クロニクル

クロニクルの画像・ジャケット写真
クロニクル / デイン・デハーン
全体の平均評価点:
(5点満点)

73

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「クロニクル」 の解説・あらすじ・ストーリー

新人監督による低予算映画にもかかわらず、予測不能の展開と思春期の若者のリアルな心理描写が評判を呼び、全米初登場1位のサプライズ・ヒットを記録してセンセーションを巻き起こしたSF青春サスペンス。ある日突然手に入れた特殊な能力を使ってイタズラを重ねる平凡な高校生3人組が、いつしかその強大な力に自ら振り回され、思いもよらぬ事態を引き起こすさまを、ファウンドフッテージ・スタイルの臨場感あふれる映像で描き出していく。主演は本作でブレイクを果たした注目の若手、デイン・デハーン。監督も本作をきっかけに一躍ハリウッド期待の若手となったジョシュ・トランク。

「クロニクル」 の作品情報

製作年: 2012年
製作国: アメリカ
原題: CHRONICLE

「クロニクル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

クロニクルの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
85分 日・英 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 FXBR52506 2013年12月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
39枚 0人 0人

【Blu-ray】クロニクル(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
85分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語/(ロスレス)
2:DTS/サラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 FXXR52506 2013年12月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
23枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:73件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

56〜 60件 / 全73件

何なんだ?

投稿日:2014/02/01 レビュアー:saru50

何なんだ?これは? 昔の少年漫画のようなストーリーですな。
最初はちょっと期待していたのだが、途中から、ただもう単なるB級SF映画。
冒頭、主人公が「自分の記録」と四六時中ハンディカメラを回しはじめ、
どうような妨害があろうと辞めず、その執念の源は?なぜそこまで記録にこだわる?ずっと気になっていたのに・・・
単純に、出演者の目線(映像)をそのまま映画の映像として用いたかっただけなのか・・?(どこかで似たような設定の低予算映画を見たような)

薄っぺらい内容なだけに、そのカメラワークがめちゃくちゃ鼻につく!
不自然な出演者目線のカメラワークなど必要ない!普通に撮れや!

全米1って・・・他に目ぼしい作品がないところを狙った1W限りのランキングか?

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

若い人にはいいのかも。

投稿日:2014/01/31 レビュアー:カンナ

数十分は話ばかり。カメラもぐるぐる回り気持ち悪くなった。話がバラバラだし、物足りない。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

久々に面白い映画をみた

投稿日:2014/01/27 レビュアー:uti

ぶっちゃけAKIRAの焼き直しみたいなもんだけど
もう少しリアル。
AKIRAはアニメはまとめきれなくて残念な印象だったけど
AKIRAのエッセンスを上手く取り入れて、ラストもうまくまとめてあって
良かった。影響を受けた次の世代がこうやって作品を作ってくのはいい事だと思うし楽しめました。
脚本家の人なりに噛み砕いたAKIRAなのかな。
主人公のキャストもいいです。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

3人と言う数字…ネタバレ

投稿日:2014/01/26 レビュアー:さすらいの酔っぱらい

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ミステリーやサスペンスには3人が調度いい数字なのかも知れない、
例えば、
イーストウッド監督の『ミスティック・リバー』は
過去の経験が原因で、
運命が狂う三人の幼なじみが主人公だったし。
ボイル監督の『シャロウ・グレイブ』では、
三人のルームメイトが、
受け入れた四人目のルームメイトが原因で
これまた運命が狂う話だった…

三人共、境遇も性格もバラバラ、
でもそれなりに相手を尊重し、
御互いが御互いの領域を守っていた筈なのに、
『ある事』が原因で全てが崩れ、果ては傷つけ会う…

こう言った映画は、登場人物達の個性を深く知れば、
余計に恐ろしさを感じる事が出来ると思うので、
余り登場人物は多くない方がいい、
ボヤけてしまうような感じがするから、
故に3人と言う数字は映画に入り込めて調度いい。

ただ、この作品は少し変わっている、
切っ掛けは『たまたまいた三人が超能力を得た』事が切っ掛け、
SFに走りそうではあるけど、それは押さえ目にしてある。
最近また少し増えている、
カメラを撮影し続けると言う映像手法との組み合わせも、
大袈裟なバトルシーンにならなかったから良かったのかもしれない。
ま、この撮影手法、お金が掛からないって言うのもあるかもしれませんが。
超能力はあくまで『下敷き』であって、
段々壊れていく三人の関係がこの作品の見所だと思うので…

でも、終わりかたは何か続編の匂いも感じたかな
…そこはちとイヤらしさも。

それでも、余り日本では知られていない役者さんだったので
気張らずにみたせいか、全体的に以外と興味深く観れる作品でした、
特に一番壊れてしまったアンドリュー役のデイン・デハーン、
昔のディカプリオを彷彿とさせる堕ちっぷりが印象に残りましたが、
これから大作が続く役者さんみたいで、また楽しみにしたいです。


このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

期待しすぎた…

投稿日:2014/01/15 レビュアー:アンタナナリボ

ストーリーは淡々と過ぎていく感じ。

山場も盛り上がりにかける。

POVである必要があるのか疑問…

主人公は、アメージングスパイダーマン

2のハリーを演じるようだが、そちらに

期待したい。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

56〜 60件 / 全73件

クロニクル