ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.の画像・ジャケット写真

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO. / 緒方恵美

全体の平均評価点:(5点満点)

66

全体の平均評価点:

DVD

シリーズ

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

シリーズ

解説・ストーリー

社会現象を巻き起こした「ヱヴァンゲリヲン」シリーズを全4部作として新たに製作した劇場版第3弾。前作から3年あまり、ついに完全新作としての「新たな物語」が始まる。宇多田ヒカルの楽曲や、併映の『巨神兵東京に現わる 劇場版』も収録。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.」 の作品情報

作品情報

製作年: 2012年
製作国: 日本

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

脚本: 庵野秀明
原作: 庵野秀明
音楽: 鷺巣詩郎

関連作品

関連作品

新世紀エヴァンゲリオン

東京ESP

バビル2世

シャーマンキング 友情のかたち

ユーザーレビュー:66件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

56〜 60件 / 全66件

将棋は「打つ」ではなく「指す」という♪

投稿日:2013/07/01 レビュアー:まさかり

序〜破というのは結局ほぼ昔のエヴァの焼き直しで、
私は初代『機動戦士ガンダム』との共通点を追いながら試聴していました。

ガンダム・エヴァともにミドルティーンの主人公が父親の作った人型決戦兵器に乗る。
一方的に襲い掛かってくるシャア、ランバ・ラル、ガルマなんかを撃退するように、
次々と襲ってくる使徒を何とか倒していく。気づけばホワイトベースもネルフ本部も傷だらけ。
主人公の言う「僕はもう乗りたくありません」とか「僕が一番上手に乗れるのに」とか
「乗ればいいんでしょう」とかいうセリフも微妙にシンクロしているように思います。
せっかく守った民間人からクレームを付けられるあたりも、しっかり似せて作ってある。



ガンダムでは地球上(ジャブロー・オデッサ)で敵の攻勢を跳ね返し、
敵地(宇宙)へ侵攻していってボロボロになりながらも大団円。
その過程でニュータイプ覚醒があって主人公が本格的に無双化する展開。


これをエヴァに当てはめると、
序〜破は、ジャブローあたりまでの「相手の攻めを受け潰す」物語で、
破のラストでシンジ君の「覚醒」があったわけだから、
Qではソロモン、ア・バオア・クーのような舞台が用意されるのかと思っていたら……
急にガンダムルートから外れて、斬新なのか大味なのか…とにかく見たことのない展開に。




将棋の世界には相矢倉での91手組という定跡があって、
これは先手が一方的に攻め切ってしまう展開になるか、
あるいは後手が受けきって反撃するかという将棋になります。

そんなふうに過去の定跡を渋〜く踏襲しつつ、どこかのタイミングで
過去に指されたことのない新手が飛び出すものだと思っていました。
破の最後で封じた「封じ手」が開封されて、定跡手順の先にあるものが明らかになる…と。

実際には91手組定跡はスパッと諦めたのか、
玉も囲わずに飛車角を交換しまくるような力戦調の将棋に「いきなり」シフトしています。
途中まで見ていた相矢倉の将棋は(14年の間に)千日手・指し直しとなって、
横歩取り&角換わりの将棋が(14年の間に)中盤まで進んだところから見ている感じ。
とりあえず次回、詰むや詰まざるやの熱い終盤戦を期待します!!




しかし、将棋のタイトル戦中継だったら、
「封じ手 → 千日手成立 → 指し直し局の序盤」を
すべてカットして放送するなんてあり得ないですよねぇ。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

ちょっとびっくり ネタバレ

投稿日:2013/06/29 レビュアー:ながのり

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

まだ続いてて驚いた。世界観が前作と少し変わってて、なんかかおるくんが勿体無い。
巨人兵は別作品として、個人的には持ってきてほしく無かった!

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

う〜ん

投稿日:2013/06/19 レビュアー:tmo

よくわかりませんでした!!

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

なんというか・・・

投稿日:2013/06/19 レビュアー:ハマ

しまった!予定してた枠が思った以上に空いちゃったよ。とりあえず完結編への中継ぎしときますか?とも思えてしまう作品でした。
一言で言うなら「頂けない・・・。」

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

期待させて台無しにするのは今回も

投稿日:2013/06/02 レビュアー:yukkynaka

もうね、エヴァはいつもそう。期待させるだけさせといて急にがっかりさせる。
物語としてやってはいけないルール無視が多すぎ
敵がサードインパクトを起こそうと侵入してくるのを必死に守っていくはずの設定なのになんと主人公自身が起こしたとか
ミサトが前作で無理やり「乗りなさい」っていうからのって、敵を倒しみんなを救い、ヒロインを救出したはずが・・「もう乗らないで」とか
シンクロゼロのパイロットは危険視するくせにブンタアとかいう飛行機は初号機つかいまわしてたりとか
エヴァの呪い?急に年取らないとんでも設定とか
「フォースインパクトは起こさせない」ってギャグだろ

できそこないのケータイ小説か!!

