ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.の画像・ジャケット写真

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO. / 緒方恵美

全体の平均評価点:(5点満点)

66

全体の平均評価点:

DVD

シリーズ

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

シリーズ

解説・ストーリー

社会現象を巻き起こした「ヱヴァンゲリヲン」シリーズを全4部作として新たに製作した劇場版第3弾。前作から3年あまり、ついに完全新作としての「新たな物語」が始まる。宇多田ヒカルの楽曲や、併映の『巨神兵東京に現わる 劇場版』も収録。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.」 の作品情報

作品情報

製作年: 2012年
製作国: 日本

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

脚本: 庵野秀明
原作: 庵野秀明
音楽: 鷺巣詩郎

関連作品

関連作品

シャーマンキング 愛のかたち

スレイヤーズEVOLUTION−R

ダンガンロンパ The Animation

VS騎士ラムネ&40 炎

ユーザーレビュー:66件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

66〜 66件 / 全66件

期待してたんですけどね。(汗) ネタバレ

投稿日:2013/04/25 レビュアー:キヨ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

新劇場版って当初の話ではもっとスッキリしたものだと言っていた気がしたのですが…。
前作まではちゃんと戦おうとしていた姿勢を見せていたのに、結局、またTVと同じ道筋を辿ってんじゃね?

押井守が言っていた意味が分かる気がする。
観た限りでは庵野はエヴァを終わらせる気がない。
いつまで経っても答えを出さず、ただ視聴者に答えを出させるのである。
正直言うとそれはTV版でやったし、以前の劇場版でもやったのだからもう要らない。
すげーお金をかけて新劇場版をやるって聞いた時も、今も、劇場に足を運んでお金を払って観たい!って気持ちにならなかった。
今回のQを観てそれは確信に変わった。
この続きを書くなら、もっとハッキリとしたエンディングを書かない限り納得する人少ないんじゃないかな?
この世界観で終息するなら、新劇場版は不要だと言わざるをえない気がする。
もちろん、未だ熱が冷めやまぬ熱狂的な信者としたら「これぞエヴァ!」と唱える人がいるとは思うが、それは監督の甘えである。
元熱狂的信者としては方向を違えてるとしか思えません。

は、さておき、内容は…
世界を変える力を持った中二病の少年(碇シンジ)を不必要に追い込んだ結果、一部の大人の望みどおり世界が崩壊(ある意味では再生?)しそうになった…が、少年少女の希望がそれをかろうじて引き止めた…
って、ところですかな?

嫌いじゃないけどね…。
せっかく高い金をかけて作ったのに同じ事しかできないとなると…。(汗)
劇場へ観に行った人は「巨神兵」の特報の方が出来がいいって感動してましたっけ。(笑)

さて、どうやって落とすかの?それが楽しみでなりませんが。(笑)
ラスト手前でこの流れですから、スッキリしない感じで終わるのは確定です。
もし、今までと同じようにシンジの精神世界で掻き回すなら歴史にも記憶にも残らない作品になるでしょうね…。(汗)

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

66〜 66件 / 全66件

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:66件

期待してたんですけどね。(汗)

投稿日

2013/04/25

レビュアー

キヨ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

新劇場版って当初の話ではもっとスッキリしたものだと言っていた気がしたのですが…。
前作まではちゃんと戦おうとしていた姿勢を見せていたのに、結局、またTVと同じ道筋を辿ってんじゃね?

押井守が言っていた意味が分かる気がする。
観た限りでは庵野はエヴァを終わらせる気がない。
いつまで経っても答えを出さず、ただ視聴者に答えを出させるのである。
正直言うとそれはTV版でやったし、以前の劇場版でもやったのだからもう要らない。
すげーお金をかけて新劇場版をやるって聞いた時も、今も、劇場に足を運んでお金を払って観たい!って気持ちにならなかった。
今回のQを観てそれは確信に変わった。
この続きを書くなら、もっとハッキリとしたエンディングを書かない限り納得する人少ないんじゃないかな?
この世界観で終息するなら、新劇場版は不要だと言わざるをえない気がする。
もちろん、未だ熱が冷めやまぬ熱狂的な信者としたら「これぞエヴァ!」と唱える人がいるとは思うが、それは監督の甘えである。
元熱狂的信者としては方向を違えてるとしか思えません。

は、さておき、内容は…
世界を変える力を持った中二病の少年(碇シンジ)を不必要に追い込んだ結果、一部の大人の望みどおり世界が崩壊(ある意味では再生?)しそうになった…が、少年少女の希望がそれをかろうじて引き止めた…
って、ところですかな?

嫌いじゃないけどね…。
せっかく高い金をかけて作ったのに同じ事しかできないとなると…。(汗)
劇場へ観に行った人は「巨神兵」の特報の方が出来がいいって感動してましたっけ。(笑)

さて、どうやって落とすかの?それが楽しみでなりませんが。(笑)
ラスト手前でこの流れですから、スッキリしない感じで終わるのは確定です。
もし、今までと同じようにシンジの精神世界で掻き回すなら歴史にも記憶にも残らない作品になるでしょうね…。(汗)

66〜 66件 / 全66件