君の名は。の画像・ジャケット写真

君の名は。
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

121

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

旧作

「君の名は。」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

旧作

解説・ストーリー

「言の葉の庭」の新海誠監督が、夢の中で入れ替わる少年と少女を主人公に贈る青春SFファンタジー・アニメーション。入れ替わりが巻き起こす思春期ならではのコミカルで甘酸っぱい青春模様と、2人を待ち受ける思いも寄らぬ運命の顛末を美しい映像とともに綴る。声の出演は神木隆之介、上白石萌音。千年ぶりとなる彗星の接近を1ヵ月後に控えた日本。山深い田舎町で鬱屈した毎日を過ごし、都会の生活に憧れを抱く女子高生の三葉。ある日、夢の中で東京の男子高校生になった彼女は、念願の都会生活を満喫する。一方、東京の男子高校生・瀧は、山奥の田舎町で女子高生になっている夢を見る。そんな奇妙な夢を繰り返し見るようになった2人は、やがて自分たちが入れ替わっていることに気がつくのだったが…。 JAN:4988104107657

「君の名は。」 の作品情報

作品情報

製作年:

2016年

製作国:

日本

原題:

YOUR NAME.

「君の名は。」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

原作:

新海誠

音楽:

RADWIMPS

ユーザーレビュー:121件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

51〜 55件 / 全121件

普通に楽しめました。

投稿日:2019/03/11 レビュアー:simasima

無料お試しポイントを使ってようやく見ることが出来ました。
パソコン上からもとても映像が美しいことが分かり、上映中評判になったのも分かりましたし、声優さん達もとてもよくキャラと合っていてこれは観て良かったと思いました。
でも私としては一回観れば良いかなという感じです。完全に好みの問題ですが、気に入った映画は何度も観るタイプですけど、こちらは一回で十分でした。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

君の名はのレビュー ネタバレ

投稿日:2019/02/21 レビュアー:カタカタ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

これを見て思ったのですが今までの作品では、時間を超えて入れ替わる物語など見たことがありませんでした。ここで興味があったことは、発電所を爆発させるとこでなぜ三つ葉の話しを簡単に信じて、危険な行為をしたのかです。でもこの監督の大胆な発想におどろかせられました。まとめて言うと面白かったです

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

自分もかけていました・・?

投稿日:2019/01/06 レビュアー:びっけ

前述の方のように自分も何かが欠けているのか
感動・・以前の問題でした。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

新海誠監督、頑張る所が違うよ。

投稿日:2018/09/25 レビュアー:カーヴ

遅ればせながら、やっと鑑賞

いろんな評価を目にしていたので、ハードルはかなり上がっていたが
そんなに悪くは無かった
画は相変わらず美しく、話も良く出来ている

時間軸の相違があるタイムリープと入れ替わりは
私にとって初見だったのでストーリーには引き込まれた

しかし、この監督「秒速・・・」の時にも思ったが
背景に夢中になりすぎてないだろうか?

話は悪くないのに、合間に入る、大事な間を作る場面での
微速度映像やフォーカスの移動などの実写気取り
執拗に繰り返す低位置でのドアが開くシーンなど
これみよがしに見せ付けられると、実写で撮れよ!
との思いが映画への没入感を阻害する

ここまでアニメーションならではの良さを生かさない構成は
すごく鼻につくので、総合的に評価を下げざるをえない

なぜこれほど当たったのかは解らないが
次作は余裕で製作可能だろうから
もう少し、アニメならではの広がりのある画と話を見せてほしい

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

面白かった! ネタバレ

投稿日:2018/08/15 レビュアー:ぶぶたん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

みつはが自分の知らない自分を想像するシーンがかわいいね。
胸をもんだあとに時間すっとばして元に戻った状態で直後に朝食をとるのがにくい演出。
組紐のうんぬん、結構面白い。
ばあちゃんの声、市原悦子とは初め気づかなかった。
口噛み酒、神様喜ぶのかなと言う問いに、テッシー「そりゃ嬉しいやろ」と言うが、えええ!?って思った。
男になった時、やっぱり気になるのは股間なんだねえ。
ト書きを音声で読んでくれる福音声もなかなかにセンスあった。

