No.186 RANKING

クワイエット・プレイス

クワイエット・プレイスの画像・ジャケット写真

クワイエット・プレイス / エミリー・ブラント

全体の平均評価点:(5点満点)

51

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

ジャンル :

「クワイエット・プレイス」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

解説・ストーリー

低予算ながら全米でサプライズ大ヒットとなり大きな話題を集めたサスペンス・ホラー。音を一切出さないように細心の注意を払い、何かに怯えながら生活する一家の戦慄のサバイバルの行方を、緊迫感溢れる筆致でスリリングに描き出す。主演は実生活でも夫婦のジョン・クラシンスキーとエミリー・ブラント。監督もジョン・クラシンスキーが自ら務めている。音に反応し人間を襲う“何か”によって壊滅状態となった地球。そんな中、どうにか生き延びていた1組の家族。リーと妻エヴリン、そして子どもたちは手話で会話し、裸足で歩くなど、音を出さずに生活することで、かろうじて“何か”の襲撃を免れてきた。しかしそんな一家には、妊娠中のエヴリンの出産という最大の危機が目前に迫っていたのだったが…。 JAN:4988102740061

「クワイエット・プレイス」 の作品情報

作品情報

製作年: 2018年
製作国: アメリカ
原題: A QUIET PLACE

「クワイエット・プレイス」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

LOOPER/ルーパー

クワイエット・プレイス 破られた沈黙

フォードvsフェラーリ

ウルフマン

ユーザーレビュー:51件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

51〜 51件 / 全51件

クワイエット・プレイス ネタバレ

投稿日:2018/12/03 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 日テレの大晦日でやっている絶対笑ってはいけない的なのをホラー風味にした話。

 音を立てたら謎のクリーチャーが襲ってきて即死んじゃうというワンアイデア一発の映画でその設定が楽しい映画でした。そりゃ当然、音をたてたら襲ってくるクリーチャーとのかくれんぼというのは怖いし見せ場もいっぱいでハラハラドキドキするシーンがいっぱいでよかったです

 ただ特殊な設定がベースにあって、そこでの家族愛だったりサバイバルだったりが描かれますが、よっぽどアイデアを煮詰めないと突っ込みどころが目立ってしまって、登場人物たちが頭の悪さだけが強調されてしまって、この作品もそんな感じに仕上がっていました。

 音を立ててはいけない生活をしている割には音を立てそうなものばかりが家にあったりして、真剣に生き延びようと生活しているのかな? と考えてしまう防衛体制でした。今までよく生き延びてこれたなと感心してしまうユルユルな防衛体制でした。クリーチャーの設定もよくわからず、盲目らしいですが、登場人物たちは目の前に現れたらダッシュで逃げたり。どこまで怪物が人間を感知できるのかわからなかったり、銃が効いたりしてるっぽいので人類が滅ぼさられるほどの強さなのかとかつかめなかったです。鋼鉄のものを破ったりするわりに主人公たちが乗っている車はやぶけなかったり強いのか弱いのか映画の世界に入る前の世界観が入り込めず乗り切れない映画でした。

 ストーリー自体も前半は静かに暮らす主人公たちの生活は普通に退屈なシーンが続くだけで結構つらかったです。

 とはいえ、劇中で3人出産しているお母さんは4人目ともなると、めちゃ安産なんだなと感心する映画でした。しかしこの世界で出産を選択するという主人公たちの決断が凄い割にそこで起こるピンチには何も考えていないのかとずさんさが気になっちゃいました。そしてアメリカの田舎で謎の怪物に襲われて家族愛を描くというのはシャマラン監督作品でもっとよくできた映画がずっと前にあったなと再確認できる映画でした。

このレビューは気に入りましたか? 18人の会員が気に入ったと投稿しています

51〜 51件 / 全51件

クワイエット・プレイス

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:51件

クワイエット・プレイス

投稿日

2018/12/03

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 日テレの大晦日でやっている絶対笑ってはいけない的なのをホラー風味にした話。

 音を立てたら謎のクリーチャーが襲ってきて即死んじゃうというワンアイデア一発の映画でその設定が楽しい映画でした。そりゃ当然、音をたてたら襲ってくるクリーチャーとのかくれんぼというのは怖いし見せ場もいっぱいでハラハラドキドキするシーンがいっぱいでよかったです

 ただ特殊な設定がベースにあって、そこでの家族愛だったりサバイバルだったりが描かれますが、よっぽどアイデアを煮詰めないと突っ込みどころが目立ってしまって、登場人物たちが頭の悪さだけが強調されてしまって、この作品もそんな感じに仕上がっていました。

 音を立ててはいけない生活をしている割には音を立てそうなものばかりが家にあったりして、真剣に生き延びようと生活しているのかな? と考えてしまう防衛体制でした。今までよく生き延びてこれたなと感心してしまうユルユルな防衛体制でした。クリーチャーの設定もよくわからず、盲目らしいですが、登場人物たちは目の前に現れたらダッシュで逃げたり。どこまで怪物が人間を感知できるのかわからなかったり、銃が効いたりしてるっぽいので人類が滅ぼさられるほどの強さなのかとかつかめなかったです。鋼鉄のものを破ったりするわりに主人公たちが乗っている車はやぶけなかったり強いのか弱いのか映画の世界に入る前の世界観が入り込めず乗り切れない映画でした。

 ストーリー自体も前半は静かに暮らす主人公たちの生活は普通に退屈なシーンが続くだけで結構つらかったです。

 とはいえ、劇中で3人出産しているお母さんは4人目ともなると、めちゃ安産なんだなと感心する映画でした。しかしこの世界で出産を選択するという主人公たちの決断が凄い割にそこで起こるピンチには何も考えていないのかとずさんさが気になっちゃいました。そしてアメリカの田舎で謎の怪物に襲われて家族愛を描くというのはシャマラン監督作品でもっとよくできた映画がずっと前にあったなと再確認できる映画でした。

51〜 51件 / 全51件