トラ・トラ・トラ!

トラ・トラ・トラ!の画像・ジャケット写真

トラ・トラ・トラ! / マーティン・バルサム

全体の平均評価点:(5点満点)

58

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

映画賞受賞作品

ジャンル :

「トラ・トラ・トラ!」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

映画賞受賞作品

解説・ストーリー

1941年12月未明、真珠湾急襲に出た日本軍。それを探知していながらも防ぐことができなかったアメリカ軍。暗号<トラ・トラ・トラ=真珠湾攻撃に成功せり>とともに日米両国は太平洋戦争に突入していく──。<BR>

「トラ・トラ・トラ!」 の作品情報

作品情報

製作年: 1970年
原題: TORA! TORA! TORA!
受賞記録: 1970年 アカデミー賞 特殊視覚効果賞

「トラ・トラ・トラ!」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

裸足のイサドラ

疑惑の影

大都会 闘いの日々

決戦攻撃命令

ユーザーレビュー:58件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

56〜 58件 / 全58件

日米双方の視点で描いているが・・・

投稿日:2009/07/13 レビュアー:グランパパ

ダリル・F・ザナックが「史上最大の作戦」の太平洋戦争版として日米双方の視点で真珠湾攻撃を製作している。開戦までの経緯を一時間近く、描いているがアメリカ側の大胆な脚色不足で、全然面白くない。後半の目玉である30分以上にも及ぶ真珠湾のシーンは「史上最大の作戦」で見せた物量作戦を再び試み、あの白兵戦とは違ったメカ同士の激突を存分に見せてくれ、迫力のあるシーンが面白い。戦闘シーンの迫力と裏腹な前半部の弱さから、折角の大作も緊張感が希薄であり残念に思える。故、黒澤明監督が降ろされて、深作、舛田の両監督に代わり話題になったのを記憶している。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

にいたかやまのぼれ

投稿日:2009/04/14 レビュアー:マロンとサヤ

歴史の中で戦時中アメリカ本土攻撃したのは日本だけでわないでしょうか?凄いと思いました 五十六が現場に行けば面白い展開になったかもしれませんね

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

すみません

投稿日:2006/12/30 レビュアー:○じ

俳優は豪勢で、場面場面に見所はあるものの、退屈でした。爆撃シーンはどっかんどっかん派手にお金使いまくって撮っていたので見ごたえありました。特典映像で監督インタビューの中の黒澤降板までのエピソードが面白かったです。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

56〜 58件 / 全58件

トラ・トラ・トラ!

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:58件

日米双方の視点で描いているが・・・

投稿日

2009/07/13

レビュアー

グランパパ

ダリル・F・ザナックが「史上最大の作戦」の太平洋戦争版として日米双方の視点で真珠湾攻撃を製作している。開戦までの経緯を一時間近く、描いているがアメリカ側の大胆な脚色不足で、全然面白くない。後半の目玉である30分以上にも及ぶ真珠湾のシーンは「史上最大の作戦」で見せた物量作戦を再び試み、あの白兵戦とは違ったメカ同士の激突を存分に見せてくれ、迫力のあるシーンが面白い。戦闘シーンの迫力と裏腹な前半部の弱さから、折角の大作も緊張感が希薄であり残念に思える。故、黒澤明監督が降ろされて、深作、舛田の両監督に代わり話題になったのを記憶している。

にいたかやまのぼれ

投稿日

2009/04/14

レビュアー

マロンとサヤ

歴史の中で戦時中アメリカ本土攻撃したのは日本だけでわないでしょうか?凄いと思いました 五十六が現場に行けば面白い展開になったかもしれませんね

すみません

投稿日

2006/12/30

レビュアー

○じ

俳優は豪勢で、場面場面に見所はあるものの、退屈でした。爆撃シーンはどっかんどっかん派手にお金使いまくって撮っていたので見ごたえありました。特典映像で監督インタビューの中の黒澤降板までのエピソードが面白かったです。

56〜 58件 / 全58件