よく高校までたどりつけたなーって思ったりして。
私?わたくし?ぼく?おれ?のくだりが楽しい。
友達の差し入れでサンドイッチにしちゃうシーン、なにげに好き。
全くわからないバイト先でなかなか働けないと思うw
ピザにつまようじ入れたりカッターで衣服切ったり、実際いたら犯罪だよねえ。

スカート脱いで下さいのあとの「ええ!?」は驚愕で。
向こう向いてますからのあとのトーン落とした「ええ?」が本当かなあ?という意味に聞こえるのがなかなかうまいね。

映画「転校生」などを思い出させる男女入れ替わりのストーリーが主軸。
男子にさわるな!女子にもさわるな!のメモが笑った。
美術の授業、真面目にやる義理もないので〜というメモにも笑った。
俺の人間関係かえるなよとか、なんで女子から告白されてるの?とかテンポ速すぎるシーンもなかなかにツボ。
売れたあのオープニングの歌に合わせて、時が経つのが速い描写がなかなかにアップテンポで良し。

あいつに悪いか、といいつつも揉みもみ、という福音声が良し。
結びのうんちくもいいよね。
逢う魔が時はよく聞くけど、片割れ時は初めて聞いたかも。
もしかしたらこの作品独自の解釈なのかねえ。
デートが終わる頃には空に彗星が見えるねってシーンで会話のズレが生じたのが面白いね。
同じく繋がらない電話の演出もイイね!

みずはの浴衣を考えてもいなかったテッシー。
けど声が暗かったと気にはかけてる。
ここからも見える事だと思うけど、うちの母の感想としては、テッシーは三葉の事好きなのでは?という話だったが。
私の見解としては恋愛感情よりも友情の方が強いような気がするんだよねえ。
結構地位のある親に産まれた息子だったり、娘だったりする訳で。
同じような境遇で育った幼馴染みだしねえ。
むしろテッシーはみつはの事、高嶺の花みたいに思ってるんじゃないかなあ。
後半で男同士のようなノリになってたシーンを見ても、恋愛感情なのかな?と疑問符。
好きな事は好きなんだろうけどね。
高校になっても自転車二人乗りしてるところ考えると、恋愛感情というか、そっち方面で気になっているのはみつはじゃないような気がするなあ。
みんなどういう風に見ているのか気になるところ。

入れ替わりが起こらなくなった時など、ゲームでいうとこのバッドエンディングの伏線の多い事!
三人で小旅行状態なシーンすごく好き。
犠牲者名簿録に名前があるって事は、やっぱり歴史をひっくり返しちゃったお話しなんだろうね。
1回目見たとき時間軸ひとつの延長上にある話かなとも思ったさー。
記憶も記録も夢から覚めたように消えてくというのがはかない。
あの世に繋がってたり、死者に会える時間帯、逢う魔が時だったり、バッドエンドな要素が多すぎる。
瀧くんが口噛み酒を飲んだあとの抽象的な描写の解説が福音声で解説されていたのがすごく良かった。
地球と彗星が卵子と精子に見立ててあったり、上り竜であったり、繋がりや命の息吹きを表記していたんだねえ。
涙と鼻水ぐしゃぐしゃもいいね。
代々入れ替わりが発生していたというのも面白い。
「ちょっと町を救わないと」が楽しい。
ちょうじょう(重畳)周波数、聞きなれないねえ。
宮水という姓もうまいよね。
父親が娘に「お前は誰だ」面白いね。

