アバター

アバターの画像・ジャケット写真
アバター / サム・ワーシントン
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

425

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「アバター」 の解説・あらすじ・ストーリー

「ターミネーター」「タイタニック」のジェームズ・キャメロン監督が、3D技術をはじめ最先端の映像テクノロジーを存分に駆使して描くSFアクション超大作。戦争で負傷し車いす生活を余儀なくされた元海兵隊員のジェイク。ある時、彼は“アバター・プロジェクト”にスカウトされる。それは、地球から遥か彼方の衛星パンドラで、莫大な利益をもたらす希少な鉱物を採掘するための事業。そのために、人間に有害なパンドラの環境で活動できるよう先住民ナヴィと人間のDNAを掛け合わせた肉体“アバター”が造られていた。そしてジェイクに課せられた任務は、そのアバターに意識をリンクさせ、遠隔操縦によりパンドラで生活し、ナヴィ族との交流を図ることだったのだが…。

「アバター」 の作品情報

製作年: 2009年
製作国: アメリカ
原題: AVATAR
受賞記録: 2009年 アカデミー賞 撮影賞
2009年 ゴールデン・グローブ 作品賞(ドラマ)

「アバター」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

アバターの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
162分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR39603 2010年04月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
209枚 19人 9人

アバターのシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

【Blu-ray】アバター(ブルーレイ)

  • 旧作

22世紀、人類は地球から遠く離れた惑星パンドラで《アバター・プロジェクト》に着手していた。この星の先住民ナヴィと人間のDNAを組み合わせた肉体《アバター》を創ることで、有毒な大気の問題をクリアし、莫大な利益をもたらす鉱物を採掘しようというのだ。この計画に参加した元兵士ジェイクは車椅子の身だったが、《アバター》を得て体の自由を取り戻す。パンドラの地に降り立ち、ナヴィの族長の娘ネイティリと恋に落ちるジェイク。しかし彼はパンドラの生命を脅かす任務に疑問を抱き、この星の運命を決する選択を強いられていく・・・。

収録時間: 字幕: 音声:
162分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chDTS/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXR39603 2010年04月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
199枚 4人 5人

【Blu-ray】アバター〈3D〉(ブルーレイ)

  • 旧作

「ターミネーター」「タイタニック」のジェームズ・キャメロン監督が、3D技術をはじめ最先端の映像テクノロジーを存分に駆使して描くSFアクション超大作。戦争で負傷し車いす生活を余儀なくされた元海兵隊員のジェイク。ある時、彼は“アバター・プロジェクト”にスカウトされる。それは、地球から遥か彼方の衛星パンドラで、莫大な利益をもたらす希少な鉱物を採掘するための事業。そのために、人間に有害なパンドラの環境で活動できるよう先住民ナヴィと人間のDNAを掛け合わせた肉体“アバター”が造られていた。そしてジェイクに課せられた任務は、そのアバターに意識をリンクさせ、遠隔操縦によりパンドラで生活し、ナヴィ族との交流を図ることだったのだが…。

収録時間: 字幕: 音声:
162分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語/(ロスレス)
3:DTS/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXM39603 2014年11月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
21枚 3人 1人

1〜 2件 / 全2件

関連作品

ユーザーレビュー:425件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

56〜 60件 / 全425件

どっぷり、この映画の世界観にひたれました♪♪

投稿日:2010/03/30 レビュアー:BEEFジャーキー

* 映画館で見ました♪
 ちなみに3D初デビュー♪♪♪
 正直、あんま3Dの醍醐味は感じなかったけど、それでも大スクリーンで見て本当に良かったです♪
 映画を見るというよりは、実際に存在している異世界を体験しているかのようでした。出てくる生き物や植物…、映し出される全てに目を奪われました♪♪ほんと、目にする全てが美しかったです。地球じゃない別の惑星なんだと、随所に感じられました。大スクリーンで見る価値がありました♪

 この映画の中心となるのは、ナヴィという生きもの…、とても新鮮な生物でした。青色の肌に、トラのような黄色の瞳、そして獣のような肉体……、最初は不気味な生き物に映ったのですが、いつのまにか、ものスゴく美しい生命体に見えてきました。彼ら?彼女達?のしなやかな動き、そして生活風習や生き方そのものに、魅かれていきました(まるで、リアルにそこに存在しているかのような…、何というか、スゴく生活感がありました)。
 そして、いつしか、ナヴィが住むこの美しい星を、守りたくなる気持ちでいっぱいになりました。主人公を応援せずにはいられませんでした。

 正直、ストーリーそのものには、新鮮みはなかったのですが…、求めていたストーリー、見たかったストーリー…って感じでした。シンプルなストーリー展開こそが素晴しいのだという事を、改めて認識させられました♪
 ラストも、これ以上ないほどの満足のいく終わり方でした♪♪
 そうそう、こんな映画が見たかったんだ〜…、自分で意識せず求めていた映画に出会えたかのようで、とても嬉しかったです♪

 とにかく、素晴しい世界観でした♪
 今度はDVDで、ゆっくり堪能したいです♪♪♪
 そして、きっと、何度となく、この美しい惑星に住む、美しい生命体に会いたくなる事でしょう♪

 ちなみに、空に浮いている山を見た瞬間、『天空の城ラピュタ』を思い出しました。「あっ、あの中には飛空石が!!」…な〜んて(笑)♪

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

もうDVD!?

