博士の愛した数式

博士の愛した数式の画像・ジャケット写真
博士の愛した数式 / 寺尾聰
全体の平均評価点:
(5点満点)

273

  • DVD
ジャンル:

「博士の愛した数式」 の解説・あらすじ・ストーリー

 第一回本屋大賞に輝いた小川洋子の同名ベストセラーを寺尾聰、深津絵里主演で映画化。監督は「雨あがる」の小泉堯史。80分しか記憶が続かない初老の天才数学者と一組の母子の心温まる交流を優しい眼差しで描く。家政婦をするシングルマザーの杏子は、80分しか記憶が持たない天才数学博士のもとに派遣される。そんな博士とのコミュニケーションは杏子にとって困難の連続。一方で、博士の語る数式の神秘的な美しさに魅了されていく杏子。やがて杏子の10歳の息子も博士の家に来るようになると、博士は彼を√(ルート)と呼び、かわいがるようになる。

「博士の愛した数式」 の作品情報

製作年: 2005年
製作国: 日本

「博士の愛した数式」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

博士の愛した数式の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
117分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル//日本語
2:ドルビーデジタル//日(視覚障害者用)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ACBR10377 2006年07月07日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
82枚 3人 3人

関連作品

ユーザーレビュー:273件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

56〜 60件 / 全273件

なかなかいいです

投稿日:2007/11/25 レビュアー:ちろ

心にしみる作品でした。じっくりと観るととても心が温かくなると思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

心底から生まれる優しさ・・・かな

投稿日:2007/08/26 レビュアー:まりん

「潔い」って言葉。
特別好きになりました。

邦画はほとんど観ない。
父が「なかなか良かった」と紹介してくれたから観てみたら
確かに良かった。

50万部のベストセラーとなった小川洋子サンの小説を映画化した作品。
80分しか記憶の続かない障害を抱えた数学博士と、その家で家政婦として働くシングルマザー、
博士の後見人である義姉の関わりを通して、「人の心の温かさ」みたいなコトをやんわり伝えてくれる。
そうだな・・・
刺激や衝撃はない・・・まさに「やんわり」心地いい映画。

「数式」って・・・数学?苦手だし・・・って、やや嫌悪感を感じた。

「素数」「完全数」「虚数」「友愛数」・・・・・など聞きなれない単語がゾクゾク登場するけど
わかりやすく表現してる。(わかる??)

いままで感じた「数」に対する気持ちが変化した。
「へ〜〜〜!不思議!」って。

その「数」の不思議と絡んだ深く難しく、そして温かい「心」
それは「無償」

博士は記憶が80分しか持たないから、人との「築き」ができない
「築き」なしで、人と接するコトは難しいと思う
冷たくはしなくとも、心底「その人」に対して優しくなれるだろうか?

上っ面だけでなく「心の奥深く」に潜んだ忘れてしまっているような記憶が
人の本当の心を表すんだろうな・・・なんてコトを感じた

登場人物それぞれが素直で優しく、景色がキレイなのでなんともほっとします。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

記憶のギャップはネタバレ

投稿日:2007/07/15 レビュアー:field_isle

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

タイトルから、もっと難しい数学の話が出て来るのかなと思っていましたが、そうではなかったですね。
完全数というのは、初めて聞いた気がしましたけど、もしかしたら私が忘れていただけかも知れません。

記憶が80分しか持たない博士は、家政婦と会った時、家政婦の息子の話が出てきた時、いつも同じように聞いて、いつも同じようなコメントをします。
それが、面白くもあり、哀しかったです。
ラストシーンからすると、語り手の、学校の先生になった家政婦の息子が社会人になるまで、博士との交流は続いていたみたいですね。

不思議なのは、直近80分しか記憶が持たないとは言え、事故の前の記憶は残っているという設定だったと思います。
ふとした瞬間に、以前の記憶とのギャップを感じるものだと思うのですが...
確か、博士にとって、昨日とは、常に事故の当日にあたるわけです。
黒板の右端に日付が書いてありましたが、それと自分の記憶とが合わないことに悩んでいる様子は一切ありませんでした。
季節感もそうですよね。
そのあたり、深く突っ込んではいけないのかも知れませんが、自分が博士の立場であれば、日々、過去の記憶とのギャップに悩まされているだろうに、と思えてなりませんでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

☆4.3

投稿日:2007/06/26 レビュアー:くっきー

原作は読んでいません。

本当にすごくいい映画。

ひたすら優しくて温かい登場人物たち、設定、どちらもやや現実離れしています。
でも、すんなり受け入れることが出来ました。
すんなり受け入れて、観終わった後、本当に素直に、とてもいい映画だなと思えました。
心が温かくなってじんわり感動。

こうゆう映画、好きです。

ただ、吉岡秀隆の寝ぐせのくだりがとてもくだらなくてほんの一瞬気持ちが冷めてしまいました。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

深津絵里が◎ 寺尾聰 △  吉岡秀隆○

投稿日:2007/06/10 レビュアー:サックスフリーク

ラストシーンがいい。
子育てに悩んでいる人、最近人間関係で悩んでいる人、何でもいいからウルウルしたい人・・・ぜひ借りてみてください。

難を言えば・・・深津さんはきれいすぎるでしょ。寺尾さんも二枚目すぎるでしょ。博士はもっと枯れた老人のはず。あまりに原作に忠実だと映像にならないからかも。

いずれにしても良く出来た映画です。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

56〜 60件 / 全273件

博士の愛した数式

月額課金で借りる

都度課金で借りる