想いが込み上げて「瀧くん」と目の前にいる少年に発声したシーンが一番好きなシーン。
初め気づかなかったけどひょうたん型と円形型としっかり使い分けてたんだねえ。
会ってる時はひとつというのも良い演出。
ペンが落ちるシーンもぐっとくる。
湾岸戦争のミサイルをキレイと表現してた事を思い出すねえ。
その場での待機命令が・・・。
幻想的なシーンと恐怖感がいっしょくたになってるのが心をえぐられる。
あの転び方、ちょっと危ない。
童顔だからスーツ似合わないのかねえ。
災害一時間前に避難指示との事で、長い長い彗星だったんだねえ。
先輩の相手、司くんなのかなあどうなのかなあ。
違うような気がしなくもない。
ほんと背景画すごいね!
あの女の子よつはちゃんとは福音声聞いて気づいた。

普通にレンタルDVD二回と、福音声、字幕付き福音声、テレビ版と五回も見てしまったという(^_^;)

日記を転記したら軽く文字数オーバーw
結構語りたい事多かったみたい。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

51〜 55件 / 全121件

君の名は。

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:121件

普通に楽しめました。

投稿日

2019/03/11

レビュアー

simasima

無料お試しポイントを使ってようやく見ることが出来ました。
パソコン上からもとても映像が美しいことが分かり、上映中評判になったのも分かりましたし、声優さん達もとてもよくキャラと合っていてこれは観て良かったと思いました。
でも私としては一回観れば良いかなという感じです。完全に好みの問題ですが、気に入った映画は何度も観るタイプですけど、こちらは一回で十分でした。

君の名はのレビュー

投稿日

2019/02/21

レビュアー

カタカタ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

これを見て思ったのですが今までの作品では、時間を超えて入れ替わる物語など見たことがありませんでした。ここで興味があったことは、発電所を爆発させるとこでなぜ三つ葉の話しを簡単に信じて、危険な行為をしたのかです。でもこの監督の大胆な発想におどろかせられました。まとめて言うと面白かったです

自分もかけていました・・?

投稿日

2019/01/06

レビュアー

びっけ

前述の方のように自分も何かが欠けているのか
感動・・以前の問題でした。

新海誠監督、頑張る所が違うよ。

投稿日

2018/09/25

レビュアー

カーヴ

遅ればせながら、やっと鑑賞

いろんな評価を目にしていたので、ハードルはかなり上がっていたが
そんなに悪くは無かった
画は相変わらず美しく、話も良く出来ている

時間軸の相違があるタイムリープと入れ替わりは
私にとって初見だったのでストーリーには引き込まれた

しかし、この監督「秒速・・・」の時にも思ったが
背景に夢中になりすぎてないだろうか?

話は悪くないのに、合間に入る、大事な間を作る場面での
微速度映像やフォーカスの移動などの実写気取り
執拗に繰り返す低位置でのドアが開くシーンなど
これみよがしに見せ付けられると、実写で撮れよ!
との思いが映画への没入感を阻害する

ここまでアニメーションならではの良さを生かさない構成は
すごく鼻につくので、総合的に評価を下げざるをえない

なぜこれほど当たったのかは解らないが
次作は余裕で製作可能だろうから
もう少し、アニメならではの広がりのある画と話を見せてほしい

面白かった!

投稿日

2018/08/15

レビュアー

ぶぶたん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

みつはが自分の知らない自分を想像するシーンがかわいいね。
胸をもんだあとに時間すっとばして元に戻った状態で直後に朝食をとるのがにくい演出。
組紐のうんぬん、結構面白い。
ばあちゃんの声、市原悦子とは初め気づかなかった。
口噛み酒、神様喜ぶのかなと言う問いに、テッシー「そりゃ嬉しいやろ」と言うが、えええ!?って思った。
男になった時、やっぱり気になるのは股間なんだねえ。
ト書きを音声で読んでくれる福音声もなかなかにセンスあった。

よく高校までたどりつけたなーって思ったりして。
私?わたくし?ぼく?おれ?のくだりが楽しい。
友達の差し入れでサンドイッチにしちゃうシーン、なにげに好き。
全くわからないバイト先でなかなか働けないと思うw
ピザにつまようじ入れたりカッターで衣服切ったり、実際いたら犯罪だよねえ。

