愛の流刑地

愛の流刑地の画像・ジャケット写真

愛の流刑地 / 豊川悦司

全体の平均評価点:(5点満点)

141

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「愛の流刑地」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

 渡辺淳一の同名ベストセラーを映画化した官能ラブ・ストーリー。情事の最中に男が女の首を絞めて殺すという結末を迎えた一組の不倫カップルの愛と死の真相を官能的に綴る。主演は「北の零年」の豊川悦司と「ヴァイブレータ」の寺島しのぶ。ある日、情事の果てに相手の女性を絞殺したとして一人の男が逮捕される。男は元ベストセラー作家の村尾菊治。被害者は夫も子どももいる女性、入江冬香。菊治は、冬香が殺してほしいと望んだからだと主張する。一方、事件を担当する女性検事・織部美雪は調べを進めるうち、冬香の気持ちに共感を抱き始めている自分に困惑していく…。

「愛の流刑地」 の作品情報

作品情報

製作年: 2006年
製作国: 日本

「愛の流刑地」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

死刑確定 4

ハンチョウ〜神南署安積班〜

剣客商売 第5シリーズ

直撃!地獄拳

ユーザーレビュー:141件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

56〜 60件 / 全141件

不倫の果ての事件ですし、観る人を選ぶ作品!

投稿日:2007/07/14 レビュアー:キャップ

当初は寺島しのぶと豊悦の過激な濡れ場シーンが話題になってましたが、実際にはすごく奥が深い作品!

寺島しのぶが実の母親と共演してたのには、驚きました!

寺島しのぶと豊悦のコテコテ系の演技がすばらしかった。冒頭で面食らい、最初の数分間は引きっぱなしでしたが、二人の演技の上手さに引き込まれ、すっかりストーリーに引き込まれました。

しかし、ハセキョウの演技は今ひとつ。
寺島しのぶの得意とする演技の土俵に否応無く乗せられて、完全に食われてしまってた。
演技してます感満載で、素人っぽい。
また、あんなエロっ気満載の検察官なんていない。ましてや、胸元の開いたノースリーブ着て取調べする検察官なんて絶対いない(笑)

法廷シーンもイマイチかな?
よく日本の法廷ものにあるのだが、検察官・弁護人が無意味に証人席の周りをうろつき、変な位置取りで尋問を加えるといったシーンがある。
あんなことやったら、裁判官から厳しく注意される。あと、開廷のときの「木槌」は日本の裁判所じゃ使われない。

だけど、トータル的にみれば、まあまあの作品かな?




このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

不完全燃焼‥

投稿日:2010/09/17 レビュアー:hiro

主演の二人も、その他の登場人物もいい役者さんがそろっています。
なのに、なのに、女性検事さん‥。

この方一人で作品の世界観を壊していると言うか、一人だけ棒読みで浮いてるというか。
いちいち変にポーズつけながらしゃべってる感じは「何??なんで??」と言う感じで、段々笑えてきました。
もっと違う方がされてれば、物語に入り込めて見れたかもしれません。

キャスティングって大事なんですね。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

衝撃的

投稿日:2010/06/28 レビュアー:れいこ

大人の濡れ場をリアルに描いていて、とてもドキッとさせられますが、二人の感情のもつれ合いや、彼らを取り囲む環境とのかかわりあい方などが更にリアル。葛藤がよく伝わってきて、自分ならどうするだろうか、と自然に考えさせられます。見た人がみんな寺島しのぶのファンになってしまうのではないかと思わせられる作品。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

女優が・・・

投稿日:2010/02/22 レビュアー:オカピー

主演が寺島しのぶではなく、もっと若い女優だったらもっと良かったと思う。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

原作とは違った良さのある良い作品でした

投稿日:2009/12/23 レビュアー:レイジー零治

一時大ブームになった渡辺淳一さんの小説”失楽園”の第二弾として日経新聞に連載された小説の映画版です。
失楽園の映画版は予告編を見る限りちょっと原作のイメージと違いすぎていたので見なかったのですが、こちらはどうかなと思い見てみました。 
原作は60歳位の設定だったと思うのですが、豊川悦司さんに合わせて45歳という設定にしたこと、仲村トオルさんの味のある演技等で小説を読んだ時には余り良く解からなかった夫のイメージ等がつかめ、別の物語のような新しい発見のある中々良い作品でした。
残念なのは長谷川京子さんに愛人役をやって欲しかったことです。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

56〜 60件 / 全141件

愛の流刑地

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:141件

不倫の果ての事件ですし、観る人を選ぶ作品!

投稿日

2007/07/14

レビュアー

キャップ

当初は寺島しのぶと豊悦の過激な濡れ場シーンが話題になってましたが、実際にはすごく奥が深い作品!

寺島しのぶが実の母親と共演してたのには、驚きました!

寺島しのぶと豊悦のコテコテ系の演技がすばらしかった。冒頭で面食らい、最初の数分間は引きっぱなしでしたが、二人の演技の上手さに引き込まれ、すっかりストーリーに引き込まれました。

しかし、ハセキョウの演技は今ひとつ。
寺島しのぶの得意とする演技の土俵に否応無く乗せられて、完全に食われてしまってた。
演技してます感満載で、素人っぽい。
また、あんなエロっ気満載の検察官なんていない。ましてや、胸元の開いたノースリーブ着て取調べする検察官なんて絶対いない(笑)

法廷シーンもイマイチかな?
よく日本の法廷ものにあるのだが、検察官・弁護人が無意味に証人席の周りをうろつき、変な位置取りで尋問を加えるといったシーンがある。
あんなことやったら、裁判官から厳しく注意される。あと、開廷のときの「木槌」は日本の裁判所じゃ使われない。

だけど、トータル的にみれば、まあまあの作品かな?




不完全燃焼‥

投稿日

2010/09/17

レビュアー

hiro

主演の二人も、その他の登場人物もいい役者さんがそろっています。
なのに、なのに、女性検事さん‥。

この方一人で作品の世界観を壊していると言うか、一人だけ棒読みで浮いてるというか。
いちいち変にポーズつけながらしゃべってる感じは「何??なんで??」と言う感じで、段々笑えてきました。
もっと違う方がされてれば、物語に入り込めて見れたかもしれません。

キャスティングって大事なんですね。

衝撃的

投稿日

2010/06/28

レビュアー

れいこ

大人の濡れ場をリアルに描いていて、とてもドキッとさせられますが、二人の感情のもつれ合いや、彼らを取り囲む環境とのかかわりあい方などが更にリアル。葛藤がよく伝わってきて、自分ならどうするだろうか、と自然に考えさせられます。見た人がみんな寺島しのぶのファンになってしまうのではないかと思わせられる作品。

女優が・・・

投稿日

2010/02/22

レビュアー

オカピー

主演が寺島しのぶではなく、もっと若い女優だったらもっと良かったと思う。

原作とは違った良さのある良い作品でした

投稿日

2009/12/23

レビュアー

レイジー零治

一時大ブームになった渡辺淳一さんの小説”失楽園”の第二弾として日経新聞に連載された小説の映画版です。
失楽園の映画版は予告編を見る限りちょっと原作のイメージと違いすぎていたので見なかったのですが、こちらはどうかなと思い見てみました。 
原作は60歳位の設定だったと思うのですが、豊川悦司さんに合わせて45歳という設定にしたこと、仲村トオルさんの味のある演技等で小説を読んだ時には余り良く解からなかった夫のイメージ等がつかめ、別の物語のような新しい発見のある中々良い作品でした。
残念なのは長谷川京子さんに愛人役をやって欲しかったことです。

56〜 60件 / 全141件