて魅力的にしている。最後も唐突に終わらせてフレッチャーはこの後ニーマンにどう接するのか観客に委ねる終わらせ方も憎い。

66〜 70件 / 全93件