スカート脱いで下さいのあとの「ええ!?」は驚愕で。
向こう向いてますからのあとのトーン落とした「ええ?」が本当かなあ?という意味に聞こえるのがなかなかうまいね。

映画「転校生」などを思い出させる男女入れ替わりのストーリーが主軸。
男子にさわるな!女子にもさわるな!のメモが笑った。
美術の授業、真面目にやる義理もないので〜というメモにも笑った。
俺の人間関係かえるなよとか、なんで女子から告白されてるの?とかテンポ速すぎるシーンもなかなかにツボ。
売れたあのオープニングの歌に合わせて、時が経つのが速い描写がなかなかにアップテンポで良し。

あいつに悪いか、といいつつも揉みもみ、という福音声が良し。
結びのうんちくもいいよね。
逢う魔が時はよく聞くけど、片割れ時は初めて聞いたかも。
もしかしたらこの作品独自の解釈なのかねえ。
デートが終わる頃には空に彗星が見えるねってシーンで会話のズレが生じたのが面白いね。
同じく繋がらない電話の演出もイイね!

みずはの浴衣を考えてもいなかったテッシー。
けど声が暗かったと気にはかけてる。
ここからも見える事だと思うけど、うちの母の感想としては、テッシーは三葉の事好きなのでは?という話だったが。
私の見解としては恋愛感情よりも友情の方が強いような気がするんだよねえ。
結構地位のある親に産まれた息子だったり、娘だったりする訳で。
同じような境遇で育った幼馴染みだしねえ。
むしろテッシーはみつはの事、高嶺の花みたいに思ってるんじゃないかなあ。
後半で男同士のようなノリになってたシーンを見ても、恋愛感情なのかな?と疑問符。
好きな事は好きなんだろうけどね。
高校になっても自転車二人乗りしてるところ考えると、恋愛感情というか、そっち方面で気になっているのはみつはじゃないような気がするなあ。
みんなどういう風に見ているのか気になるところ。

入れ替わりが起こらなくなった時など、ゲームでいうとこのバッドエンディングの伏線の多い事!
三人で小旅行状態なシーンすごく好き。
犠牲者名簿録に名前があるって事は、やっぱり歴史をひっくり返しちゃったお話しなんだろうね。
1回目見たとき時間軸ひとつの延長上にある話かなとも思ったさー。
記憶も記録も夢から覚めたように消えてくというのがはかない。
あの世に繋がってたり、死者に会える時間帯、逢う魔が時だったり、バッドエンドな要素が多すぎる。
瀧くんが口噛み酒を飲んだあとの抽象的な描写の解説が福音声で解説されていたのがすごく良かった。
地球と彗星が卵子と精子に見立ててあったり、上り竜であったり、繋がりや命の息吹きを表記していたんだねえ。
涙と鼻水ぐしゃぐしゃもいいね。
代々入れ替わりが発生していたというのも面白い。
「ちょっと町を救わないと」が楽しい。
ちょうじょう(重畳)周波数、聞きなれないねえ。
宮水という姓もうまいよね。
父親が娘に「お前は誰だ」面白いね。

想いが込み上げて「瀧くん」と目の前にいる少年に発声したシーンが一番好きなシーン。
初め気づかなかったけどひょうたん型と円形型としっかり使い分けてたんだねえ。
会ってる時はひとつというのも良い演出。
ペンが落ちるシーンもぐっとくる。
湾岸戦争のミサイルをキレイと表現してた事を思い出すねえ。
その場での待機命令が・・・。
幻想的なシーンと恐怖感がいっしょくたになってるのが心をえぐられる。
あの転び方、ちょっと危ない。
童顔だからスーツ似合わないのかねえ。
災害一時間前に避難指示との事で、長い長い彗星だったんだねえ。
先輩の相手、司くんなのかなあどうなのかなあ。
違うような気がしなくもない。
ほんと背景画すごいね!
あの女の子よつはちゃんとは福音声聞いて気づいた。

普通にレンタルDVD二回と、福音声、字幕付き福音声、テレビ版と五回も見てしまったという(^_^;)

日記を転記したら軽く文字数オーバーw
結構語りたい事多かったみたい。

51〜 55件 / 全121件