投稿日:2010/03/24 レビュアー:ホットケーキの誘惑

素早いですねぇ。話題になっている間にできるだけ売ってしまえという魂胆か・・・(笑)

「映画館でしか観られない」3Dに、まんまと乗っかった私。
あれだけの興行成績をあげられたのは、きっと私の様な人がいっぱいいたからでしょう。
ただただ、”どんなものかわからない”のが悔しかったのと、技術の進歩に触れたかったのです。

いやぁ、技術は確実に進歩してますねぇ。びっくりです。
そういう意味で楽しく鑑賞いたしました。
ストーリーも面白かったです。何がすごいって、あの、爬虫類を思わせる青い生物が、全く気持ち悪くないんです。
普通に感情を持った生き物として観ていられる。
こういう風に書くと、なんだか話はあんまり面白くなかった様な感じですが、なんかちょっと書きにくいんです。

面白くなかった訳ではない。むしろ面白かった方だと思う。
3Dがそんなにすごかった訳でもない。(経験できてよかったなぁという感じ)
特別感動した訳でもないし、あとでよく考えると「??」なところもあったり。
「ハレルヤマウンテン」を見て「ラピュタだ・・」と思ったのは私だけじゃないよね!?

私が観た劇場では、「3D」というより「奥行きのある2D」という表現が近いのではないか!?と思いました。
だからちょっと中途半端。もっとすごい体験ができたら、映画とは違う枠で考えられたのかも知れません。
私は、新し物好きですがちょっと古い人間なので、やっぱり映画は平面の世界で十分だと思うのです。
中途半端な奥行きなどいらない。
十分に奥行きを感じさせる映像は沢山あると思うし。
「感じさせる」というのが素敵なんです。
ひんやりとした感じがしたり、匂いがした様な気がしたり、そんな事です。

そんな事を言いつつ・・・
他の方のレビューをちら見して思ったのですが、「IMAX」というのはそんなにすごいんですか!?興味津々です(笑)










このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

悪くはないんだけどネタバレ

投稿日:2010/03/18 レビュアー:ゆいま

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

正直、「3D」という目新しさのみで興行収入を伸ばしたのかなあ・・って感じ。

ストーリーは、かなり使い古されたオーソドックスなもので、
意外な展開は全くない。
人間のエゴに搾取される原住民と原住民側に入れ込む主人公・・・よくあるストーリーです。

映像がすごい・・・ってことですが、すごいのはすごいけど・・・
3Dにする意味が??
この程度の奥行間は今までの2Dでも十分出せていたような気がするのですが気のせいですか?
USJとかのアトラクションを思い描いて見に行ったので、
ちょっとがっかりしました。
色彩なんかはとても美しいのですが、3Dとは関係ないし。
DVDでたら比べてみようかしら、と思いつつ、ストーリー的にたいしたひねりはないのでそれだけのためにレンタルするのもな・・と考え中。

映画館でまだ未見の方はDVDでも十分と思います。

個人的には、主人公がナヴィに入れ込んで行く様子が、
「現実逃避」に見えて仕方なかった。
それがダメとはいわないけど、物語が薄っぺらくなってる一因でもあるのでもうちょっと人間の内面を掘り下げてもよかったんではないかなと。

アカデミー賞とれなかったのは、やっぱり、
映画って映像だけじゃないってことではないでしょうか。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

後半がぐいぐい引き寄せられます

投稿日:2010/09/24 レビュアー:じゃじゃまる

長い映画で、最初の1時間でいったんとめてしまった。
でもこれからが面白かった。

3Dでみたら面白かったでしょうね〜。

カラフルな映像だし、でもあんな動物が飛び出して襲ってきたら怖いです〜

しかし人間は懲りない生き物ですね。

壊してしまったら元には戻らないのに。

途中の攻撃には吐き気が出たけど、『モニターを消せ』といった、あの指揮官、うん、少しは良心があったのね。

ラストは予想どうりでしたが、なかなかよかったです。
手に汗握ったし、エピソードも生かされていたし、ヒットした理由がわかりました。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

宮崎アニメの超綺麗なVFX版みたいなネタバレ

投稿日:2010/08/29 レビュアー:Bikke兄

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

3Dは未見です。この作品の売りの大半が、3Dである事は理解していますが、あえて通常2D鑑賞での感想です。

先住民ナヴィの住む、自然豊かな美しい星パンドラ。そのパンドラの金のなる鉱石を巡って、今も昔も未来も変わらぬ愚かな人間が、文明破壊を試みるという物語。
その設定もさる事ながら、登場する未来兵器や、空中に浮かぶ島、自然に宿る神の意思等、アニメならそのまま宮崎アニメ。
あえて挙げるなら、甘いロマンス話と『タイタニック』を連想させる音楽なんぞ、キャメロンそのものって感じです。

壮大ゆえに、登場人物ひとり一人の掘り下げが中途半端な事が残念。
主人公ジェイクが、どうして一人、強大な軍隊に反旗を翻すのか?ネイティリとの関係、ナヴィと自然の関係を知る中で、守らなければならない使命感を感じた…だけでは弱いんですよね。
半身不随の身上と、兄との関係をもう少し描かないといけないと思うのですが。
その辺りは、グレイス博士や、マイルズ大佐についてもで、大佐なんか超短絡的、脳ミソ筋肉的悪役としてしか映りません。
それでも133分という長尺。娯楽作品と割り切って、切り捨てるしかないかもしれませんね。

目新しさは無いものの、壮大なスケールのVFXは目を見張りるものがありますし、それは2DのDVDでも充分なのですが、劇場だったら臨場感が半端無い事は言うまでもないのでしょう。
登場する兵器もですが、今回は機械物よりもパンドラに生息する生物描写が見事!イクランに乗ってみたい♪

子供的目線で観ても、自然破壊はダメ!とか、勇気とか、伝わるとは思いますし、万人ウケという意味では、間違いなく面白い娯楽作品ですし、大ヒットもうなずけるというものです。
できるだけ大画面で。★★★★

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

56〜 60件 / 全425件

アバター