ゴーストライターの画像・ジャケット写真

ゴーストライター / ユアン・マクレガー

全体の平均評価点:(5点満点)

69

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「ゴーストライター」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

「戦場のピアニスト」の名匠ロマン・ポランスキー監督が、ロバート・ハリスの同名ベストセラーを「ムーラン・ルージュ」のユアン・マクレガー主演で映画化したサスペンス・ミステリー。自叙伝を発表する元英国首相にゴーストライターとして雇われた主人公が、国家を揺るがす危険な秘密に迫ったばかりに、恐るべき陰謀に巻き込まれていくさまをスリリングに描き出す。英国の元首相アダム・ラングの自叙伝執筆を依頼された一人のゴーストライター。政治に興味のない彼は気乗りしないままに、ラングが滞在するアメリカ東海岸の孤島へと向かう。そこでラングへの取材をしながら、事故死した前任者の仕事を引き継ぎ、原稿を書き進めていくが…。 JAN:4907953047006

「ゴーストライター」 の作品情報

作品情報

製作年:

2010年

原題:

THE GHOST WRITER

「ゴーストライター」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ベル−ある伯爵令嬢の恋−

ネフュー

イレイザー

マイ ビューティフル ガーデン

ユーザーレビュー:69件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

56〜 60件 / 全69件

ミステリーという言葉に「近い」

投稿日:2012/11/07 レビュアー:hana_09

「サスペンス」と「ミステリー」の違いは、その作品が「文学的に感じるか否か」「怖さと作品の丁寧さ、そして登場人物のキャラクターと俳優の合致度」「重厚さ」が決め手になると個人的に思っていますが、本作はミステリーの枠組みであるにしてもやや「文学的に感じるか否か」の部分が欠けていたように思えました。本作を他優秀作(たとえば「瞳の奥の秘密(2009)」とか)と比較すればよくわかりますが原作の力量が弱いのかも。あと、それを思う存分生かせてないのかなと思いました。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

程よい本を読んでいる感じ

投稿日:2012/08/14 レビュアー:hal-2000

全体を通して灰色じみた感じからか、文庫本を読んでいる感じでした。
内容も映像にしなくても良いのでは?という印象が強かったです。
観る前に原作読んでみたかったです。多分その方が相当面白そう。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

B21

投稿日:2012/06/12 レビュアー:ドッチボン

ストーリー:7
役者:7
映像:7
好み:B

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

落ち着いたサスペンス

投稿日:2012/05/21 レビュアー:モサキチ

いくつかの新聞に総評等が掲載されていたためか封切り直後の映画館は、かなり込み合ってました。
有名監督と一流俳優のキャスティングでありふれた内容?かも知れませんが、謎めいていて面白かった。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

重厚感のある引き込まれる作品 ネタバレ

投稿日:2012/05/19 レビュアー:シバカーリー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

楽しめました。落ち着いた(地味な)雰囲気で、主人公がなぞを解いていく。字幕で元首相をファーストネームで呼んだりファミリーネームで読んだりして紛らわしかったりして何回かDVD巻き戻して見ました。最後ねぇ。ひらひら紙が舞うのが切なかった。冒頭の隠しメッセージは簡単すぎな気がした。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

56〜 60件 / 全69件

ゴーストライター

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:69件

ミステリーという言葉に「近い」

投稿日

2012/11/07

レビュアー

hana_09

「サスペンス」と「ミステリー」の違いは、その作品が「文学的に感じるか否か」「怖さと作品の丁寧さ、そして登場人物のキャラクターと俳優の合致度」「重厚さ」が決め手になると個人的に思っていますが、本作はミステリーの枠組みであるにしてもやや「文学的に感じるか否か」の部分が欠けていたように思えました。本作を他優秀作(たとえば「瞳の奥の秘密(2009)」とか)と比較すればよくわかりますが原作の力量が弱いのかも。あと、それを思う存分生かせてないのかなと思いました。

程よい本を読んでいる感じ

投稿日

2012/08/14

レビュアー

hal-2000

全体を通して灰色じみた感じからか、文庫本を読んでいる感じでした。
内容も映像にしなくても良いのでは?という印象が強かったです。
観る前に原作読んでみたかったです。多分その方が相当面白そう。

B21

投稿日

2012/06/12

レビュアー

ドッチボン

ストーリー:7
役者:7
映像:7
好み:B

落ち着いたサスペンス

投稿日

2012/05/21

レビュアー

モサキチ

いくつかの新聞に総評等が掲載されていたためか封切り直後の映画館は、かなり込み合ってました。
有名監督と一流俳優のキャスティングでありふれた内容?かも知れませんが、謎めいていて面白かった。

重厚感のある引き込まれる作品

投稿日

2012/05/19

レビュアー

シバカーリー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

楽しめました。落ち着いた(地味な)雰囲気で、主人公がなぞを解いていく。字幕で元首相をファーストネームで呼んだりファミリーネームで読んだりして紛らわしかったりして何回かDVD巻き戻して見ました。最後ねぇ。ひらひら紙が舞うのが切なかった。冒頭の隠しメッセージは簡単すぎな気がした。

56〜 60件 / 全69件