最終話の最後の1分で巨大隕石落ちて地球滅亡、とかやられてもこの監督ならありうるってくらい理不尽。最低限のルールは守れよ、ってか勉強しろ、あんのさんよ

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

56〜 60件 / 全66件

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:66件

将棋は「打つ」ではなく「指す」という♪

投稿日

2013/07/01

レビュアー

まさかり

序〜破というのは結局ほぼ昔のエヴァの焼き直しで、
私は初代『機動戦士ガンダム』との共通点を追いながら試聴していました。

ガンダム・エヴァともにミドルティーンの主人公が父親の作った人型決戦兵器に乗る。
一方的に襲い掛かってくるシャア、ランバ・ラル、ガルマなんかを撃退するように、
次々と襲ってくる使徒を何とか倒していく。気づけばホワイトベースもネルフ本部も傷だらけ。
主人公の言う「僕はもう乗りたくありません」とか「僕が一番上手に乗れるのに」とか
「乗ればいいんでしょう」とかいうセリフも微妙にシンクロしているように思います。
せっかく守った民間人からクレームを付けられるあたりも、しっかり似せて作ってある。



ガンダムでは地球上(ジャブロー・オデッサ)で敵の攻勢を跳ね返し、
敵地(宇宙)へ侵攻していってボロボロになりながらも大団円。
その過程でニュータイプ覚醒があって主人公が本格的に無双化する展開。


これをエヴァに当てはめると、
序〜破は、ジャブローあたりまでの「相手の攻めを受け潰す」物語で、
破のラストでシンジ君の「覚醒」があったわけだから、
Qではソロモン、ア・バオア・クーのような舞台が用意されるのかと思っていたら……
急にガンダムルートから外れて、斬新なのか大味なのか…とにかく見たことのない展開に。




将棋の世界には相矢倉での91手組という定跡があって、
これは先手が一方的に攻め切ってしまう展開になるか、
あるいは後手が受けきって反撃するかという将棋になります。

そんなふうに過去の定跡を渋〜く踏襲しつつ、どこかのタイミングで
過去に指されたことのない新手が飛び出すものだと思っていました。
破の最後で封じた「封じ手」が開封されて、定跡手順の先にあるものが明らかになる…と。

実際には91手組定跡はスパッと諦めたのか、
玉も囲わずに飛車角を交換しまくるような力戦調の将棋に「いきなり」シフトしています。
途中まで見ていた相矢倉の将棋は(14年の間に)千日手・指し直しとなって、
横歩取り&角換わりの将棋が(14年の間に)中盤まで進んだところから見ている感じ。
とりあえず次回、詰むや詰まざるやの熱い終盤戦を期待します!!




しかし、将棋のタイトル戦中継だったら、
「封じ手 → 千日手成立 → 指し直し局の序盤」を
すべてカットして放送するなんてあり得ないですよねぇ。

ちょっとびっくり

投稿日

2013/06/29

レビュアー

ながのり

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

まだ続いてて驚いた。世界観が前作と少し変わってて、なんかかおるくんが勿体無い。
巨人兵は別作品として、個人的には持ってきてほしく無かった!

う〜ん

投稿日

2013/06/19

レビュアー

tmo

よくわかりませんでした!!

なんというか・・・

投稿日

2013/06/19

レビュアー

ハマ

しまった!予定してた枠が思った以上に空いちゃったよ。とりあえず完結編への中継ぎしときますか?とも思えてしまう作品でした。
一言で言うなら「頂けない・・・。」

期待させて台無しにするのは今回も

投稿日

2013/06/02

レビュアー

yukkynaka

もうね、エヴァはいつもそう。期待させるだけさせといて急にがっかりさせる。
物語としてやってはいけないルール無視が多すぎ
敵がサードインパクトを起こそうと侵入してくるのを必死に守っていくはずの設定なのになんと主人公自身が起こしたとか
ミサトが前作で無理やり「乗りなさい」っていうからのって、敵を倒しみんなを救い、ヒロインを救出したはずが・・「もう乗らないで」とか
シンクロゼロのパイロットは危険視するくせにブンタアとかいう飛行機は初号機つかいまわしてたりとか
エヴァの呪い?急に年取らないとんでも設定とか
「フォースインパクトは起こさせない」ってギャグだろ

できそこないのケータイ小説か!!

最終話の最後の1分で巨大隕石落ちて地球滅亡、とかやられてもこの監督ならありうるってくらい理不尽。最低限のルールは守れよ、ってか勉強しろ、あんのさんよ

56〜 60件 / 全66件